It's all about rock; full of emotions and sweetness
--/--
--
 Title:スポンサーサイト
author:Sway
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
07/31
Tue
 Title:SUM 41 / Underclass Hero
author:Sway
21630.gif
Label: Island (2007)
Genre: Rock/Pop Punk
Popularity: ★★★★
Crispness: ★★★
Emotions: ★★★
Sweetness: ★★★
Drive: ★★★★
Balance: ★★★

今現在、等身大の彼らの音!
ポップ&クラシカルに傾倒した佳作!
 


Gt. のDave Bakshが音楽性の違いから2006年に脱退、3ピースとなりその動向に注目が集まっていたカナダが世界に誇るパンクロックヒーロー、SUM 41の通算4作目となるフルアルバム。最大の武器であったメタルギター不在という状況で一体彼らのサウンドはどうなってしまうのか、心配していた方も多かったでしょうがまあ予想通りというか、仕方ないというか、メタルメロディックからの脱却、ポップパンクへの原点回帰を図りました。1stシングルであり、タイトルトラックでもあるM-1 「Underclass Hero」を聴けばおわかりのように、1st、2ndからの良いとこ取りで作られたかのような定番ポップチューンには、「これどこかで聴いたような?」感を持ちつつも懐かしさに嬉しさもこみ上げましたが、それ以降はただ原点回帰したわけではないということを存分に思い知らされる結果に。これは前作 『Chuck』 にも見られた影響ですが、THE BEATLES的クラシカルなUKロックテイストをふんだんに取り入れ、良い意味でブリリアント、悪い意味でゆる~いテイストがアルバムの3分の1を占めることになり、初期からの全編全力投球だった彼らのファンとしては正直少しさびしく思ってしまったり。「大人になんかならなくたっていい!」とかピーターパンシンドロームに陥ったり。バンドというのは常に変革を迫られる状況で、いかに自分たちの特徴を押し出していくかが重要だと思うので、その点のトライという意味では非常に評価できるのですが。

だからといって決して作品自体からすれば全く悪い作品というわけではなく、全体的にバラエティに富んだ充実のポップアルバムであることは間違いないのでご安心を。特に際立っているのがリズム隊の心地良さ、キレの良さは今までにも増して格好良い、曲によってその表情をガラリと変える良い意味で八方美人なスタイルはさすが百戦錬磨のライブバンド!M-2 「Waking Disaster」、M-3 「Speak Of The Devil」はメリハリはありつつも実にポップでキャッチー、基本的なメロの流れが秀逸であるし、M-5 「Count Your Last Blessings」、M-8 「The Jester」などアグレッシブに攻めまくるメロディックチューンも健在で、実に幅の大きい作品となった。変わらなければ「また同じか」と言われ、変われば「変わってしまった」と言われる、これは多数のファンを抱える人気バンドの宿命かもしれないが、その変化を受けとめてあげることが出来るのもその多数のファンだけなのだということを、NEW FOUND GLORYのときと同じく考えさせられた作品。

1. Underclass Hero
2. Walking Disaster
3. Speak of the Devil
4. Dear Father
5. Count Your Last Blessings
6. French Song
7. Carnival of Sins
8. The Jester
9. With Me
10. Long
11. King of Contradiction
12. Best of Me
13. Confusion and Frustration in Modern Times
14. So Long Goodbye
15. Look At Me

sum41.jpg
www6.islandrecords.com/sum41
www.myspace.com/sum41
www.purevolume.com/sum41

スポンサーサイト
07/30
Mon
 Title:PARAMORE / Riot!
author:Sway
riot1.jpg
Label: Fueled By Ramen (2007)
Genre: Rock/Alternative/Pop Punk/Emo

紅一点Hayleyの急成長は圧巻!
ラーメンから世界へ羽ばたいた大ブレイク盤!


ご存知、キュートなルックスも人気な紅一点18歳のVo. Hayley Williams率いるTennessee州出身の4人組、PARAMOREの2ndフル!わたしもも参戦しましたPUNKSPRING '07の来日キャンセル時には相当へこみましたが、そのキャンセルの理由となった本作の内容とはなんぼのもんじゃい!はい、素晴らしいです!前作 『All We Know Is Falling』 ではかなりのエモーショナルかつシリアスなどちらかと言えばダークなロックテイストの印象が強かったのですが、本作ではとてつもなくキャッチーでダイナミックなパンクテイストに変貌、「Billboard」でも20位と相当売れまくっている理由も納得の出来。しかもHayleyの声量、歌い回しの成長具合のすごいこと!NO DOUBT的なスカテイストもサウンドに新たに取り入れ、彼女のパワフルに熱く搾り出すような歌声がかなりロック、見た目のキュートさだけではない巧みな魅力も倍増!1stシングルのM-4 「Misery Business」なんぞはもうその魅力を存分に魅せつけるキレ良すぎな名曲、「US Hot 100」チャートにもバンドとして初のランクインを果たしました!唯一前作を思わせるエモチューンな2ndシングルM-3 「Hallelujah」に感慨深くなったり。

