It's all about rock; full of emotions and sweetness
--/--
--
 Title:スポンサーサイト
author:Sway
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
02/28
Sat
 Title:SELECT START / <3
author:Sway
selectstart.jpg
Label: Self Released (2009)
Genre: Rock/Pop Punk/Powerpop/Emo/Indie/Electronica

タイトルは「Heart」。
通算3作目にしてたどりついた激キャッチー・サウンド!


通算3作目のリリースとなるFrolida州出身の5人組、SELECT STARTの新作EP!1stフル 『Giving Up on Thinking Clearly』 ではエモーショナルなポップパンク、前作EP 『The Rotary』 ではREDISCOVERライクなピコピコ・エレクトロニカにかなり特化したテクノと、毎度方向性の異なるサウンドを披露していましたが、結局本作ではドキャッチーで耳馴染みの良いFOREVER THE SICKEST KIDS、RACING KITES、YOUNG AND DIVINEなどに代表される現在主流の爽快花形サウンドに仕上げてきました。バンド名どおりのファミコン・ライクな8ビット・サウンドを貫いてくれるのかと思っていたので、やっぱりそうきたか、と少し残念に思ってしまったのも事実ですが、デビュー作から一貫したキャッチーさはむしろ本作でさらに磨きがかかったような印象で、よりメジャー感のあるノリノリ・サウンドに成長してくれたのは評価すべき点。相変わらずの野太めな歌声が高らかに響き渡る青空ポップパンク・チューンM-1 「Kiss Your Genre Goodbye」、イントロからかなりダンサブルに傾倒しつつもサビメロで落ち着いてしまったのが悔やまれるM-2 「Oh So Epic」、MOTION CITY SOUNDTRACKを思わせる泣き虫メロ展開が心地良いM-4 「Hearts Will Explode」、RUNNER RUNNERファンなどはぜひ喰らいついてほしい極上ダンサブル・メロに今後の光を見たM-5 「A Playlist Killed The Mixtape」、前作収録曲をロック色強めに現在の彼らのサウンドでリアレンジしたM-7 「Baby, You Amaze Me (exclusive)」など、Purevolumeの「Top 21 Unsigned 2008」に昨年選出された勢いをそのまま感じられる全7曲!タイトルの「<3」は横に見るとわかると思うんですが、日本でいうところの顔文字で「Heart」を表しています。

1. Kiss Your Genre Goodbye
2. Oh So Epic
3. Dress Impressive
4. Hearts Will Explode
5. A Playlist Killed The Mixtape
6. If You Fall (Fall In Love)
7. Baby, You Amaze Me (exclusive)

Artist-4845779-pv.jpg
www.myspace.com/selectstart
www.purevolume.com/selectstart

18797.jpg
Giving Up on Thinking Clearly (2006)
スポンサーサイト
02/26
Thu
 Title:NEW FOUND GLORY / Not Without A Fight
author:Sway
nfg-not_without_a_fight.jpg
Label: Epitaph (2009)
Genre: Rock/Pop Punk/Emo/Post Hardcore

Epitaph Records移籍第1弾!
戦え!永遠のポップパンク・ヒーロー!


3月に待望の来日公演を控えている、我らが永遠のポップパンク・ヒーロー!NEW FOUND GLORYの6枚目となるオリジナル・アルバムが登場!長年所属した古巣Drive-Thru Recordsを離れ、老舗Epitaph Records契約後初のリリースとなる本作は、メンバーいわく、「今まで作ったことのないような作品、セルフタイトル・アルバム 『New Found Glory』 のファンのために作る」とのことで、彼らなりの原点回帰を図った作品と言えるのではないでしょうか。その内容は 『Catalyst』 の頃の彼らの音楽性が再び戻ってきたような印象で、前作 『Coming Home』 で切り拓いた胸キュン・ポップ路線を脱線するのではなくうまく昇華させたテイスト、その2枚の中間を行くサウンドといえると思う。近年覆面バンドやEPなどでハードコア熱が加熱したり、ベスト盤やカバー盤などのリリースが相次いでいた彼らだったので、新作は一体どんな作品のなるかと一抹の不安を抱えていたが、ふたを開けてみればなんのことはない、いつもの極上にキャッチーでタテノリ感バツグンなポップパンクがそこにはあった。

