It's all about rock; full of emotions and sweetness
--/--
--
 Title:スポンサーサイト
author:Sway
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
09/15
Sat
 Title:FAR FROM PROPER / Rock Bottom
author:Sway
farfromproperrb.jpg
Label: Unsigned(2012)
Genre: Rock/Pop Punk/Powerpop/Emo

ストレート、オネスト、120%ピュアなポップパンクに胸を打たれる傑作EP!

 New York州出身の5ピース、FAR FROM PROPERが2010年の 『Talk All You Want』 に続く2ndEPをリリース!素朴で実直、そしてオネストな爽快ポップパンクはI CALL FIVES、HIT THE LIGHTS、そして交流も深いというWITH THE PUNCHES、最近解散を発表したNO USE FOR A NAMEなどのファンの方にはぜひ聴いていただきたい良作!

 ド爽快なイントロの流れから、エモーショナルな後半のHTLライクなシンガロング・コーラスへ向けての流れが素晴らしいM-1 「Runaround (Doyled)」。前述のWTPのVo. Jesse VadalaもゲストVo. として参加しているタテノリ系爽快Pop PunkチューンM-2 「Fight Or Flight (Ft. Jesse Vadala)」。ハスキーで人柄の伝わる歌声が軽快なメロディーにひたすらに心地良く乗るジャンプ必至なM-3 「Oak Grove」。1分未満、最近では珍しい「Fxxk!!」終わりな吐き捨て系のショート・チューンM-4 「Kratzenjammer」。奇策をてらわない実にストレートな演奏が胸に突き刺さる名曲といっても過言ではないミドル・チューンM-6 「Save A Seat」など全7曲!プロデュースはTITLE FIGHTなどを手掛けたWill Yip、そして活動休止中のVALENCIAのShane Hendersenが担当。

1. Runaround (Doyled)
2. Fight Or Flight (Ft. Jesse Vadala)
3. Oak Grove
4. Kratzenjammer
5. Rock Bottom
6. Save A Seat
7. Killadelphia

Artist-495400-210651_10150160509340950_194515795949_7227800_5167632_o.jpg
Facebook
MySpace
PureVolume
スポンサーサイト
07/25
Wed
 Title:FROM THE SIDELINES / Everybody Loves A Comeback
author:Sway
fromthesidelineselac.jpg
Label: Unsigned (2012)
Genre: Rock/Pop Punk/Powerpop/Emo

Like I CALL FIVES, THE DIRECTIVE, and MAJOR LEAGUE!
荒々しくもとにかく活きの良いPop Punkが世界を席巻間近!?


活きが良い!I CALL FIVES、THE DIRECTIVE、MAJOR LEAGUEなどを彷彿とさせるエモーショナルで軽快なPop Punkバンド、Illinois州出身のFROM THE SIDELINESの1stフル!すでにSUCH GOLDとの共演アクトなどをこなしていますが、バイオではメンバーが2人以外 "?" となっており、サポートでの活動かと思われます。とにかくメロディーが確実にNEW FOUND GLORYジェネレーション!荒々しくも従順で軽快なタテノリ・テイスト、エモーショナルな部分は影響を受けたとも思われるFALL OUT BOY、TRANSIT譲り。お世辞にも上手すぎるとは言えないハイトーンVo. がまたナイスなヘタウマ感を生んでおり、ぜひメンバーを固めて活動を行ってほしい!

ハイトーンでアグレッシブな快速オープニング・トラックで飛ばしまくるM-1 「Southfield」。頭からしてICFの「Elevator Music」まんまだけど、なんだかもうそこも愛くるしくなっちゃう軽快チューンM-2 「I Almost Went To Dayglow」。HIT THE LIGHTSを思わせる超展開とメロディーがココロくすぐるM-3 「B-Side To Your Bedroom」。泣きそうになっちゃうぐらい、日本人の琴線に触れるであろうド定番なイントロから怒涛の泣きメロがたまらないM-4 「Soul Of The Suburbs」。一転してSTRUNG OUTばりの哀愁メロディックに落とし込む展開が実に荒々しいけど格好良いM-5 「If Only My ID Was Your Superego」。そしてなんとも快速で名曲すぎるM-10 「Still Falling」は必聴!ライブの大合唱が目に浮かびすぎてしまう、これはまるで色は違えどALL HEARTの「Snakes And Daggers」やOVER ITの「Crush」並みのラストの殺傷能力!なんだかFRESHMAN 15、SECRET LIVES OF THE FREEMASONSなんかを初めて聴いたときと全く同じ感覚をくれたよ!全10曲!

