It's all about rock; full of emotions and sweetness
--/--
--
 Title:スポンサーサイト
author:Sway
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12/30
Tue
 Title:MY SUMMER PLAN / Letters To New Jersey
author:Sway
mysummerplanltnj.jpg
Label: Run Run Run (2008)
Genre: Rock/Pop Punk/Powerpop/Emo

あの頃のポップパンク旋風よ再び!(ムーグつき)

ex. STEREO VISIONの須藤圭(Kei)と石也寸志(Yasushi)により2006年に結成されたMY SUMMER PLANの2ndEP。STEREO VISIONの解散には悲しみもひとしおだったんですが、このふたりがまた一緒に活動するとのことで非常に期待していました。本作も1stEP同様相変わらずドキャッチーきわまりないメロディック・ポップパンク・テイストに流行りのムーグなんかを取り入れたりと世界品質のイマドキ作品に仕上がっています。KNOTLAMP、GLORY HILLなどが脚光を浴びている日本国内のインディーズ・ポップパンク界ですが、このバンドこそ世界に羽ばたくべき!MEST、SUM 41、NEW FOUND GLORY、SIMPLE PLANなどが大成をなしたあの頃のポップパンク・サウンド旋風よ再び!中学高校時代をイギリスで過ごし、ふたりともバイリンガルというのもこのバンドの強み。2008年夏からはDr. Atsuyoshiが正式加入し、今後にますます大注目!ELEVENTYSEVENも脱帽なゴキゲン・キラーM-1 「Years Of Love」、日本語のほうが実はぎこちなさげでせつないひとりのクリスマスを歌ったM-3 「White Breath」、まさに前述のバンドがブレイクしたのが2002年!当時のアンセム・ライクなメロディック・テイストM-4 「The Anthem 2002」、まっすぐで爽快な青空疾走チューンに涙モノなわたし的ベスト・チューンM-6 「Get AWay」など、STEREO VISION当時からのファン、現在流行りのエレクトロニカ搭載ポップパンク・バンドファンにももちろん存分にアピールできる全8曲!前作収録の「Almost There」のリミックス・バージョンもシークレット・トラックとして再録!「Drivemo -Never Miss The Blast-」2008年の締めくくりにふさわしい本作、それでは皆さん良いお年を!

1. Years Of Love
2. Song For Bettie
3. White Breath
4. The Anthem 2002
5. Don't Wanna Close My Eyes
6. Get Away
7. It's Over
8. Almost There (Remix)

big-summer.jpg
mysummerplan.com
www.myspace.com/mysummerplan


Years Of Love (2008)

msin-0001.jpg
STEREO VISION / Let's Go To The Party (2003)

スポンサーサイト
12/27
Sat
 Title:Sway Awards 2008
author:Sway
BLACKTOP MOURNINGがMTVの賞とかと並べてしまったことで有名なこのアワード。今年は下記の9部門。それではドライビーモの2008年を一気に駆け抜けましょう!

「ALBUM OF THE YEAR」 (最優秀アルバム作品賞)
「EP OF THE YEAR」 (最優秀EP作品賞)
「SONG OF THE YEAR」 (最優秀楽曲賞)
「BEST MUSIC VIDEO」 (最優秀ミュージックビデオ賞)
「MOST DELIGHTFUL ALBUM」 (インパクト作品賞)
「MOST DISSAPOINTED ALBUM」 (期待させすぎ作品賞)
「BEST NEW BAND」 (最優秀新人賞)
「SADDEST FAREWELL BAND」 (涙の解散 / 活動休止賞)
「BEST ARTWORK / PACKAGING」 (最優秀アートワーク賞)


ALBUM OF THE YEAR (最優秀アルバム作品賞)

punchlinejustsayyesyesyes.jpg
PUNCHLINE / Just Say Yes

「キング・オブ・ヘタウマ」といっても過言ではない彼ら、結成10年目、通算5作目にして最高傑作。持ち味のライブ感120%のエモメロサウンドと新境地のマジカルなポップ・テイストがキセキの出会いを果たした。THE GET UP KIDS、THE STEREO、MIDTOWNに通じる近代エモメロ史に欠かせないであろう金字塔。


