It's all about rock; full of emotions and sweetness
--/--
--
 Title:スポンサーサイト
author:Sway
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
06/15
Fri
 Title:HEROES FOR HIRE /Take One For The Team
author:Sway
heroe.jpg
Label: Shock (2011)
Genre: Rock/Pop Punk/Powerpop/Emo/Easycore

初来日を果たしたオーストラリアのポップパンク・ヒーロー!
今最もノリに乗っているリアルPop Punkサウンドがここに!


現在、オーストラリアを代表するポップパンク・ヒーローといっても過言ではない5ピース、HEROES FOR HIREの2ndフル!BEYOND[THE]BLUE Tour 2012での初来日も果たしました。前作 『Life Of The Party』 からわずか1年という短いスパンで届けられた本作、内容の充実ぶりにやや心配したのですが、まったくの杞憂でした。前作からの持ち味であるCITY LIGHTS、I CALL FIVESライクなメロディックでドキャッチーな快速Pop Punkサウンドはさらにスケール・アップ、要所にEasycoreテイストな2ステップ・ポイントやブレイクダウンを絡めたりして、時代の流れやニーズに非常に柔軟に対応してくれています。ただそれだけではなく、ツインVo. 気味に掛け合いで進行する良質コーラスや、相変わらず日本人の琴線に触れるような、どこか蒼くて甘酸っぱい青春メロディーが素晴らしい。よくもまあこれだけの短いスパンでこれだけの良曲を作り出せるな!と驚嘆したというのがこの作品への正直な感想、さらにこの作品発表後、日本が世界に誇るエモメロコンピ 『BEYOND[THE]BLUE Vol.5』 収録の「Set In Stone」やエレクトロ・テイストをフィーチャーした「Heartstops」という名曲をすでに世に送り出しているのだから、バンドのバイタリティと創造性には感服せざるを得ません!

毎度ワクワク感をとことんまで上げてくれる印象的なピロピロ・ギターリフで開幕するタテノリ・シンガロングM-1 「No Milk Will Ever Be Our Milk」。跳ねたシャッフル・ビートが新感覚ながらも、しっかりとドキャッチーなHFH節が集約された名曲M-2 「All Messed Up」。しばらくの間「On And On…」が耳から離れなくなる脳内リピ率No. 1のM-3 「You Only Live Once」。前述の「Set In Stone」も快速2ビートの名曲ですが、その開始地点ともいえるツインVo. の掛け合いが冴え、中盤のEasycoreテイストも秀逸なM-4 「Doonside High School Football Rules」。歌始めのイントロからサビへの盛り上げ方と持っていき方が全くもって絶妙な、一度聴けば誰もがすぐに口ずさめる佳曲M-5 「Secrets, Lies And Sins」。お下品でおバカなミュージック・ビデオでもおなじみのサークル・ピットからのシンガロングがライブでも楽しみなM-7 「East Coast Blazin'」。エモーショナル極まりない美しいせつなメロから、極端に跳ねるラブ・ソング、こういう曲が書けるのがHFHの真骨頂なM-10 「The World For You」。ラストも怒涛のような攻勢は止むことなく疾走するM-12 「Before I Die」など、全12曲!

国内盤にはなぜこの曲が本編に入らなかった!?と首をかしげるほどの青春爽快エモメロ「Kill Your Conscience」も含め2曲がボーナス・トラックとして収録されているのでぜひそちらでチェックしてください!前作はEP収録曲が2曲収録されていたり、まだScreamo/Post Hardcoreサウンドが入り混じった作品だったので、今作こそ正真正銘!彼らの純度120%のリアルPop Punkサウンドと明言してよいでしょう!

