It's all about rock; full of emotions and sweetness
--/--
--
 Title:スポンサーサイト
author:Sway
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
02/28
Thu
 Title:THE FULLY DOWN / Don't Get Lost In A Movement
author:Sway
15606.jpg
Label: Fearless (2005)
Genre: Rock/Pop Punk/Emo/Metal/Progressive

キャッチー度、変態度120%な推理小説的プログレメロディックエモ!

いつか書こうと思ってたら2年ぐらい経ってました。2005年にFearless Recordsより発売されたTHE FULLY DOWNの1stフル。SIGNATURE ESCAPE、SIGNAL THE ESCAPEとかと同系列だった前作EP 『No Fate... But What We Make For Ourselves』 の正統派ザクザク系メロディックエモからすると、かなりの様変わりで変態度が120%ぐらいアップ!今考えれば唯一前作からの再録となる代表曲M-11 「No Fate... 」(タイトル変更)からその兆候は顕著に表れていたんですが、メタリックで動きまくりのギターリフ、ストップ&ゴー頻度、プログレ度を急激に増したそのサウンドはなんというか、もう中毒性のかたまり。展開の読めない推理小説的プログレメロディックエモサウンドはどことなく現在のPMTODAYなんかにも似た匂いを放ち、硬派な中にもキャッチー度溢れるせつないメロは殺傷能力バツグン、一度ハマったら抜け出せない唯一無二の必殺サウンド。後半のエモーショナルな展開に脱帽なM-1 「Cost Of Comfort」、彼らの特徴が凝縮されたかのような超メロディックな代表曲M-2 「Descent, Rebellion, And All Around Hell Raising」、往年のメタルテイストを受け継いだかのようなイントロリフが印象的なM-4 「Revenge Is Profitable, Gratitude Is Expensive」、究極の転調エモーショナル歌メロともいえるべき全く先の読めないM-7 「We Are All Accomplices」、定番ともいえる渋格好良さとアニソン並みのキャッチー感が同居したM-12 「A Question Of Perspective」など、インスト込みのボリューム満点の全13曲。残念ながら本作リリースの翌年2006年にVo. が脱退してしまいましたが、バンドは新たなVo. (これがまた渋くて良い!)を迎え現在新作を製作中。一度聴けばクセになるどころか、必ずや中毒になるTHE FULLY DOWNサウンド、文句なしのデビューフル!

現在彼らのMySpaceでは新曲のデモ3曲「Are You Listening」、「The Art Of Being Criminal」、「What's The Matter」を公開中。相変わらず殺傷能力バツグンで格好良すぎ、今年中に陽の目を見るであろう最高傑作を心して待て!

1. Cost Of Comfort
2. Descent, Rebellion, And All Around Hell Raising
3. Live and Die By The Shotgun Rules
4. Revenge Is Profitable, Gratitude Is Expensive
5. We Love To Know We're Not Alone
6. Plug In The Eliminator
7. We Are All Accomplices
8. HEY!.... You Guys Wanna See A Dead Body?
9. Go To Heaven For The Climate, Hell For The Company
10. The Thoughtless Act Of A Single Day
11. No Fate...
12. A Question Of Perspective
13. Life In Motion

Artist-1074-2166973.gif
www.thefullydown.com
www.myspace.com/thefullydown
www.purevolume.com/thefullydown

FULLYDOWN.gif
No Fate... But What We Make For Ourselves (2004)


スポンサーサイト
02/24
Sun
 Title:MADELYN / Monday Girl E.P.
author:Sway
madelynmg.jpg
Label: Self Released (2007)
Genre: Rock/Emo/Pop Punk/Alternative/Electronica

PANIC! AT THE DISCO、COBRA STARSHIPファンは必聴!
バラエティに富んだ激キャッチーなエレクトロニカ・ロック!


若干トラウマになりそうなジャケが印象的なFlorida州出身の5人組、MADELYNの新作EP!前作となる2005年に発売された1stフル「Entertain Me」は個人的には如何せん消化不良で、エレクトロニカを多用したロックテイストが斬新だったものの、どこか同系テイストの応酬で突き抜けきれない感が否めなかった。あれからどんな成長を遂げたのだろうと期待した本作、驚きました!エレクトロニカに突出したロックテイストはそのままに、メロがとにかくキャッチーにキレまくり!しかも全6曲全て異なった顔、異なったテイストで攻められており、その各楽曲の出来の良さには脱帽せざるを得ない。さすがにMTVの「Artist Of The Week」やVans Warped Tourにおいて「Battle Of The Bands」を獲得したことがあるだけのことはあるなあ、とひたすらに納得してしまった。PANIC! AT THE DISCOライクなダンサブルに突出したM-1 「Mind Over Me」、レトロなポップテイストを意欲的に取り入れたタイトル・チューンM-2 「Monday Girl」、ポップパンクファンをも唸らせる王道ながら極上の展開力を誇るM-3 「Say Hello」、そしてCOBRA STARSHIPファンは必聴の激キャッチーなダンサブル・チューンM-5 「Bad Dream」を含む全6曲、ほかにもミドルやアコースティックな部分もあったり、とにかく多岐に及ぶサウンドは素晴らしいのひとこと。上記に挙げたバンドやMETRO STATION、THE KILLERS、POWERSPACE、そしてFALL OUT BOYなどが好みであれば必ずや大満足な傑作EP!