EP OF THE YEAR (最優秀EP作品賞)

cinematicsunriseacsalpr2.jpg
CINEMATIC SUNRISE / A Coloring Storybook And Long Playing Record

全米で大ブレイクを果たしたCHIODOSのCraigとBradleyを中心に結成された奇跡のバンド。そのサウンドのギャップにも驚きだが、とにかく純度の高すぎる蒼さがココロの琴線に響く傑作。やさしいだけじゃない、せつないだけじゃない、そこはかとなくかゆいところに手が届く爽快Emo/Pop Punkの決定盤。


SONG OF THE YEAR (最優秀楽曲賞)
BEST MUSIC VIDEO (最優秀ミュージックビデオ賞)


The Hit / PUNCHLINE

「TUNE OF THE YEAR」、「BEST MUSIC VIDEO」2部門同時受賞。


MOST DELIGHTFUL ALBUM (インパクト作品賞)

blessedbyabrokenheartpttm2.jpg
BLESSED BY A BROKEN HEART / Pedal To The Metal


MOST DISSAPOINTED ALBUM (期待させすぎ作品賞)

panicatthediscoprettyodd.jpg
PANIC! AT THE DISCO / Pretty. Odd


BEST NEW BAND (最優秀新人賞)

Artist-3455433-z.jpg
FOREVER THE SICKEST KIDS


SADDEST FAREWELL BAND (涙の解散 / 活動休止賞)

Artist-77-20645756.jpg
THE STARTING LINE


BEST ARTWORK / PACKAGING (最優秀アートワーク賞)

hitthelightssssf2.jpg
HIT THE LIGHTS / Skip School, Start Fights
洋楽音楽 / [ Sway Awards ]
12/26
Fri
 Title:THE FEAR OF FALLING / Everyday Like This
author:Sway
thefearoffallingelt.jpg
Label: Self Released (2008)
Genre: Rock/Pop Punk/Powerpop/Emo/Electronica/Indie

オシャレでスタイリッシュ!モダンで胸キュン!

そんな変幻自在なPop Punk/Powerpopを奏でるのがNorth Carolina州出身の5人組、THE FEAR OF FALLING!彼らの新作EPは多彩な表情の楽曲群に流行りのエレクトロニカをガッツリと取り入れるなど、柔軟でイマドキ感溢れる洗練されたサウンドが目白押し、聴けば聴くほどその底の知れないポテンシャルに驚かされます。とくにイントロから激キラーな雰囲気ムンムンのわたし的にもベスト・チューンなM-2 「All But Gone」はEVERY AVENUEファン必聴!ほかにも軽快ポップパンクテイストとプチ・ハードコアテイストを前面に押し出したM-1 「Get Up, Get Down」、エレクトロニカに突出したせつなくも踊りださずにいられないエレポップ・チューンM-3 「Lost」、跳ねるピアノがなんともマジカル・ポップでそれに対照的な疾走サビが未知の感覚を与えてくれるM-5 「If We Think It's Worth It」、タガが外れたかのように青春ポップパンクに傾倒するエンディング・チューンM-7 「Heartrace」など、THE LIVES OF FAMOUS MEN、METRO STATION、EVERY AVENUEなどのファンにとってはマストな全7曲!1曲ごとにその表情を確実に変える彼らの音楽性の広さには今後も大注目です。プロデュースはMY CHEMICAL ROMANCE、THE AUDITION、そしてもちろんEVERY AVENUEも手掛けたJohn Naclerio!