1. No Milk Will Ever Be Our Milk
2. All Messed Up
3. You Only Live Once
4. Doonside High School Football Rules
5. Secrets, Lies And Sins
6. That’s Not Flying, It's Falling With Style
7. East Coast Blazin'
8. It's Not Too Late
9. A Crash Course In Comedowns
10. The World For You
11. Keep Me Safe
12. Before I Die
13. Deathstar To The Right And Straight On Till Endor*
14. Kill Your Conscience*
*Japanese Bonus Track

Artist-93235-262553_10150263552305256_353082610255_7382670_1337083_n.jpg
www.facebook.com/heroesforhireAUS
www.myspace.com/heroesforhirerock
www.facebook.com/www.purevolume.com/HeroesForHireAUS


All Messed Up (2011)


East Coast Blazin' (2011)

heroesforhirelotp.jpg
Life Of The Party (2010)

heroesforhirelightsout.jpg
Lights Out (2008)
スポンサーサイト
03/07
Wed
 Title:A HERO'S FATE / Terms And Conditions
author:Sway
aherosfatetac.jpg
Label: Unsigned (2012)
Genre: Rock/Pop Punk/Powerpop/Emo/Popcore/Alternative

Like I CALL FIVES, CITY LIGHTS and HIT THE LIGHTS!
眩しく強い輝きを隠せない傑作サンシャインEP!


We're not rockstars, saints, martyrs, or heroes, despite our name. ―こんなバンド名にも関わらず、僕らはロックスターや聖人や殉教者、ましてや英雄なんかでもないんだ。

Florida州のローカルな友人たちによって結成された4ピース、A HERO'S FATEの新作EPが凄まじく良い!2010年に発表された1stフル 『Another Knight Alone』 ではスクリームを取り入れたアグレッシブでスタイリッシュ、CUPIDFALLS、DIVIDED BY FRIDAYライクなAlternativeエモメロサウンドを聴かせてくれた彼ら、その後iTunes Storeにてコンスタントにシングルを発表し続け、2012年に届けられたのが本作EPである。

本作ではツインGt. であったメンバーひとりの脱退後、よりキャッチーでシンプルなポップパンク路線に焦点を絞り、CITY LIGHTS、HIT THE LIGHTS、I CALL FIVES、DANGER IS MY MIDDLE NAMEライクなハートフルかつメロディーの際立つ楽曲が数多く収録されている。ハスキーで輪郭のハッキリとしたやんちゃVo. 、随所でセンス良くツーバスと軽快ブレイクダウンを響かせるPopcoreリズム隊が非常に特徴的、その前作からの変化が如実に表れた激メロディックなM-1 「Running In Circles」。快速かつ、晴れ渡った青空しか見えてこない爽快ポップパンク・テイストM-2 「Amateur Hour」。前述の先行シングルであり、ドラマティックかつ徐々に怒涛の盛り上がりを聴かせる好展開なシンガロング・チューンM-3 「Cool Story, Bro」。メロディアスな王道展開から突如せつなメロのニヤリ感がたまらなく、後半にもエモーショナルな展開が光る佳曲M-4 「Orange County」。こちらも先行シングル、牧歌的で実直に進行するTHEアメリカン・ポップロックメロが心地良く、非常に耳触りの良いM-5 「Over And Out」。さらにせつなさ満点のアコースティック2曲を収録した全7曲!バンド自らをフロリダという土地柄、"Sunshine State Pop Punkers" と紹介していますが、まさにその通り!眩しく強い輝きを隠せない彼らの魅力溢れる傑作サンシャインEP!

1. Running In Circles
2. Amateur Hour
3. Cool Story, Bro
4. Orange County
5. Over And Out
6. Highway Boredom
7. Ron Is Anthrax Proof (Acoustic Version)

Artist-4840912-POSTER2_ads2.jpg
www.facebook.com/AHerosFateOfficial
www.myspace.com/aherosfate
www.purevolume.com/aherosfate
02/29
Wed
 Title:HIT THE LIGHTS / Invicta
author:Sway
hitthelightsinvicta.jpg
Label: Razor & Tie (2012)
Genre: Rock/Pop Punk/Powerpop/Alternative/Emo

次世代エモメロの先駆者HIT THE LIGHTS!
「不屈の」意志を込めた渾身の3rdフル!