1. Mind Over Me
2. Monday Girl
3. Say Hello
4. All in All
5. Bad Dream
6. Still Falling

Artist-12811-2076673.jpg
www.myspace.com/madelyn
www.purevolume.com/madelyn


02/22
Fri
 Title:HIT THE LIGHTS Found The Light
author:Sway
このブログでは何度も取り挙げていますが、HIT THE LIGHTSの新Vo. がついに決定しました。新Vo. とはいっても、以前からコーラスも担当していたGt. のNick Thompsonが結局Vo. を担当することとなっただけ(「The Warrior」のカバーのときから予想はしてましたが…)なんですが、なにはともあれ今後の活動の方向性が明らかになり嬉しく思います。バンドはすでに新作のレコーディングに入っており、新曲「Stay Out」のデモもリニューアルしたMySpaceにて聴くことができます。

Artist-3548-1307030.jpg

洋楽音楽 / [ News! ]
02/22
Fri
 Title:JUNE Sad News?
author:Sway
公式発表ではありませんが、Victory Recordsに所属するJUNEがバンドとしての活動を休止する方向性を示唆しました。これからも曲は作り続けるとのことですが、4/12に行われるライブが実質最後の舞台となるのではとのことです。激情歌メロを武器に名作EP 『The June EP』 でブレイク、最新作である2ndフル 『Make It Blur』 では方向性を転換したので気にはかけてましたが残念です。バンドからの詳しい報告はこちらから。

Artist-5662-1969309.jpg

洋楽音楽 / [ News! ]
02/21
Thu
 Title:IVORYLINE / There Came A Lion
author:Sway
ivorylinetcal.jpg
Label: Tooth & Nail (2008)
Genre: Rock/Emo/Alternative

急速成長で本年度新人賞総なめの予感!
アンビエントな激情歌メロEmo/Alternativeの名盤誕生!


バカ売れ中です!本国米Billboardのインディーロック・バンドのチャート「Heatseeker Chart」で初登場15位にランクイン!国内某ショップでも大々的な宣伝活動が行われているTooth & Nail Recordsが誇るイケメン揃いの新星IVORYLINEの1stフル!このあいだ前作である1stEP 『The Life You Have』 をこのブログでもご紹介したばかりですが、サウンドのキレ、パワフルさ、そして歌メロ度を劇的にアップ、前作収録曲も大幅にアレンジを変更し、もはや新曲に!その内容は実に新人離れした圧巻の良質Emo/Alternativeサウンド、これは売れるのも納得の出来映え。Vo. の歌声もやたらとエモーショナルかつパワフルに成長しており、この短い間になにがあったんだ?と余計な詮索をしてしまうほど。イントロ部分を大幅に変更し、一気にリード・チューンに生まれ変わったM-1 「Days End」、ダンサブルに展開する至極のエモ・チューンM-2 「We Both Know」、こちらも劇的ビフォア・アフター並みに生まれ変わったドライブ・チューンM-3 「Parade」、イントロから鼻血出そうなサビメロ命のM-5 「Be Still And Breathe」、激情ロックの静と動が見事に入り混じったM-10 「Hearts And Minds」など、独特のアンビエントで優雅な雰囲気を常に醸し出しつつも、高密度、高テンションで一気に聴かせる歌メロ大全集な全11曲!もう明らかにインディーバンドの1stフルとは思えない品質と内容で、早くも本年度の新人賞を総なめにしそうな彼らの衝撃デビュー盤、APHASIA、JUST SURRENDER、DROPPING DAYLIGHT、そしてACCEPTANCEファンはもちろん、とにかく全人類必聴です!