ハードかつシリアスに幕を開け、前作のテイストとの決定的な違いを印象づけるM-1 「Right Where We Left Off」。お得意のハードコア・シンガロングがライブ映え必至なパワフル・チューンM-2 「Don't Let Her Pull You Down」。かの「Hit Or Miss」と並ぶほどの名曲の予感、シンプルな疾走感の中に彼らならではのキャッチーで軽快なせつなメロが埋め尽くす1stシングルM-3 「Listen To Your Friends」。懐かしくもアッパーな快速メロディック具合に涙が出そうになったM-5 「Truck Stop Blues」。2009年型NFGだからこそ作り出せる激せつなハード・メロの宝石チューンM-6 「Tangled Up」。ダイナミックでエモーショナルな胸キュン・ミドルに溺れてしまいそうなM-8 「Reasons」。スケール感溢れる温かなハートフル・メロが心地良く響くM-10 「Heartless At Best」。GOO GOO DOLLSを彷彿とさせる絶妙なロック・リフとJordanの美声が対照的なまたまた名曲M-11 「This Isn't You」など、わたしにとっては最高傑作 『New Found Glory』 と毛色はやや違えど、肩を並べるほどの名盤といっても過言ではない捨て曲なしの全12曲!プロデュースはBLINK 182のMark Hoppus!

記事を書いていて、ふと2003年の初来日公演を思い出したんですが、クアトロでTHE STARTING LINE、GOOD CHARLOTTEが前座!Jordanカゼひいて声出てなくて残念だったんだけど、改めて考えるとすごいメンツだった。6年後にはANBERLIN、FOREVER THE SICKEST KIDSですよ!2008年のサマソニではZEBRAHEAD欲のために消化不良だったんで、来日公演が楽しみすぎる!NFGは永遠のポップパンク・ヒーロー!

1. Right Where We Left Off
2. Don't Let Her Pull You Down
3. Listen To Your Friends
4. 47
5. Truck Stop Blues
6. Tangled Up
7. I'll Never Love Again
8. Reasons
9. Such A Mess
10. Heartless At Best
11. This Isn't You
12. Don't Let This Be The End
13. I'm The Fool *
(* Japanese Bonus Track)

Artist-5527727-NFG.jpg
www.myspace.com/newfoundglory
www.purevolume.com/newfoundglory

18977.jpg
Coming Home (2006)

new.jpg
New Found Glory (2000)
02/25
Wed
 Title:SUMMER SONIC 09 Line Up
author:Sway
ss09.jpg

今年で10周年を迎える国内最大規模のロックの祭典、SUMMER SONIC 09の第1弾アーティストのラインナップが早くも発表されました。今年は3日間の開催ということで、例年より綿密な計画を立てなければいけなさそう。Hayley嬢にまた会える!

SUMMER SONIC 09 Line Up (Part 1)
LINKIN PARK
MY CHEMICAL ROMANCE
NINE INCH NAILS
THE SPECIALS
THE FLAMING LIPS
APHEX TWIN
CSS
THE ENEMY
KLAXONS
MOGWAI
PARAMORE
PLACEBO
SONIC YOUTH
SOULWAX
TEENAGE FANCLUB
BOYS LIKE GIRLS
CANCER BATS
DATAROCK
ENTER SHIKARI
GHOSTLAND OBSERVATORY
GIRL TALK
HOLLYWOOD UNDEAD
KID SISTER
KYTE
LADY GAGA
LENKA
LITTLE BOOTS
MANDO DIAO
MATISYAHU
METRONOMY
MEW
MERCURY REV
MUTE MATH
N.A.S.A.
RED LIGHT COMPANY
SAOSIN
2 MANY DJ'S
THE VASELINES
VV BROWN
YUKSEK
...and more!!

TOKYO
千葉マリンスタジアム&幕張メッセ
2009/08/07(Fri) Chiba Marine Stadium & Makuhari Messe
1day ¥14,000(税込・ブロック指定)OPEN 9:30am / START 12:00pm
2009/08/08(Sat) Chiba Marine Stadium & Makuhari Messe
1day ¥15,000(税込・ブロック指定)OPEN 9:30am / START 11:30am
2009/08/09(Sun) Chiba Marine Stadium & Makuhari Messe
1day ¥15,000(税込・ブロック指定)OPEN 9:30am / START 11:30am

3日通し券(3days Ticket)¥39,500(税込・ブロック指定)

OSAKA
舞洲サマーソニック大阪特設会場
Ticket Coming Soon!
洋楽音楽 / [ News! ]
02/25
Wed
 Title:THE ALL-AMERICAN REJECTS / When The World Comes Down
author:Sway
TheAll-AmericanRejects-WhentheWorldComesDown.jpg
Label: Interscope (2008)
Genre: Rock/Powerpop/Pop Punk/Emo/Alternative

相変わらずの絶妙ポップ・センスを誇る待望の3rd!