1. Southfield
2. I Almost Went To Dayglow
3. B-Side To Your Bedroom
4. Soul Of The Suburbs
5. If Only My ID Was Your Superego
6. PF Flyers
7. This Isn't Pinto League
8. Cool Runnings
9. Random Hero
10. Still Falling

Artist-7160920-313527_221469554591957_120720701333510_554619_1688521994_n.jpg
Facebook
PureVolume
Bandcamp
04/01
Sun
 Title:FIRE AWAY / Nineohfive
author:Sway
fireawaynineohfive.jpg
Label: Unsigned (2012)
Genre: Rock/Pop Punk/Emo/Easycore

カナダ発!ダイナミックPop Punkの最右翼が満を持して登場!
Like THE STORY SO FAR, REAL FRIENDS and MIDTOWN!


カナダはOntario州出身の5ピース、FIRE AWAYの2ndEPが凄まじい!2011年に発表された 『The Greatest Hits EP』 から約1年、エモーショナルで疾走感溢れるダイナミックなPop PunkはMIDTOWNの再来ともいうべき存在感と輝きを放ち、Easycoreに傾倒するバンドが多い中で、"これぞPop Punk!" と胸を張って叫ぶことのできる稀少なバンドに成長を遂げた。THE STORY SO FAR、REAL FRIENDS、I CALL FIVES、HEROES FOR HIRE、THIS TIME NEXT YEARなどのファンには間違いなくド直球なハズ!

掛け合いシンガロングと軽快なタテノリ・テイスト、HOUSTON CALLSを思わせるシンセが華を添えるリード・チューンM-1 「Here's To Last Night」。定番ながらもココロをくすぐるギター・イントロから、カラダを心地良くスウィングさせるポップ曲M-2 「The East Coast Wouldn't Be So Bad」。収録曲中随一の疾走加減とシンガロングを誇るM-3 「Someone Would Be Proud」。MIDTOWNのGave似Vo. の粘着性のある歌声がハイトーンに響く、Easycore気味なリズムも好印象なM-4 「$5 With A Canned Good」。サビメロの男泣きなせつなさが胸をえぐるラストにして佳曲すぎるM-5 「Keep Calm, Carry On」の全5曲。メロディーと歌ゴコロを非常に大切にしており、その温かさから人柄も伝わってきそうな好ポップパンカー、FIRE AWAYの快進撃がここから幕を開ける!

1. Here's To Last Night
2. The East Coast Wouldn't Be So Bad
3. Someone Would Be Proud
4. $5 With A Canned Good
5. Keep Calm, Carry On

fireaway.jpg
www.facebook.com/fireaway
www.myspace.com/fireawaydude
03/22
Thu
 Title:FAST TIMES / Nervous
author:Sway
fasttimesnervous.jpg
Label: Unsigned (2012)
Genre: Rock/Powerpop/Pop Punk/Electro/Emo

爽やかな春を告げる激甘スプリング・チューン!
ex. THAT'S OUTRAGEOUS!、THE BEST WEEK EVERのVo.の
ニュー・プロジェクト!


個人的に大注目だった爽快エレクトロ・エモメロ界の最終兵器THE BEST WEEK EVERの中心人物で、Rise Recordsから2011年にデビュー・フルをリリースしたTHAT'S OUTRAGEOUS!の小太りメガネ担当のTom DeGraziaが新たに始めたプロジェクト、FAST TIMESのデビュー・シングル「Nervous」がリリースされました!発売以前から公開されていた、やたらと壮大なTeaser Videoからどんな楽曲が届けられるのだろう?と期待ばかり先行していましたが、やはりTomのソング・ライティングは素晴らしい!以前からの特徴であるエレクトロ・テイストに、どことなくビバルディの「春」が乗っかりそうなクラシカルなシンセ、とにかく振り返ることなくひたすらに突き抜けるBOYS LIKE GIRLSライクなスウィート・メロに卒倒必至!シングルの1曲レビューなんてDrivemo史上初ですが、それほどまでに衝撃的で爽快な楽曲、春の告げる椿事ということで!