1. Get Up, Get Down
2. All But Gone
3. Lost
4. These Things We Say
5. If We Think It's Worth It
6. Everyday Like This
7. Heartrace

Artist-5075921-DSC_0010.jpg
www.myspace.com/thefearoffallingnoise
www.purevolume.com/thefearoffallingnc

12/19
Fri
 Title:18 EPs You Must Buy 2008
author:Sway
Sway Awards 2008 のEP部門「EP OF THE YEAR」のノミネート18作品(アルファベット順)。あまりの豊作ぶりに絞りきれずになんとか18作、曲が少なすぎるものは除外しています。Sway Awards 2008 は年内に開催予定です!

18 EPs You Must Buy 2008

amaradio_cover_72dpi.jpg
AMARADIO / She's Got You

thebiggerlightsff.jpg
THE BIGGER LIGHTS / Fiction Fever

callahanftd.jpg
CALLAHAN / Face The Day

cinematicsunriseacsalpr.jpg
CINEMATIC SUNRISE / A Coloring Storybook And Long Playing Record

dangerradiopylo.jpg
DANGER RADIO / Punch Your Lights Out

esmedwu.jpg
ESME / Don't Wake Up

finchep.jpg
FINCH / Finch

formerlyblindthw.jpg
FORMERLY BLIND / This Human Way EP

thefridaynightboystwss.jpg
THE FRIDAY NIGHT BOYS / That's What She Said

mercymercedescr.jpg
MERCY MERCEDES / Casio Rodeo

themediasaysfuiwmys.jpg
THE MEDIA SAYS / Forgive Us If We Make You Smile EP

themedicdroidwym.jpg
THE MEDIC DROID / What's Your Medium

amomentsworthslpless.jpg
A MOMENT'S WORTH / Sleepless

radioracerctc.jpg
RADIO RACER / Crash The City

runnerrunnerbme.jpg
RUNNER RUNNER / Breakup Makeup EP

stereoskylineep.jpg
STEREO SKYLINE / Stereo Skyline EP

athornforeveryheartputp.jpg
A THORN FOR EVERY HEART / Pick Up The Pieces

wearethearsenalwata.jpg
WE ARE THE ARSENAL / The Trees EP
洋楽音楽 / [ Sway Awards ]
12/19
Fri
 Title:Punk Goes Pop Vol. 2 Album Art & Track Listing
author:Sway
Fearless Recordsがもはや定番の豪華パンクカバー・コンピ 『Punk Goes Pop Vol. 2』 を2009年2/17にリリース。通算8作目となる本作は大好評だったPopシリーズの第2弾。あいかわらず旬な豪華バンドたちが有名ポップ・ソングを大胆にカバーしています。THE CABのRIHANNAとかもう楽しみすぎる!

punk_goes_pop_2.jpg
Punk Goes Pop Vol. 2 (2009)

・ALESANA / What Goes Around...Comes Around (Original Performed by JUSTIN TIMBERLAKE)
・ATTACK ATTACK / I Kissed a Girl (Original Performed by KATY PERRY)
・AUGUST BURNS RED / ...Baby One More Time (Original Performed by BRITNEY SPEARS)
・BAYSIDE / Beautiful Girls (Original Performed by SEAN KINGSTON)
・BREATHE CAROLINA / See You Again (Original Performed by MILEY CYRUS)
・THE CAB / Disturbia (Original Performed by RIHANNA)
・A DAY TO REMEMBER / Over My Head (Cable Car) (Original Performed by THE FRAY)
・ESCAPE THE FATE / Smooth (Original Performed by ROB THOMAS)
・FOUR YEAR STRONG / Love Song (Original Performed by SARA BAREILLES)
・MAYDAY PARADE / When I Grow Up (Original Performed by PUSSYCAT DOLLS)
・SILVERSTEIN / Apologize (Original Performed by ONE REPUBLIC)
・A STATIC LULLABY / Toxic (Original Performed by BRITNEY SPEARS)
・THERE FOR TOMORROW / Ice Box (Original Performed by OMARION)

*曲順未定

洋楽音楽 / [ News! ]
12/17
Wed
 Title:18 Albums You Must Buy 2008
author:Sway
年に一度の自己満足の祭典 Sway Awards 2008 のアルバム部門「ALBUM OF THE YEAR」のノミネート18作品(アルファベット順)。わたしが本年度マストだと思うアルバム18枚をセレクト。はたして「ALBUM OF THE YEAR」を受賞するのはどの作品か?(12/19追記: EPに合わせさらりと18枚にしました、18 Till I Die!)

