It's all about rock; full of emotions and sweetness
--/--
--
 Title:スポンサーサイト
author:Sway
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
08/31
Wed
 Title:RELIENT K / Two Lefts Don't Make A Right ... But Three Do (2003)
author:Sway
rel.jpg
Genre: Christian Rock/Pop-punk/Emo
Catchy: ★★★★
Breezing: ★★★★
Heartbreaking: ★★★★
Driving: ★★★
Balance: ★★★★

予測不可!? 究極のBitter & Sweetポップアルバム!!

ひとこと、素晴らしいアルバムです…以上。
…それではレビューの身も蓋もなくなってしまいますね。

このバンドに関してはホントに読めません、
素晴らしく甘いポップロックを奏でたかと思えば、
疾走感あるポップパンクで突っ切ったり。
しかし共通して言えることは、
とてつもなくキャッチーで爽快であるということ。
このバンドをジャンル分けするということ自体
無駄なのかもしれません。
それだけ計り知れない楽曲を届けてくれるんです、彼らは。

カリスマ Matthew Thiessenの抑揚のある歌声と
類まれなる作曲能力、そしてせつなさ極まるピアノ、
是非一度、彼の頭の中を覗いてみたい!!

そんな魅力いっぱいの胸キュンBitter & Sweetチューンが15曲!!
次作ではさらにパワフルで奥深くなった彼らに出会えるんですが、
せつなさではコチラのほうが上だと思います。

ちなみにSwayは青ジャケを買いました。

「黄色を買えばよかったな、なんて…、どうかランキング投票」
スポンサーサイト
08/30
Tue
 Title:THE SUPERJESUS / Jet Age (2000)
author:Sway
jesus.jpg
Genre: Rock/Powerpop/Alternative
Catchy: ★★★★
Breezing: ★★★
Heartbreaking: ★★★
Driving: ★★
Balance: ★★★

オーストラリア発、女性ボーカルロックここに極まる!!

昔から女性ボーカルのロックバンドは大成しないなんて
言われてたり言われてなかったり。
そんな中でもAVRIL LAVIGNE、ASHLEE SIMPSONなど、
女性のロックアーティストが脚光を浴びてる
今だからこそみんなに聴いてほしいバンドだったり。

Swayが大学時代にニュージーランドに行ったときに
発掘したバンドなんですが、こいつはイイです。
今でも女性ボーカルバンドNo.1の地位は揺るいでません。(脳内)

とくにこの2ndは傑作中の傑作、
AMERICAN HI-FIの名曲「Flavor Of The Weak」
を彷彿とさせる爽快ロックチューン、M-1「Over To You」
で幕を開ける本作ですが、
グランジやオルタナの影響を感じさせる
せつなチューンや、AVRIL、LILIXなんかにも
決して劣らないポップロックチューンが
それはそれはたまらんほど収録されているのです。

かすれ気味のセクシーボイスに分厚いロックサウンド、
ポップパンクにも通じるキャッチー加減、
チャラチャラしたアイドルバンドじゃ出せないこのかっこ良さ、
日本でも必ず受け入れられる名バンドなんで、
是非一度聴いていただきたいです!!

「ジャケのイラストがまたかっこいいんですわ、だからランキング投票」
08/28
Sun
 Title:5 DAYS AHEAD / As Life Passes You By (2002)
author:Sway
54203.jpg
Genre: Pop-punk/Emo/Screamo
Catchy: ★★★★
Breezing: ★★★
Heartbreaking: ★★★★
Driving: ★★★
Balance: ★★★★

ひたすらに青、ポップでキャッチーで叫んでる…エモメロスクの金字塔!!