1. Nervous

Artist-8767305-FastTimesBWWEB1.jpg
www.facebook.com/Fast-Times
www.purevolume.com/FastTimesOfficial


Fast Times Announcement (2012)
11/01
Tue
 Title:FINE YOUNG FIRECRACKERS / From The Ground Up
author:Sway
fineyoungfirecrackersftgu.jpg
Label: Unsigned (2011)
Genre:Rock/Pop Punk/Powerpop/Emo/Alternative/Easycore

UK発!Drive-Thruジェネレーションを公言する極上ポップパンク!
Drivemo激オシのM-2でココロ打たれてみやがれ!


UKはLiverpool出身の4ピース、FINE YOUNG FIRECRACKERSのデビューEP!彼らのサウンドはミュージック・ビデオも制作されているM-2 「We Grew Up Listening To Drive-Thru Bands」のタイトルに集約され、体現されている。NEW FOUND GLORY、THE STARTING LINE、FINCH、FENIX-TX、THE MOVIE LIFE、MIDTOWNなどらが所属し、とにかくハズレなしの世界的ポップパンク・レーベルとして一時代を築いたDrive-Thru Records、そんな音を聴いておれたちは育ったんだ!なんてことこうハッキリといわれたら、うんうんおれだって勿論そうだぜ!って共感して好感せざるを得ないではないか!無論当時のDrive-Thruサウンドをそのまま再現するのではなく、良質のポップパンク・メロディーとして昇華、男気溢れるハスキーVo. は抒情的に歌い上げ、現在隆盛のEasycoreテイストもバッチリ、ブレイクダウンはないものの、ダイナミックなシンガロングも魅力の一つ。

爽快ながらもエモーショナルなシンガロングが熱く、ときにせつなく胸に響くリード・チューンM-1 「Sound Of Moving On」。前述どおり、タイトルだけでなくサビ前の「My Friends Over」でニヤリとせざるを得ない、2011年を代表する殺人的メロディアスな必殺ポップパンク・キラーM-2。RUN KID RUNを彷彿とさせるクリスチャン・ライクでアグレッシブな爽快ポップ・チューンM-3 「Landslide」など全4曲!Drive-Thruジェネレーションが現代に昇華した極上エモメロポップパンクにココロ打たれてみやがれ!

1. Sound Of Moving On
2. We Grew Up Listening To Drive-Thru Bands
3. Landslide
4. Wrong Side Of Town

Fine_Young_Firecrackers.jpg
www.facebook.com/fineyoungfirecrackers
www.myspace.com/fineyoungfirecrackers


We Grew Up Listening To Drive-Thru Bands (2011)
08/25
Thu
 Title:FOURTH QUARTER COMEBACK / Finders Keepers
author:Sway
fourthquatercomebackfk.jpg
Label: Unsigned (2011)
Genre: Rock/Pop Punk/Powerpop/Emo/Alternative

疾走系キラーM-3は必聴の極上ピュア・エモメロ!
Like RUN KID RUN and DANGER IS MY MIDDLE NAME!


DANGER IS MY MIDDLE NAME、RUN KID RUN、THE YEARS GONE BYなど、ダイナミックかつメロディーを大切にした爽快エモメロバンドを主食とされている方にはマストなのがVirginia州出身の4ピース、FOURTH QUARTER COMEBACKの1stEP!2010年の夏に結成され、ALL TIME LOW、BUTCH WALKERなどを手掛けたJim Ebertと共に制作されたデビューEP、彼らの計り知れないポテンシャルと瑞々しい青春サウンドが散りばめられた良作はこの夏にもってこい!メロディーは至ってシンプルで懐かしく、まさにRKR、THE FOLDなどTooth & Nail的なややクリスチャン・ライクな清潔感を誇る、随所で隠し味的に使用されるデジタル・テイストもイマドキを押し出す分には効果的。