多くの方が困惑されたかもしれない、HIT THE LIGHTSがその進む方向を大きく変えた。NEW FOUND GLORYジェネレーション以降、次世代エモメロの先駆者といっても過言ではないHTL、爽快でキャッチーなポップパンクとヘヴィなハードコアの要素をエッセンス的に取り入れ、国内外を問わず多くのファンやバンドを魅了し、多くのフォロワーを生んだ。2008年に発売された前作 『Skip School, Start Fights』 でその地位を確立した彼らが約4年ぶりの新作で挑んだのはよりエモーショナルで、より繊細、よりアイデンティティー溢れる、唯一無二の独自ロック・サウンド。前作までとは圧倒的に疾走感を排除しながらも、それにより生み出される重厚感とハートフルなサウンドへの方向転換は多くの人々を驚かせ、困惑させたかもしれない。今思えば2009年に発表されたEP 『Coast To Coast』 収録曲の「Coast To Coast」、「Pulse」はデジタル・テイストを取り入れた2nd寄りでありつつも、FURTHER SEEMS FOREVERのカバーである「Drive Onto Me」は対照的にハートフルにハマりすぎていた、彼らの中でサウンドが転換する節目だったのかもしれない。さて、ともかく産み落とされた本作はそんな驚きと新たな発見に満ちた冒険的な壮大なエモーショナル作品である。

本作を象徴する独特のドラム・パターンからイントロが始まる、壮大な作品の幕開けを思わせるシンガロング・チューンM-1 「Invincible」。Drivemo Awards 2011 「KILLER TUNE OF THE YEAR」受賞、エモーショナルな感情の塊が怒涛の波のように寄せては返すHTL随一といっても過言ではないハイトーン・ソングM-2 「Gravity」。先行リリースされた 『Invicta EP』 どおりの曲順に繰り出されるのはさらに魂を揺さぶるメロディーと歌詞、後半の涙モノなシンガロングが響き渡るM-3 「Earthquake」(正直タイトルを当初見たとき、われわれ日本人にとっては至極不謹慎であると感じてしまったことは否めないが)。TRANSITやAFTER TONIGHTが2010年の最新作で聴かせてくれたようなハートフルかつメランコリックなギターリフが特徴的なM-5 「Get To You」。個人的にベスト、思わず拳に力が入るオルタナティブでひた向きな必殺サビメロがとことん突出した激エモーショナルなM-6 「Float Through Me」。YELLOWCARDのフロントマン、Ryan Keyとの共作であり、シンプルでエレクトロなリズムにNickの実直で誠実な歌声が心地良く乗り、淡々と進行しながらもそのメロディーの美しさに引き込まれるM-9 「Faster Now」。唯一前作のテイストを色濃く残しただろう2nd収録の「」を思わせるせつなメロと「Let You Know」のメロがココロに残るM-10 「Take Control」など全11曲。アルバム・タイトルである「Invicta」は「不屈の」「負けざる者」といった意味を持つ、そこにはHTLの確固たる意志と新たなサウンドへの自信を感じざるを得ない。前回の来日ではM-2のみしか新曲は聴くことができなかったので、ぜひ次回の来日を心待ちにしたい。

本作のLPにはM-12としてアコースティックな展開から軽快に疾走するエモーショナル・テイスト「Liars And Cheats」が、KICK ROCK INVASIONからの国内盤にはボーナス・トラックとしてクリスチャン・オルタナライクな爽快疾走エモメロ・チューン「Let You Down」が収録されている。テイストがやや異なるため、本作には未収録だったのかもしれないが、ファンとしては両曲とも聴き逃せない良曲なのでぜひ入手していただきたい。

1. Invincible
2. Gravity
3. Earthquake
4. So Guilty
5. Get To You
6. Float Through Me
7. Should've Known
8. All The Weight
9. Faster Now
10. Take Control
11. Oh My God

Artist-6080980-HTL_Processed_IMG_1243lo.jpg
www.facebook.com/hitthelights
www.myspace.com/hitthelights
www.purevolume.com/hitthelights


Earthquake (2012)

hitthelightsctcep.jpg
Coast To Coast (2009)

hitthelightssssf.jpg
Skip School, Start Fights (2008)
01/26
Thu
 Title:HIT THE LIGHTS Music Video
author:Sway
HIT THE LIGHTSが最新作 『Invicta』 より「Earthquake」のWorld Premier Videoを公開しました。魂を揺るがす!

