It's all about rock; full of emotions and sweetness
--/--
--
 Title:スポンサーサイト
author:Sway
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
09/27
Thu
 Title:CHIODOS AP Cover Art
author:Sway
ap231chiodos.jpg
ALL TIME LOWもおバカでしたけど、ここにも同じような感じのおバカバンドがいましたね。
こんなのでも残念ながら米Billboardチャート初登場5位です!


スポンサーサイト
洋楽音楽 / [ News! ]
09/27
Thu
 Title:LIKE A MOVIE / Say It Again
author:Sway
22175.gif
Label: Audio Shock (2007)
Genre: Rock/Pop Punk/Emo/Indie

心にストレートに響くメロディ!
懐かしさ満点のインディーエモポップパンク!


今年の夏、個人的にすごくはじけたのがこのPennsylvania州出身の5人組、LIKE A MOVIEの1stEP!例によって実に爽快でキャッチーなエモメロポップパンクなわけですが、インディー色が非常に強く、心にストレートに響くせつなさを持ったサウンドがとても良いんです!THE GET UP KIDS、SAVES THE DAY、MIDTOWNなど、あの頃の若干懐かしいインディーエモポップパンクのテイストに現在流行りのムーグのピコピコ感をプラスしたかのような、ふとしたときに聴きたくなるホーム的な暖かさを感じられる全7曲!M-4 「The Views Of Revolutionary Towards Himself」なんて、どうにも歌謡チックなエモメロで胸がしめつけられるような甘酸っぱい感覚を味わえます。疾走チューンからせつなミドルまで、非常にバランスの取れた作品だと思いますので、あの頃のインディーエモポップパンクが好きだった方には間違いなくおすすめです!ただ全7曲中4曲が5分以上だなんてちょっと長すぎな気がしますけども。

1. She Says I'm Living Too Much In 82
2. Autograph
3. I Took The Bullet
4. The Views Of The Revolutionary Towards Himself
5. Until We Meet Again
6. Wahburgers and French Cries
7. She Better Be A Red Hot Navigator

likeamovieartist.jpg
www.myspace.com/likeamoviemusic
www.purevolume.com/likeamovie

09/26
Wed
 Title:ELEVENTYSEVEN / Galactic Conquest
author:Sway
elevetysevengc.jpg
Label: Flicker (2007)
Genre: Rock/Pop Punk/Electronica

前作を凌駕するキャッチーさに驚愕!
絶妙なピコピコ加減を搭載した必殺Pop Punkの決定盤!

 
前作のデビューフル 『And The Land Of Fake Believe』 でキッズの心をわしづかみにしたELEVENTYSEVENが約1年ぶり帰ってきた!RELIENT K、HAWK NELSON、STELLAR KARTに代表されるクリスチャンロックにポップパンクの要素を詰め込んだテイストは本作ももちろん健在、というより前作をはるかにしのぐエネルギッシュさとキャッチーさを感じられる、2ndフルにしてこれぞまさに最高傑作!さらに本作ではムーグに代表されるかなりのピコピコ具合も搭載し、さらにパーティー色強し!聴いていてとにかく楽しい、気持ち良いサウンドに仕上がりました。のっけからアクセル全開な1stシングルM-2 「Love In Your Arms」、せつなくも心に響くビューティフルミドルM-6 「It's Beautiful」、これぞELEVENTYSEVENな前作を彷彿とさせる爽快やんちゃ丸出しなシンガロングチューンM-8 「Feel OK」、HELLOGOODBYEライクなエレクトリカルパレード的ポップなM-11 「Galaxy Collide」などなど、基本的には軽快でシンプルな爽快ポップパンクなのに、シンプルだからこそ飽きずに聴ける、そしてまた何度でも聴きたくなる、そんな聴く人にとって優しさまでも感じさせるChristian/Pop Punkサウンドはステレオタイプ化された激しいパンクロックサウンドが溢れかえる現在、ある意味非常に貴重な光だと思います。Swayが根本がメロディックなポップパンク人間なので偏った意見なのかもしれませんが、だとしても手放しで大絶賛できる傑作だと思います!