ひたすら突き抜ける爽快痛快パワフルエモメロに、
絶妙なコーラスと叫び、
いやとにかく気持ちイイとしか言いようがない1stフルです。

ひたすらに青、青春、青空、これぞエモメロ!!
M-3「Remember Me」なんぞホントせつなくて爽快で、
サビのコーラスで泣きそうになります。
そしてつんざくような叫び、
ああ、いつ聴いても中毒性ありすぎ。
アコースティックなミドルでもそのありあまるエモさと、
せつなさを遺憾なく発揮してくれてます。

残念なのはこんな素晴らしいバンドが解散してしまったこと、
いいものが決して残っていくとは限らないこんな世の中で、
絶対に伝えていかなきゃならないバンドです。

キッズが大喜びであろう、1stEpにも収録された
M-6「Famous Last Words」なんかも疾走感あって良いですが、
FALL OUT BOY、NEW FOUND GLORY、PENSIVE、
初期FOURBANGERなんか好きでしたら絶対に手に入れて下さい。
Swayエモメロとはこういうもんなんだって実感できるハズ!!

「後世に絶対に伝えていかなきゃならない音、だからランキング投票」
08/27
Sat
 Title:A NEW FOUND GLORY / Nothing Gold Can Stay (1998)
author:Sway
97400.jpg
Genre: Pop-punk/Emo
Catchy: ★★★
Breezing: ★★★
Heartbreaking: ★★★★
Driving: ★★★★
Balance: ★★★★

とびきりエモ色の濃いヘタウマ盤!!

今でこそ彼らは大物だけど、
どんなバンドだって必ずヘタウマな時代がある、
この1stだって聴けばわかるけど音質はいいもんじゃないし、
リズム隊だってズレズレの部分もあるし、
今本人たちが聴いたら恥ずかしいトコロだらけなんだ、きっと。

しかし事実、M-1「Hit Or Miss」がラジオを中心にヒットし、
彼らはDRIVE-THRU RECORDSに買収されることとなる。
ヘタウマな中にもエモーショナルで、キッズたちが熱狂するキャッチーさを備えた
彼らの原点はこの1stにあるのだ。

Chad GilbertがSHAI HULUDを脱退したのもこの頃、
いよいよ彼らがスターダムにのし上がる日が近づいているわけだが、
いや、それにしてもこの1stは彼らの作品の中でも、
素晴らしくパワフルでエモーショナルな1枚だと思う。
次作ではポップパンク寄りのサウンドに変貌するのだが、
彼らの根底にあるのは、
M-4「You've Got A Friend In Pennsylvania」や、
M-6「2's & 3's」のような
非常にエモーショナルでせつないポップパンクなんだろう。

Jordanの歌声だって今に比べたらひどいもんだけど、
やはり器の違いを思い知らされる、
原点と呼べる1枚には間違いなさそうだ。

「実はこの頃がSwayは一番好きだったりする、だからランキング投票」
08/25
Thu
 Title:A NEW FOUND GLORY / It's All About The Girls (1997)
author:Sway
99642.jpg
Genre: Pop-punk/Emo
Catchy: ★★★
Breezing: ★★★
Heartbreaking: ★★
Driving: ★★★
Balance: ★★★

全てはここから始まった…

Swayにとって最高のバンドはいつになってもやっぱり彼ら、
音楽は楽しいものだし、楽しくやらなきゃ意味がない、
ってことをひしひしと教えてくれたバンドだし、
現にいつまでたっても仲のイイ彼らを見てるわけだし。

「GREEN DAYみたいなバンドをやろう」ってことで、
テキトーに結成されたバンドなわけだけれども、
SHAI HULUDのヴォーカリスト、
Chad Gilbertがバンドを脱退してまで、
しかもフロントから1ギタリストに成り下がってまで、
続けたいバンドにいつのまにかなってしまった。
それだけ楽しかったんだってことは、
現在までの楽曲を聴けば容易に想像できる。

しかし残念ながらこの5曲入りの1stEpは、
そこまでの出来って言える代物じゃない、
音質はひどいし、演奏だってヘタウマ、
リズムのずれなんてお構いナシのやんちゃポップパンクだ、
けれどもM-4「J.B.」を聴けばわかるように、
現在の彼らに通じるキャッチーでエモーショナルなポップパンクが
間違いなく息づいている。