Do you feel the shaking ground?
This world is mine for the taking, mine for the taking
This is the moment now
Oh, I know I can make it, swear I can make it


Earthquake (2012)
洋楽音楽 / [ H ]
10/21
Fri
 Title:HOLLOWICK / Beautiful People
author:Sway
hollowickbp.jpg
Label: Aquarious (2011)
Genre:Rock/Alternative/Emo/Pop Punk

カナダ発!Drivemo激オシの圧巻モダン・オルタナ!
Like THE EXIES, SANCTUS REAL and DIFFUSER!


騙された!良い意味で!もうなんかさジャケ見た瞬間、ESCAPE THE FATEとかが浮かぶじゃないですか!またスクリーモか、なんて思ってたらなんだよ、これすごい格好良いじゃない!そんな第一印象です、RIDES AGAINから改名を果たしたカナダ出身の4ピース、HOLLOWICKの1stフル!キャッチーなモダン・オルタナ風味な楽曲はときにパンキッシュだったり、ときにメロウだったり、DIFFUSER!?あれHOOBASTANK?かと思ったらPANIC! AT THE DISCOかよ!みたいなそんな変幻自在なサウンド!ある意味レビュアー失格なわかりにくい書き方だけど、決してひねくれてるわけじゃなくて、このブログに載ってるぐらいだからそりゃあもうキャッチーなわけ。Vo. が特にハスキーでやや鼻にかかっててセクシー、完全にDIFFUSERライクだったから個人的にドツボなんだ、どのバンドに一番近いかと言われたらTHE EXIES、SANCTUS REALを迷わずあげるけども。

ジャケの内容を完全にぶっちぎって裏切ってくれた爽快オープニング・チューンM-1 「Just Another Day」(FEEDER的な意味でグッとくるタイトル!)。軽SKILLETともいえそうなエッジの効いた哀愁オルタナ・キラーM-2 「Time Bomb」。ストレートなタイトルとダンサブルなビートが心地良いディスコ・ロックM-3 「Breaking Out」。メロウでP!ATD、ELLIOTMINORライクな歌曲テイストなタイトル・チューンM-4 「Beautiful People」。OASISライクなUKミドルとブルージーなカントリー・テイストが融合したかのような雰囲気バツグンの妖艶ミドルM-6 「One Day」。締めはもちろんエモーショナルでブルージーなTHE EXIES好きにはたまらないロッカ・オルタナM-11「Rock Ending」など全11曲。うん、実はPop Punk/Easycoreばっかり聴いてるわけじゃないんだよ、ブレイクダウンやスクリームの合間にふと聴きたくなる、そんな安心感とモダンロックの輝かしい未来を期待させるHOLLOWICKはDrivemo激オシでブレイク必至!

1. Just Another Day
2. Time Bomb
3. Breaking Out
4. Beautiful People
5. Not There Yet
6. One Day
7. Taking Me Over
8. King of the World
9. There Goes Another One
10. Gimme Gimme
11. Rock Ending

Artist-6633943-superpromoLR.jpg
www.facebook.com/Hollowick
www.myspace.com/hollowick
www.purevolume.com/hollowick


Time Bomb(2011)
10/05
Wed
 Title:HELLO! JERSEY / An American Summer
author:Sway
HELLO_JOEY.jpg
Label: Unsigned (2011)
Genre: Rock/Pop Punk/Powerpop/Emo/Electronica

Kentucky州から爽快エモメロポップパンクの新星あらわる!
垢抜けなさが愛くるしい4ピースの1stEP!


