It's all about rock; full of emotions and sweetness
--/--
--
 Title:スポンサーサイト
author:Sway
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12/27
Thu
 Title:Sway Awards 2007 #3
author:Sway
2007年も残すところあと5日、いよいよ受賞作品の発表です。わたしは今年も相変わらずのエモメロ好きでした、それではみなさん良いお年を。

ALBUM OF THE YEAR (最優秀アルバム作品賞)

20956.gif
BLACKTOP MOURNING / No Regret

突如のVo. 脱退という危機を乗り越えて生まれた1stフル。全11曲中8曲は前作のEPからの再録だが、新たな試みのアレンジ、曲順、新Vo. の歌声はまた違った印象を与えてくれた。捨て曲などなく、全ての曲が違った側面で最高のキャッチー感、ポップ感を持ち合わせた爽快エモメロの金字塔。


EP OF THE YEAR (最優秀EP作品賞)

typhoidmary.jpg
TYPHOID MARY / Take Shelter

独特のダークでソリッドな雰囲気を持った疾走エモメロEP。歯切れの良い鼻声Vo. 、パワフルかつ良い意味で自由奔放なGt. を代表とした演奏陣、そしてシンガロングな美コーラスが響き渡る楽曲は捨て曲もなく、何度聴いても飽きることはなかった。プログラミングによる斬新なアレンジにも可能性を感じさせる作品。


TUNE OF THE YEAR (最優秀楽曲賞)

maydayparade.jpg
MAYDAY PARADE / Jersey


MOST DELIGHTFUL ALBUM (インパクト作品賞)

20071210221718.jpg
マキシマム ザ ホルモン / ぶっ生き返す


MOST DISSAPOINTED ALBUM (がっかり作品賞)

cartelnewalbum.jpg
CARTEL / Cartel


BEST NEW BAND (最優秀新人賞)

Artist-7193-2164889.jpg
WE THE KINGS
www.myspace.com/wethekings
www.purevolume.com/wethekings


BEST ARTWORK / PACKAGING (最優秀ジャケ賞)

20956.gif
BLACKTOP MOURNING / No Regret

noregretjacket.jpg

スポンサーサイト
洋楽音楽 / [ Sway Awards ]
12/26
Wed
 Title:A FAREWELL RESCUE / Never Meet Your Heroes
author:Sway
21497.gif
Label: Snapdragon (2007)
Genre: Rock/Pop Punk/Emo/Alternative/Screamo/Hardcore

Like THE YEARS GONE BY, NATIONAL PRODUCT,
and THE RED JUMPSUIT APPARATUSな新世代歌メロスクリーモ!


SnapdragonといえばWELTONの傑作 『Soundtrack Of Our Lives』 のリリースがわたし的には印象深いんですが、そんなレーベルから新たに届けられたのはPennsylvania州出身の5人組、A FAREWELL RESCUEの1stフル!ハイトーンでやんちゃな泣き声Vo. にザクザクと斬りこむキャッチーかつエモーショナルなメロ、叫びはしないのだがまさに「歌メロスクリーモ」と呼べるようなそのサウンドは実に格好良い!THE YEARS GONE BY、SET YOUR GOALS、SIGNAL THE ESCAPE、NATIONAL PRODUCT、そしてTHE RED JUMPSUIT APPARATUSなど、Pop PunkからHardcore、そしてAlternativeにも通じる音ともいえるのだが、曲によっては振れ幅が極端に偏ったりしてそのあたりの意外性も面白い。まずはバンドの持ち味が凝縮されたかのようなM-1 「Blades Don't Need Reloading」をまず聴いていただきたい、序盤からハードでエッジの効いたメロで攻めてきたかと思えば突如ドキャッチーでポップな展開に流れ込むところなんかはニヤニヤがとまらないことこの上ない。ハイトーンな美コーラスとツーバスドコドコなエモーショナルミドルメロが美しいM-3 「A Spill, A Slip. A Hospital Trip」、疾走感ある定番ドライビングメロディックなM-8 「Yield Means Move It」、サビで聴かせる正統派スクリーモミドルM-10 「Pretty, Cut & Dry」、人生の応援歌的なPop PunkチューンM-11 「Go It Alone」、そしてVo. の高音の伸びが活きまくりなドラマチックでシンガロングなM-12 「A Safer You, Is A Safer Me」など、決して最後まで気が抜けないボリューム満点な全12曲。全体の雰囲気は高クオリティですでに確立されているが、メロに関してはまだまだ伸びしろがありそうな感じなので、間違いなく今後も期待できる新世代バンドA FAREWELL RESCUEから目を離すな!