1. Initiation Sequence
2. Love in Your Arms
3. Happiness
4. Fight to Save Your Life
5. How It Feels (To Be with You)
6. It's Beautiful
7. Retail Value
8. Feel OK
9. 12 Step Programs
10. Conan
11. Galaxies Collide
12. Program Terminated

Artist-17689-2150269.jpg
www.eleventysevenrock.com
www.myspace.com/eleventyseven
www.purevolume.com/eleventyseven
09/26
Wed
 Title:ALL TIME LOW 国内盤本日発売!
author:Sway
atl.jpg
先日お伝えした、ALL TIME LOWの新作 『So Wrong, It's Right』 の国内盤がついに本日発売されたよ!こんなおバカプロモ写真なバンドだけど、最高にゴキゲンなPop Punkサウンドなんで、ぜひみんな買ってね!Alexの乳首の色が眩しすぎる。

洋楽音楽 / [ News! ]
09/25
Tue
 Title:JUST SURRENDER / We're In Like Sin
author:Sway
21756.gif
Label: Broken English (2007)
Genre: Rock/Punk/Emo/Alternative/Screamo

抜群の安定感はそのままに、
個々の個性が強まった2ndフル!
 


激情ツインVo. に定評のあるNew York出身の4人組、JUST SURRENDERの2ndフル!デビューフル 『If These Streets Could Talk』 ではかなりの高品質歌メロでわれわれの度肝を抜いてくれた彼らですが、本作でもその歌メロっぷりは健在、聴き比べるとわかるんですが若さに任せた勢いだけではなく若干大人びた感覚も味わうことができます。ツインVo. の個性もはっきりと分かれてきたようで、このテイストなら野太いほう、このテイストなら甘いほうと、そのへんのコーラスワークも実にわかりやすくなっていたり。正直A SECOND CHANCE時代からの名曲「Tell Me Everything」のような爆発力のある楽曲がないのは残念なところですが、ハードかつスタイリッシュなサウンドは相変わらず聴いていてその格好良さにニヤリとできます。個人的には甘声Vo. 大奮闘なM-3 「If I Wanted To Cuddle I'd Buy A Teddy Bear」(「抱擁したかったらテディベアを買うだろうさ」、なんてせつなすぎる!)、懐かしさと新生JUST SURRENDERの特徴がうまく同居したシンガロングなアンセム・チューンM-6 「New Declaration」、そして新境地を開いたビューティフル感動ミドルのM-11 「I'll Be There」は本作ではぜひ押えておきたいところ。

1. Body Language And Bad Habits
2. So Close/So Alive
3. If I Wanted To Cuddle I'd Buy A Teddy Bear
4. I Said It Before
5. Your Life And Mine
6. New Declaration
7. Payback
8. You'd Be In Great Shape If You Ran Like Your Mouth
9. We're In Like Sin
10. Something That I'm Not
11. I'll Be Here

Artist-821-2109174.jpg
www.justsurrender.net
www.myspace.com/justsurrender
www.purevolume.com/justsurrender

09/22
Sat
 Title:ANBERLIN Album Art
author:Sway
現代のEmo/Alternativeの代表的存在であるANBERLINが11/20に初のB-Sideアルバムとなる 『Lost Songs』 をTooth & Nail Recordsよりリリース予定。全17曲を収録予定で、今までにリリースされていなかったレアな楽曲、既存曲のアコースティック・バージョン、そしてカバー曲などが収録されるとのことで、コレクション的な内容になりそうです。

als.jpg

洋楽音楽 / [ News! ]
09/22
Sat
 Title:COBRA STARSHIP Album Art & Track List
author:Sway
2006年、映画 『Snakes On A Plane』(邦題:『スネーク・フライト』) のサントラ盤に提供した「Bring It (Snakes On A Plane)」でブレイク、SUMMER SONIC 07でも来日を果たしたCOBRA STARSHIPが2ndフル 『Viva La Cobra!』 をなんと10/23に早くもリリース!一体いつ曲を作ってたんだ!?ぐらいの活躍っぷりだったのでこのスピードには驚きです。リリースはもちろん前作同様、FALL OUT BOYのPete Wentz、Patrick Stumpらが設立したDecaydance Recordsより。