週間セールスにおいても同レーベルのFALL OUT BOYの最高記録を塗り替えた本作、瞬く間にトップバンドの仲間入りを果たした彼ら、その人気は不動のものとなりつつあります。前作リリース時はAVRIL LAVIGNEはじめ、ガールズバンド人気絶頂期で色々比べらてたけど、やっと認められたという感じでしょうか。それでもここまでの人気はファン心理として嬉しくもあり、さみしくもあり。

1. For A Pessimist, I'm Pretty Optimistic
2. That's What You Get
3. Hallelujah
4. Misery Business
5. When It Rains
6. Let The Flames Begin
7. Miracle
8. crushcrushcrush
9. We Are Broken
10. Fences
11. Born For This

Artist-190646-1995594.jpg
www.paramore.net
www.myspace.com/paramore
www.purevolume.com/paramore
07/26
Thu
 Title:SOUND THE ALARM / Stay Inside
author:Sway
21631.gif
Label: Geffen (2007)
Genre: Rock/Alternative/Emo
Popularity: ★★★★★
Crispness: ★★★★
Emotions: ★★★★
Sweetness: ★★★★
Drive: ★★★
Balance: ★★★★

新世代歌メロモダンエモロックのスーパーノヴァ!
黙って探して買うべし!
 


GUNS N' ROSES、WEEZERからNEW FOUND GLORY、ASHLEE SIMPSONまで現在ではロックを中心に幅広いジャンルの大物アーティストが所属するメジャーレーベルGeffen Recordsからのリリースを、なんとメンバー全員ハタチ未満の若手エモロックバンドが勝ち取る!なんてことで少し前に話題になったんですが、Swayが発売日当日にワクワク&ルンルンで某「塔盤」店へ行ってみると、視聴機コーナーにも出てないし、ようやく「S」行で探して見つけてみれば1枚しかないしで、なんだか少し悲しくなってしまったPennsylvania州出身の5人組、SOUND THE ALARMのデビューアルバム!SUM 41、YELLOWCARDなど大型リリースが多いとはいえ、「それでいいのかディストロは!」と拳を握りつつ叫びたくなるような、それほどの内容の良さなんですよ、ほんとに。

個人的には2005年にリリースされ、後に国内盤も発売された2ndEPから彼らには注目していたんですが、正直当時はそこまで心に残る音ではなかった(演奏力、音質が非常に痛かった)のですが、やはりそこは若いゆえ短期間での確実な大幅急成長!実にダイナミックでキャッチーなモダンロックと、実に爽快でキラキラなエモーショナルロックの見事な融合は誰がなんと言おうと心地良い!さらにVo. の声に非常に艶があるんですよねー、それによってサウンドがよりみずみずしく聴こえて、ビン詰めの閉鎖的なジャケとは真逆の開放感を味わえるんです。さらにさらにたたみかけるようにツインVo. 気味にコーラスしまくる歌メロ加減にもうメロメロ!Ba. のColinがなんと中学生のときに作り始めたという2ndEPに収録の名曲「Suffocate To Stay Alive」も本作M-3 「Suffocating」としてタイトルとアレンジを変え再収録、この曲は彼らを知らなかった方にはまず聴いていただきたい。JUST SURRENDERばりの歌メロ加減に必ずウットリですよ!THE HIGHERライクなダンスロックチューンM-2 「Picture Perfect」、THIRD EYE BLINDライクで軽快なタイトルチューンM-4 「Stay Inside」、キレが良すぎる硬派メロディックなM-8 「If I Told You」などなど、コーラス、ギターリフ、全てにおいて細部までこだわりが感じられるバラエティーに富んだ捨て曲なしの全12曲。

なんと12歳のときに現メンバーでバンドを結成、メンバーの中にはまだ高校生もいるとかいないとかで、非常に若くして期待される超新星の彼ら。アー写を見てもわかるようにまだまだ顔立ちも子供っぽいしかわいいったらありゃしない。ルックス的にもイチオシですが、Geffenという看板に負けないポテンシャルを間違いなく持ったバンドには間違いないので、もう一度声高らかに言っておく、「それでいいのかディストロは!」上記に挙げたバンドを好きな方はモチロン、MAE、THE STARTING LINE、NEW ATLANTIC、QUIETDRIVE、DROPPING DAYLIGHT、THE ROCK BANDなどを好きな方、損はさせません、見つけたらとにかく黙って買ってください!