1. Blades Don't Need Reloading
2. Riddle Me This
3. A Spill, A Slip, A Hospital Trip
4. One Foot In The Grave
5. Look, Don't Touch
6. Buckle
7. Scream
8. Tight Collar
9. Yield Means Move It!
10. Scream
11. Pretty, Cut & Dry
12. Go It Alone
13. A Safer You, Is A Safer Me

Artist-158862-2100050.jpg
www.afarewellrescue.com
www.myspace.com/afarewellrescue
www.purevolume.com/afarewellrescue

12/25
Tue
 Title:PRACTICALLY SINGLE / Charmed And Dangerous
author:Sway
practicallysinglecad.jpg
Label: Self Released (2007)
Genre: Rock/Pop Punk/Powerpop/Indie/Emo

ライクFALL OUT BOYなM-3 「Sleepless In Toledo」は必聴!
青さに満ち溢れたインディーエモメロポップパンクの注目株!


イヤッホーイ!師走のこの忙しい時期に極上のインディーエモメロポップパンクを奏でるTennessee州出身の5人組、PRACTICALLY SINGLEの1stフルが登場!2002年、ピザ屋のレストランで働くBill Janesとそのレストランの経営者の息子Brett Weaverにより結成されたこのバンド、なんともパワフルで活きが良いというか、跳ねるようなメロディック加減と胸を打つエモーショナル加減が調和したあの感じ。爽快エモメロポップパンク、たまに覗かせるスウィートな一面、そして泣き声Vo. 。これはまさにPUNCHLINE、FALL OUT BOYの1stを思わせるようなあの青いインディーズ感覚溢れる出来映えで、今後にかなり期待してしまいます。目覚まし時計と男性のあくびの音から始まる、まさに幕開けにふさわしい激キャッチーな疾走チューンM-1 「If It Doesn't Hurt, You're Not Doing It Right」、定番ともいえる'90年代メロディックなサビがかなり懐かしいM-2 「After The Fact」、わたしが最もFALL OUT BOYを感じたエモーショナル&スウィートなベストチューンM-3 「Sleepless In Toledo」など、青さが溢れる全10曲!後半アコースティック&ミドルチューンの連続により多少ダレますが、そこはまだまだ若いバンドということで大目に見守っていきましょう!バンド名も少し覚えにくいですが、この「プラクティカリー・シングル」早耳さんは要チェックです!

1. If It Doesn't Hurt, You're Not Doing It Right
2. After The Fact
3. Sleepless In Toledo
4. Slow Starvation Means No Breakfast
5. Circle Takes The Square
6. Ninevah Road
7. Bite My Tongue And Come Under
8. Disaster Boy
9. Happy Hour
10. See You In Your Dreams

Artist-16767-1817439.jpg
www.myspace.com/practicallysingle
www.purevolume.com/practicallysingle

12/24
Mon
 Title:HIT THE LIGHTS Webisode 4
author:Sway
HIT THE LIGHTSのWebisode 4が公開されました。今回はすでに彼らのひさびさの新曲としてMySpaceにアップされているSCANDALのカバー・チューン「The Warrior」についてのエピソード。Vo. はGt. のNick Thompsonが担当、流石のクオリティには脱帽です。なんとHOUSTON CALLSもコーラス・ゲストとして参加しています、今すぐダウンロードを!





HIT THE LIGHTS Webisode 1
HIT THE LIGHTS Webisode 2
HIT THE LIGHTS Webisode 3

洋楽音楽 / [ News! ]
12/19
Wed
 Title:AMERICAN DIARY / Wear It' Til You Love It
author:Sway
18786.gif
Label: Self Released (2006)
Genre: Rock/Pop/Emo

高校を卒業して間もない彼らが残したリアル青春サウンドがここに!
メロディックPop Punk/Emoの未来を担うデビューフル!