csvlc.jpg

1. Guilty Pleasure
2. The City Is at War
3. My Moves Are White (White Hot, That Is)
4. Kiss My Sass
5. Angie
6. Fake Boobs and Rollerblades (Scandalous)
7. Prostitution Is the World’s Oldest Profession (and I, Dear Madame, Am a Professional)
8. One Day Robots Will Cry
9. Smile Real Wide for the paparazzi
10. Pleasure Ryland
11. Bromeo and Juliet

洋楽音楽 / [ News! ]
09/22
Sat
 Title:FAR-LESS Album Art
author:Sway
そしてそんなFAR-LESSが前作同様、名門Tooth & Nail Recordsより10/23に3rdフル 『A Toast To Bad Taste』 をリリース予定。新曲「Keep Keep」はかなりアンビエントなテイストとキャッチーなサビの対比が面白い内容となっております。視聴は彼らのMySpacePureVolumeよりどうぞ。

flattbt.jpg


洋楽音楽 / [ News! ]
09/22
Sat
 Title:FAR-LESS / Broken Hearts Unite‏
author:Sway
flbhu.jpg
Label: Silent Uproar (2003)
Genre: Rock/Alternative/Grunge/Emo

殺伐とした大地にたぎる熱いハート!
NIRVANA meets Emo/Alternative!(おこがましい


FETTERLINE、SILVERSTEINと並び、2001年の結成以来その独特のロック感に注目が集まっていたのがこのVirginia州出身の6人組、FAR-LESS!彼らが名門レーベルTooth & Nailに所属するきっかけとなった代表作がこの2003年に発売された1stフルの本作。燃える真っ赤なハートが印象的なジャケですが、そのサウンド内容は非常に個性的!表現するのが非常に困難なんですが、一番わかりやすく言えば「NIRVANA meets Emo/Alternative」でしょうか、すごくおこがましいのかもしれませんが。グランジにエモとメタル、そしてスクリーモの要素を合わせたかのような、そんな斬新なサウンドはひとことで言えば「格好良い」、これに尽きます。ツーバスドラム、エッジの効いたギター含め、手数の多い演奏陣はなんとも魅力的、そして高音で歌い上げるのではなく、どこか中域で力を抜いて殺伐と歌い上げるVo. (このへんがいかにもグランジ!)、実に個性的で独特なFAR-LESSの出世作、まだ垢抜けていないという意味でも個人的には最高傑作!正直本作以降はグランジ色薄いんです。M-8 「Your Antidote」、M-9 「Juliet」は稀代の名曲だと個人的には今でも思い込んでいます!ありきたりのステレオタイプ化されたエモメロが氾濫した現在だからこそ、皆さんに聴いてほしい作品。

1. A Virus On My Mind
2. Ignorance Is Bliss
3. Alibi
4. Mike Lowrey
5. Fallacy
6. Interlude (Point Of Rebirth)
7. Broken Hearts Unite
8. Your Antidote
9. Juliet
10. Horomones And Peer Pressure

Artist-4746-2182711.jpg
www.far-less.net
www.myspace.com/far-less
www.purevolume.com/far-less

09/20
Thu
 Title:CARTEL / Cartel
author:Sway
cartelnewalbum.jpg
Label: Epic (2007)
Genre: Rock/Pop/Emo/Pop Punk/Indie

爽快次世代Emo/Pop Punkの雄がついにメジャーデビュー!
しかしその過酷な裏側とは…。
 


The Militia Groupからの1stフルが全米で10万枚以上を売り上げるスマッシュヒットとなり、一躍人気バンドの仲間入りを果たしたCARTRLがついにメジャーデビュー!と言っても彼らのデビューは決して平坦なものではなかったようです。MTVのリアルタイムショーで20日という決められた時間内に多数のWebカメラの設置された部屋で過ごしながら、アルバム用の曲を書き上げる。つまるところ海外版 『電波少年』 なわけですが、そんな過酷な状況で本作は作られました。全米中のキッズたちが見守る中、彼らのプレッシャーは相当なものだったとは思いますが、先行シングル「Lose It」を発表すればなんという酷評、Vo. のWillは「今作がリリースされたら、おれたちをクソ呼ばわりしたやつらを黙らせることになるだろう」と自信満々の挑発的発言。が…、