1. Days End
2. We Both Know
3. Parade
4. All You Ever Hear
5. Be Still And Hear
6. Remind Me I'm Alive
7. Left Us Falling
8. And The Truth
9. Bravery
10. Hearts And Minds
11. The Last Word

Artist-3458-2279101.jpg
www.myspace.com/ivoryline
www.purevolume.com/ivoryline

17595.jpg
The Life You Have (2006)

02/18
Mon
 Title:SIMPLE PLAN / Simple Plan
author:Sway
simpleplansp2.jpg
Label: Lava (2008)
Genre: Rock/Pop Punk/Alternative/Electronica

新境地に足を踏み入れた最強盤にして過去最高傑作!
そこにはまぎれもないSIMPLE PLANの姿があった!


やはりSIMPLE PLANはやってくれました!1stフル 『No Pads, No Helmets... Just Balls』 の邦題に 『シンプル・プラン』 と名づけた関係者はがっかりだろうな、おかげでようやくバンド名をタイトルに冠することができた最高傑作の本作 『Simple Plan』 に 『シンプル・プラン3』 なんて単なる三作目にすぎないかのような邦題をつけざるを得なくなってしまった。そんなちっぽけなことが悔やまれるほど本作は素晴らしい、転機が予想された三作目にしてこれほどの傑作を生み出した彼らには心から脱帽。しかもただの成功ではない、新たな試みをしっかり取り入れつつ時代にマッチングした変化を遂げての成功、これには本作を聴き終えただれもが驚いたことだろう。やんちゃさを爆発させ、ひたすらキャッチーに傾倒した1st、ロックの骨太さを果敢にも取り入れた2nd、そして本作ではロックだけにとどまらずR&B、エレクトロニカ、ダンス、そしてブレイクビーツの要素までをも巧みに取り入れ見事に唯一無二のSIMPLE PLANロックに昇華させてしまった。髪を伸ばし変わり果てたPierre Bouvierの姿を見て一瞬でも一抹の不安を覚えた自分を恥じたい、本作はまさに彼らの最高傑作!シングルとなったダイナミックなシンガロング・チューンM-1 「When I'm Gone」、収録曲中最もダンサブルでメロディックな懐メロの名曲M-2 「Take My Hand」、ガラリと雰囲気を変えつつもサビではやはりSIMPLE PLAN節を発揮するM-3 「The End」、OASISを思わせるメランコリックな曲調が新しい試みな2ndシングルM-4 「Your Love Is A Lie」、そしてお得意の珠玉ミドルM-5 「Save You」、M-10 「No Love」などはもちろん、驚きの新境地のホーンテイストM-6 「Generation」、ELEVENTYSEVENライクな定番のやんちゃポップパンクM-7 「Time To Say Goodbye」など、新たな方向性と彼らの歩いてきた軌跡を完全に網羅した全11曲。個人的にM-9 「Holding On」はアルバムのトータル・バランス的に曲順が良くなかったのでは?とか思いつつも、全体の完成度は間違いなく現在のところ本年度の最強盤にして過去最高傑作!今回彼らはシングルのチョイスが渋いんだけど、キッズはそんな渋さに惑わされずにとにかくM-2を聴いて踊りまくること!ヘイヘイ!

1. When I'm Gone
2. Take My Hand
3. The End
4. Your Love Is a Lie
5. Save You
6. Generation
7. Time to Say Goodbye
8. I Can Wait Forever
9. Holding On
10. No Love
11. What If

Artist-94845-2336548.jpg
www.simpleplan.com
www.myspace.com/simpleplan
www.purevolume.com/simpleplan

446390.jpg
No Pads, No Helmets... Just Balls (2002)

02/16
Sat
 Title:LINDEN / The Future Is...
author:Sway
linden.jpg
Label: Self Released (2008)
Genre: Rock/Pop/Emo/Electronica/Alternative

Kara嬢の美声が心地良く沁みこむ爽快エレクトロなエモロック!
METRO STATION meets KENOTIA!


