It's all about rock; full of emotions and sweetness
--/--
--
 Title:スポンサーサイト
author:Sway
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
01/29
Thu
 Title:JUST LEFT / Better Late Than Never
author:Sway
justleftbltn.jpg
Label: Self Released (2009)
Genre: Rock/Pop Punk/Powerpop/Emo/Electronica

エースプロデュース!
蒼い衝動がつまったダイナミック青春エモメロの金字塔!


ex. THE EARLY NOVEMBERのAce EndersがM-3 「These Are The Days」、M-4 「Tell Me What You're Thinkin'」、M-7 「Don't Hold Your Breath」のプロデュースを務めたIllinois州出身の5人組、JUST LEFTの2ndEP。1stEPではインディー色たっぷりな甘酸っぱさ溢れる疾走エモロックが持ち味でしたが、いやはやなんとも垢抜けました。バンドの実力があがったのももちろんですが、まずは収録機材の格段の進歩を感じさせる印象。サウンドのほうもよりわかりやすくシンプルかつダイナミックに奏でる爽快青春エモメロで、気持ち程度に脇を固めるピコピコ加減も絶妙!軽快さと蒼さを兼ね備えた初期THE STARTING LINE、LATER DAYS、GOODBYE SATELLITEなどのファンにはたまらない作品に仕上がっています。ダイナミックに疾走する蒼い衝動が胸を打つM-1 「Finding You In Yourself」、THE YEARS GONE BYが頭をよぎるアッパー・チューンM-2 「I Call It Like I See It」、イントロから大合唱間違いなしな青春リード・トラックともいえそうなM-3、激エモーショナルにせつなく聴かせるわたし的ベストなM-6 「Not To Be Rude」、前作から唯一の再録で以前のアコースティックな雰囲気から一新、彼らのアンセム的楽曲に成長を遂げたM-8 「Memmi」を含むDrivemo激オシな全8曲。それにしても昔からこういう少し鼻にかかったやんちゃ声にはやはり弱いわたし。

1. Finding You In Yourself
2. I Call It Like I See It
3. These Are The Days
4. Tell Me What You're Thinkin'
5. Time
6. Not To Be Rude
7. Don't Hold Your Breath
8. Memmi

Artist-4114912-l_14538ab0c4da49a4951234a6355336b2.jpg
www.myspace.com/justleft
www.purevolume.com/justleft

justleftautograph.jpg
あきらかなメモの切れっぱしにメッセージつきで届きました。ありがとうJL!
スポンサーサイト
01/27
Tue
 Title:MEG & DIA Album Art & Track Listing
author:Sway
MEG & DIAが1stフル 『Something Real』 以来約2年ぶりとなるニュー・アルバム 『Here, Here And Here』 を4/9にリリース。彼らのMySpaceではリード・トラックとなるM-1 「Black Wedding」が視聴可能。より色っぽく成長したメグ・ディア姉妹とアグレッシブに仕上がったロック・サウンドに大注目です。

meganddiahhah.jpg
Here, Here And Here (2009)

1. Black Wedding
2. Are There Giants Too, In the Dance?
3. One Sail, One Sea
4. Here,Here & Here
5. Hug Me 'til You Drug Me
6. Inside My Head (Vampires Don't Exist)
7. Fighting For Nothing
8. Agree To Disagree
9. Bored Of Your Love
10. I Wanted To Kiss You Goodnight
11. I'm Going Away
12. What If?

18670.jpg
Something Real (2006)
洋楽音楽 / [ News! ]
01/26
Mon
 Title:RACING KITES / Be My Runaway
author:Sway
racingkitesbmr.jpg
Label: Unsigned (2009)
Genre: Rock/Powerpop/Pop Punk/Emo

青空に響くキラキラ爽快Powerpop/Pop Punk!

異例ともいえる有料サンプラーを経て制作されたNew Jersey州出身の5人組、RACING KITESの2ndEP。2006年に発売された1stEP 『We Hold It All Together』 では初期HIT THE LIGHTSのような疾走感溢れる「蒼い」衝動がつまったポップパンク・サウンドを披露したがサンプラー以降はとにかくキラキラでドキャッチーな耳なじみの良いPowerpop/Pop Punkを奏でるようになった。どこまでも無限に広がる青空に映えるようなそのサウンドは甘く鼻にかかったキュートVo.と美コーラスとのハーモニー、手拍子必須のシンガロング・ポップスが特徴。「ウォッオゥ♪」で一心同体間違いなしなM-1 「Takeover」、サンプラーから唯一の再録となる彼らの代表的な定番サウンドといえるだろうM-2 「All Night Is Alright」、そしてそのコーラス・ワークの強みを遺憾なく発揮したアコースティック・チューンM-4 「My Everything」、小気味良い青空アッパーが心地よく響くタイトル・チューンM-5 「Be My Runaway」など、とにかくドキャッチーに突出した全5曲!サンプラーで最も胸を打たれたHTLファン卒倒必至の名曲「Oceans」が収録されていないのには少し悲しかったですが、1stフルに限りなく期待したいところ!