2010年夏にソロ・プロジェクトを進めていたVo. / Gt. Corey Howellの呼びかけによりKentucky州にてスタートしたHELLO! JERSEYの1stEP!5ピースとしてオリジナル・メンバーにて結成されたのが2011年1月、なんやかんやのいざこざにてメンバー・チェンジの末、現在は4ピースにて活動中。粘っこくも人懐っこくやんちゃな歌声を持つフロントマン、Coreyのソング・ライティングが光るエモメロポップパンクは非常に爽快、随所で聴くことができる刻みの多いギター・リフは軽快そのもので、シンプルな構成ながらもメロディーの良さに引っ張られる良い傾向のサウンド。各ポイントでエレクトロな側面も含み、ALL TIME LOW、STAY、THE STARLIGHT GETAWAY、THE AUTERなどに通じるFM映えしそうなダイナミック爽快エモメロといえるだろう。

イントロのタテノリ感から一気に気持ちを持っていかれるノリ重視の快速チューンM-1 「An American Summer」。サビではどうしても3 STOREYS HIGHの「Get Up」が覗いてしまうが、それを抜きにしても問答無用のポップパンク・キラーM-2 「I'm Just Being Honest」。意表を突くドリーミーでオネストな胸キュンエレクトロ・ポップM-4 「The Heartland」。そして最後にこうくるか!とこれまた意表を突かれる硬派な哀愁メロディック・テイストM-5 「Pull Yourself Together」など全5曲。Facebookの影響を受けたものがBRAND NEWで渋くてすき。本作は今なら彼らのBandcampにて全曲フリー・ダウンロード可能です!

1. An American Summer
2. I'm Just Being Honest
3. We Can Make It Work
4. The Heartland
5. Pull Yourself Together

302304_191352594266927_130959303639590_416296_1734841911_n.jpg
www.facebook.com/hellojersey
08/18
Thu
 Title:HIGHWAYS / Enjoy The Little Things
author:Sway
highwaysetlt.jpg
Label: Unsigned (2011)
Genre: Rock/Pop Punk/Powerpop/Emo/Alternative

平均年齢がなんと驚異の16歳!
若干14歳の紅一点Vo. Sarah率いるSydney発爽快エモメロPop Punk!


高速道路1,000円が終了してしまいましたが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?今回はきっと強引に結びつけようとして失敗するパターンのやつです。オーストラリアはSydney出身の5ピース、HIGHWAYSの1stEP!そのバンド名のとおり、聴きながら高速を飛ばしたらさぞかし心地良いだろうポップ度120%の爽快エモメロPop Punkが炸裂する本作、なんと若干14歳!紅一点のVo. Sarah Buckley(Dr. のJohnとは同姓なんだけど兄妹?)のパワフルでキュートな歌い回しはどこからどう聴いてもPARAMOREのHayley譲りですが、本家のポップパンク度が薄まってきてしまっている現状、より一層素晴らしく感じてしまうのはやや悲しくもあるところ!いうなればTONIGHT ALIVEよりキャッチー!WE ARE THE IN CROWDよりパンキッシュ!リズム隊が特に元気で上手すぎるんですが、おかずは美味しそうだわ、ド爽快エモメロながら随所でツインペダルや快速メロディックばりのスッタンスタタン!系をかましてくれるわ、かなりアグレッシブで楽しいのです。昨今の女性Vo. バンドの中でもピカイチなクオリティとはっちゃけ感なのでぜひオススメしたいHIGHWAYS!

リード・ソングの定番ともいえるが、鮮やかな青空が浮かんでくるキュートな爽快オープニング・チューンM-1 「How Do You Like Me Now」(後半のシンガロング・パートのシャウト・コーラスと女性Vo. との対比が個人的にドツボ展開!)。Hayley的なパワフルな歌い回しが最も実感でき、夕焼けが滲みそうなエモーショナル・シンガロングM-2 「Eversince」。伸びやかなサビメロと、箇所によりかなり絶妙に変化するリズム隊が遊び度満点で楽しすぎるM-3 「Unregretable」。勢いは衰えない!ライブのラストに聴けたら最高だろう、サビのハイトーン・コーラスが冴える快速ポップパンク・テイストM-5 「La Di Da」。そして軽目のブレイクダウンが気持ち良い2010のデモから収録のM-6 「Victory (Demo)」など全6曲!平均年齢16歳の恐るべし超新星は、その名のとおり高速をかっ飛ばすかのように、世界中のキッズのハートにスピーディーに到着することだろう!