1. Closer
2. Picture Perfect
3. Suffocating
4. Stay Inside
5. Until We Collide
6. Fact Or Fiction
7. Telling Lies
8. If I Told You
9. Count On Me
10. Something New
11. Blame It All On Me
12. Fight For

Artist-1856-2133812.jpg
www.soundthealarmmusic.com
www.myspace.com/soundthealarmmusic
www.purevolume.com/soundthealarmmusic

07/23
Mon
 Title:NUMBER ONE GUN New Release
author:Sway
NUMBER ONE GUNが 『Promises For The Imperfect』 以来約2年ぶりとなる新作 『The North Pole Project』 を11/20にリリース予定!新曲デモを聴く限り、かなりエモーショナルかつパワフルに成長している印象、もうしばらく先になりますがリリースが非常に楽しみ。新曲デモ「Wake Me Up」は彼らのMySpaceにて視聴できます。

-933-1118259257-nog4819.jpg

洋楽音楽 / [ News! ]
07/23
Mon
 Title:MY AMERICAN HEART / Hiding Inside The Horrible Weather
author:Sway
myamericanhearthiding.jpg
Label: Warcon (2007)
Genre: Rock/Emo/Alternative/Indie/Dance
Popularity: ★★★★
Crispness: ★★★
Emotions: ★★★★
Sweetness: ★★★
Drive: ★★★
Balance: ★★★★★

踊れや踊れ!群雄割拠の夏の陣に現れたダークホース!
THE HIGERに続くダンサブルエモの決定盤!
 


MXPX、SILVERSTEIN、SUM 41、YELLOWCARDなどなど、大物勢の大型リリースでてんやわんやの夏を迎えているEmo/Pop Punkシーンですが、そんな群雄割拠の状況に新たな名乗りを上げるダークホースが登場!本作で3作目のリリースとなるCalifornia出身の5人組、MY AMERICAN HEART!1stEPではスクリーモコアサウンド、1stフルではスタイリッシュなエモコアサウンドとリリースにより新たなサウンドを模索し、成長を続けてきた彼らが3作目にしてついにその大器の完成を見せつける!そのサウンドは実にダンサブル、いわゆる既存の彼らの最大の持ち味であったスタイリッシュなエモロックサウンドにダンス、ディスコ的なテイストをプラスし、よりキャッチーに変貌を遂げたのです。この変貌の過程、実にあるバンドに似ていると思いませんか?そう、最新作 『On Fire』 で見事なブレイクを果たしたTHE HIGHERに実に良く似ている。3作目というところも全く同じだし、PANIC! AT THE DISCOの登場以来、こういういわゆる “ノれる” ダンサブルエモの流れが現在のEmo/Pop Punkシーンの主流となりつつあるのかもしれないと個人的に予感させられました。いかにも日本で言うところの「昭和の歌謡曲」的というか、どこか懐かしさを感じるわかりやすいサウンドに現代のキッズたちが回帰していくようなこのシーンの流れは実に興味深い。この感覚は日本人独特なものなのなのかもしれませんが、どちらにせよわれわれ日本人の琴線に触れるサウンドが増えることに関しては大歓迎です。

少々話が逸れましたが、THE HIGERに似ているといってもサウンドの根底まで全く一緒というわけではありません。あくまで本作は前作までのMY AMERICAN HEART節をしっかりと踏襲しており、ブルージーなギターリフを前面に押し出したロックサウンドはもちろん健在、ミドル、バラード、そして非常に雰囲気のあるジャズチューンまで、1曲1曲の輪郭が非常にはっきりした見事なバラエティに富んでおり、なんと言ってもアルバム全体の流れというか、構成のバランスが素晴らしい。特にM-1 「Boys! Grab Your Guns」、M-2 「Speak Low If Speak Love」、シングルチューンであるM-3 「The Shake (Awful Feeling)」のサビのダンサブルかつドキャッチーに突き抜ける感覚はぜひ体感していただきたい!M-6 「The Innocent Letter」の思わず笑みがこぼれるTHE 歌謡曲的なメロの流れにもイントロから度肝を抜かれました!同ジャンルのバンドたちからも非常に評価の高い本作、全11曲捨て曲ナシで有無を言わせずSwayイチオシ!大型リリースが続くこのEmo/Pop Punk夏の陣をぶっちぎるダンサブルエモの決定盤、VANS WARPED TOUR '07にももちろん出演、本年度ブレイク必至の彼らの活躍に今後も目が離せません!プロデュースはUNDEROATH、THE ACADEMY IS...、DASHBOARD CONFESSIONALなどを手掛けたことで知られるJames Paul Wisnerとまさに磐石!