1. Takeover
2. All Night Is Alright
3. Tonight's Attraction
4. My Everything
5. Be My Runaway

Artist-5144958-2782488025_2bec0d6be5_b.jpg
www.myspace.com/racingkites
www.purevolume.com/racingkites

18875.gif
We Hold It All Together (2006)
01/24
Sat
 Title:THE BRIGHTLIFE / Ready To Explode
author:Sway
thebrightliferte.jpg
Label: Self Released (2008)
Genre: Rock/Emo/Indie/Electronica

哀愁×ダンサブル・エレクトロ×憂い泣きエモ!

アメリカナイズなカラーリングとデザインのジャケはかならずや日本人には敬遠されるであろうPennsylvania州出身の6人組、THE BRIGHTLIFEの4曲入りEP。ところがそのサウンドといえば瑞々しくもせつなさ溢れる極上のインディー・エレクトロ美エモロック!透き通るかのような伸びやかな歌声と堅実に脇を固める演奏陣、そして適度な味を添えるエレクトロニカが実に心地良い。とくに哀愁×ダンサブル・エレクトロ×憂い泣きエモな名曲M-3 「Wake Up」、そして米国を代表するアイドル・グループ 'NSYNCのカバーM-4 「Tearin' Up My Heart」は聴き逃し厳禁!プログレな雰囲気を醸し出しつつも、キャッチーさは失わない新鮮不思議サウンド。なかなか同系統のバンドを挙げるのが難しいんですが、LOVERS MAKE LIARS、MAE、FAULTER、THE GRADUATE、そしてもちろんJUSTIN TIMBERLAKEなどが好みであれば押さえておくべきバンド!

1. Here We Go Again
2. The Feel Of Fading
3. Wake Up
4. Tearin' Up My Heart

Artist-7598608-groupline.jpg
www.myspace.com/thebrightlifemusic
www.purevolume.com/thebrightlife
01/23
Fri
 Title:HIT THE LIGHTS Music Video
author:Sway
新Gt. メンバーに元ROSES ARE REDのKevin Mahoneyを迎えたHIT THE LIGHTSが大ヒット中の2ndフル 『Skip School, Start Fights』 から「Drop The Girl」のミュージック・ビデオを公開しました。ラストの爽快感が絶妙!


Drop The Girl (2009)

hitthelightssssf.jpg
Skip School, Start Fights (2008)
洋楽音楽 / [ Music Video ]
01/21
Wed
 Title:ALL THE RIGHT MOVES / All The Right Moves
author:Sway
alltherightmovesatrm.jpg
Label: Self Released (2008)
Genre: Rock/Powerpop/Pop Punk/Emo/Electronica

愛と勇気の「ヴァイオリン meets パワーポップ」!

ヴァイオリンを取り入れたポップパンクといえばYELLOWCARDやBIG MAMAなどが有名ですが、このMinnesota州出身の5人組、ALL THE RIGHT MOVES(元THE EVERMORE ESCAPE)が奏でるのはありそうでなかった「ヴァイオリン meets パワーポップ」!感性豊かにファルセットを織り交ぜて歌い上げる素敵Vo. (小太り)と極上に爽快でウキウキなポップ・サウンドが響き渡る未知の世界!ムーグとヴァイオリンの絡みが非常に新鮮なM-1 「Mona Lisa」、あたたかくも牧歌的な印象を受けるM-2 「Wasted Youth」、時期尚早な爽快ポップすぎる一陣の春風のようなわたし的ベストM-3 「The Impatient, The Imperfect, The Impossible」(JAMESTOWN STORYのVo. Dane Schmidtがゲスト参加!)、哀愁漂うイントロとは対照的でウキウキ跳ねまくりなAメロに脱帽なリード・チューンM-5 「Dancer」、後半のピアノソロと転調は涙ナシには聴けないM-6 「Pretend」など、THE MEDIA SAYS、THE MORNING LIGHT、MY FAVORITE HIGHWAYなどのファンにはマストで大満足な全6曲!バンドの仲良し加減が伝わってくるM-4のミュージック・ビデオも下記で必視聴!