リンデンといえばハーブティーの原料ともなるシナノキ科の植物。初夏に淡い黄色の花を枝いっぱいに咲かせることで知られていますが、そんな樹木の名前がつけられたのがこのWisconsin州出身の女子2人含む6人組、LINDEN!最近ご紹介したAUTOMATIC LOVELETTER、KENOTIAなどにも通じる女性Vo. をフィーチャーした爽快エレクトロなエモロックはとにかく心地良い!フロントを飾るKara Carlson嬢のクリアで曇りのない抑揚のある歌声と、シンセ&ピアノを前面に押し出したスペーシーでエレクトロニカなスウィートかつポップ・サウンドは一度聴けばだれもが吸い込まれていくかのような独特のやさしい空気感、世界観が広がります。サビが強烈にダンサブルで激ポップなリードチューンM-1 「Attached」、ピアノを前面に押し出したハート・ウォーミングなM-2 「Stranded」、収録曲中最もエモーショナルでロックなせつな系ミドルM-3 「Reflections」、ボイス・エフェクトのかかった歌声がまた違った一面を見せるメランコリックでジャジーなM-4 「In And Out」、エレクトロなAメロとは対照的なロックサビが心を震わすM-5 「Shout Out」、決して激しく疾走することはしませんが、それこそまさにハーブティーの香りのようにやさしく身体に沁みこんでいく感じの全5曲。静と動がはっきりしたメロの巧み度も実に新人離れしており、今後の期待度を煽ります。上記のバンドやMETRO STATION、HELLOGOODBYE、そしてSIXPENSE NONE THE RICHERなどのやさしい女性Vo. が好きな方にはぜひおすすめしたいオシャレ度も満点な紙ジャケEP!

1. Attached
2. Stranded
3. Reflections
4. In and Out
5. Shout Out

Artist-50715-2287196.jpg
www.myspace.com/linden
www.purevolume.com/linden

02/14
Thu
 Title:CRASH ROMEO Album Art, Track Listing & Album Commercial
author:Sway
CRASH ROMEOが3/25に前作からおよそ2年ぶりとなる2ndフル 『Gave Me The Clap』 を前作同様Trustkill Recordsよりリリース。モミアゲファットマンも相変わらず健在のようで、本作もレーベル随一の軽快ポップパンクを聴かせてくれそうです。アルバムのプロモ・スポットも合わせてどうぞ。

crashromeogmtc02.jpg
Gave Me The Clap (2008)

1. About To Break
2. Popular
3. Gave Me The Clap
4. Lady Luck
5. Victim Liar
6. One Night Only
7. Maybe Lane
8. Give Me Something
9. Honest Eyes
10. Set It Off
11. Better Off In Jersey

『Gave Me The Clap』 Spot

17561.jpg
Minutes To Miles (2006)

洋楽音楽 / [ News! ]
02/13
Wed
 Title:MOMENT OF TRUTH / The Other Side Of Vision
author:Sway
moftruthtosov.jpg
Label: Self Released (2007)
Genre: Rock/Hardcore/Emo/Screamo/Pop Punk

M-3 「Face & Name」を聴けばわかる!
万人に聴いてほしいPop Punk To Hardcore!


ハイテンション!キャッチー!スクリーモ!子供みたいにキャッキャ騒ぎ立ててますが、そんな三拍子揃った2005年に結成されたOhio州出身の4人組、MOMENT OF TRUTHのデビューフル!その守備範囲はPop PunkからHardcoreまでとバンド自身が謳うだけあって幅広く、すごく聴きやすい。STORY OF THE YEAR、SENSES FAIL、THE RED JUMPSUIT APPARATUS、A DAY TO REMEMBER、UNDEROATH、ALEXIONFIRE、SAOSIN、そしてPAPA ROACHまで、これだけ挙げたどれか一バンドでも好きであれば絶対にお気に召すこと間違いなしなハードかつキャッチーなサウンド!彼らの更なる特徴はとにかくVo. が歌心満点、ハードロック的な粘着質さながらもまさに歌い上げるといった表現がピッタリの上手さであること、太めのスクリームも小気味良く顔を出しキレの良いメロディアスなザクザクサウンドに乗りまくる!もう今聴きながら文章書いてますけど、やはりよだれ出そうなほど格好良い。序盤にスクリームでまくし立て、サビでキャッチーさを爆発させるM-1 「Coma Cloud」、M-2 「Without Words」のような疾走系を基本的に得意としてますが、ぜひドラマティックな展開力を魅せつけるM-3 「Face & Name」を聴いていただきたい。この曲相当格好良いです、シンガロング・アンセムともいうべき力強さを持った名曲!イントロのアコギから一転、徐々にドキャッチーに疾走するM-5 「Sweetest Goodbye」、ダイナミックにラストを飾るハードミドルのタイトルチューンM-10 「The Other Side Of Vision」まで、最後まで一気に聴くと非常にカロリー満点な全10曲。後半重すぎでダレ気味かな、とか思いつつもやはりM-3をもう一度繰り返し聴いているわたしがいます。

1. Coma Cloud
2. Without Words
3. Face & Name
4. Blood Money
5. Sweetest Goodbye
6. Line of Fire
7. Control. Alt. Deleted.
8. View to a Kill
9. Overkill
10. The Other Side of Vision

motpic.jpg
www.myspace.com/momentoftruth

02/12
Tue
 Title:THE AUDITION / Champion
author:Sway
theauditionc2.jpg
Label: Victory (2008)
Genre: Rock/Emo/Alternative/Electronica/Pop/Dance

ダンサブルなテイストを全面的に取り入れた待望の2ndフル!