1. Boys! Grab Your Guns
2. Speak Low If You Speak Love
3. The Shake (Awful Feeling)
4. Tired & Uninspired
5. Hiding Inside The Horrible Weather
6. The Innocent Letter
7. There Are More Frightening Things...
8. Dangerous
9. Moving On
10. Fantasy
11. All My Friends

Artist-190-2115163.jpg
www.myamericanheartrock.com
www.myspace.com/myamericanheart
www.purevolume.com/myamericanheart

07/22
Sun
 Title:THE INTERNATIONAL DRIVE / Finish What You Started
author:Sway
21205.gif
Label: Self Released (2007)
Genre: Rock/Emo/Indie/Pop Punk
Popularity: ★★★
Crispness: ★★★★
Emotions: ★★★★
Sweetness: ★★★
Drive: ★★★
Balance: ★★★

ハイトーン美コーラスが突き抜ける!
爽快インディーエモメロの新星光臨!
 


美コーラス!美コーラス!非常に前評判が高かったNorth Carolina州出身の4人組、THE INTERNATIONAL DRIVEの1stEPは見事に期待に応えてくれております。RELIENT K、NEVERTHELESS、CARTEL、YEARLINGなどを思わせる実に爽快で心地良いインディーエモメロサウンドなわけですけれど、なんと言っても圧巻はどこか懐かしいメロが印象的で、聴けば必ず耳に残るキラーチューンM-2 「So Call It Off」のイントロからの全力投球な美コーラスにつきるかと。もう、骨抜きとはこのことか!と言わんばかりの感じで心を打たれました。適度なダイナミックさとポップパンク色ももちろん搭載、M-7 「Take It Back」の突き抜けるような感触をこれからも突きつめていってほしい。こういった良質インディーエモメロサウンドが氾濫する現在ですが、非常に心に残る、そういった音を奏でてくれるバンドだと思います!メンバー全員ロン毛だし(違

1. Live Again
2. So Call It Off
3. Finish What You Started
4. How Far Can You Run
5. Breakdown City
6. Tell Me What You Want
7. Take It Back
8. The Sleeping

Artist-99125951-2051791.jpg
www.myspace.com/theinternationaldrive
www.purevolume.com/theinternationaldrive

07/19
Thu
 Title:THE YEARS GONE BY / On The Verge
author:Sway
21085.gif
Label: Self Released (2007)
Genre: Rock/Pop Punk/Emo
Popularity: ★★★★
Crispness: ★★★
Emotions: ★★★
Sweetness: ★★★
Drive: ★★★★
Balance: ★★★★

これぞ青春エモメロポップパンク!
伸びやかな歌声がせつなく響く新作EP!
 


前作の1stフルが国内盤でも発売されたTHE YEARS GONE BYの2作目の7曲入りEP!あれだけおバカなジャケだったのが本作はこんな少し幻想的な感じに。心境の変化でしょうか、とはいえ前作から1年そこそこでのリリースですのでサウンドの内容はそれほど変わっておりません。全編に渡りキャッチーながらも青臭いせつなさが漂う青春系エモメロポップパンクサウンド、特徴的にはVo. の歌声が非常に伸びやかでハイトーン。一度聴いたら忘れられない声質はやはりバンドの輪郭をハッキリさせますね。既出曲はM-3 「Anniversary」(前作日本盤のボーナストラックに収録)、前作に収録されていたM-1 「Sever The Ties」。なんと言ってもM-2 「Them 1, Me 0」はあのJUST SURRENDERの野太いほうのVo. がCメロをガンガン歌っているので非常に衝撃的!なんだか夢の競演みたいな感じですごく嬉しくなりました!個人的ベストはM-5 「A Steady Approach To Sanity」、イントロからギターソロ、そしてラストまで実に美しくせつなく泣ける名曲!何度でもサラリと聴けるお茶漬け盤ですので、前作を気に入った方、青春系エモメロポップパンクファンはぜひぜひ。

1. The Translation
2. Them 1, Me 0
3. Anniversary
4. High School Sensation
5. A Steady Approach to Sanity
6. Billboards
7. Sever the Ties