スネアの跳ね具合が非常に軽快さを物語るDIMMNライクな爽快オープニング・チューンM-1 「When I Fall」。こちらも夏の開放的な雰囲気を感じさせる軽快なハイハットが効果的なアッパー・シンガロングM-2 「All I Know」。そして問答無用の疾走系キラー・チューン、2011年の記憶に残ること間違いなしな爽快エモメロの秀曲M-3 「New York, New York」。後半はやや長すぎかな?とも思えるが、大合唱パートが盛りだくさんのライブのラストにもってこいのアッパー度満点なタイトル・チューンM-4 「Finders Keepers」。サビのせつなくも抑揚ある胸キュンメロが印象的なM-5 「You And I」の全5曲!とりあえずM-3を聴いてから、まだまだこの夏を楽しめばいいんじゃない!?下記のプロモ・ビデオも要視聴!サウンドに似合わずおバカすぎる内容に胸キュン!

1. When I Fall
2. All I Know
3. New York, New York
4. Finders Keepers
5. You And I

Artist-7540224.jpg
www.myspace.com/4thquartercomeback
www.facebook.com/fourthquartercomeback
www.purevolume.com/4thQuarterComebackMusic


Fourth Quarter Comeback EP Release and Introductions (2011)
08/15
Mon
 Title:FACT AND FICTION / Play Your Cards
author:Sway
factandfictionpyc.jpg
Label: Antstreet (2011)
Genre: Rock/Pop Punk/Powerpop/Emo/Alternative

Like FROM DAWN TO FALL, DESTINE and FAULTER!
ドイツ発!爽快エモメロに国境なしのデビュー・フル!


ドイツのEmo/Pop Punkといえば個人的にANDTHEWINNERIS、ALOHA FROM HELL、SOMETHING FOR HEROESなんかが印象的ですが、それに負けず劣らずの良質バンドがこのFACT AND FICTION!2009年にこちらも大注目のRANDOM HEROらが所属するAntstreet Recordsと契約、2011年春本作となる1stフルがリリース。先日ご紹介したオーストリアのFROM DAWN TO FALLも欧州離れしたド爽快エモメロを聴かせてくれましたが、このF&Fも凄まじくド爽快でキラキラ!最も特徴的なのが透きとおるようなハイトーンVo. とせつなくもメロディアスな爽快エモメロ、先日初来日を果たしたオランダのDESTINEにも通じる圧巻の欧州クオリティ、まさにエモメロに国境なし!

個人的ベスト、BメロのVo. の低音具合からの緩急バツグンな伸び上がりが心地良すぎる爽快オープニング・チューンM-1 「This Time」。せつなさ満点の哀愁テイストから、サビでは極上の爽快メロに一転するキラー・チューンM-2 「Tonight」。小気味良いエレクトロ・シンセをフィーチャーしたダンサブル哀愁エモメロM-3 「These Lights」。収録曲中最もセクシーな歌い回しが耳に残る、ミュージック・ビデオも製作された1stシングルM-5 「Stick To Your Lies」。Popcoreテイストを搭載したNEW FOUND GLORYライクなタテノリ・チューンM-6 「Make Your Move」。ストリングスをバックにダイナミックに展開するジャジー・テイストM-9 「Circus」など、緩急が素晴らしい爽快エモメロが詰まりにつまった全11曲!どこかBRIGADE、FAULTERに通じる妖艶なエモ格好良さも滲ませるんだよなあ、F&Fは間もなく全世界の注目を浴びるバンドに成長するだろう。

1. This Time
2. Tonight
3. These Lights
4. Electric
5. Stick To Your Lies
6. Make Your Move
7. Tell Me, Baby
8. Memories
9. Circus
10. Breath
11. Goodbye

190313_10150095050280764_190162835763_6800023_907477_n.jpg
www.myspace.com/myfactandfiction
www.facebook.com/FACT-FICTION


Stick To Your Lies (2011)
06/27
Mon
 Title:FOREVER THE SICKEST KIDS / Forever The Sickest Kids
author:Sway
foreverthesickestkidsftsk.jpg
Label: Universal Motown (2011)
Genre: Rock/Pop Punk/Powerpop/Emo/Alternative/Electronica

全米Billborad 200チャート最高位33位!
キッズ&ティーン待望の2ndフルは夏にピッタリの成長盤!