1. How Do You Like Me Now
2. Eversince
3. Unregretable
4. The Last Time
5. La Di Da
6. Victory (Demo)

Artist-3778901-IMG_9238a_1800_LR.jpg
www.myspace.com/HighwaysWin
www.facebook.com/Highwaysmusic
www.purevolume.com/HighwaysWin
07/28
Thu
 Title:HART BRAKE KID / Every Little Thing
author:Sway
hartbrakekidelt.jpg
Label: Unsigned (2011)
Genre: Rock/Powerpop/Pop Punk/Emo/Electronica

Like ELEVENTYSEVEN, MELODY FALL and VISION & VALOR!
Drivemo激オシでまずはM-1を必聴!
ハートに直撃&ブレイク必至なエレクトロ・ポップパンクのスーパーノヴァ!


単なる言葉遊びなのかもしれないが、決して後ろ向きな「Heartbreak」ではないところがセンスを感じさせるCalifornia州出身の4ピース、HART BRAKE KIDの1stEP!2010年、偶然出会った2人のメンバーが、粘り強く同じゴールを目指すほかのメンバーを探してようやく結成されたという、それだけでも青春ロード・ムービーが撮れそうな彼ら、サウンドも極上!ハイトーンで艶のあるVo. と、ダイナミックな演奏陣、小気味良く楽曲を際立たせる成分多めのエレクトロ・エフェクト、そしてなんといっても疾走感のあるハートフルなメロディック・テイストが持ち味!惜しくも短い活動期間の末に活動を休止してしまったVISION & VALORの再来ともいうべき、"エレクトロ meets 爽快エモメロ" 再び!

続け様にV&V対比しますが名曲「Maybe I'm Crazy」に匹敵する、とにかく必聴なリード・トラックでありなかなかお金のかけられていそうな力作ミュージック・ビデオも製作されたM-1 「One More Time」の一度聴けば口ずさんでしまうこと必至なキラーっぷりを体感すれば、彼らの魅力は音速以上の速さで伝わるはず!MELODY FALLを彷彿とさせるやんちゃでキラキラな疾走感が飛び抜けたM-2 「Every Little Thing」。一転し、ひたすらに胸をえぐるようなせつなシンガロングなサビメロが新たな魅力の扉を開くM-4 「Over」。安定した疾走感とサビでのエモーショナルな展開が収録曲中随一の完成度を誇るM-5 「It's Been You All Along」など全6曲!2011年、ハートに直撃&ブレイク必至な新生Drivemoが胸を張って激オシするエレクトロ・ポップパンクのスーパーノヴァ!

1. One More Time
2. Every Little Thing
3. You're So...
4. Over
5. It's Been You All Along
6. So Far Gone

Artist-7484192-hbkbluesun.jpg
www.myspace.com/hartbrakekid
www.facebook.com/hartbrakekid
www.purevolume.com/hartbrakekid


One More Time (2011)
03/09
Wed
 Title:HIGHLIGHT THE NIGHT / Summer Fever
author:Sway
highlightthenightsf.jpg
Label: Unsigned (2010)
Genre: Rock/Pop Punk/Powerpop/Emo

春です!Drivemoです!爽快エモメロポップパンクの季節です!
エモメロ遺伝子が騒ぎ出すスーパーノヴァ!


