It's all about rock; full of emotions and sweetness
--/--
--
 Title:スポンサーサイト
author:Sway
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
04/29
Sun
 Title:「Drivemo -Never Miss The Blast-」が「MTV」と肩を並べる日!?
author:Sway
こないだBLACKTOP MOURNINGの1stが非常に楽しみという記事を書いたのですが、それに対するKJさんの情報でとんでもないことが発覚いたしましたのでご報告させていただきます。まずはBLACKTOP MOURNINGのpurevolumeのページをご覧頂きたいと思います。

最初から読んでいくと、なるほど、ChicagoのRock/Pop Punkバンドだと。ほうほう。Tyrannosaurus Recordsにサインしたと。はいはい、それでそれで。


(クリックで読みやすくなります)

デビューEPが日本の「SWAY AWARDS」で、「EP OF THE YEAR」と「BEST CD DESIGN/PACKING」を受賞したと。ふんふん。

ちょっと待てー! 

なにかすごい賞を受賞したみたいになっているじゃないですか!こんな一般の日本人がテケトーに自己満足で選んだ賞が、MTVとかの賞と並べられております。正直光栄ですが、恐ろしいです。栄誉もへったくれもないのですが、多分こんな辺境の海外で少しでも認められたということがわかって彼らサイドも喜んでいただけたのではないかと推測しておきたいと思います。これで1stフルのサンクスリストにこのブログの名前が…、ないですってばw

ちなみにそんな「SWAY MUSIC AWARDS 2006」の模様はこちらからどうぞ。
スポンサーサイト
洋楽音楽 / [ News! ]
04/26
Thu
 Title:BLACKTOP MOURNINGがついに1stフルをリリース予定!
author:Sway
20956.gif
BLACKTOP MOURNING / No Regret

1. 6AM
2. Halfway To Midnight
3. Future's Gone
4. Don't Defend
5. My Only Heart
6. These Times Call
7. Your First Crime
8. Hardly Recognize
9. Another Day
10. Buried In My Eyes
11. As Time Crawls By

2005年リリースのEP以来、BLACKTOP MOURNINGが来る2007年5月、ついに11曲入りの1stフル 『No Regret』 をリリース予定!Swayはもうこのジャケを見たとたん鳥肌が立ちました!明らかに前作のジャケを踏襲した素晴らしい出来栄え!

16217.jpg
BLACKTOP MOURNING / Blacktop Mourning

Sway Music Awards 2006でEP OF THE YEARを受賞したこの前作からの再録はなんと全曲の8曲!!前作の自主制作と異なり、レーベルからのリリースとなるようなので名刺代わりの一枚という意味合いも強いのでしょうが、それでもやはりSwayの心から大好きなバンド、心躍らずにはいられません!もうヨダレダーダーで待ちたいと思います!
洋楽音楽 / [ News! ]
04/26
Thu
 Title:YOU, ME, AND EVERYONE WE KNOW / Party For The Grown And Sexy
author:Sway
19922.gif
Label: Self Released (2006)
Genre: Rock/Indie/Emo/Pop Punk
Popularity: ★★★★
Crispness: ★★★★
Emotions: ★★★★
Sweetness: ★★★★
Drive: ★★★
Balance: ★★★★

小気味良くスタイリッシュな名盤!
クセを持ちつつも非常に爽快でキャッチーなインディーエモメロ!
 


ASTERIAのレビューの際にもちょこっと登場したんですが、一風変わったバンド名が非常に印象的で覚えにくいMaryland州出身の5人組、YOU, ME, AND EVERYONE WE KNOWの手作り感溢れる紙ジャケEP!このバンド名は数々の賞を受賞した同名の映画(邦題:『君とボクの虹色の世界』)から取られたようですが、全く映画の内容は知りませんので一体どんなサウンドなのかの説明を。ひと言で言えば非常にキャッチーなインディーロックなんですが、かなりクセがあるというか特徴的な小気味良いサウンドを奏でてくれます。この独特な感じはBRAND NEW、FALL OUT BOY、PANIC! AT THE DISCO、JUNEなどを思わせますが、絶対に拒絶されるようなクセではなく非常に爽快で心地良いクセであるということだけは伝えておかなければなりません。Swayは特にドラマチックでサビのコーラスが素晴らしくJUNEライクなM-3 「The Press War」をベストチューンに挙げます。シンガロングあり、ジャジーでアダルトな雰囲気あり、ASTERIA、THE ALPHA COUPLE同様これからも要注目なバンドであることは間違いありません。超良質なインディーエモメロの全6曲をどうぞご堪能くださいませ!