全米Billborad 200チャート最高位33位!世界中のキッズやティーンを中心に絶大な人気を誇り、いわずと知れた全米を代表するポップパンクバンドの仲間入りを果たしたFOREVER THE SICKEST KIDS待望の2ndフル!ご存知のとおり3部作となるはずだった 『The Weekend』 EPシリーズを1作目の 『Friday』 で放り出してフルを作っちゃうあたり、彼ららしい奔放さというかなんというか。しかし、そんな行き当りばったり感など皆無に等しい素晴らしい本作、2011年1月に脱退したKey. Kent Garrisonにとっては残念ながら最後の作品となりましたが、人懐っこいメロディーのキャッチーさはそのままに、やや大人に成長した彼らに出会えます!流行りのHappycoreブレイクダウンを取り入れたり、とにかく柔軟にキッズの期待に応えてくれる、それが彼らの最大の魅力!

前作までとは一転し、シリアスかつダイナミックに展開、セクシーさも感じさせるアダルト路線から成長の跡をうかがわせる1stシングルとなるリード・トラックM-1 「Keep On Bringing Me Down」。オープニングのシャウトからアゲアゲ感満点なFTSK流ブレイクダウンも搭載した軽快Pop Punkテイストの2ndシングルM-2 「Crossroads (I Guess You Can Say Things Are Getting Pretty Serious)」。ディスコ・テイスト全開に振り切れた柔軟性に脱帽な3rdシングルM-3 「Life Of The Party」。真夏のプールのビーチ・サイドで寝そべりながら聴きたい2011年のサマー・アンセムM-7 「Same Dumb Excuse」。過ぎ去りしゆく夏を惜しむようなせつなさ溢れる胸キュンメロがココロに響くM-9 「Summer Song」。THE SUMMER OBSESSIONの「Disappear」を彷彿とさせるダイナミックでドリーミーな壮大ミドルM-11 「What Happened To Emotion? (Killing Me)」など全11曲!春リリースであるものの、楽曲は非常にこれからの夏の季節にピッタリなものが多い作品なので、これからも相変わらずのヘビロテでじっくりと聴きこんで行きたい成長盤!

1. Keep On Bringing Me Down
2. Crossroads (I Guess You Can Say Things Are Getting Pretty Serious)
3. Life Of The Party
4. Robots & Aliens
5. King For A Day
6. Good Life
7. Same Dumb Excuse
8. Bipolar Baby!
9. Summer Song
10. Forever Girl
11. What Happened To Emotion? (Killing Me)

Artist-1496983-1FTSK_creditJeremyGibson.jpg
www.myspace.com/ForeverTheSickestKids
www.facebook.com/ForeverTheSickestKids
www.purevolume.com/ForeverTheSickestKids


Crossroads (I Guess You Can Say Things Are Getting Pretty Serious) (2011)

ForevertheSickestKidsUnderdogAlmaMater.jpg
Underdog Alma Mater (2008)
04/25
Mon
 Title:FIRST THINGS FIRST / The Brighter Side
author:Sway
firstthingsfirsttbs.jpg
Label: Unsigned (2011)
Genre: Rock/Powerpop/Pop Punk/Emo/Electronica

とことん甘く、ちょっぴりせつなく、踊り出したくなる爽快Powerpop/Pop Punk!
Drivemo激オシの中毒性高めヤロウ!


CINEMATIC SUNRISE、THIS YEARS FASHION、THE BEST WEEK EVERなどの透明感溢れるビューティフル爽快エモメロ・ファンにぜひ聴いていただきたいのがPennsylvania州出身の4ピース、FIRST THINGS FIRSTのデビューEP!2010年の秋に結成と、まだまだ半年の活動歴ながらその有り余るポテンシャルにもうわたしもすでにFTF中毒!軽快に跳ねるシンセ系ドラムに情緒感良く流れるムーグ、そしてコーラス映えしまくりなVo. のクリアでハイトーンな歌声と甘酸っぱい爽快メロディー!ALL TIME LOWを思わせるキレの良さとコーラスが気持ち良く響き渡るポップ・アンセムM-1 「Stuck On Repeat」。ex. SULLIVANのVo. Brooks Paschalをフィーチャー、オープニングから手拍子必須なBOYS LIKE GIRLSファンも「Five Minutes To Midnight」ばりに納得のアゲアゲ・テイストM-2 「Let The Good Times Roll, Kid」。一転してシリアスなせつな哀愁テイストが胸に染みるM-3 「Queen Of Mixed Signals」。「ハートビー!ビー!ビート!」の激ポップなサビにはもう黙っていられない爽快エモメロM-4 「Love Is For The ___」。女性シンガー・ソングライター、STEPH KENNAとの美しいデュエットが見事なラスト・チューンM-5 「Broken Limits (We’re So Caught Up In This)」の全5曲。プロデュースはTHERE FOR TOMORROW、VERSAEMERGEなどを手掛けたBrooks Paschal、とことん甘く、そしてちょっぴりせつなくて、それでも踊り出したくなる爽快Powerpop/Pop Punk!Drivemo激オシの中毒性高めヤロウ!