個人的にはっきりと言わせてもらえれば、そんな作成の過程を見せられた状況で傑作と呼べるような楽曲や作品が生まれるわけがない。ただし決してバンドが悪いのではなく、見世物扱いでこんな優良バンドのメジャーデビューを潰してしまうかのようなメディアの方針に正直苦言を呈せずにはいられないのです。そんな過程をじっくり見せられた上で完成した作品を聴いたとしても多くの人は作品の本質を捉えることができず、「彼らは良くやった!」、ただそう言わざるを得ないのではないでしょうか。結論から言えば、本作はたしかに以前からのCARTELファンを裏切るような作品では決してありません。伸びやかでクリアなWillのVo. が印象的な、ポップでスタイリッシュな爽快チューンは聴いていて相変わらず心地良いし、初夏の草原を思わせるあの感覚は決して失われてはいません。ただし、全体のバランスは取れていながらも佳作の域を出ることはない、とわたしは感じました。具体的に言えば、残念ながら前作の「Honestly」を超えるような名曲が生まれなかった、ただそれだけなのです。「Lose It」の跳ねるような感覚、「The Fortunate」のシンガロングな爽快感、ある程度の聴きどころは持ちながらも、ひとつ抜きん出たなにかが足りない。初夏の草原ではあるものの、草原を強く美しく波立たせる風が少し吹かなかった、そんな印象の作品。もしも普通に楽曲が作成されていれば…、もしも彼らのメジャーデビューがこんなにハードルを上げた状況でなければ…、なんだか少し悲しい。

1. The Best
2. Tonight
3. Lose It
4. No Subject (Come With Me)
5. This Is Who We Are
6. I Will Hide Myself Away
7. Wasted
8. The Fortunate
9. Georgia
10. If You Do, If You Don't
11. Lonely One
12. If I Were To Write This Song
13. Wasted (Remix By Wyclef Jean)

Artist-13325-2172852.jpg
www.cartelrocks.com
www.myspace.com/cartel
www.purevolume.com/cartel

09/18
Tue
 Title:HEDLEY / Hedley
author:Sway
hedleyhedley.jpg
Label: Capitol (2006)
Genre: Rock/Hard Rock/Alternative/Pop Punk/Emo

Canada発、第2のSUM 41、SIMPLE PLAN!
6曲ものシングルを含む完成度激高なデビューアルバム!
 


日本での知名度はイマイチですが、地元Canadaのシングルチャートでは1位を獲得するなど絶大な人気を誇る4人組モダンロックバンド、HEDLEY!本作は2005年にCanadaで発売、2006年に米Capitol Recordsから世界規模でのリリースとなった彼らのデビューフル。Pop Punkと呼ぶには少し語弊があるかもしれないので、ここではモダンロックバンドと表現したんですが、そのサウンドは実にキャッチー!やや懐かしさも感じさせるハードロックテイストをAlternative/Pop Punkに取り入れたかのようなわかりやすい絶妙さ加減が人気の秘訣ではないでしょうか。鼻にかかったVo. もどこか懐かしい!個人的にはMARVELOUS 3、LIT、SR-71、そして最近ではTHE SUMMER OBSESSIONなんかを思わせるサウンド。上記の1位を獲得したM-2 「On My Own」はもう聴けば誰もが納得のキラーチューンで、SR-71の代表曲「Right Now」に匹敵するぐらいの最高に突き抜ける気持ち良さを持った曲!他にも本作からは6作ものシングル曲が発売されており、楽曲の完成度の高さがうかがい知れます。硬派なメロディックテイストのM-1 「Villain」、心を打つ名ミドルのM-3 「Trip」、M-4 「Street Fight」、M-5 「321」、M-6 「Gunnin」、そして上記のM-2の6曲。これだけでも買う価値じゅうぶんな全11曲、非常に日本人向けのバランスの取れたわかりやすいサウンドなので、少々路線は違いますがCanada発、第2のSUM 41、SIMPLE PLANとして国内のブレイクが最も期待されるバンドだと思います!