1. Mona Lisa
2. Wasted Youth
3. The Impatient, The Imperfect, The Impossible
4. Wildfire
5. Dancer
6. Pretend

l_59a698e83802f7436159f9b317bfb053.jpg
www.myspace.com/alltherightmoves
www.purevolume.com/alltherightmoves


Dancer (2008)
01/16
Fri
 Title:NEW FOUND GLORY Album Art & Track Listing
author:Sway
NEW FOUND GLORYEpitaph Recordsからの1stリリースとなる最新作 『Not Without A Fight』 を3/10にリリース。トラック・リストと1stシングル「Listen To Your Friends」、そしておバカなプロモCMは以下のとおり。これを聴いて来日公演に備えましょう!

nfg-not_without_a_fight.jpg
Not Without A Fight (2009)

1. Right Where We Left Off
2. Don't Let Her Pull You Down
3. Listen To Your Friends
4. 47
5. Truck Stop Blues
6. bTangled Up
7. I'll Never Love Again
8. Reasons
9. Such A Mess
10. Heartless At Best
11. This Isn't You
12. Don't Let This Be The End
13. I'm The Fool


Listen To Your Friends (2009)


『Not Without A Fight』 Promotional Commercial
洋楽音楽 / [ News! ]
01/15
Thu
 Title:HOUSTON CALLS / The End Of An Error...
author:Sway
houstoncallsteoae.jpg
Label: Drive-Thru (2008)
Genre: Rock/Powerpop/Pop Punk/Emo/Electronica

スマートな胸キュンPowerpop/Pop Punkサウンドに成長を遂げた2ndフル!

MOTION CITY SOUNDTRACKに続く「ムーグ meets Pop Punk」バンドとして注目を集め、2005年に待望のデビュー・アルバム 『A Collection Of Short Stories』 をリリースしたNew Jersey出身のHOUSTON CALLS。およそ3年ぶりとなる本作は、若さに満ち溢れたやんちゃなエモーショナル・サウンドからスマートで大人びた胸キュンPowerpop/Pop Punkサウンドに成長を遂げた。この変貌には賛否両論あるかもしれないが、芯となるキャッチーで甘酸っぱいテイストはどの曲を聴いても健在であり、余分なものを可能な限り削ぎ落とし、シンプルかつ丁寧に仕上げられたという彼らの試みは一聴しただけでも存分に伝わった。本作から最も早く視聴可能になり、新たなサウンドの方向性を指し示したM-1 「Modest Manifesto」により幕を開け、以前では考えられなかった胸キュンポップな1stシングルM-2 「Life Won't Wait」、小気味良く軽快なメロとツインVo. のハーモニーが心地良いM-3 「A Shot In The Dark」、これまたツインVo. の掛け合いがライブ映えしそうな爽快Pop PunkチューンM-4 「Things Are Happening」、イントロから胸を締めつけられるようなせつなさに満ちた疾走テイストM-6 「I Fancy Abroad」、わたしの地元でもある地名がタイトルに冠されたでらうれしいがや~なM-7 「Nagoya」など、現在ではTHE ACADEMY IS... が最も近いサウンドだといえるだろう胸キュン全開な全12曲。色々なごたごたで現在3ピースとなってしまった彼ら、今後もぜひDrive-Thru Recordsを盛り上げていってもらいたいものだ。

1. Modest Manifesto
2. Life Won't Wait
3. A Shot In The Dark
4. Things Are Happening
5. Stay With Me Tonight
6. I Fancy Abroad
7. Nagoya
8. Behind The Gun
9. Abandone
10. You Can't Simi
11. The Oaks On Prince St.
12. Dork Thinks He's Gonna Drown (Secret Track)

Artist-4740013-12.jpg
www.myspace.com/houstoncalls
www.purevolume.com/houstoncalls
01/11
Sun
 Title:MAYDAY PARADE Music Video
author:Sway
2007年にFearless Recordsから発売された1stフル 『A Lesson In Romantics』 が全米でトータル100,000枚のセールスを突破したMAYDAY PARADEが同作収録「Miserable At Best」のミュージック・ビデオを公開しました。この季節にピッタリのせつなくも胸を打つ作品に仕上がっています。


Miserable At Best (2008)

maydayparade.jpg
A Lesson In Romantics (2007)
洋楽音楽 / [ Music Video ]
01/09
Fri
 Title:THE MEDIA SAYS / Forgive Us If We Make You Smile
author:Sway

Label: Self Released (2008)
Genre: Rock/Powerpop/Pop Punk/Emo/Electronica

ハイセンスでエレクトロな爽快Powerpopの1等星!