前作同様Victory RecordsからリリースされたTHE AUDITIONの2ndフル!このバンドも以前から兆候はあったんですが、予想通り本作はPANIC! AT THE DISCO、FALL OUT BOYライクな'80年代風ダンステイストを全面的に取り入れてきましたね。爽快エモメロというより、もはやダンサブルなオルタナ・エモメロって感じ。M-3 「Heaven For The Weather」、M-5 「Hell To Sell」なんかはそんな新たな試みの傾向がモロだし、これもダンスエモ時代の流れなんでしょうか。わたしは個人的に前作 『Controversy Loves Company』 収録の「You've Made Us Conscious」、「Don't Be So Hard」のようなSPITALFIELD系疾走爽快エモメロ加減が大好きだったのでその路線を期待したのですが、本作のこれはこれでひとつの作品としてはすごくまとまっていたり。ダイナミックなオルタナテイストとダンステイストの融合が挑戦的なM-4 「Edinboro」はいかにも彼ららしくて格好良いし、これぞというキラー・チューンには出会えなかったものの、1stシングルとなったM-2 「Warm Me Up」をはじめ、全体を通して同じテイスト、テンションでしっかりと聴かせてくれるロックで踊れるジワジワ盤。1stEP 『All In Your Head』 から比べると毎度のことなら変化が多すぎて、時代の波に乗ろうとしている必死感が伝わってきます。上記のバンド以外にもTHE HIGHER、POWERSPACEなどのファンの方にもぜひどうぞ、もうラーメンに行けばいいのに、ぐらいな。

1. Basbhat
2. Warm Me Up
3. Heaven For The Weather
4. Edinboro
5. Hell To Sell
6. Ether
7. What Gets You Through
8. Shady Business
9. Make It Rain
10. Have Gun, Will Travel

Artist-1121-1831363.jpg
www.theauditionrocks.com
www.myspace.com/theaudition
www.purevolume.com/theaudition

2018393.jpg
All In Your Head (2004)

02/10
Sun
 Title:NUMBER ONE GUN / The North Pole Project
author:Sway
numberoneguntnpp.jpg
Label: Tooth & Nail (2008)
Genre: Rock/Emo/Alternative/Indie

よりオルタナ化が進んだ3rdフル!
果たして爽快ビューティフルエモの今後の行く先は!?


2005年発売の傑作2ndフル 『Promise For The Imperfect』 以来約2年ぶりに発売された待望の3rdフル。予想通りTooth & Nail RecordsのレーベルメイトであるANBERLIN、MAE同様、かなりオルタナ化が進みました。わたしは彼らのイメージとして1stフルの「Starting Line」、そして2ndフルの「We Are」のキラキラポップで爽快なイメージが相当強く、当初本作での変化には若干残念な気持ちでした。よりシャープに、よりエモーショナルに、その変化はオープニング・トラックであるM-1 「The Massacre」、リード・トラックとなったM-4 「Wake Me Up」に顕著に表れており、スペーシーなテイストに初挑戦したM-3 「The Best Of You And Me」からも、現在ビューティフル・エモの向かう新たな時代の流れというものを確実に捕らえようとしているんだとは感じました。しかしそんな時代の流れだからこそ、彼らにはキャッチーでキラキラ、そしてピュアな爽快エモメロな方向にベクトルを向けてほしかった、そう思っていたからです。そんな思いで葛藤しながら聴きつつもやはりM-7 「Thank You Ending」、M-8 「Find Your Escape」は小憎らしいほど格好良く、彼らの進むべき道がやはり正しいのだとこの2曲に救われた気がしました。よし、これからも彼らを応援して行こう!…とか言って納得してたらどうやら最近バンド自体がVo. Jeff Schneeweisのソロ・プロジェクトみたいになっちゃったみたいで、やっぱりこれからどうなっちゃうの?って不思議な気持ちでこの作品を聴いております。わたしにとっては2ndフルがベストですが、本作も後半の半端ない追い上げは尋常ではないのでこれからもじっくり聴いていくことに間違いはありません。心配ですけども。

1. The Massacre
2. Million
3. The Best Of You And Me
4. Wake Me Up
5. Bad Habits
6. I’ll Find You
7. Thank You Ending
8. Find Your Escape
9. The Different Ones
10. This Holiday

Artist-33814-2211236.jpg
www.myspace.com/numberonegun
www.purevolume.com/numberonegun

112677.jpg
Promise For The Imperfect (2005)


02/07
Thu
 Title:RYAN JOY / This Light And The Line
author:Sway
joyryantlatl.jpg
Label: Self Release (2007)
Genre: Rock/Pop Punk/Powerpop/Alternative/Emo

120%ポップ&パンキッシュなドキャッチー爽快ロック!
期待度ピカイチなロック姉さんあらわる!