そして10/30には早くも待望の2ndフル 『Famous Last Words』 をリリース予定、プロデューサーはTREBLE CHARGER、SUM 41などを手掛けたCanadaの御大Greig Nori!

1. Villain
2. On My Own
3. Trip
4. Street Fight
5. 321
6. Gunnin'
7. Sink or Swim
8. Johnny Falls
9. Saturday
10. Sugar Free
11. I Don't Believe It

Artist-98994662-1637418.jpg
www.hedleyrock.com
www.myspace.com/hedley
www.purevolume.com/hedley

09/14
Fri
 Title:ALESANA / On Frail Wings Of Vanity And Wax
author:Sway
onfrailwingsofvanityandwax.jpg
Label: Tragic Hero (2006)

Onfrailwingsofvanityandwaxreissues.jpg
Label: Fearless (2007)
Genre: Rock/Post Hardcore/Progressive/Emo/Pop Punk/Screamo

ピュアで甘美な破壊。
最も凶暴で、最も純真無垢なALESANAの世界。


最近SILVERSTEINの記事を書いたんですが、正直最新作は物足りなかった。というのも要因のひとつとして今年に入ってからマキシマム ザ ホルモンとこのALESANAを聴きまくっていたからだと思う。North California州出身の6人組、ALESANAはメンバー全員がまだ非常に若く、2004年に結成後、2005年にTragic Hero Recordsから7曲入りの1st EP 『Try This With Your Eyes Closed』 (現在はデッドストック)をリリース、翌2006年に1stフルとなる本作をリリース。その圧倒的なサウンドとバンドの才能に目をつけたFearless Recordsが飛びつき今年2007年に再リリースを果たした。彼らのサウンドを初めて聴いたのは本作、そして1st EPにも収録されていた「Apology」だった、それはそれは衝撃的で美しくハートウォーミングなメロにまるで女の子のような透き通った歌声、素晴らしくキャッチーで心地良い曲だとか思ってたら、いきなり「クワアアアアアア!ギャアアアアアアア!」って耳をつんざくようないわゆる鳥獣系のスクリームが!A DAY TO REMEMBERの1stフルを初めて聴いたときのような、叫びとVo. のコントラストがバカらしくもどこか微笑ましい、そんな印象。プログレ感を取り入れたポストハードコアサウンドに鳥獣系のスクリーム、相対するようなキャッチーで爽快に透き通ったパンクテイストのサビメロ、美コーラスで盛り上げるまるで女性のようなクリーン高音Vo. 、もうなんて特徴の多いバンドなんだろうか!感覚的にはPROTEST THE HEROに似ているけど、あそこまでメタル色やプログレ色は強くはなく、SAOSIN、SCARY KIDS SCARING KIDS、UNDEROATH、SILVERSTEIN、そしてUPPER CLASS TRASHなんかにも通じるよりキッズが聴きやすいサウンドといえるのではないだろうか。

AIDENにも通じる疾走感とキャッチーさが印象的な代表曲M-2 「Ambrosia」、究極にピュアで思わず笑顔がこぼれるようなサビメロが心に残るM-3 「Pathetic, Ordinary」、イントロからして実にハートフルで別バンドか!?と思わせるM-6 「Last Three Letters」、そして上記にも挙げたミドルの名曲「Apology」などFearlessからの再リリース盤は全15曲入りと大ボリューム!ただ一度聴いたらお腹いっぱいになるようなサウンドのはずなのに、気がつけばまた手が伸びてしまうやめられないとまらない感はすごい!鳥獣系スクリームに嫌悪感を持つ方は厳しいかもしれないけど、まずはただ上記に挙げた1曲でもまるっと聴いてみてほしい、ポストハードコアと聞いて敷居を上げる必要は全くない、このコントラストありすぎなThe 個性派サウンドは一度触れてしまえば手放せなくなる、そんな中毒性の高いALESANAの世界へようこそ!本年度のベスト作品候補!