まるで早口言葉のように3回連続でいってみたくなるバンド名のGeorgia州出身の3ピース、HIGHLIGHT THE NIGHTの2010年発表の1stEP!適度なヘタウマ加減と、どこか懐かしくも若さに任せたアゲアゲPowerpop/Pop Punkサウンドはタイトルどおり夏にぴったり、ドラマー不在という珍しいバンド構成だが、超ハイトーンで耳に駐在してしまうVo. 、ALL TIME LOW、HIT THE LIGHTS、MELODY FALL、RACING KITES、DANGER IS MY MIDDLE NAMEなどを彷彿とさせるメロディアスな爽快エモメロは聴くたびに癖になりそう。なんだかBLACKTOP MOURNINGの「Your First Crime」がよぎる懐かしくも超爽快な胸キュン・キラーM-1 「This Town Aint Big Enough For The Two Of Us」。一転してロマンティックなアコースティック・サウンドで振り幅を聴かせるタイトル・トラックM-2 「Summer Fever」。MFファンはドツボなド直球快速ポップパンクテイストM-3 「Dear California (The Real Party Song)」など全4曲。そして本作には未収録なんですが、Purevolumeでフリー・ダウンロード可能、なんていっても胸をえぐられたのがKE$HAのポップパンク・カバーである「We R Who We R」、爽快アゲアゲすぎるしダンサブルで小憎らしいし、気持ち良すぎるしなんだこれ!な気分を味あわせてくれるナイス・カバーなのでこちらもぜひ必聴!3ピースながらドストレートな爽快エモメロポップパンクがキッズのエモメロ遺伝子に語りかける、JULYに続きこちらもDrivemo激オシな2011年期待のスーパーノヴァ!アー写みたら相当なキッズで衝撃!

1. This Town Aint Big Enough For The Two Of Us
2. Summer Fever
3. Dear California (The Real Party Song)
4. A Night to Remember

Artist-6099599-HTN.jpg
www.myspace.com/highlightthenightmusic
www.purevolume.com/highlightthenightmusic


We R Who We R (KE$HA Cover) (2010)
07/27
Tue
 Title:HOPE FOR A.M. / Pre-Game EP
author:Sway
hopeforampgep.jpg
Label: Unsigned (2010)
Genre: Rock/Powerpop/Pop Punk/Emo/Electronica

抜群のエレクトロ・センスとアゲアゲ・ポップパンクの超化学反応!

2008年の夏に結成、約2年後の2010年現在にはVans Warped Tourでプレイしてしまっている。そんなパンク・キッズにとっては夢のようなお話を現在に体現してしまっているのがこのCalifornia州出身の5人組、HOPE FOR A.M. !FOREVER THE SICKEST KIDS、HIT THE LIGHTS、BOYS WILL BE BOYS、A BIRD A SPARROW、NOTIMEFORなど、軽快でアゲアゲなドキャッチー爽快ポップパンク・サウンドにエレクトロの要素を実にオシャレ&バランスよく配合したキッズ垂涎の新作EPがこちら!どっしりと安定感のあるリズム隊が非常に印象的で、昨今ハッピーコアの台頭により主流となりつつあるリズムの急展開構成にも上手く対応、こういう屋台骨のしっかりしたバンドだからこそWarpedにも出れるんだろうな、とCD音源ながら妙に納得。「Come On Now!」のシャウトが心地良すぎる軽快オープニング・アンセムM-1 「Brace Yourself」。キッズも泣いて喜ぶ2010年の夏を鮮やかに彩る、これぞな定番青空疾走エモメロチューンM-2 「Set It And Forget It」。エレクトロの使い方が非常に玄人的で、効果的にサウンドへの変化を促している巧みさを感じさせるM-3 「Addiction In The Form Of Flattery」。ジャケにも描かれている赤いカップをタイトルに据えたピコピコでアゲアゲなロマンティック・チューンM-5 「Red Cup Anthem」など全5曲。ここまでオシャレなエレクトロ・テイストをアゲアゲなポップパンクと気持ち良く化学反応させているバンドは実に珍しい!2010年だからこそ生まれたであろう超ドキャッチーなスマイリー・サウンドでこの夏は踊りまくれ!

1. Brace Yourself
2. Set It And Forget It
3. Addiction In The Form Of Flattery
4. When Harry Met Whatshername?
5. Red Cup Anthem

Artist-3377191-hfampromo.jpg
www.myspace.com/hopeforam
www.purevolume.com/hopeforam
Template by Girl's Dis
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。