リリースはかなり後半だったもののなんだかんだと聴いてたりで、個人的にSway Awards 2008の「EP OF THE YEAR」にもノミネートしたGeorgia州はAtlanta出身の4人組、THE MEDIA SAYSの1stEP!THE FRIDAY NIGHT BOYS、MERCY MERCEDES、FRIENDS FOR HIRE、BOYS WILL BE BOYSなどが席巻しているエレクトロなPowerpopテイストを持ち味とするPop Punkバンド、彼らを次に追随するのは間違いなくこのバンド!とにかくハイセンスでポップ&キュートな胸キュン・サウンドを得意とし、ドカン!と爆発力のある音では決してないもののジワジワとココロを満たしていくような不思議なポップ・パワーを持った彼ら、さらに全員かなりのイケメンとくれば、もう注目しないわけにいかないでしょう!THE BEACH BOYSの爽快さを時代に合わせて取り込んだサマー・チューンM-1 「Summer Lovin'」、シンプルながらVo. のファルセットとピアノの絡みが心地良い軽快チューンM-2 「Keep Falling Down」、METRO STATION、HELLOGOODBYEファンにはマストなエレクトロに傾倒したダンサブル・キラーM-3 「I Get To See My Girl」、もうPARCOかなんかのセールCMで流れてそうなインパクトのあるビューティフル・メロが一度聴けば耳から離れない個人的ベストなM-4 「Dance With Me」、全曲中最もアグレッシブで異彩を放つTHE MEDIC DROID、BREATHE CAROLINAライクなダンス・テイストM-6 「Everyone」など、知らず知らずにリピート必至な全6曲。1stフルで全編通してこのクオリティとバランスを保てるのかが非常に気になるところではありますが、とにかく今後ブレイクが期待される大注目株!

1. Summer Lovin'
2. Keep Falling Down
3. I Get To See My Girl
4. Dance With Me
5. That Pretty Gurl
6. Everyone

Artist-1003472-default.jpg
www.myspace.com/themediasays
www.purevolume.com/themediasays
01/05
Mon
 Title:OCTOBER NITES / When We Were Infinite
author:Sway
october_nites_-_when_we_were_infinite.jpg
Label: Self Released (2008)
Genre: Rock/Pop Punk/Emo/Alternative

テクニカルなギター・リフが冴えるブレイク必至の青春Pop Punk!

『The Underdog EP』 や 『One For The Kids』 の頃のYELLOWCARDをまず頭に浮かべたのはわたしだけではないはず!purevolumeで「Top 21 Unsigned 2008」にも選出されたNew York州出身の3ピース、OCTOBER NITES!テクニカルでサウンドを牽引する早弾きGt. と常にロマンティックな蒼さを意識させる青春メロが特徴的な彼ら、やや懐かしさを感じさせるそのサウンド・スタイルにはわたしのようなPop Punk世代は好感を持たずにはいられないでしょう。とにかくキラー・チューンM-2 「Love According To Kid 'N Play」のパーフェクトともいえる蒼さに触れてみることをオススメします。ウキウキな高速スウィープギター・リフと青春真っ只中なコーラスに心打たれること間違いなし!一転して物悲しくもジワジワと迫りくる哀愁メロが小憎らしいM-3 「California? It's Kind Of A Long Story... 」、イントロから「Ocean Avenue」がよぎって仕方がないロマンティックな疾走系M-4 「Give It A Try」、ブルージーでカントリーな豪快ギター・リフが心地良いM-5 「So Tell Me... 」、THE ATARISファンは涙モノの青春Pop PunkチューンM-6 「It's Over Now」など、3ピースとは思えない音の広がりと可能性を感じさせる全7曲。2009年は彼らが大きく飛躍してくれる年になることでしょう!

1. Midnight Drives
2. Love According To Kid 'N Play
3. California? It's Kind Of A Long Story...
4. Give It A Try
5. So Tell Me...
6. It's Over Now
7. TGIF (Bonus Track)

Artist-8954353-onpromo1.jpg
www.myspace.com/octobernites
www.purevolume.com/octobernites
01/05
Mon
 Title:New Year's Day
author:Sway
遅ればせながら、新年あけましておめでとうございます。本年も「Drivemo -Never Miss The Blast-」はほそぼそと営業していきますので、どうぞよろしくお願いいたします。新年といえばわたしにとってはこの曲です、花火を見にいこうぜ!


ELLEGARDEN / New Year's Day
Template by Girl's Dis
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。