Chadがこのバンドを選んだ意味、
彼らがSwayのナンバー1 ポップパンクバンドである理由は、
次作の1stフルから明らかになるわけだが、それはまた別のお話…。

「ALLだって結成はテキトーなもんだったよ、そんなもんなんだな、きっと☆ランキング投票」
08/24
Wed
 Title:THE MEMORY / Your Blood, My Hands... Let's Make It A Date. (2005)
author:Sway
2078856.jpg
Genre: Hardcore/Emo/Screamo
Catchy: ★★★
Breezing: ★★
Heartbreaking: ★★★
Driving: ★★★
Balance: ★★★

暗黒面に堕ちたFALL OUT BOY!?

コーハー、コーハー、どうもSwayベイダーです…(´ヘ`;)
2003年結成、THE MEMORYの1stEpです、
あらら、結成して間もないのにこのサウンド、
全く最近の若者には驚かされるばかりです( ; ゚Д゚)

FALL OUT BOY、THE SOPHOMORE YEARばりのキャッチーエモメロに、
ちょっとダークサイドのハードコア加減とスクリーモを少々、
はい、極上エモメロコアの完成です!!

FINCHばりのツーバスドコドコもあるかと思えば、
哀愁のちょっと暗めなエモコアもあり、
非常に次作が楽しみな1枚であります☆
ときどきつんざくようなスクリーモと激しく掛け合うツインギター、
サウンド的にも重厚で面白い!!

PALE NEW DAWN、A THORN FOR EVERY HEART
などが好きであれば絶対に気に入って頂けますんで、
今後の活動に要注目です☆

「夏風邪をひいてしまったSway、声援のつもりでどうかランキング投票(´ヘ`;)」
08/22
Mon
 Title:LASTPAGEFIRST / Get Your Story Straight (2005)
author:Sway
last.jpg
Genre: Pop/Pop-punk/Powerpop
Catchy: ★★★★
Breezing: ★★★★
Heartbreaking: ★★★★
Driving: ★★
Balance: ★★★

夕陽を眺めながら聴きたい青春ポップロック!!

え!? あれ!? このジャケってあれですよね、
刑務所にはいるときに撮る、あの悪いイメージの、
ですがなんでしょか、この爽やか極まりないポップロックは!!
清潔感すら漂って、ジャケのイメージぶち壊し(笑)

でも、いいよコイツら、
ポップパンクともモダンとも言えない微妙な感じ、
とにかく全曲ポップでキャッチーで爽快でせつなくて、
NINE DAYS、GIGOLO AUNTSなんかの日本人受けする
ロック、パワーポップのイメージって言ったらわかりやすいかな。
思わず部活でもしたくなるあの甘酸っぱい感じ搭載。

青春だ~!!

…でも12曲ずっとこの感じだと、
ちょっと飽きちゃうかな、Swayの場合。
とか言ってもやっぱり好きなんだな~、
ゴリゴリのコアのあとに聴くとすごく癒されますしね。

最近だと、OVERISE、MAYFIELD、BUSTED
なんか好きな方にはたまらない逸品です!!
…BUSTEDみたいにアイドルポップパンク感覚では
日本人には絶対ツボなんだろうな、コイツら。
ん~ビバ青春☆

「アイドルポップパンクでもいいじゃない、好きなんだから☆ランキング投票」
08/22
Mon
 Title:AMERICAN AVE / Erace Yourself (2004)
author:Sway
american.gif
Genre: Pop-punk/Emo/Hardcore
Catchy: ★★★★
Breezing: ★★★
Heartbreaking: ★★★★
Driving: ★★★★
Balance: ★★★★

期待の新星!! ポストA CHANGE OF PACEはコイツらだ!!