18 Albums You Must Buy 2008

alesanawheremyth.jpg
ALESANA / Where Myth Fades To Legend

thecabww.jpg
THE CAB / Whisper War

Escapethefate-thiswarisours.jpg
ESCAPE THE FATE / This War Is Ours

everyavenuesjgwi.jpg
EVERY AVENUE / Shh, Just Go With It

ForevertheSickestKidsUnderdogAlmaMater.jpg
FOREVER THE SICKEST KIDS / Underdog Alma Mater

gocrashaudiodsimh.jpg
GO CRASH AUDIO / Dear, Song In My Head

hawkneslonimf.jpg
HAWK NELSON / Hawk Nelson Is My Friend

hitthelightssssf.jpg
HIT THE LIGHTS / Skip School, Start Fights

ivorylinetcal.jpg
IVORYLINE / There Came A Lion

myfavoritehighwayhtcab.jpg
MY FAVORITE HIGHWAY / How To Call A Bluff

nouseforanametfgroty.jpg
NO USE FOR A NAME / The Feel Good Record Of The Year

punchlinejustsayyes.jpg
PUNCHLINE / Just Say Yes

quietdrivedeli.jpg
QUIETDRIVE / Deliverance

runkidrunlatc.jpg
RUN KID RUN / Love At The Core

simpleplansp2.jpg
SIMPLE PLAN / Simple Plan

storyoftheyeartbs.jpg
STORY OF THE YEAR / The Black Swan

thewhitetieaffairwtw.jpg
THE WHITE TIE AFFAIR / Walk This Way

zebraheadpx.jpg
ZEBRAHEAD / Phoenix

次回はEP部門です。

洋楽音楽 / [ Sway Awards ]
12/15
Mon
 Title:FIGHT FAIR / Settle The Score
author:Sway
fightfairsts.jpg
Label: Triple Crown (2008)
Genre: Rock/Pop Punk/Hardcore/Electronica

正々堂々戦え!
次世代快速メロディックの大本命!


2008年はじめに発売された同名EPを全曲リマスター&リミックスし、さらに新曲3曲をプラスしてリリースされた全世界デビュー作、さらにHIT THE LIGHTS、FIREWORKSなどが所属するTriple Crown Recordsとの契約後一発目となる本作をリリースしたのがCalifornia出身の5人組、FIGHT FAIR!バンド名のとおり正々堂々と戦うメロディックパンクは、NEW FOUND GLORY、LIFETIMEに影響を受けたというのが納得なハードコア・テイストをもしっかりと手中に収めたまさにTHE メロコア・サウンド!さらに随所でアクセントとなるエレクトロニカがいかにも次世代らしい味わいを感じさせます。コーラス映えする伸びやかなVo. の歌声、自由にシャウトしまくる多重コーラス、これはもうクセになりそう!アンセムともいえる激シンガロングなサビと「カモーン!」なシャウトが一度聴けば頭から離れないM-2 「Brain Freeze!」、California西海岸の爽快な景色が目に浮かぶピーカン・チューンM-4 「Pop Rocks」、ハードコアならではのインタールードM-5 「For The Win」、ドコドコ・ツーバス多用の定番メロディックなタイトル・チューンM-6 「Settle The Score」、激シンガロングでライブ映え間違いなしな甲子園的青空メロディックM-7 「Beachfront Avenue」、そしてわたし的にはベスト・オブ・脳汁!Lobster Records時代のOVER ITファンなら涙モノな哀愁漂う超快速メロディック・テイストM-8 「Your True Colors」など、FOUR YEAR STRONG、THE WONDER YEARS、HOME GROWN、THE YEARS GONE BYなどのファンは激マストな全8曲!次世代快速メロディックの大本命はコイツら!