Artist-394-2095091.jpg
www.myspace.com/theyearsgonebynj
www.purevolume.com/theyearsgonebynj

07/18
Wed
 Title:MAE Album Art
author:Sway
『The Everglow』 以来約2年ぶりとなるMAEの新作 『Singularity』 が8/14に発売されます。満を持してのメジャーデビュー作となる本作ですが、名作と謳われる前作を超えることが出来るのか、非常に期待のかかるところです。収録予定の新曲2曲は彼らのMySpacePureVolumeで視聴できます。

maesingularity.jpg


洋楽音楽 / [ News! ]
07/17
Tue
 Title:MAE / The Everglow
author:Sway
14043.gif
Label: Tooth & Nail (2005)
Genre: Rock/Emo/Alternative/Indie
Popularity: ★★★★
Crispness: ★★★★★
Emotions: ★★★★
Sweetness: ★★★★
Drive: ★★★
Balance: ★★★★

その音は美しい。その音は心地良い。
その音は優しい。その音はせつない。
 


その音はMAEというVirginia州出身の5人組の奏でる素敵な魔法。2001年の結成以来、透き通った爽快ビューティフルエモサウンドを提供し続けてくれている彼らの現在のところ最高傑作といえるのが米Billboardチャートでも最高位51位を記録した2ndフルの本作。コンセプトアルバム的に物語を読んでいるかの如く進んでいく全15曲の大作の流れは、イントロの女性のアナウンスから幕を開ける。ピアノのみながら叙情的、ダイナミックに聴かせるM-2 「We're So Far Way」は本当に名曲だと思う。聴いているとそのせつなさに胸を締め付けられるようなこの感覚は、このバンド随一の持ち味とも言えるだろう。リードトラックであるM-4 「Suspention」はWAKING ASHLANDの名曲「I Am For You」にも似たメジャー感が素晴らしく心に爽快に響く。究極にスウィートでオネストな名曲M-9 「Mistakes We Knew We Were Making」、シンガロングに歌い上げるタイトルトラックM-11 「The Everglow」など、クリアな美コーラスワーク、ピアノサウンド、爽快メロ、全てにおいて最高峰を誇る傑作、必ず聴く人の心に温かい感情的ななにかを残す、そんな魔法がかけられた作品であると思う。

1stフルは水面に落とされた一滴の雫だった。儚くも透き通るみずみずしさに満ちていた。2ndフルの本作はその雫が水面に落ちて広がった波紋である。徐々に輪の大きさを広げその音を皆の心に浸透させていく。そして彼らは2年ぶりとなる新作 『Singularity』 を8/14にリリースする。メジャーデビュー作となるこの作品には日本のファンもその内容にかなりの期待をしているところだろう、波紋は一体どこまで広がるのか。この夏再び、彼らの魔法に喜んでかけられたいと願う。

1. Prologue
2. We're So Far Away
3. Someone Else's Arms
4. Suspension
5. This Is The Countdown
6. Painless
7. The Ocean
8. Breakdown
9. Mistakes We Knew We Were Making
10. Cover Me
11. The Everglow
12. Ready and Waiting To Fall
13. Anything
14. The Sun and the Moon
15. Epilogue

Artist-738-2093573.jpg
www.whatismae.com
www.myspace.com/mae
www.purevolume.com/mae

07/16
Mon
 Title:TYPHOID MARY / Take Shelter
author:Sway
typhoidmary.jpg
Label: Self Released (2007)
Genre: Rock/Emo/Alternative/Pop Punk/Indie
Popularity: ★★★★
Crispness: ★★★★
Emotions: ★★★★
Sweetness: ★★★
Drive: ★★★★
Balance: ★★★★

TIME TELLS ALLと並ぶ超期待の新星!
ダークなバンド名とジャケの印象に惑わされるな!
 