2ndフル 『Life Without Living』 がRadtone Musicより日本先行で発売されたばかりのMaryland州出身の4人組、AMERICAN DIARYのデビュー・アルバムである本作。2006年10月に発売以来、初回プレス1000枚は一瞬にしてソールド・アウト、次作となる7曲入りEP 『The Brightest Colors』 はプロデューサーにALL TIME LOW、CUTE IS WHAT WE AIM FORなどを手掛けたPaul Levittを迎え万全の体制。発売記念ライブでは約1000人ものファンを動員し、現在まさに最も注目を集める平均年齢19歳のPop Punk界のブライテスト・ホープ!本作は自主制作盤というだけあり、EPや2ndフルに比べるとまだまだ青い部分があるもののその類まれなるメロディ・センスはすでに開花、HIT THE LIGHTS、ALL TIME LOW、MELODY FALLなどが好きであれば、一瞬にしてノックアウトしてしまうこと間違いなしの爽快かつキャッチーに突き抜けるPop Punk/Emoサウンド!正直言って前述の2ndフルには本作から12曲中半分の6曲が再録されており、アレンジも完成されているのでそちらのほうが間違いなくクオリティは高い。だが名曲M-2 「Heart Attack Pact」など、彼らの初期の若々しさ溢れる原点のアレンジ、そしてサウンドに出会いたいのであればぜひ触れてみてほしい作品。そういった意味では約1年の間にどれだけ彼らが成長したかがはっきりと目に見えて、いや耳に聴こえてわかる作品といっても過言ではないだろう。EPと2ndフル共に未収録の6曲ももちろん聴き逃し厳禁、アコースティックなイントロと伸びやかな青空サウンドが印象的なM-5 「You Better Not Be Here When I Get Back」、せつなさも持ち合わせたまるでLAST YEARS HEROライクなM-6 「Something To Remember」、ドラマチックエモーショナルなミドルメロディックテイストが心を打つM-10 「Spotlight」、そしてM-12 「Table Manners」(特にM-12は名曲なので個人的に激オススメ!)、など全曲を聴いて来日を待ちわびたいファンとしては押えておくべき作品!キレのあるギター、軽快なドラム隊、やんちゃなしゃがれVo. 、そしてドキャッチーなメロ、全てがピッタリと合致し、改めてメロディックなPop Punkの良さを感じさせてくれる、リアル青春サウンドがここに!

1. Devolve
2. Heart Attack Pact
3. Dirty Dancing
4. Poster Boy
5. You Better Not Be Here When I Get Back
6. Something To Remember
7. Life's Just Another Story
8. Risky Business
9. Wear It 'Til You Love It
10. Spotlight
11. We're Making History
12. Table Manners

l_9304f786fd8236ecefd59d5731a16736.jpg
www.americandiarymusic.com
www.myspace.com/americandiaryrock
www.purevolume.com/americandiarymusic

20676.gif
The Brightest Colors (2007)

12/18
Tue
 Title:SIMPLE PLAN Album Art
author:Sway
以前当ブログ内でSIMPLE PLANのアルバム・アートが発表されたとお伝えしましたが、その後ファンによる投票によりその内容が変更されました。最終版は落ち着いたシックなテイストに。

simpleplansp2.jpg

洋楽音楽 / [ News! ]
12/16
Sun
 Title:Sway Awards 2007 #2
author:Sway
少し間が空きましたが、今回は「EP OF THE YEAR」のノミネート作品の発表です。すみません、絞りきれずに結局17作品。今年はそれだけ素晴らしい新星が多かったんですが、THE ALPHA COUPLEとCAPITOL RISKはすでに活動停止とのことで残念。受賞発表は年内に行う予定です、お楽しみに。

EP OF THE YEAR
ノミネート17作品 (アルファベット順)

19993.gif
THE ALPHA COUPLE / & Me

20676.gif
AMERICAN DIARY / The Brightest Colors

cr.jpg
CAPITOL RISK / Dream

300448_1.jpg
THE CONSEQUENCE / By The Bedside

dimmn.jpg
DANGER IS MY MIDDLE NAME / Revenge On The Radio

21799.gif
EVERY AVENUE / Ah!

exitavenueatol.jpg
EXIT AVENUE / A Thousand Odd Lines

22014.gif
FLIGHT 409 / The Waiting

22276.gif
FOREVER THE SICKEST KIDS / Television Off, Party On

inktb2.jpg
ICE NINE KILLS / The Burning

19110.gif
THE INVITE / A World Outside

themissioninmotiontw2.jpg
THE MISSION IN MOTION / The Window

22062.gif
PARADE THE DAY / To Keep Us Moving

silsil.jpg
SING IT LOUD / Sing It Loud

20853.gif
THERE FOR TOMORROW / Pages

20014.gif
TIME TELLS ALL / Spread The Word

typhoidmary.jpg
TYPHOID MARY / Take Shelter

洋楽音楽 / [ Sway Awards ]
12/11
Tue
 Title:SIMPLE PLAN Album Art & Track Listing
author:Sway
SIMPLE PLAN待望の3rdフル 『Simple Plan』 の発売が少し延期され2/12に。ジャケには成長し変貌を遂げた彼らの姿が。1stシングルとなる「When I'm Gone」のビデオも少しだけですがどうぞ。ちょっと、ピエールさん!?