1. Game On
2. Brain Freeze!
3. San Diego
4. Pop Rocks
5. For The Win
6. Settle The Score
7. Beachfront Avenue
8. Your True Colors

Artist-3700967-n24600353_35092407_1873.jpg
www.myspace.com/fightfair
www.purevolume.com/fightfair
12/11
Thu
 Title:THE FAST TRACK / Life & Death Of The Party
author:Sway
thefasttracktladotp.jpg
Label: Self Released (2008)
Genre: Rock/Pop Punk/Emo/Indie/Alternative

Jamie Woolfordプロデュース!
やや懐かしめな前のめり系インディー・ポップパンク!


THE FORMAT、PUNCHLINEのプロデュース、ANIMAL CHIN、THE STEREO、LET GOでの活動が著名なJamie WoolfordプロデュースによるMinnesota州出身の5人組、THE FAST TRACKの1stEP!バンド名からするとかなり快速系なパンク・サウンドを想像するが、ブイブイいわせまくりなベースの音作りからしてもおわかりのように、かなり懐かしいかほりが漂う前のめり系インディー・ポップパンクサウンド。リズム隊がやや走り気味な疾走系やんちゃアンセムM-1 「Life & Death Of The Party」、独特のマイナー感溢れる雰囲気と一転して伸びやかに響くサビが対照的で面白いM-3 「After All」、イントロからメロディックに突っ走るいかにもな爽快エモメロでわたし的にもベスト・チューンなM-4 「Good Night & Good Luck」、Vo. のファルセットがしっとりと染み渡るアコースティック・チューンM-5 「Just A Memory」など全5曲。GOODBYE SATELLITE、LARGER THAN LIFE、NEW ADDICTION、THE GET GOなどの疾走系ポップパンク・ファンにぜひ聴いていただきたい作品。M-1にはJamieのFueld By Ramenつながりだと思いますが、なんとこれまた懐かしのCADILLAC BLINDSIDEのVo. Zaq ZrustがゲストVo. として参加しています。

1. Life & Death Of The Party
2. Seaworthy
3. After All
4. Good Night & Good Luck
5. Just A Memory

thefasttrackphoto.jpg
www.myspace.com/thefasttrack
www.purevolume.com/fasttrack

12/11
Thu
 Title:STORY OF THE YEAR Music Video
author:Sway
STORY OF THE YEARが全米Billboard 200チャートで最高位18位を記録した最新作 『The Black Swan』 から2ndシングル「Antidote」のミュージック・ビデオを公開しました。やたらと壮大です。


Antidote (2008)

storyoftheyeartbs.jpg
The Black Swan (2008)

洋楽音楽 / [ Music Video ]
12/09
Tue
 Title:CHRIS COLEMAN / On Top Of The World
author:Sway
142255-500.jpg
Label: Self Released (2007)
Genre: Rock/Poerpop/Pop Punk/Emo/Electronica/Indie

爽快少年パワポの決定盤!
天才マルチ・プレイヤーChrisくん率いる注目株!


Georgia州出身、CHRIS COLEMANの1stEP!その名のとおりVo. 、Gt. 、Key. 、プログラミングまでこなすマルチな才能を持ったChrisくんのソロ作品?現在は4人組のCHRIS COLEMAN BANDとしてバンドとして活動しているようなので、本作はChrisくんのソロ活動時につくられたものなのかもしれません。(曖昧でごめんなさい)さて、そんな多彩な彼のサウンドですが少年のような歌声の若さやインディー感が溢れつつ、爽快で耳なじみの良いメロディーに一瞬にしてハートをわしづかみにされる素敵加減!申し訳程度に脇を固めるエレクトロニカがなんともかわいらしいやら。コーラスのディレイがやや気になるものの、シンガロング必須な青空キラー・チューンM-1 「On Top Of The World」、イントロの歌い出しから聴くものをグッとひきよせるインディー・パワーポップ、好感しか持ちようのない爽快イントロ・リフとしっかりと歌い上げるVo. がナイスなM-3 「Crash Cource」、一転してなにかの映画のエンディングでも飾りそうなピアノ押し激せつなメロM-5 「Where We Are」など全5曲。SANDLOT HEROES、THE ACADEMY IS... 、STEREO SKYLINE、THE CLICK FIVEなどの爽快パワポが好きな方へ!CHRIS COLEMAN BANDのMySpaceでは現在新曲が3曲公開されていますが、かなり大人っぽく仕上がっており、キラキラ少年パワポファンとしては少しさみしくもあります。彼には永遠の少年でいてほしい!