AVRIL LAVIGNE、ASHLEY SIMPSON、SKYE SWEETNAMなど、女性のロック系のソロ・アーティストって好んでよく聴くんですが、楽曲によってテイストが違いすぎたり、方向性がコロコロ変わったり、結構バラードに固執したりでどこか長く深く愛せない部分がわたし的にはあったり。そんな中でもこのFlorida州出身のRYAN JOYの1stEPは買って大満足!飽きずに何度でも聴きたくなるナイスな作品なんです!現在25歳の彼女のルーツはKISS、MOTLEY CRUE、AEROSMITHなどのクラシックなハードロック、いつか歌手になるという夢を叶えるため子供の頃からボイス・トレーニングなどを積んだという。そんな彼女のサウンドは間違いなく120%ポップ&パンキッシュでドキャッチーな爽快ロックテイスト、ここまでストレートでわかりやすい音は女性ソロ・アーティストでは結構珍しいんじゃないでしょうか!透明感があり高音が非常に伸びる歌声は、DAMONEとPARAMOREを足して割ったような感じですが、決して嫌味もなくポップなメロと共に自然と心に溶けこんできます。ダイナミックな彼女の歌声の魅力を存分に活かした疾走系リード・チューンM-1 「The Best I Never Had」、激ポップ&キュートで跳ねまくりなM-2 「Don't Pass Me By」、シリアスなハードロックテイストもお手の物なM-3 「Dying Inside」、ありがちのアコースティックなパターンかと思わせて、しっかりとロックなテイストを絡めてくる美メロミドルM-5 「Breathe」、そしてラストはDAMONEばりの最速胸キュンポップチューンM-6 「Not That Naive」、非常に飽きさせないよく考えられた楽曲バランスで何度も聴きかえしたくなる全6曲、バンドであればすぐにでも頭角を現してバカ売れしそうな感じですが女性でソロだとアイドル的な扱いになってしまって色々むずかしいのかも。本国ではテレビなどの露出もしているそうなので、これから日本でもぜひ盛り上げていきたいRYAN姉さんを要チェック!そういえばこのブログで女性ソロ・アーティストについて書くのがドキドキの初体験だったりします。

1. The Best I Never Had
2. Don't Pass Me By
3. Dying Inside
4. Far Away From Sanity
5. Breathe
6. Not That Naive

Artist-99317060-1967365.jpg
www.myspace.com/ryanjoy
www.purevolume.com/ryanjoy

02/05
Tue
 Title:SEARCHING STREETLIGHTS / Searching Streetlights
author:Sway
searchingstreetlightsss.jpg
Label: Self Released (2008)
Genre: Rock/Pop Punk/Emo

DIY精神溢れる内容に感動すら覚える超新星!
Like ALL TIME LOW, DANGER IS MY MIDDLE NAME, and HIT THE LIGHTS!


Florida州はOrange County出身の4人組、SEARCHING STREETLIGHTSのかなりデモ的な自主制作盤CD-R!下記に画像載せますが、中身は紙一枚だけ入ってるだけだし、生CD-Rだし、作り自体はかなりチープ。音質も良くないし、全体的なボリューム・レベルもかなり低めなまさにDIY精神溢れるテケトー作品なんですが、それでも内容は最高!まさにALL TIME LOW、DANGER IS MY MIDDLE NAME、GOODBYE SATELLITE、EVERY AVENUE、そしてHIT THE LIGHTSなどを彷彿とさせる激キャッチーでハート・ウォーミングな疾走感溢れる爽快エモメロポップパンク!とにかくデビュー作にしては構成がかなりしっかりしており、ストップ&ゴーを多用した軽快なリズム隊、動きまくりなギターリフ、やんちゃで伸びやかなハイトーン・ボイスを最大限に活かした美コーラス、使用している機材は非常に安そうなんだけど、そのほかには決して抜け目がない素晴らしい構成力を持った実にこれからが楽しみなバンド。心地良い疾走感に一瞬で心を持っていかれるリード・チューンM-1 「Mainstream Prom Queen」、自由奔放すぎるギターリフに無意識に集中してしまうアッパー・チューンM-2 「A Lover's Not A Liar」、せつなさとやんちゃさが絶妙な配分で同居したM-3 「August Nights Are Make Believers」、そして高音Vo. が心地良く響く胸キュンサビのM-4 「Casey, Write Me Off」の全4曲。あきらかにこんなチープなCD-R盤で終わるようなクオリティの楽曲、演奏力ではないので、今後の活動からも目が離せません!上記に挙げたバンドに心ときめいた方には絶対に気に入っていただけること受け合い!胸を張ってイチオシな超新星!