simpleplansp.jpg

1. When I'm Gone
2. Take My Hand
3. The End
4. Love is a Lie
5. Save You
6. Generation
7. Time to Say Goodbye
8. I Can Wait Forever
9. Holding On
10. No Love
11. What If



洋楽音楽 / [ News! ]
12/10
Mon
 Title:Sway Awards 2007 #1
author:Sway
今年も残すところあと3週間、一年間の総決算!BLACKTOP MOURNINGがMTV Awardsと肩を並ばせてしまった非常に栄誉あるこの企画。今回は「Sway Awards 2007」として昨年12月から今年の12月までに発売された作品の中から本年度の受賞作品を勝手に選んでいきます。毎度のことですが選考基準は至ってシンプル、「作品全体のバランス」、「わたしの好み」、それから「どれだけ聴いたか」です。今回の全7部門は以下のとおり。ノミネートは「ALBUM OF THE YEAR」、「EP OF THE YEAR」のみ行います。

「ALBUM OF THE YEAR」 (最優秀アルバム作品賞)
「EP OF THE YEAR」 (最優秀EP作品賞)
「TUNE OF THE YEAR」 (最優秀楽曲賞)
「MOST DELIGHTFUL ALBUM」 (インパクト作品賞)
「MOST DISSAPOINTED ALBUM」 (がっかり作品賞)
「BEST NEW BAND」 (最優秀新人賞)
「BEST ARTWORK / PACKAGING」 (最優秀ジャケ賞)

ALBUM OF THE YEAR
ノミネート16作品 (アルファベット順)

Onfrailwingsofvanityandwaxreissues.jpg
ALESANA / On Frail Wings Of Vanity And Wax

20956.gif
BLACKTOP MOURNING / No Regret

disguises2.jpg
CAUTERIZE / Disguises

csvlc.jpg
COBRA STARSHIP / Viva La Cobra

drivingeast.jpg
DRIVING EAST / The Future Of The Free World Is Riding On This One

infinity.jpg
FALL OUT BOY / Infinity On High

goodbyesatellite2.jpg
GOODBYE SATELLITE / Goodbye Satellite

jimmyeatworldchase-this-light.jpg
JIMMY EAT WORLD / Chase This Light

22202.gif
KID FINISH / This Is How She Held Me

maydayparade.jpg
MAYDAY PARADE / A Lesson In Romantics

riot1.jpg
PARAMORE / Riot!

pmtatth.jpg
PMTODAY / And Then The Hurricane

21633.gif
THE ROCKET SUMMER / Do You Feel

21633.gif
STIFFLER / Good'Til Your Heart Pops

wtkwtk.jpg
WE THE KINGS / We The Kings

20071210221718.jpg
マキシマム ザ ホルモン / ぶっ生き返す

「EP OF THE YEAR」のノミネートはまた次回。

洋楽音楽 / [ Sway Awards ]
12/09
Sun
 Title:SYDNEY / When We Were Safe
author:Sway
sydneywwws.jpg
Label: Black Box (2007)
Genre: Rock/Punk/Hardcore/Emo/Metal/Screamo/Progressive

カナダのスクリーモシーンを牽引するSYDNEY!
せつなさとプログレ度を増した待望の2ndフル!