1. Icarus
2. Ambrosia
3. Pathetic, Ordinary
4. Alchemy Sounded Good At The Time
5. Daggers Speak Louder Than Words
6. The Las Three Letters
7. Apology
8. Tilting The Hourglass
9. This Conversation Is Over
10. Congratulations, I Hate You
11. The Third Temptation Of Paris
12. A Siren's Soliloquay
13. Necro's Decay
(Fearless盤のみ)
14. Early Mourning
15. Apology (Acoustic)

Artist-14995-1984744.jpg
www.myspace.com/alesana
www.purevolume.com/alesana

09/11
Tue
 Title:PARADE THE DAY / To Keep Us Moving
author:Sway
22062.gif
Label: Self Released (2007)
Genre: Rock/Emo/Pop Punk/Indie

本年度の爽快ベストEP候補!
Like MY FAVORITE HIGHWAY, PUNCHLINE, and VALENCIA!
 


やや天候の怪しい砂浜で抱き合う男女、なにやら非常に切なげな雰囲気をも醸し出しているVirginia州出身のPARADE THE DAYの1stEP!また新たな良いバンドに出会えた、ひさびさに心からそう思えた快作です!MY FAVORITE HIGHWAY、PUNCHLINE、SOMETHING CORPOLATE、そしてVALENCIAに通じるピアノとダイナミックなロックサウンドの見事な融合、そしてただのヤワいエモメロではなくポップパンクの疾走感もしっかりと搭載した実にメリハリのある幅の広いサウンドは聴くもの全てを虜にするはず。ジャケもCD自体もDIY溢れる手作り的な感じですが、それをさらりと覆す超高品質な次世代エモメロサウンドはここをご覧の皆さんであれば必聴です!イントロから胸を締め付けられるような高揚感を味わえるM-1 「American Dream」、本作のリードトラックとも言えるバンドの良さがとびきりにじみ出たM-2 「Now I'm Awake」、PUNCHLINEを思わせる熱唱系ポップパンクが最高なM-3 「Break This Town」、少し立ち止まりながらもせつなく優しく聴くものを包み込むM-4 「Growing Old」など、全体の爽快感は保ちつつもアップテンポからミドルまでバンドの可能性を存分に見せつける全6曲、間違いなく本年度のベストEP候補です!

1. American Dream
2. Now I'm Awake
3. Break This Town
4. Growing Old
5. Says You're Wrong
6. City Lights

Artist-99118725-2113585.jpg
www.myspace.com/paradetheday
www.purevolume.com/paradetheday

09/08
Sat
 Title:Thank You For 100,000 Hits!
author:Sway
さりげなく100,000アクセスありがとうございます!
2年越しってことは早いのか!?遅いのか!?

今後もどうぞよろしくお願いします。
09/08
Sat
 Title:THE STARTING LINE / Direction
author:Sway
Thestartinglinedirection.jpg
Label: Virgin (2007)
Genre: Rock/Emo/Pop Punk/Alternative/Indie

目を閉じればそこは常夏、南の島!
青くて爽快な空気感が秀逸な3rdフル!
 


早くも結成8年目を迎えたTHE STARTING LINEの3rdフル、われらが愛しのKennyくんもなんとなんと23歳になりました。米Billboardチャートで最高位18位とスマッシュヒットとなった前作 『Based On A True Story』 から約2年振りとなる本作ですが、実に空気感の良い作品に仕上がりました。まるで南の島でのバカンスにピッタリな爽快でお洒落なエモメロサウンド、デビュー当時に見られたアッパーでやんちゃなテイストは影を潜めましたが、1曲1曲実に丁寧に作られている印象で非常に心地良い。特にその印象を色濃く反映しているのが1stシングル M-4 「Island」、サビのリフレインは一度聴いたら忘れられないナイスチューンは、民族的な打楽器など新しい試みも取り入れ、体感できる音は南の島でのバカンスそのもの!航空会社のCMで美しい南の島の映像をバックに使われてても全くアリなんじゃないか、とか勝手に思ってしまったり。以前のアッパー加減も残しつつ爽快に走り抜けるM-2 「21」、実にドラマティックでこれまた激エモーショナルな試みが目新しいM-3 「Are You Alone」、波を打つような動きのあるメロディがやはりTHE STARTING LINE節なM-5 「Hurry」など、やんちゃ感は抑え目ですが、全体的にやわらかな風が吹き抜けるかのような独特の空気感が絶妙な本作、Kennyくんの髪型とともに新たな新境地を斬新に開いた快盤!