1. Mainstream Prom Queen
2. A Lover's Not A Liar
3. August Nights Are Make Believers
4. Casey, Write Me Off

Artist-99456420-2266807.jpg
www.myspace.com/searchingstreetlights
www.purevolume.com/searchingstreetlights

P2050063.jpg
片手間で作っただろうぐらいにDIY精神溢れすぎ。
02/05
Tue
 Title:NEW FOUND GLORY Album Art & Track Listing
author:Sway
NEW FOUND GLORYが3/4に初のベスト・アルバム 『Hits』 をGeffen Recordsよりリリース。メンバーにより選ばれた誰もが知ってるパンク・アンセムが年代順に10曲と、Warped TourのWebサイトで期間限定配信された「Situations」が収録されています。アルバム・アートはご覧の通り、彼らの出世曲となった「Hit Or Miss」の文字の一部が消されて「Hits」が作られています。

newfoundgloryh.jpg
Hits (2008)

1. Situations
2. Hit Or Miss (Waited Too Long)
3. Dressed To Kill
4. My Friends Over You
5. Head On Collision
6. Understatement
7. All Downhill From Here
8. I Don't Wanna Know
9. Failure's Not Flattering (What's Your Problem)
10. It's Not Your Fault
11. Hold My Hand

洋楽音楽 / [ News! ]
02/04
Mon
 Title:KISSCHASY / United Paper People
author:Sway
kissvhasyupp.jpg
Label: Below Par (2005)
Genre: Rock/Emo/Alternative/Indie/Powerpop

名曲「Darkside」に並ぶ「This Bed」収録のデビューフル!
神々しささえ感じさせる極上のインディー・モダンエモ!


神々しい、とかそんなことまで感じてしまう極上爽快インディー・モダンエモロック作品。オーストラリアを代表する4ピースのエモロックバンド、KISSCHASYの2005年に発売されたデビューフル。以前、JIMMY EAT WORLDの「Bleed American」を彷彿とさせる名曲「Darkside」収録の国内編集盤 『Fire In The Breeze』 をご紹介しましたが、基本の路線は全く変わりません。静と動、そして優しさとせつなさを巧みに行き来するポップでストレートな美エモメロに、エモーショナルでしゃがれ気味なナイスVo. が乗り、まるでJIMMY EAT WORLDに匹敵するかのような心地良い爽快感と疾走感を生み出す。M-4 「This Bed」、M-12 「What We Become」のように正統派で疾走するドライブチューンもあれば、一転してWEEZERなみのダイナミックなPowerpopを展開するM-2 「With Friends Like You Who Needs Friends?」、そしてM-5 「Hearing Voices Tonight」。繊細で壊れそうなメロと相反するパワフルなリズム隊が際立つM-7 「Water On A Stove」、激情オルタナテイストなタイトルチューンM-10 「United Paper People」、そして壮大でゆったりと包み込まれるM-13 「Black Dress」など、アコギあり、ストリングスあり、全体的な印象は爽やかな草原で心地良い風が吹いているような印象だが、その中でもしっかりとライブ感溢れるロックの力強さを発揮した捨て曲なしの全13曲。どこか懐かしく、どこかローファイ、それでも聴いて残るのは温かくてポップな気分。国内盤もPyropit Recordsより発売されているので、モダンロック、インディー・エモが好きな方にはぜひマストな逸品。2007年に発売された最新作 『Hymns For The Non Believer』 も本国で50万枚を売り上げる大人気なんですが、わたしはこのデビューフルのほうが好み。

1. Do-Do's And Whoa-Oh's
2. With Friends Like You, Who Needs Friends ?
3. Morning
4. This Bed
5. Hearing Voices Tonight
6. Interlude
7. Water On A Stove
8. Shake
9. Face Without A Name
10. United Paper People
11. Ione Skye
12. What We Become
13. Black Dress

-654-1116960369-newpress1.jpg
www.kisschasy.com
www.myspace.com/kisschasy
www.purevolume.com/kisschasy

2023009.jpg
Fire In The Breeze (2004)

02/03
Sun
 Title:THE SCENIC / It's A Secret To Everyone
author:Sway
22065.jpg
Label: Self Released (2007)
Genre: Rock/Emo/Indie/Alternative/Pop Punk

SPITALFIELDの再来!?
甘い歌声に酔いまくり!完成度激高な爽快インディーエモメロ!