1. Stuck On Repeat
2. Let The Good Times Roll, Kid (Feat. Brooks Paschal)
3. Queen Of Mixed Signals
4. Love Is For The ___
5. Broken Limits (We’re So Caught Up In This)

Artist-735823-172773_188537167847838_163408567027365_491797_3369600_o1.jpg
www.myspace.com/firstthingsfirst
www.facebook.com/FirstThingsFirstMusic
www.purevolume.com/FirstThingsFirstPa
04/17
Sun
 Title:FROM DAWN TO FALL / Rising
author:Sway
fromdawntofallrising.jpg
Label: The Arcadia Agency (2011)
Genre: Rock/Pop Punk/Powerpop/Emo/Alternative

オーストリアから変幻自在の新世代エモロック!
固定観念は捨て、ただ聴けばわかるDrivemo激オシ欧州ヤロウ!


音楽の都として有名なウィーンが所在するヨーロッパはオーストリアから届けられた2006年に結成された5ピース、FROM DAWN TO FALLの2ndフル!このバンドがとにかく凄いんです、ストレートで美しいエモロックからエレクトロ風味漂う軽快ポップパンク、オルタナティブな疾走スクリーモ、シンガロングなメロディックまでとにかくそのサウンドの幅が広い!ここまで広いと似たバンドをあげるのも難しいのですが、PHILMONT、THE RED JUMPSUIT APPARATUS、HEDLEY、PANIC! AT THE DISCO、THE AUDITIONなど、脈略もないですが、とりあえずひっかかった方はぜひ一度聴いてみることをオススメします。伸びやかで透明感のあるハイトーン・ボイスな歌声とジャンルレスなサウンドに見事に対応する巧みな楽器隊、そしてなんといっても決してオーストリアという一国に収まることのないボーダーレスで説得力のある良質メロディーは今後間違いなく世界中に響き渡ることでしょう!

HIT THE LIGHTSの影響があったのかないのかは別として、好感を持てるシンガロング・オープニングM-1 「Golden City」(M-2のミュージック・ビデオのオープニングでも聴けます)。RELIENT K、RUN KID RUN、THE WEDDINGばりにダイナミックな軽快イントロから、胸に突き刺さるファルセット・サビが気持ち良すぎるキラー・チューンM-2 「Rising」。一転してシリアスに展開する疾走哀愁オルタナ・チューンM-3 「Beat Of Harmony」。泣きのサビメロの説得力が全てを物語るM-5 「New Start」。ロマンティックな美メロが胸を打つ大合唱ミドルM-6 「Rome」。シンガロング・シャウトと快速ドラミングが心地良いハイテンション・メロディックM-7 「T.R.L.」。軽快ポップテイストと美エモの中間をスレスレで行く、個人的ベスト・チューンな壮大ミドルM-11 「Broken Heart」など全12曲!個人的にUKからFASTLANEが彗星の如く現れ、シーンを席捲したあのときと同じような衝撃を受けた超期待のFDTF!固定観念は捨て、ただ聴けばわかるDrivemo激オシ欧州ヤロウ!

1.Golden City
2.Rising
3.Beat Of Harmony
4.Gossip
5.New Start
6.Rome
7.T.R.L.
8.Happy Not Valentine's Day
9.Runaway
10.Safety Suits
11.Broken Heart
12.Suburban Wake-Up Call

l.jpg
www.myspace.com/fromdawntofall
www.facebook.com/fromdawntofall


Rising (2011)
Template by Girl's Dis
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。