「腸チフスのメアリー」。1900年代初頭、チフス菌の健康保菌者だったために自分が気づかぬうちに周囲の人々をチフス菌の疫病に陥れ、それから死ぬまで隔離されていた悲劇の女性。そんな恐ろしくも悲劇的なバンド名がつけられたGeorgia州出身の4人組の1stEP、本作はとにかく手放しで素晴らしいと言いきれる絶品!カッコヨス!間違いなく本年度を代表するEPのうちの一枚になるであろうことは必至。CARTEL、ALL TIME LOW、THE FOLDなどを手掛けた敏腕プロダクションチーム、Zack OdomとKenneth Mountによりプロデュースされた本作、サウンド的にはCARTEL、TIME TELLS ALLなどの爽快かつエモーショナルなエモメロポップパンクサウンドをANBERLIN、THERE FOR TOMORROWなどのオルタナエモテイストでよりロックに味つけしたようなスタイリッシュなスタイル!鼻にかかった美声も実に心地良いですが、ギターエフェクトにも特徴があり、その小技に思わずニヤリとする部分も。M-2 「Last Line Of Defence」なんかはそのバンドの特徴が色濃く現れた逸品で、見事なコーラスワークとキャッチー感に思わずウットリ!全7曲(M-7はM-2のリミックスバージョン)、捨て曲なんてあるはずもなく、自主制作だなんてとても信じられない内容。確実にこれから頭角を現すであろう有望株ですのですぐチェックを!Sway大絶賛!

ちなみにバンド名もそうですけどジャケも地味でダークな印象だし、これほどの内容なのにそういった面ですごく損をしているような気がするのはわたしだけでしょうか!?

1. Dear Deceitful
2. Last Line Of Defence
3. Take Shelter
4. Filthy Habit
5. So Sorry
6. Leaving
7. Last Line Of Defense Remix

Artist-1126-2051977.jpg
www.typhoidmarymusic.com
www.myspace.com/typhoidmary
www.purevolume.com/typhoidmary

07/16
Mon
 Title:2nd Anniversary!
author:Sway
事後報告ですが当店「Drivemo -Never Miss The Blast-」が7/1で開設2周年を迎えました。2年といえば生まれたばかりの赤ん坊も普通に歩き回る年月です。気がつけばこの子が歩き回るまでに277ものレビューを書いてました。来年には幼稚園でしょうか、どこまで成長するかもわかりませんが、これからも温かい目でこの子を見守っていただければ幸いです。

Sway
07/11
Wed
 Title:HIT THE LIGHTS Bad News
author:Sway
泣。少々報告が遅れましたが、HIT THE LIGHTSのリードVo. Colin Rossがバンドからの脱退を発表しました。バンド自体は解散せずに活動を続けるそうで、そこは一安心。秋に新作のレコーディングを行うようなのですが、一体Vo. はどうするのでしょうか?2003年の結成以来追いかけてきたバンドだけに、あの鼻にかかった素晴らしいPop Punk声がもう聴けなくなるのは悲しいです。以下、Colinからファンへのコメント。

HTL fans,

I have come to the decision to leave Hit The Lights. It's been a great time being in this band and I have a lot of amazing memories from it. After a long thought out process I have decided I would like to take a different direction with my life and not live this lifestyle any longer. There are no hard feelings between the band and I. We sat down and discussed this and we felt like it might just be the best thing. I really hate to say this, and writing this letter is even harder but it just wouldn't be right for me to stay in the band if my heart wasn't in it 100%. I do want to thank everyone for their support. I also want you to know that this is not the end of Hit The Lights. These guys are still on schedule and planning on recording a new record in the fall. I want to wish these guys the best of luck because they deserve it. They are working very hard right now for this next record, and I know that you all are going to be very happy with the outcome. Thanks again everyone.

Colin

Artist-3548-1307030.jpg


洋楽音楽 / [ News! ]
07/11
Wed
 Title:THE WEDDING / Polarity
author:Sway
weddingpolarity.jpg

weddingpolarity2.jpg
Label: Brave New World (2007)
Genre: Rock/Emo/Alternative/Pop Punk
Popularity: ★★★
Crispness: ★★★★
Emotions: ★★★★
Sweetness: ★★★
Drive: ★★★
Balance: ★★★

初夏の爽快オルタナエモメロ祭り第3弾!
新境地に突入した大作!
 


そして第3弾はTHE WEDDINGの2ndフル。DON'T LOOK DOWN、FALL OUT BOY、RUN KID RUNなどの爽快エモメロポップパンクを踏襲したサウンドが非常に好印象だった前作のデビューフル 『The Wedding』 から約2年ぶりとなる本作は、イントロからしてかなり衝撃的な内容でした。いきなりホーンからジャジーな雰囲気で始まるんですもの、そりゃあこの劇的変化には驚きもします。そしてかなりエモーショナルでシリアスなオルタナチューンM-2 「Say Your Prayers」に繋がるのですが、これは完全にANBERLINチックとも言える曲で、確実にサウンドの方向転換を感じさせます(ホーンは別ですが)。とはいえさすがに前作の爽快テイストを踏襲したM-4 「Staring At The Light」、1stEPからの再録M-8 「Rebound」、M-12 「Southside」なんかもしっかりと搭載し、前作までのファンとしては一安心。要注目はサザンロックテイストのやたら格好良いM-7 「It's Time To Rock (OK?)」、バンドの本当の新境地的な音で、叫びなんかも入っております。全14曲とボリュームもたっぷりでシンガロング性も高し、じっくり腰を落ち着けて聴きたいかなりの大作になっておりますので、前作ファンの方もオルタナエモファンの方もぜひ。そういえば購入時のジャケは白だったんですが、これはなにか意味があるのかしら?