発育のすごく良いひとっているよね、たとえば子供なのに体型が完全に大人な女の子。急になにを言い出すんだこのエロオヤジは、とか思われたかもしれませんがこのPhiladelphia出身の5人組、THE SCENICに関してわたしはそんな印象を抱いたんです。とにかく若いのに完成度がすごすぎる!もう全体的に醸し出す雰囲気は完全にMAEとかのそれ。コーラスが冴える伸びやかな甘くてせつないクリアVo. 、リフに余裕さえ感じさせるナチュラルGt. 、キレやタメの良いリズム隊、そしてSPITALFIELD、NUMBER ONE GUN、MAE、JIMMY EAT WORLD、SAVES THE DAY、そしてIVORYLINEを思わせるインディー気味な極上爽快エモメロ!勢いに任せて疾走するのではなく、メロや曲のタメを非常に大切にしている、最近の若手バンドの中では実に飛び抜けた実力を持った存在と言えるでしょう。正統派爽快エモロックなM-1 「The Fall」、甘くてせつない胸キュンエモメロM-3 「Oh No!」、サビがストレートに胸を打つ名曲M-4 「Sing Your Song」、そしてわたしイチオシのM-5 「Reading Between The Lines」、この曲のA SMALL VICTORYを思わせるイントロのギターリフは神がかってます。そんな全編決してデビュー作、そして自主制作とは思えない内容で、聴くたびにジワジワと心に染み渡る完成度激高な全6曲の紙ジャケEP!これから彼らは一体どうなっていくんだろう?とそのすでに漂う貫禄っぷりに逆に心配になる要注目株、現在数々の優良レーベルがその触手を伸ばしているとのことなので、国内で陽の目を見る日も近いかもしれません!

1. The Fall
2. Not Enough To Love
3. Oh No!
4. Sing Your Song
5. Reading Between The Lines
6. Fire Science

Artist-99174596-2293197.jpg
www.myspace.com/thescenic
www.purevolume.com/thescenic

02/01
Fri
 Title:GOODNIGHT SUNRISE / Close And Counting
author:Sway
goodnightsunrisecac.jpg
Label: Self Released (2007)
Genre: Rock/Emo/Pop Punk/Powerpop/Indie

絶妙な哀愁加減を搭載した爽快エモメロポップパンク!
Like CARTEL, THE YEARS GONE BY, and THE ACADEMY IS... !


GOODBYE SATELLITEと間違えそうなほどまぎらわしいバンド名のMontana州出身の4人組、GOODNIGHT SUNRISE!本作が2枚目のEPとのことですが、1枚目は1,000枚を売り上げているらしくすでにかなりの注目を集めているみたい。サウンドはCARTEL、THE STARTING LINE、DROPOUT YEAR、THE YEARS GONE BY、そしてもちろん?GOODBYE SATELLITEを思わせるインディー・エモ色濃いめな爽快エモメロポップパンクテイスト。と、ここまではありきたりなんですが、このバンドの最も特徴的なのはTHE ACADEMY IS... に影響を受けたというだけあって、各曲にモダンな哀愁テイストをねじ込んでくるところ。ほかにもPANIC! AT THE DISCO、THE ALPHA COUPLEライクな渋めなメロ、キレの良いCメロなど小憎らしいまでに絶妙な展開を持ち込んだりするので、良い意味で非常に先の読めないバンド。演奏力や音質的にはまだまだな感じもしますが、上記のような小憎らしい特徴や爽快キャッチーさの面でガツンと突き抜ければ確実に化けるバンドではないかな。美コーラスが映える爽快チューンM-1 「It's The Stare」、渋さムンムンな哀愁疾走メロが格好良いM-2 「Routine And Dollar Signs」、わたし的ベストチューンな哀愁系M-4 「Champions Of The Weekend」、この曲のサビでの転調は反則です。M-2のアコースティック・リミックス含む全6曲、シュールな二つ星のジャケの意味が全くわかりませんがとにかく要注目!

1. It's The Stare
2. Rountine and Dollar Signs
3. Sideshow Entertainment
4. Champions Of The Weekend
5. To A New Hour
6. Routine and Dollar Signs (Acoustic Remix)

Artist-191272-2262436.jpg
www.myspace.com/goodnightsunrise
www.purevolume.com/goodnightsunrise


Template by Girl's Dis
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。