エモコア界では多大な反響を呼んだ2005年リリースのデビューフル 『Sydney』 以来、約2年ぶりにヤツらがひとまわり大きくなって帰ってきた!相変わらず言ってしまいますがオーストラリア出身ではありません、カナダ出身の5人組、SYDNEY待望の2ndフル!持ち味のピロピロザクザクに斬り込んでくるメタリックかつプログレッシブなギターリフ、やんちゃ感丸出しな激情ハイトーンVo. (スクリームは本作控えめ)、変則エモーショナルなリズム隊は前作同様キレまくりですが、本作ではサウンド的により壮大になったというか、せつないメロディを大切にし、よりプログレ化が進んだ印象。このままいくと第二のPMTODAYになるのではないかと個人的には期待してしまいます。リードトラックであるエモーショナルかつ胸を打つコーラスがせつなさ満点なM-4 「The Exit」をはじめ、新たな試みともいえるドラマチックでキャッチーな胸キュンミドルM-5 「Listen...」、せつなさの斬れ味バツグンでシンガロング度激高なM-2 「Things Couldn't Be Better Than What?」など、前作を気に入った方、PMTODAY、SO THEY SAY、そしてSAOSINが好きな方にはぜひおすすめしたい全11曲!最近スタイルの路線を変更気味なSILVERSTEINに取って変わって、カナダのスクリーモ・エモコアシーンを牽引していくのはこのバンドなのかもしれない、そう感じさせるパワーと勢いを感じる作品。ただ気になることがひとつ、それはタイトルトラックであるM-6 「When We Were Safe」のイントロのギターリフがSAOSINの「Sleepers」にすごくそっくりなこと。

1. Sorry Stranger
2. Things Couldn't Be Better Than What?
3. String Theory
4. The Exit
5. Listen...
6. When We Were Safe
7. Dead Lines
8. The Terry Gantner Way
9. Don't Call Me Scorpion
10. Mixed Drinks
11. Until The End

Artist-14854-2206488.jpg
www.myspace.com/sydney
www.purevolume.com/sydney

16161.jpg
Sydney (2005)

12/08
Sat
 Title:DRIVING EAST / The Future Of The Free World Is Riding On This One
author:Sway
drivingeast.jpg
Label: Big Mouth JPN (2007)
Genre: Rock/Pop Punk/Emo

苦節5年の末に産み落とされた金字塔!
メロディックエモメロ界の希望の星が日本先行デビュー!


長かった!2002年の結成以来このバンドを見てきましたが、気がついたら5年以上経っていたり。Virginia州の4人組、DRIVING EASTの1stフルがBig Mouthより全世界先行でようやくリリース!2005年にリリースされた1stEP 『A Black Eye Or A Broken Heart』 以来、MAROON 5、MIDTOWN、ALLISTER、FALL OUT BOY、そしてCARTELなどと競演してきた彼らはいわゆるNEW FOUND GLORY世代であり、全盛期のDrive-Thruを目の当たりにし、その血を脈々と受け継いだメロディック界の希望の星ともいえるべき存在!名門The Militia Groupに迎えられ、その動向に注目が集まっていましたがついに本作でやってくれました!正直言って、新曲デモ+1stEPの日本独自編集盤 『Our Kind Of Trouble Doesn't Take Vacations』 からの再録が4曲だったのでアルバム全体としての目新しさは若干薄れた印象ですが、やはりデモはデモ、本作ではしっかりと肉付けされた真のDRIVING EASTサウンドがつまっており、キャッチーでポップな疾走系ドライビングポップパンク、結成当初からまったく方向性を変えなかった彼らに拍手を送りたい。とかくサウンド面でALL TIME LOWと比べられがちの彼らですが、最新作対決では個人的にはメロの一貫性、ウキウキ加減からいって本作に軍配、M-2 「Get Back」、M-3 「Come On, Come On」(タンバリン気持ち良すぎ!)、M-7 「Back Seat」などを筆頭にどの曲もシングル級のメロディアスさと突き抜けた青空感を持つ全11曲。実に1stEPを手掛けた敏腕プロデューサーMatt Squireの言った言葉が体現されたような作品となりました、「大体の人はラジオにピックアップされるような曲を書きたいと思うものだが、DRIVING EASTはみんなが聞きたいものを自然に創り出しているようだ」。まさしくキッズが求めるメロディックエモメロの金字塔がここにはあります!そんな彼らは来年春に行われるPUNKSPRING 08で来日予定!こりゃ生で見なければ勿体ないですぞ!

1. Hey
2. Get Back
3. Come On, Come On
4. Sing While You Can
5. Somebody Get Me Out Of Here
6. Baby (Just A Little Bit)
7. Back Seat
8. Pick Up The Pieces
9. Blue Eyes
10. Away
11. Beat It (From Michael Jakson)

drivingeastphoto.jpg
www.myspace.com/drivingeast
www.purevolume.com/drivingeast

2073180.jpg
A Black Eye Or A Broken Heart (2005)

12/05
Wed
 Title:THE INVITE / A World Outside
author:Sway
19110.gif
Label: Red Blue (2006)
Genre: Rock/Emo/Alternative/Inidie

ピュア&オネストな激爽快モダンエモロック!
せつなすぎる名曲M-1 「Worth The Wait」は必聴!