もともとはWASTING TIMEという、
これまたNEW FOUND GLORY好きにはたまらないポップパンクバンド
だったんだけど、いつしかハードコアの要素を取り入れ、
激しくキャッチーなAMERICAN AVEというバンドが誕生した!!
…FOR FELIXと同じく、
時代をうまく捉えているんだな、きっと。

今回は3曲入りのEpなので簡単に全曲紹介を。

M-1「Inside」
イントロは叙情的に始まるも、つんざくようなスクリーモで
テンションは一気に急上昇、FINCHの「Letters To You」を
間違いなく彷彿とさせるツーバスドコドコの必殺チューン!!

M-2「Disappointing Me」
WASTING TIME時代の曲なんだけど、
音の厚みは依然と全く違う一面を見せてくれるせつな系チューン、
A CHANGE OF PACEの「Every Second」を彷彿とさせる
心があったかくなる胸キュンさは圧巻!!

M-3「Erace Yourself」
Epのタイトルチューン、WASTING TIME時代のポップパンクの
疾走感を前面に押し出しつつも、メタリックなギターリフで
キッズはもうイチコロ、タテノリ感バツグンなイケイケチューン!!
サビのコーラスにも要注目で、
ホントにバンドのレベルの高さを思い知らされる。

ってなわけで素晴らしいバンドなんで、
FINCH、A CHANGE OF PACEなどメロスク好きな方は
是非是非今後に要注目ヨロシクです☆

「お盆休み明けはいろいろと大変ですね、どうかランキング投票☆」
08/18
Thu
 Title:SOMEHOW HOLLOW / Busted Wings And Rusted Halos (2003)
author:Sway
21794.jpg
Genre: Pop-punk/Emo/Alternative
Catchy: ★★★★
Breezing: ★★★
Heartbreaking: ★★★
Driving: ★★★
Balance: ★★★★

バンドキッズに是非聴いてもらいたいパワフルポップパンクの金字塔!!

あ、ジャケを見るとMARIAH CARRYのアルバム!?
みたいな感じですが、れっきとしたエモメロアルバムです(>Д<)ゝ

あのVICTORY RECORDSからリリースされた1stフルなんですが、
現在どうやら彼らは行方不明のようで…、
どうやら解散してしまったようですね( ´-`)

伝説のバンドGRADEのメンバーを中心に結成されたんですが、
音は全くの別物、パワフルでキャッチーなパンクロケンローを
惜しげもなく披露してくれとります☆
聴きドコロは間違いなくパンクを志すバンドキッズなら
是非是非聴いてもらいたい絶品ギターリフの雨あられ、
シンプルな中にも非常にエモく、キャッチーなリフが
所狭しと暴れまくっているので、
確実に耳コピっていただきたいです!!

泣き度満点なしゃがれボーカルもたまらなく心地イイ、
まさにAUGUST PREMIER、CAUTERIZEファンなら
喜んで叫びたくなるロック全開の11曲入りアルバム、
オススメトラックはM-1「The Witch Of Glen Cedar Gate」でキマリ!!
エモメロポップパンクの王道を走るド直球疾走爽快チューンで、
どんな方でもイチコロの殺傷力ですΣ(☆∀☆;)

さあバンドキッズよ、聴けば絶対にギターを弾きたくなる、
このリフに酔ってくだはい!! …酒に酔うのはハタチからね(´ヘ`;)

「実はGRADEより先に聴いてしまいました、ごめんなさい( ´-`) ランキング投票☆」
08/17
Wed
 Title:FLY BY NIGHT / Ep (2004)
author:Sway
2018397.jpg
Genre: Hardcore/Emo/Rock
Catchy: ★★★
Breezing: ★★
Heartbreaking: ★★★
Driving: ★★★
Balance: ★★★

将来性バツグン!! やんちゃハードエモコア期待の星!!