1. On Top Of The World
2. Closing In
3. Crash Cource
4. The Wander
5. Where We Are

l_63c1b0fbdb1f014ca62d8e9643f8e226.jpg
www.myspace.com/chriscolemanmusic
www.purevolume.com/chriscolemanmusic

12/09
Tue
 Title:METRO STATION Music Video
author:Sway
METRO STATIONが2007年に発売されたデビュー・アルバム 『Metro Station』 よりリード・トラック「Seventeen Forever」のミュージック・ビデオを公開しました。


Seventeen Forever (2008)

22102.gif
Metro Station (2007)

洋楽音楽 / [ Music Video ]
12/08
Mon
 Title:ARTIST VS POET / Artist Vs Poet
author:Sway
artistvspoetep.jpg
Label: Fearless (2008)
Genre: Rock/Pop Punk/Powerpop/Emo/Alternative/Electronica

Fearlessからまずは名刺代わりの一発!
ダイナミックでありつつもタイトでムダのないポップ・テイストがキラリ!


2008年5月に自主制作のEP 『Alive Once Again』 をリリースしたTexas州の5人組、ARTIST VS POETがFearless Recordsと電撃契約後初のリリースとなる名刺代わりの本作。Kick Rock Invasionが誇る国内最強のエモメロ・コンピ第2弾 『BEYOND [THE] BLUE vol.2』 に彼らの楽曲が収録されていたのですでに耳にされた方も多いと思いますが、ダイナミックでありつつもタイトで非常にムダのないポップ・ロックサウンドに随所に華を添えるピコピコ・エレクトロニカ、ツインVo. 気味に絡み合うかなり歌いなれた感のある絶妙Vo. 、と実にハイレベルでスキのないイマドキの爽快系を聴かせてくれます。意外としっとりと聴かせる楽曲が多く、もう少し疾走エモメロポップパンクに振り切れてみても面白かったかなとも思うんですが、そのあたりは1stフルでの今後の展開を心待ちに。上記のコンピに収録されており「ラナウェーイ♪」なサビメロが心地良く耳に残るM-1 「Runaway」、ハイトーン・コーラスと軽快なポップ・テイストが心地良いM-2 「Assurance Closure」、ゆるやかな春風のようなやさしさを持ったカントリーチックな懐かしテイストM-3 「Lisa Marie」(この声からしてわたしはFIREHOUSEなんかを突如思い出してしまいました)、思わず目を細めたくなる胸キュンなサビが秀逸なアコースティック・チューンM-5 「All In」など全5曲。FOREVER THE SICKEST KIDS、RED CAR WIRE、そしてレーベル・メイトでもあるTHE MAINEなどのファンにオススメ。

1. Runaway
2. Assurance Closure
3. Lisa Marie
4. Infallible Remedy
5. All In

Artist-5682610-avp_pv_default.jpg
www.myspace.com/artistvspoet
www.purevolume.com/artistvspoet
12/05
Fri
 Title:STANDARD THOMPSON / It Still Rains Here Everyday
author:Sway
ST_Cover.jpg
Label: Self Released (2006)
Genre: Rock/Pop Punk/Powerpop/Emo/Alternative/Indie