1. Call
2. Say Your Prayers
3. I'll Sleep When I'm Dead
4. Staring at the Light
5. This One's for You
6. I-540
7. It's Time to Rock (OK?)
8. Rebound
9. Schizophrenia
10. Last Stand
11. Misery Loves Company
12. Southside
13. Revelation
14. Fireworks

Artist-101156-1943432.jpg
www.theweddingrock.com
www.myspace.com/thewedding
www.purevolume.com/thewedding

07/10
Tue
 Title:JUST SURRENDER New Release
author:Sway
JUST SURRENDERが 『If These Streets Could Talk』 以来約2年振りとなる新作 『We're In Like Sin』 を8/21にリリース予定。(国内盤は前作同様Big Mouth JPNより9/12発売予定)激情テイストは全く失われていないようで一安心。新曲「Body Language And Bad Habits」は彼らのMySpaceで視聴できます。

jssin.jpg

洋楽音楽 / [ News! ]
07/09
Mon
 Title:THE FOLD / Secrets Keep You Sick
author:Sway
20897.gif
Label: Tooth & Nail (2007)
Genre: Rock/Emo/Alternative/Indie/Pop Punk
Popularity: ★★★★
Crispness: ★★★★
Emotions: ★★★★
Sweetness: ★★★
Drive: ★★★
Balance: ★★★★

初夏の爽快オルタナエモメロ祭り第2弾!
「Backseat Driver」でお馴染みのTHE FOLDの2ndフル! 


第2弾はTHE FOLDの2ndフル!こちらも2006年に発表された前作となるデビューフル 『This Too Shal Pass』 をそのままさらに一回り増したかのような、素晴らしい出来!全体的にダイナミックさと、キャッチーさが増した印象で、やはり間違いなくTooth & Nailを感じさせる高品質な爽快エモオルタナサウンド、SULLIVANよりも非常にわかりやすさ、爽快感はこちらのほうが強いかな。残念ながら前作収録の名曲「Backseat Driver」を超えるようなグッとくる曲は今のところ無いのですが、個人的に気になったのはリードチューンらしきM-2 「Younger Than Our Years」がかなりTHE ALL-AMERICAN REJECTSの代表曲「Move Along」を思い出させるところでしょうか。良質には変わりないんですけども。代わりといってはなんですが、M-6 「Closer」のストリングスとピアノが素晴らしくエモーショナルで心地良くてSwayの耳から離れない所存。力強いM-1 「Medicine」のようなエモオルタナからM-10 「Beside You Now」のようなピコピコエレクトロニカまで、非常に爽快に幅広く網羅した快作、こちらも間違いなく損はさせない一枚です!

1. Medicine
2. Younger Than Our Years
3. Your Secrets Keep You Sick
4. New Skeptic
5. Faster Still
6. Closer
7. Down In Doubt And Living Without
8. Hey Rebekah
9. Catastrophe!
10. Beside You Now
11. Revisited

Artist-10966-1990113.jpg
www.thefoldrock.com
www.myspace.com/thefold
www.purevolume.com/thefold

07/07
Sat
 Title:SULLIVAN / Cover Your Eyes
author:Sway
21199.gif
Label: Tooth & Nail (2007)
Genre: Rock/Emo/Pop Punk/Alternative
Popularity: ★★★
Crispness: ★★★★
Emotions: ★★★★
Sweetness: ★★★
Drive: ★★★
Balance: ★★★★

初夏の爽快オルタナエモメロ祭り第1弾!
ポップ&キャッチーに変貌を遂げた2ndフル!
 