1. I'd be More Interested if You Were Already Spoken for...
2. Do it Again (you're not making me want to touch you)
3. The Press War
4. ...Because i Spit Hot Fire
5. The Rent is due
6. Carolina Heat

Artist-99154035-1995664.jpg
www.youmeandeveryoneweknow.com
www.myspace.com/youmeandeveryoneweknow
www.purevolume.com/youmeandeveryoneweknow

04/22
Sun
 Title:MADINA LAKE /From Them, Through Us, To You
author:Sway
20440.gif
Label: Roadrunner (2007)
Genre: Rock/Hard Rock/Pop Punk/Emo/Alternative/Electronica
Popularity: ★★★★
Crispness: ★★★
Emotions: ★★★★
Sweetness: ★★★
Drive: ★★★★
Balance: ★★★★

MY CHEMICAL ROMANCE、LOSTPROPHETSファンは、
何も言わずに聴いておけ!
 


驚くことになんとHard Rock/Metalの老舗レーベル、Roadrunnerからこんなキャッチーなバンドがデビュー!イケメン双子のLeone兄弟(Vo. とBa. )を中心としたCalifornina出身の4人組、MADINA LAKEのデビューフルはなんとも素晴らしい出来!ハードでアグレッシブなギターリフが特徴的なサウンドで、それはもうHard Rock、Metal、Emo、Punkのおいしいところをじっくりコトコト煮込んだかのような、多くのリスナーが溜め息混じりに「格好良いじゃないか…」なんて呟くのが目に見える良質系!このキャッチーさはLOVEHATEHERO、MY CHEMICAL ROMANCE、LOSTPROPHETSなんかにも通じる部分が非常に多く、それはもう聴きやすいったら。FINCH、BLINK 182、JIMMY EAT WORLDなどを手掛けた、ヒット請負人の御大プロデューサーMark Tronbinoの手により、昨年リリースされた6曲入りのEP 『The Disappearance Of Adalia』 から4曲(M-2 「Here I Stand」、M-4 「Adalia」、M-5 「House Of Cards」、M-10 「One Last Kiss」)が再録されたボートラ込みの全14曲が衝撃的に響きまくる!本年度かなりの旋風を巻き起こしそうな期待度最高潮の一枚です!しかし前述のM-5とM-6 「Now Or Never」は完全にマイケミノリで非常に笑えます。Swayのお気に入りはサビの突き抜け方がハンパないM-7 「Pandora」で決まりです!

1. The Auspice
2. Here I Stand
3. In Another Life
4. Adalia
5. House Of Cards
6. Now Or Never
7. Pandora
8. Stars
9. River People
10. One Last Kiss
11. Me Vs. The World
12. Morning Sadness
13. True Love

Artist-246993-2000505.jpg
www.madinalake.com
www.myspace.com/madinalake
www.purevolume.com/madinalake

04/19
Thu
 Title:ASTERIA / Slip Into Something More Comfortable
author:Sway
20280.gif
Label: Broken English (2007)
Genre: Rock/Emo/Indie/Pop Punk
Popularity: ★★★
Crispness: ★★★★
Emotions: ★★★★
Sweetness: ★★★★
Drive: ★★★
Balance: ★★★★

中盤から後半にかけての怒涛の歌メロ攻勢は聴き逃し厳禁!
爽快と憂いが見事に調和した珠玉のインディーエモメロ!
 