かっちょえぇ!! …でもなにかが足りない、
今はそんなバンドです、FLY BY NIGHTは(´ヘ`;)
んでもこういうバンドが一番化けるってことで、
先物買いの方は要注目な4曲入りEpです☆

哀愁ハードエモコア、演奏力は申し分なく、
疾走感もあり、なんと言っても吐き捨て系やんちゃボーカルが
心を打つ…ん~かっちょえぇ。

あとは曲さえ揃えば怖いものナシなバンドになること間違いナシ!!
M-2のような、かなりポップでキャッチーな部分もあるんで、
MATCHBOOK ROMANCE、A THORN FOR EVERY HEART、
JUNEなどのファンに受け入れられるでしょう、きっとΣ(☆∀☆;)
若干叫びもあるんで、そっちに行っても楽しみかな☆

次作がホントに楽しみな期待の星です!!

「Swayはやんちゃ声が大好きです、頑張ってる感がたまらない!! 賛同者はランキング投票☆」
08/14
Sun
 Title:DRIVING EAST / A Black Eye Or A Broken Heart (2005)
author:Sway
2073180.jpg
Genre: Pop-punk/Emo/Rock
Catchy: ★★★★
Breezing: ★★★★
Heartbreaking: ★★★
Driving: ★★★★
Balance: ★★★★

2005年最高の注目株!! Like OVER IT × FALL OUT BOY!!

いや、もうM-1「Something Left To Save」からして、
キッズは間違いなく撃沈です(´ヘ`;)
OVER ITばりの哀愁系疾走キャッチーエモメロ、
わかりやすいピロピロギターリフ!!

かと思えばM-2「All She Ever Wanted」ではFALL OUT BOY
ばりのせつなさ満開の胸キュンミドルエモメロ!!

とてつもなくキャッチーながらも、
どこか硬派な感じも漂う、
まさにOVER IT × FALL OUT BOYな
極上エモメロバンドの全6曲収録の1stEp、
確実にマストなんでGETしとかないと、
絶対に損しますよ!!

歌声もとてつもなくFALL OUT BOYの
Peteに似ているので、
正直初めて聴くと
「え!? もう新曲だしたの!?」
ぐらいの勢いです( ; ゚Д゚)
それぐらいのクオリティってことなんで、
ビックリ仰天なエモメロヤロウ、是非お試しあれ!!

「相変わらずコメント少ないね…、くじけないSwayにどうかランキング投票!!」
08/10
Wed
 Title:THE FINALE / Things Can Still Get Better (2005)
author:Sway
112032.jpg
Genre: Pop-punk/Emo
Catchy: ★★★★
Breezing: ★★★★★
Heartbreaking: ★★★
Driving: ★★★
Balance: ★★★

これぞTHE 爽快!! ヘタウマやんちゃエモメロポップパンクの極み!!

バンド名からしてなんか、ダルいエモバンドなんかな~、
とかあんま期待してなかったんですが、
Swayの大間違いでした(´ヘ`;)

とてつもなく爽快で、やんちゃで、
せつなさも含んだ極上エモメロパンク!!
THE FINALEの1stでございます☆

ボーカルの歌い方がなんかやる気なさげで頼りない感じなんですが、
それがまたヘタウマ加減を増発させてSwayのドツボ直撃です!!
なんか非常に懐かしいですね、このポップパンク度は、
以前のBIG MOUTH JAPANなら絶対に目をつけてもおかしくない!!

PENSIVE、THIRD TO NONE、AMBER PACIFIC、
BLUE STAR DRIVEなどなど若いやんちゃなエモメロが
大好物だったら脳髄ヤラれること間違いナシです!!
ジャケを見る限りメンバーはまだ全員ハタチ前!?
先物買いの皆さんには激オススメな11曲です☆

「最近のバンドって大体年下だよね…、なんかあせるSwayをどうかランキング投票☆」
08/09
Tue
 Title:DOWN FOR THE COUNT / History In The Making (2005)
author:Sway
14647.jpg
Genre: Pop Punk/Emo/Rock

まさに一発KO!! パワフルエモポップパンクここにあり!!

“DOWN FOR THE COUNT”ってよく使われるコトバですよね、
最近観た映画「アイランド」の中でも出てきたし( ・ω・)∩
意味は「一発KO」、これがまた聴いたらその通りのバンド!!