この初夏に発表された作品の中で、個人的にかなり似たような印象を受ける完成度の高い作品が3作品あります。どうせなら続けて紹介してみてしまおうということで、まずはこのNorth Carolina出身の5人組、SULLIVANの3作目。実はTooth & Nailからは2作目のフルアルバムなんですが、家の中をごそごそ探してみたら3曲入りのEP 『Count The Time In Quarter Tones』 が出てきました、当時2人組だったので「同名バンドかな?」ぐらいの記憶でしたが、掘り出してみるとメンバーと名前が一致。驚きました、2人組だしサウンドもかなりインディーなポップパンクテイストだったもので。それにしてもこのバンドのサウンドは作品ごとに変わっている印象ですね、本作はかなり他のTooth & Nailバンドに似通った部分も多いサウンドで、実にポップでキャッチーに生まれ変わった印象。前作 『Hey, I'm A Ghost』 はどちらかと言えばダークでメランコリックな要素が強かったんですが、どうしてしまったのかかなり爽快にイメチェン。M-1 「F-Stop」、M-3 「Tell Me I'm Wrong」なんかはもうRUN KID RUN、RELIENT Kなんかが好みだったらたまらない爽快メロ具合!他にも単に爽快に終わらず、前作を踏襲したかのようなドラマチックなメランコリックさ、アコースティックさもしっかりと搭載し、かなりバラエティ色の強い完成度の高い一枚になっております。それにしてもVo. の声は素晴らしいですね、エモーショナルで抑揚バッチリの巧みさ!だが、その見事な七三分けはどうなんだ!

1. F-stop
2. Goodbye, Miss Havisham
3. Tell Me I'm Wrong
4. Great For My Collection
5. Florida Queen
6. Dig Me Up
7. The Process
8. Olive Branch
9. Israel Hands
10. Fire Away

sullivan.jpg
『Count The Time In Quarter Tones』
1. Explain Yourself
2. Bystanders Day To Shine
3. You Should Know

Artist-7833-2044722.jpg
www.sullivancares.com
www.myspace.com/sullivan
www.purevolume.com/sullivan

07/03
Tue
 Title:DAMONE / Out Here All Night
author:Sway
damone2.jpg
Label: Island (2006)
Genre: Rock/Hard Rock/Pop Punk/Emo
Popularity: ★★★
Crispness: ★★★
Emotions: ★★★★
Sweetness: ★★★
Drive: ★★★
Balance: ★★★★

起死回生!
最高にロックでキュートな名盤!
 


AVRIL LAVIGNE、NEW YEARS DAY、PARAMOREなど、女性Vo. のパンク系アーティストの連続リリースが最近熱いですが、そんな勢いでDAMONEを聴きかえしてみるとやはりその存在感は前記のアーティストよりも数段ズバ抜けているな、と感じたり。Massachusetts州出身の4人組、DAMONEは18歳のフロント・ウーマン、Noelの魅力を存分に発揮し2003年にアルバム 『From The Attic』 でデビュー、SUM 41の前座としても来日し、日本でもお馴染みのパンクバンドとなりつつあった。が、その絶望的な運の無さにより彼らはどん底に落ちることとなる。Ba. が突如脳内出血で死にかけたり、メインソングライターが急遽脱退したり、レコード会社からは見向きもされなくなったり、資金が無くなったり。そんな苦難を乗り越えつつも彼らは帰ってきたのだ、最高なアルバムを引っさげて。

そんなDAMONEの無敵の復活サウンドは実に特徴的、MOTLEY CRUE、GUNS AND ROSESなどの彼らの好む往年のHard Rockテイストを軸に、ときにキャッチー、ときにハード、ただのガールズロックには決して収まりきらない幅の広さを魅せてくれる。それはまさに前記の1stにみられた甘っちょろさを徹底的に排除した格好良すぎるスタイリッシュでパンキッシュなサウンド、少々大人っぽくなったNoelの成長ぶりにも要注目だ。帰ってきた喜びを存分に味わえる幕開けパーティーロックチューンM-1 「Now Is The Time」、B級ホラー的なプロモが印象的なキレまくりのギターリフが格好良すぎるM-2 「Out Here All Night」、身を乗り出してシンガロング間違いナシなM-6 「Get Up And Go」、身を乗り出して「懐かしい!」と突っ込むこと間違いナシなM-7 「Outta My Way」、後半の神がかり的な転調に心揺さぶられるM-8 「You're The One」などなど、とにかく技見せすぎなギターリフ、ギターソロとNoelの歌声に要注目な名盤、これは最高にロックでキュートなアルバムだ!

1. Now Is The Time
2. Out Here All Night
3. What We Came Here For
4. Stabbed In The Heart
5. On Your Speakers
6. Get Up And Go
7. Outta My Way
8. You're The One
9. New Change Of Heart
10. When You Live
11. Tonight
12. Wasted Years

Artist-98997144-1381823.jpg
www.damone.net
www.myspace.com/damone
www.purevolume.com/damone

Template by Girl's Dis
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。