NOTHING EVER STAYS、THE ALPHA COUPLE、YOU AND ME EVERYONE WE KNOWといった知る人ぞ知る良質若手インディーエモロックバンドとのツアーをこなしているのが、このIndiana出身の5人組、ASTERIA。ギリシャ語で「星座」を意味するこのバンドが一体どんなサウンドを聴かせてくれるのかといえば、もう前述のバンドからして少々見当のつく方もいるかと思いますが、これまた憂い系の良質インディーエモロックサウンド!Swayは一聴してGO CRASH AUDIO、JUST SURRENDERなんかの歌メロ系バンドが脳裏をよぎったんですが、このASTERIAも彼らに全く引けをとらないオサレキャッチーさを含んだインディーエモメロだと思います。ジャケが黄緑系っていうのもどこかGO CRASH AUDIOに似てるし。若干叫び気味なコーラスが良い味を添えている全10曲ですが、Swayのお気に入りはやはり最もキャッチーで爽快なタイトルチューンのM-5 「Slip Into Something More Comfortable」、どこか懐かしい柔らかなサウンドはどうしたって心地良いわけです。伸びやかでメロディアスな思わずニヤリサビが胸を打つM-7 「See You In Virginia」も捨てがたい!中盤から後半にかけてジワジワ浸み込んでくるような怒涛の歌メロ攻勢はなんとも圧巻!これから注目を集めること必至な良質インディーエモメロバンドですのでどうぞチェックはお早めに。

1. Drink Life To The Lees
2. Pet Names & Fake Fights
3. A Lesson In Charades
4. The Taste The Touch
5. Slip Into Something More Comfortable
6. Hold Fast Stay True
7. See You In Virginia
8. Midnight Fix
9. A Second Chance To Make A First Impression
10. Just Enough To Make It Just

Artist-31669-1979828.jpg
www.asteriarock.com
www.myspace.com/asteria
www.purevolume.com/asteria



04/15
Sun
 Title:BETTER OFF TOMORROW / Let's Say All The Things We Never Said
author:Sway
20449.gif
Label: Self Released (2007)
Genre: Rock/Pop Punk/Emo/Electronica
Popularity: ★★★★
Crispness: ★★★★
Emotions: ★★★
Sweetness: ★★★
Drive: ★★★
Balance: ★★★

春です!ポップパンク色を前面に押し出した爽快ピアノエモメロ!
M-2、M-4はとにかく聴いてほしい名曲!
 


ひゃー!これまたポップで爽快、この春の季節にぴったりの心地良いバンド、Minnesota州出身の5人組、BETTER OFF TOMORROWの7曲入りEP!早い話がピアノを前面に押し出したEmo/Pop Punkサウンド、最近ご紹介したMY FAVORITE HIGHWAYは若干ノスタルジックなテイストでせつなさを醸し出していましたが、このBETTER OFF TOMORROWはかなりポップパンク色が強く、Vo. も若さ溢れるハイトーン系ということで、KID COURAGEOUSにすごく近いのではないでしょうか。インストのM-1 「Check Out Is At Noon」に続きバンドの良さが全て凝縮して詰まったかのようなM-2 「If You Lived Here, You'd Be Home By Now」はひたすらに心に響きまくります!Swayのオススメはなんと言ってもM-4 「The Summer Of Discontent」、こんなにイントロからグッとくるピアノエモメロポップパンクチューンはなかなかお目にかかれません!後半のエモっぷりも圧巻!とにかく聴けばウキウキでスキップしたくなる疾走感もアリのピアノエモメロ、ピアノエモ好き、エモメロポップパンク好きの方はぜひぜひ!

1. Check Out Is At Noon
2. If You Lived Here, You'd Be Home By Now
3. Take A Swing
4. The Summer Of Discontent
5. Shallow Parade
6. A Streetcar Named Disaster
7. Sever The Tie

Artist-99156173-1768883.jpg
www.myspace.com/betterofftomorrow
www.purevolume.com/betterofftomorrow

04/10
Tue
 Title:RELIENT K / Five Score And Seven Years Ago
author:Sway
20359.gif
Label: Capitol (2007)
Genre: Rock/Emo/Pop Punk/Christian
Popularity: ★★★★
Crispness: ★★★★★
Emotions: ★★★★
Sweetness: ★★★★
Drive: ★★★
Balance: ★★★★

もはや圧巻!抜群の安定感!
よりポップさに磨きがかかった待望のフルアルバム!
 