1. Direction
2. 21
3. Are You Alone
4. Island
5. Hurry
6. Something Left to Give
7. Birds
8. Way With Words
9. I Could Be Wrong
10. Somebody's Gonna Miss Us
11. Need To Love
12. What You Want

Artist-77-2064575.jpg
www.startinglinerock.com
www.myspace.com/thestartingline
www.purevolume.com/thestartingline

09/04
Tue
 Title:THE SUMMER OBSESSION / This Is Where You Belong
author:Sway
thesummerthisiswhere.jpg
Label: Virgin (2006)
Genre: Rock/Alternative/Emo/Pop Punk/Powerpop

夏の砂浜で寝そべりながら聴きたい!
極上ポップで爽やかな胸キュンロック!


BOYS LIKE GIRLSとの来日公演も間近ということで、今回はFlorida州出身の3ピースTHE SUMMER OBSESSIONの1stフルをご紹介。このバンドも結構バックグラウンドが色々ありまして、Dr. が元GOOD CHARLOTTEだったり、Vo. とすでに脱退済みのKey. は元START TROUBLEの中心メンバーだったり、と実はかなりの経験を積んできたバンド。START TROUBLEはSwayも一枚所有しており、「Psychotic For You」という曲が好きだったんですが、なぜかその一枚を残したまま消息不明に。そして、ふとしたときにこのTHE SUMMER OBSESSIONの3曲入りプロモCDを入手し、「Death Said」を聴いたときにはしっかりとピン!と気づきました!この声とこの音は間違いなくSTART TROUBLEの彼だって!だってこの曲「Psychotic For You」にそっくりなんだもん。サウンド的にはKey. をふんだんに取り入れたかなりキャッチーで明るめなポップロックなテイスト、若干粘っこい歌声には好みがあるかもしれませんが、ガツンと一発系のサウンドではないですが、ジワジワと効いてくる爽やかタイプ。極上にポップで胸キュンなM-2 「Disappear」、思わず踊りだしたくなる上記に挙げたシングルM-4 「Death Said」、一転してロマンチックに歌い上げるM-5 「Melt The Sugar」などなど1stフルにして聴き応えはバツグンの一枚、夏の砂浜で寝そべりながらかかってたらさぞかし心地良いことでしょう!

以前PUNKSPRING 07で来日を果たしたんですが、直前にKey. が脱退して一体どんなことになるのかと思ってた(脱退したのはGt. でした。現在はVo. がGt. を兼任しているようです)んですが、アルバムよりどの曲も全然アレンジ速いし非常にパンク色溢れる感じでした。3ピースになった分サウンドが非常にシンプルで正直になった印象でしたね。バンドとしての印象もガラリと変わったし、速い「Death Said」もまた良かった!というわけで今年2回目の来日も9/6に名古屋QUATTROでバッチリ観てきますんでもうすでにウキウキでござる。ここ見てくれてる方で行く方がいれば、BOYS LIKE GIRLS含め当日は大いに盛り上がりましょう!ライブの感想なんかも良かったらお待ちしてます!