懐かしさを感じさせる青空爽快メロディーには渋声がよく似合う。

やや今更な感はありますが、2006年に発売されたMinnesota州出身の4人組、STANDARD THOMPSONの3曲入りEP!1996年に結成されたキャリア10年以上を誇るこのバンド、ラジオから流れてきたら思わず我を忘れて耳を傾けてしまいそうな耳なじみの良いポップ・メロディーが特徴。ややオルタナ向きなおっさん声なVo. も実に良い味を出しています。まずはなんといってもM-1 「Baltimore」のどこまでも突き抜けんばかりの青空爽快キラーっぷりに胸キュンしてください。そしてM-2 「Girls Gone」ではその胸キュンのまま、さらにとびきりキラキラのパワーポップの世界に足を踏み入れるのです。わたしの年代ではNINE DAYSやSUMMERCAMPなど少し懐かしめのポップロック・バンドが頭をよぎったりする素敵サウンド、M-3 「The Ship」ではややしっとりとミドル・テイストでこの素晴らしい世界を締めくくってくれます。このEPは現在、彼らのオフィシャル・サイトにてフリー・ダウンロードが可能なので、ぜひこのSTの大人の魅力溢れるキラキラ・キャッチーな世界に触れてみてはいかがでしょうか。

1. Baltimore
2. Girls Gone
3. The Ship

www.standardthompson.com
www.myspace.com/standardthompson
www.purevolume.com/standardthompson

12/04
Thu
 Title:VALENCIA Music Video
author:Sway
VALENCIAが発売中のメジャー・デビュー作 『We All Need A Reason To Believe』 より「Where Did You Go?」のミュージック・ビデオを公開しました。固定カメラでメンバーと背景のみが次々と変わっていくという、興味深い内容に仕上がっています。


Where Did You Go? (2008)

valenciawanartb2.jpg
We All Need A Reason To Believe (2008)

洋楽音楽 / [ Music Video ]
12/03
Wed
 Title:LOVE, SHE WROTE / Oh! And About Last Night...
author:Sway
loveshewroteoaaln.jpg
Label: Self Released (2008)
Genre: Rock/Pop Punk/Powerpop/Emo

キセキの3ピースが奏でる爽快度120%エモメロ!
爽快エモメロは永久に不滅です!


THE CROSSTOWN RIVALRY、DANGER IS MY MIDDLE NAME、CALLAHANなど、最近は大挙するエレクトロニカ勢に負けじと良質な爽快エモメロ・ポップパンクをかき鳴らす若手バンドが増えてきてなによりなのですが、その中でもわたしが聴いて最もゾクゾクしてしまったのがこのFlorida州出身の3ピース、LOVE, SHE WROTE!わたしが敬愛して病まないBLACKTOP MOURNING、彼らをはじめて聴いたときと同じような素敵な感覚を味わえたこのバンド、どこまでも突き抜けるかのような爽快度120%のキャッチー・エモメロに、RUN KID RUNのDavid、元THE STEREOのJamieを思わせる伸びやかなVo. 、エレクトロニカに傾倒せずあくまでストレートにポップパンクを聴かせるその姿勢にもうゾッコン!RUN KID RUN、BOYS LIKE GIRLSを彷彿とさせる軽快ドライブ・キラーM-1 「Bling Bling Baby」、せつなさとキャッチーなポップパンクの絶妙なブレンド感が奇跡のサビを生んだM-2 「That Girl Is Fierce」、ダイナミックなミドル・テイストも巧みに聴かせるM-4 「December Nights」、ラストのサビの転調で涙腺がゆるむ、懐かしくも温かみを感じさせる定番ミドル系M-5 「Miss You」、など上記バンド以外にもWE THE KINGS、ALL TIME LOW、STELLAR KART、RED CAR WIREなどのファンにはマストな全5曲!エレクトロニカ勢に押されて衰退の一途を辿るかと思われたんですが、こういうバンドが出てくるとやはりどの時代でも爽快エモメロは不滅なんだなと期待してうれしく感じますね。プロデュースは爽快エモメロといえばやはりこのお方、ALL TIME LOW、MERCY MERCEDESなどを手掛けたPaul Leavitt!