7曲入りの1stEpなんですが、とびきりキャッチーでパワフルで、
たまにピアノなんか入れてきたり、もうまさにノックアウトですわ☆
ボーカルのかすれ気味で吐き捨てるようなやんちゃボイスも
Swayのツボ直撃でたまりまへん(*´д`)

すんごく聴きやすくてわかりやすいし、
RACE THE SUN、NEW FOUND GLORY、
FALL OUT BOYなどなどキャッチーポップパンク好きなエモメラーには
是非是非聴いてほしいヤロウどもです☆

最近だとDRIVING EAST、UPPER CLASS TRASH、
THE FINALEと並んで超お気に入りです☆
今年はホントに豊作ですねΣ(☆∀☆;)
…財布が泣いてますが( ´-`)
08/07
Sun
 Title:NUNO / Schizophonic (1997)
author:Sway
nuno.jpg
Genre: Rock/Alternative/Funk
Catchy: ★★★
Breezing: ★★
Heartbreaking: ★★★★
Driving: ★★★
Balance: ★★★★★

天才ギタリストNUNOの変態的傑作アルバム!?

'80年-'90年代を代表するハードロックバンドEXTREMEの天才ギタリスト、
NUNOの1stソロアルバムです☆
ちなみにジャケのモンロー風の人がカレです(´ヘ`;)
別にそのケがあるわけじゃないんですけどね…、
素晴らしく美しいものですから、カレ。

Swayが世界一敬愛するギタリストなんですが、
現在でも世界で5本の指に入るギタリストと言われてますね。
出身がポルトガルということもあり、
独特のスパニッシュで情熱的なプレイが、
ギターキッズの心を捉えて離さないんでしょう☆

とにかくギタープレイも凄まじいこの作品ですが、
NUNOは作詞・作曲はモチロン、全ての楽器をひとりでこなしております。
現在のBUTCH WALKERと同じような天才なワケですな。
曲に関してはもう言うことナシ、
全15曲、カンペキにロックしているんですが、
せつなさ、激しさ、エモメロとは違いますが、
キャッチーな部分も数多く、
EXTREMEとはまた違った魅力がムンムンなんです…(*´д`)

文字で説明するのがホントに難しいんですが、
パンキッシュでファンキーで、セクスィーな最強ソロアルバム、
是非是非現代のギターキッズたちはモチロン、
全てのロックファンに聴いてほしいこと間違いなしアルよ!!

「Swayがギターを挫折したのもこのアルバムに出会ったから(´ヘ`;)、哀れみでランキング投票」
08/04
Thu
 Title:UPPER CLASS TRASH / Favoring Blurred Lines (2005)
author:Sway
2026356.jpg
Genre: Pop-punk/Emo/Screamo
Catchy: ★★★★
Breezing: ★★★★
Heartbreaking: ★★★
Driving: ★★★★
Balance: ★★★★

これぞ現在進行形ポップパンクのカタチ

夕陽に佇むアンテナ…、ジャケから想像するに、
かなりせつな系のビューティフルエモを連想してしまいますが、
実は素晴らしいエモメロポップパンクでござる|/゚U゚|丿

THE STARTING LINE、FALL OUT BOYなどの登場により、
ポップパンクとエモメロの融合は成功を見ました。
そこにプチスクリーモなどの激しさ、
せつなさをプラスしたのが現在進行形ポップパンクのカタチでは
ないかとSwayは最近思うのでござるよ、ニンニン(´ヘ`;)

そのお手本的なアルバムがコチラ☆
上記の要素を全て備えた、現在進行形ポップパンク、
UPPER CLASS TRASHの1stでござる。
疾走する中にもせつなさを宿す、
ナイスエモメロポップパンクにプチスクリーモ、そして若干のメタル感、
まるで成るべくして成ったかのような、
このカタチはこれからも多くのキッズ達を虜にするであろう、
と思ってやまないSwayなのでござるよ、ニンニン☆