1. 8 AM
2. Disappear
3. Never Coming Back
4. Death Said
5. Melt the Sugar
6. Burning Bridges
7. Bored
8. Do You Remember
9. Over My Head
10. Down for Whatever
11. I Miss You
12. Where You Belong

Artist-53014-1636254.jpg
www.thesummerobsession.com
www.myspace.com/thesummerobsession
www.purevolume.com/thesummerobsession

Artist-53014-1636254.jpg
START TROUBLE / Every Solution Has Its Problem

summerobsessionsample.jpg
THE SUMMER OBSESSION / The Summer Obsession (Not For Sale)
1. Death Said
2. Melt The Sugar
3. Disappear
09/02
Sun
 Title:JIMMY EAT WORLD Album Art
author:Sway
個人的にはベストパフォーマンス賞だったPUNKSPRING 07での来日にも記憶に新しいJIMMY EAT WORLDが10/16に6thフル 『Chase This Light』 をリリース予定。2004年発売の名盤 『Futures』 以来約3年ぶりとなる待望の新作に期待をせざるを得ません。キラキラで爽快感バツグンな本作からの1stシングル「Big Casino」は8/28にすでに先行リリース済み。アルバムの特設サイトもすでに設置済み、一体どこまでワクワク感を煽るんだ!エモの歴史にまた新たな1ページを刻むであろう歴史的大作は絶対に聴き逃し厳禁です!

jimmyeatworldchase-this-light.jpg

洋楽音楽 / [ News! ]
09/02
Sun
 Title:NATIONAL PRODUCT / Luna
author:Sway
21738.gif
Label: R&M (2007)
Genre: Rock/Alternative/Emo/Hardcore

Like THE RED JUMPSUIT APPARATUS、MONTY ARE I、And CLASSIC CRIME!
真夜中の家宅捜索は難航。
 


NATIONAL PRODUCT、はてさてどこかで聞いたバンド名…、2004年にリリースされたOVER IT、MIDPOINT、FIVE DAYS OFFとの4バンドによるスプリットに参加していたバンドではないですか!どこかにあったはず!ということで夜中にもかかわらず家宅捜索しました。聴いてみればなるほど、音質こそひどいですが、現在への成長の過程を存分に味わえる4曲が収録されてました。バンドの歴史は意外と長く、2000年に地元Hawaiiの学生たちで結成されたそうなのですが、メンバーチェンジを繰り返し、バンドが再編されたのは2003年のことなのだとか。うん、Hawaiiらしくない!ハイトーン高音Vo. が印象的な非常にソリッドでメタリック、かつキャッチーな超ハイクオリティーエモオルタナサウンドは誰もが口を揃えて呟くことでしょう、実に格好良い!THE RED JUMPSUIT APPARATUS、MONTY ARE I、先日お伝えしたFLIGHT 409などに通じる部分も数多く、このバンドも最近の傾向に違わずジャケとバンド名に騙されそうな勢いなのでどうぞお気をつけください!Swayのお気に入りはもちろん序盤からハイボルテージに一気に昇りつめるTHE キラーチューンなM-1 「By All Means」、そして後半のドキャッチーなメロ展開に脱帽なM-2 「Collision」。どこか硬派でメジャー感たっぷりな部分はCLASSIC CRIMEに非常に似ている今後大注目なダークホース!

1. By All Means
2. Collision
3. Medicated
4. Love Me
5. Sad Excuse
6. Valentine
7. Paper and Ink
8. Where Do You Go
9. Quay
10. November Night
11. Sean Song
12. Explode

Artist-5136-2047024.jpg
www.myspace.com/nationalproduct
www.purevolume.com/nationalproduct

09/01
Sat
 Title:SO THEY SAY Album Art
author:Sway
ソリッドでメタリックな哀愁系Emo/Alternativeロックに定評のあるSO THEY SAYが、2006年発売のデビューアルバム以来約1年ぶりとなる2ndフル 『Life In Surveillance』 を10/9に早くもリリース予定。新曲「These Nights Are Long」、「Wake Me Up」は彼らのMySpaceにて視聴可能。2005年発売の1stEP以来、1年ごとにコンスタントなリリースを続ける彼ら、Fearless Recordsの看板バンドに成長する日も近そうです。

sotheysaylifeinsurvellance.jpg

洋楽音楽 / [ News! ]
Template by Girl's Dis
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。