1. Bling Bling Baby
2. That Girl Is Fierce
3. Outlaw Josey Wales
4. December Nights
5. Miss You

Artist-9202798-pvdefault.jpg
www.myspace.com/loveshewrote
www.purevolume.com/loveshewrote

12/03
Wed
 Title:EVERY AVENUE Music Video
author:Sway
EVERY AVENUEがデビュー・フル 『Shh, Just Go With It』 より「Think Of You Later (Empty Room)」のミュージック・ビデオを公開しました。EP時代から大切に歌い継がれてきた代表曲ですが、それよりもなによりもDaveのセクシーさに目がいってしまいます。今年会えたアーティストの中でもやはり彼がNo. 1!


Think Of You Later (Empty Room) (2008)

everyavenuesjgwi.jpg
Shh, Just Go With It (2008)

洋楽音楽 / [ Music Video ]
12/02
Tue
 Title:DRIVER SIDE IMPACT / Lion
author:Sway
driversideimpactlion.jpg
Label: Victory (2008)
Genre: Rock/Emo/Alternative/Progressive/Pop Punk/Electronica/Ambient

ダンサブル・プログレ・エモオルタナの「百獣の王」!

こんなにドキャッチーだったかしら?初聴からいきなり衝撃を受けたのは2006年に結成されたOhio州出身の5人組、DRIVER SIDE IMPACTの2ndフル!昨年発売された1stフル 『The Very Air We Breathe』 同様、Emo/Post Hardcoreを得意とする名門レーベルVictory Recordsからのリリースとなる本作、完全に一皮も二皮も剥けちゃいました。IVORYLINEなどを思わせる甘美で憂い溢れるプログレッシブなエモオルタナ・サウンドに、歌声が特徴的な投げっぱなし系Vo. 、そしてTHE AUDITION、A THORN FOR EVERY HEART、THE KILLERSなどのダンサブルでエレクトロな前衛的サウンドが見事に融合した素晴らしいサウンド!ドカンとインパクト!というよりは全体的にキャッチーでキレイにまとめられた耳なじみの良い軽快チューンが多く、前作ファンはもちろん数多くの新たなキッズたちをも虜にすること間違いなし、さすがに「百獣の王」をタイトルとジャケに冠した内容の作品であるといえるのではないでしょうか。

MAYDAY PARADEのVo. Derek Sandersをゲストに迎え、プログレ・イントロから幕を開ける壮大でダンサブルなM-1 「Walking On Water」、アルバムの核ともいえるドキャッチーでノリノリなキラー・チューンM-2 「Patience (Gave It Up)」、爽快感溢れる疾走エモメロが心地良く鳴り響くM-3 「Rumor Mill」、ハイトーンVo. とプログレッシブなギター・リフが怒涛のように押し寄せるタイトル・トラックM-5 「The Lion」、2曲構成のようなつながりを感じさせる美エモーショナルM-8 「The Day You Made The Sky Fall」、M-9 「All For Nothing」など、前作からの確実なステップ・アップを感じさせる全11曲。とにかくM-2は外せない楽曲なので、まずこの革新的でアンビエントなサウンドを体感してみてはいかがでしょうか。

1. Walking On Water
2. Patience (Gave It Up)
3. Rumor Mill
4. The Ties That Bind And Break Within
5. The Lion
6. Elysium
7. Better In the Rain
8. The Day You Made The Sky Fall
9. All For Nothing
10. Ascending
11. Heaven

l_63d4924ea7094f8a894569650d693c43.jpg
www.myspace.com/driversideimpact
www.purevolume.com/driversideimpact

12/02
Tue
 Title:今日のAli
author:Sway
トランクスは純白でした。おやすみなさい。
[ News! ]
Template by Girl's Dis
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。