メジャーフルとしては3枚目になるだろうか、ご存知RELIENT Kの最新作。なんと米Billboardチャートでは初登場6位を記録したそうで、その人気はもはや不動のものになりつつあるようだ。クリスチャンロック、エモ、パンクの要素を色濃く反映させた彼らのサウンドは、どの作品も安定感がありいつ聴いても疑問符の湧かないキャッチーでお洒落、そして素敵なピュアロックである。M-2 「Come Right Out and Say It」のイントロが始まった瞬間に安心してしまう独特の安定感は流石と言わざるを得ないし、誰もが聴けば思わず笑顔がこぼれるようなポップ&キュートな楽曲群にサラリと浸ることができる。全体の印象としてエモーショナル&パワフル路線を切り拓いた前作 『Mmhmm』 ほどの衝撃はないものの、その路線を踏襲したサウンドであるM-3 「I Need You」などは本作でもしっかりと収録されており、彼らの現在の姿を見事に表現した全曲であると思うし、極上ピアノポップチューンのM-6 「Must Have Done Something Right」を1stシングルにもってくるあたり、バンドとしての余裕すら感じさせる。ここまで安定感を誇るバンドであれば、次作では誰しもが驚くような変化を求めてみても面白いかもしれない、と早くも次作への期待を示してしまったり。

1. Plead the Fifth
2. Come Right Out and Say It
3. I Need You
4. The Best Thing
5. Forgiven
6. Must Have Done Something Right
7. Give
8. Devastation and Reform
9. I'm Taking You With Me
10. Faking My Own Suicide
11. Crayons Can Melt On us For All I Care
12. Bite My Tongue
13. Up and Up
14. Deathbed

Artist-50650-1816554.jpg
www.relientk.com
www.myspace.com/relientk
www.purevolume.com/relientk

04/06
Fri
 Title:EVERDAE / Lights Out at the Sound Of Hysteria
author:Sway
20350.gif
Label: Upchuck (2007)
Genre: Rock/Emo/Indie
Popularity: ★★★★
Crispness: ★★★
Emotions: ★★★★
Sweetness: ★★★
Drive: ★★★
Balance: ★★★

メランコリックでキャッチーなインディーエモメロがクセになる!
SEARCH THE CITY、FINDING WINDEMERE好きは要注目!
 


「エヴァーデイ」と読めば良いのでしょうか。California出身の新鋭5人組、EVERDAEの6曲入りEPなんですが、これがかなり素晴らしい!全編通して非常に聴きやすいインディーエモメロなんですが、特徴的なのは心地良い伸びやかクリアVo. とどこかクセのあるメランコリックなメロ!ユニークなサウンドながら根本のキャッチーさはFINDING WINDEMERE、A DAY AWAY、SEARCH THE CITYなどなどに通じるものがあり、幅広いエモメロファンに親しまれること受けあいのナイスバンド!手数が多い演奏陣にも要注目!サビのメロメロ加減にして一気に引き込まれるM-1 「Colors」。エモーショナルかつメロディアスに展開され、SEARCH THE CITYにかなり通じるものがあるM-2 「Song In "C"」などなど、非常に高品質で何度もおかわり自由なインディーエモメロがつまった全6曲、かなりオススメです!

1. Colors
2. Song In "C"
3. Pandamonium
4. Picture Perfect
5. Portrait of a Lunatic
6. Bucca Di Cappo

Artist-240550-1886106.jpg
www.myspace.com/everdae
www.purevolume.com/everdae

04/01
Sun
 Title:参戦!
author:Sway
幕張で開催されるPUNKSPRING 07に遠征で参戦してきます!THE RED JUMPSUIT APPARATUSとBETTER LUCK NEXT TIMEがモロかぶりとは一体どういうことだ!?究極の選択を迫られることになりそうです。

Template by Girl's Dis
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。