映画の予告編、とくに邦画によくあるんですけど、曲のサビだけですごく盛りあがったりしますよね。平井堅しかりスキマスイッチしかり。あれでかなり映画がよく見えてしまうのだけど、そんな感じで予告編とかに使ったらすごくたまらんだろうなと思うのが、本作のM-1 「Worth The Wait」。Rhode Island州出身の5人組、THE INVITEのおそらく2枚目のEP。このバンド、豪快なアメリカンロックを基調としたエモロックサウンドで、繊細なピアノをアクセントとし、ハスキーに歌い上げるエモーショナルVo. が非常に特徴的。どちらかといえばモダンロックに近いのだが、彼らはTHE STARTING LINEにあこがれてバンドを始めたらしく、そのへんがエモメロの爽快感を意識させるのかもしれない。上記に挙げた壮大でせつなすぎるサビメロと美コーラスが強く心を打つM-1はだれがなんと言おうと名曲。WE THE KINGS、CARTELにも通じる爽快ドライブチューンM-2 「Big Screen Kisses」、M-1を追随する同系統のこちらも名曲M-3 「Everything And Anything」、跳ねる軽快なピアノがピュアポップなシングルM-4 Dear Journal」、カントリーテイストがうまく取り入れられたM-6 「Place Your Bid」など、もうとにかく爽快でピュア&オネストな楽曲が聴く人を優しくあたたかく包みこむ全6曲。上記のバンドやJIMMY EAT WORLD、LONG SINCE FORGOTTEN、DAPHNY LOVES DERBY、そしてGOO GOO DOLLSなどが好きな方にもぜひおすすめしたい激爽快盤!

※ 視聴はこちらのCD Babyの左下「tracks」の各プレイボタンからどうぞ!

1. Worth The Wait
2. Big Screen Kisses
3. Everything And Anything
4. Dear Journal
5. Cooler Days
6. Place Your Bid

Artist-109975-1977184.jpg
www.myspace.com/theinvite
www.purevolume.com/theinvite

12/05
Wed
 Title:HIT THE LIGHTS Webisode 3
author:Sway
HIT THE LIGHTSのWebisode 3が公開されました。Vo. なしでレコーディングに挑んでいるようです、いやそれにしても少しだけ聴ける新曲のデモは相当に良さげ。今後どうなるかはまったくわかりませんが、期待せざるを得ません。次回は12/17公開予定。



HIT THE LIGHTS Webisode 1
HIT THE LIGHTS Webisode 2

洋楽音楽 / [ News! ]
12/04
Tue
 Title:GOODBYE SATELLITE / Goodbye Satellite
author:Sway
goodbyesatellite2.jpg
Label: Kick Rock Music (2007)
Genre: Rock/Pop Punk/Emo/Indie/Electronica

Like SHOWOFF, LARGER THAN LIFE and ALL TIME LOW!
的確にキッズのツボを突きまくるデビュー作にして名盤!


いつのまにやら師走です、季節が目まぐるしく変わっているような気がします。それでもわたしは相変わらずのパンクバカで、音楽に季節感なんてあったもんじゃないですけど。気がついたら12月なんでもう今年も締めだなあ、とか油断してたら突如素晴らしい作品が届きました。Chicago州出身の3ピース、GOODBYE SATELLITEの日本先行となる1stフル!2006年の11月に元SHOWOFF、元MILES FROM MIDNIGHT、元SAVING FACEの3人により結成された新鋭バンド、元々友達つながりだったそうで当初は「SATELLITE AND THE LOVE DIES」というバンド名だったとか。サウンドは言うなればステレオタイプ化された爽快かつメロディックでフックの効いたキャッチーなエモメロポップパンクなんですが、局面局面でニヤニヤさせられる的確にツボを突きまくるメロ、ワンポイントで使われるムーグ、そして最高にヘタウマなやんちゃVo. が実に個性的で好印象!ALL TIME LOWライクはもちろんだが、SHOWOFF、LARGER THAN LIFE、THE NEW ADDICTIONなどを思わせるどこか懐かしい雰囲気も漂わせており、新世代感をあまり感じさせないところがまた良いのかもしれない。Kick Rock Invasion主導のエモメロコンピ 『Beyond [The] Blue』 の1曲目も飾ったM-1 「Spirit Of Waste」、胸キュンな早口サビメロがキッズの心を鷲づかむM-2 「Because You Know」、ひたすらロマンチックに突き抜ける名曲M-4 「A Picture Of You」、メロディックに傾倒したこれまたネ申がかったせつな系ドライブチューンM-5 「Politicians Cry」など、アコースティックバージョン1曲を含む全11曲!まだ少し気が早いですが今年を締めくくるには気持ち良すぎる名盤!いやはやなんともKick Rockに大感謝!