「特に意味もないのに忍者キャラのSwayを是非是非ランキング投票」
[ U ]
08/02
Tue
 Title:A DAY TO REMEMBER / And Their Name Was Treason (2005)
author:Sway
2026274.jpg
Genre: Post Hardcore/Metal/Emo
Catchy: ★★★★
Breezing: ★★
Heartbreaking: ★★★
Driving: ★★★★
Balance: ★★★★

もしもFALL OUT BOYがデスメタルコアを演ったら

はい、もしもシリーズです、
もしもエモメロ代表のFALL OUT BOYがデスメタルコアバンドだったら、
多分こんな感じになっちゃうんじゃないかな~(´ヘ`;)

初めて聴くとビックリして後ずさりしちゃいますよ、
デスメタルばりのデスボイスがいきなりガツーンですから( ´-`)
抵抗ない人なら間違いなく泣くでしょうね(笑)
んでもメインボーカルの爽快で甘い歌声とFALL OUT BOYばりの、
キャッチーサビがその後に押し寄せてくるんです!!
まさにアメとムチって言うか、
これがいいんですよ、実に!!
全く正反対の歌声が絡み合って、疾走感アリアリのキャッチーチューンを
作り上げてる…、まさにA DAY TO REMEMBER独自の世界!!

特にM-4「A Second Glance」なんか、
バリバリのせつなキャッチー疾走エモメロ!!
んでも結局我慢できずに、最後にデスってしまうんですけど、
そこがまたこのバンドの愛しいバカかっこよいトコロなんです☆

A CHANGE OF PACE、LOVEHATEHERO、HIT THE LIGHTS、
上記のバンドにピンときた方も、そうでない方も、
このバカかっこよさを是非是非体感してほしい!!
全10曲、甘~いアコースティックチューンもあったりで、
絶対に満足していただける出来ですよΣ(☆∀☆;)

「聴いたら絶頂、間違いなくクセになる、だからランキング投票」
[ D ]
08/01
Mon
 Title:RUFIO / Perhaps, I Suppose (2001)
author:Sway
perhaps.jpg
Genre: Pop-punk/Metal/Emo
Catchy: ★★★★
Breezing: ★★★
Heartbreaking: ★★★★
Driving: ★★★★★
Balance: ★★★★

Pop-punk Meets Metal!! せつなさとキャッチーさを兼ね備えた革命的アルバム!!

最近3rdアルバムが発売されたということで、
「RUFIO初めて聴きました!!」 なんて人もいるんではなかろうか、
ということで2001年発売の1stを今回はPick Up!!

Swayが初めて聴いたのはモチロン、M-1「Above Me」、
はっきり言って衝撃的でした、高速メタルリフで始まるイントロ、
なのにせつなくてキャッチーなポップパンク、
そして透明感あるやんちゃボーカル、
今でこそこの手のサウンドは
当たり前になってしまっているかもしれませんが、
それこそ当時は革新的で、
アメリカのキッズは間違いなくかじりついたでしょう(予想)(´ヘ`;)

このジャケを初めて目にしたとき、
「RUFIO~? ブラジルのバンド!?」なんて、
思ってしまって本当にごめんなさい( ´-`)

名曲「Above Me」は数多くのコンピに収録され、
(知ってる限りでも5枚以上!!)
ほどなくして聴くことができたのですが、
いやそれはもう脳内お祭り状態ですよ、
わっしょいわっしょい!!って(´ヘ`;)

現在の3rdの大人っぽさよりは間違いなく、
やんちゃで「これがRUFIOの音楽だ!!」っていう主張が、
ビシビシ伝わってくる、若さとポップ感溢れる1stアルバム、
せつなさとキャッチーさ、そして激しさが同居する全15曲、
モチロン捨て曲なんてありません。
数々のフォロワーが後を絶ちませんが、
声を大にして言いたいのです、
「RUFIOが、そしてこのアルバムが原点なんですよ!!」って☆

「ライブでの「Above Me」は速すぎてなぜかニヤついてしまう、そんなSwayをランキング投票」
[ R ]
Template by Girl's Dis
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。