1. Spirit Of Waste
2. Because You Know
3. A Demolition Of Your Heart
4. A Picture Of You
5. Politicians Cry
6. Six Weeks Ago
7. Please Don't Remember Who I Am
8. Facing The Lights
9. You Are The Day I Died
10. The Color Unfaithful
11. Six Weeks Ago (Acoustic Bonus Track)

Artist-99326782-1864011.jpg
www.myspace.com/goodbyesatellite
www.purevolume.com/goodbyesatellite

12/03
Mon
 Title:Rip Bands 2007
author:Sway
2007年に解散、活動停止が報告されたバンドをEmo/Pop Punkバンドを中心に可能な限り集めてみました。見ているだけで悲しさが募ります、それにしても新旧問わず様々なバンドが消えていった一年でした。CAUTERIZE、THE EARLY NOVEMBER、RUFIO、SPITALFIELDが悲しいのはもちろんですが、若手の有望株であったALWAYS RUSHING BY、CAPITOL RISK、GLORY NIGHTS、SCENIC ATTRACTION、SOUTHCOTTなどの解散はある意味衝撃的。

ADAIR
ADELPHI
ALLISTER (活動停止)
THE ALPHA COUPLE
ALWAYS RUSHING BY
AMITY
BLEED THE DREAM
CALICO SYSTEM
CAPITOL RISK (活動停止)
CAUTERIZE
CHASING VICTORY
DOWN TO EARTH APPROACH
THE EARLY NOVEMBER (無期限活動停止)
EIGHTEEN VISIONS
FIVE STAR
GLORY NIGHTS
GOOD RIDDANCE
HIDDEN IN A PLAIN VIEW
HOT CROSS
HOT ROD CIRCUIT
I KILLED THE PROM QUEEN
I VOTED FOR KODOS
THE JUNIOR VARSITY
LAST TUESDAY
THE LATE NIGHT
LATTERMAN
MATCHBOOK ROMANCE (無期限活動停止)
A MOMENTS LOSS
MUCH THE SAME
MUGSHOT
NUMBER ONE FAN
NONE MORE BLACK
OCTOBER FALL
PARK
A PERFECT MURDER
PIEBALD
PISTORIA
RORY
RUFIO
ROOSTER
ROYDEN
SCENIC ATTRACTION
SMALL TOWN BURN A LITTLE SLOWER
SON OF DORK
SOUTHCOTT
SPITALFIELD
THE SPOTLIGHT
SULLIVAN
THE TRACK RECORD (活動停止)
WAKING ASHLAND

洋楽音楽 / [ Special ]
12/02
Sun
 Title:EVERY AVENUE Album Art & Track Listing
author:Sway
国内盤の発売も記憶に新しいEVERY AVENUEが2008年の2/19にFearless Recordsより待望のデビューフル 『Shh, Just Go With It』 を発売予定。プロデュースは現在売れっ子コンビのZach OdomとKenneth Mountにより手掛けられ、2ndEP 『This Is Why We Don't Have Nice Things』 より「Chasing The Night」、「Trading Heartbeats」を、3rdEP 『Ah!』 より「Where Were You?」、「Think Of You Later (Empty Room)」を再録。バンドは年明けからALL TIME LOW、MAYDAY PARADEとの米ツアーを行うとのことで、なんともよだれの止まらない組み合わせ。それにしても非常に目がチカチカします。

everyavenuesjgwi.jpg

1. Days Of The Old
2. This One's A Cheap Shot
3. Where Were You?
4. Think Of You Later (Empty Room)
5. A Story To Tell Your Friends
6. Boys Will Be Boys
7. Take A Step Back
8. Trading Heartbeats
9. Freak Out!
10. Between You and I
11. Chasing The Light

洋楽音楽 / [ News! ]
Template by Girl's Dis
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。