William王子に続いてはTyson王子。名曲「Swing, Swing」を収録、2002年に発表されたデビュー作 『The All-American Rejects』 がスマッシュ・ヒットを記録し、以来国内外を問わず安定した人気を誇るOklahoma州出身の4人組、THE ALL-AMERICAN REJECTSの待望の3rdフル!全米Billboardチャートで最高位15位を記録した本作、彼らのサウンドは良い意味で常にマイペース、本作も相変わらずキャッチーで耳馴染みの良いポップロック・サウンドがズラリと並んでおり、さすがのソング・ライティング・センスはやはり健在。とくに1stシングルにもなったM-4 「Gives You Hell」などは思わず「そうきたか!」と聴いた人を頷かせる説得力のあるシンガロング・チューンであるし、一度聴けばかならずや口ずさみたくなるサビが印象的なM-1 「I Wanna」、突如としてメルヘンなイントロに腰砕けにされるM-2 「Fallin' Apart」、小気味良いビートを効かせた爽快パワーポップM-6 「Breakin'」、THE PIERCEのCatherineとAllisonのPierce姉妹をフィーチャーしたメロディック・テイストM-7 「Another Heart Calls」、ストリングスとダイナミックなメロがなんとも心地良いシークレット・トラックM-13 「Sunshine」など、とにかく聴けば聴くほどジワジワと効いてくるタイプの作品で、前作に比べるとスケール的にやや小ぶりに感じるのだが、それでも良作には違いない。

1. I Wanna
2. Fallin' Apart
3. Damn Girl
4. Gives You Hell
5. Mona Lisa
6. Breakin'
7. Another Heart Calls
8. Real World
9. Back To Me
10. Believe
11. The Wind Blows

Artist-552496-AARHate439_v3.jpg
www.myspace.com/theallamericanrejects
www.purevolume.com/theallamericanrejects


Gives You Hell (2008)
02/24
Tue
 Title:THE ACADEMY IS... / Fast Times At Barrington High
author:Sway
theacademyisftabh.jpg
Label: Fueled By Ramen (2008)
Genre: Rock/Powerpop/Pop Punk/Emo/Alternative

パワーポップ・テイストを追求したカラフル&キュートな最高傑作!

2008年の夏をすがすがしく彩った作品といえば、まず本作品を思い出す方も多いのではないでしょうか。William王子率いるIllinois州出身の5人組、THE ACADEMY IS... の3rdフル!パワーポップ・テイストをとことん追求したかのようなサウンドは彼らの作品の中でも最もポップでカラフル、良い意味で憂いインディー・テイストを脱却し、まるで羽化をし終わったばかりの蝶のようにのびのびと空を飛びまわっているかのような印象をどの曲からも感じます。全米Billboardチャートでも最高位17位を獲得し、バンドとしても成熟してきた素晴らしいステップ・アップ作といえるでしょう。1stシングルで冒頭からその軽快なテイストに一気に引き込まれるM-1 「About A Girl」(いろんな意味で胸キュンなミュージック・ビデオは下記参照)、エモーショナルさと爽快さを絶妙なバランスで配分した超絶パワポ・チューンM-2 「Summer Hair = Forever Young」、わたしのベストでもあるアルバム中随一の激ポップパンク・メロがほとばしるシンガロングM-3 「His Girl Friday」、William王子の優しくも温かい歌声がしんみりと聴くものを癒すヒーリング・ミドルM-4 「The Test」、抑揚のあるグッド・メロディが突如として洪水のように押し寄せるM-10 「Beware! Cougar!」、「フウ~ウ♪」大合唱間違いなしなキュートで胸キュンメロが心地良すぎるM-11 「Paper Chase」など、どこまでもキュートでオネストなポップ・サウンドが所せましと詰め込まれた全12曲!純粋な爽快パワポ作品としても楽しめる最高傑作!

1. About A Girl
2. Summer Hair = Forever Young
3. His Girl Friday
4. The Test
5. Rumored Nights
6. Automatic Eyes
7. Crowded Room
8. Coppertone
9. After The Last Midtown Show
10. Beware! Cougar!
11. Paper Chase
12. One More Weekend

l_aded9dbe71c5480884b155307a4ff945.jpg
www.theacademyis.com
www.myspace.com/theacademyis
www.purevolume.com/theacademyis


About A Girl (2008)
02/23
Mon
 Title:FM STATIC Album Art & Track Listing
author:Sway
FM STATICが2006年に発表された2ndフル 『Critically Ashamed』 以来約3年ぶりとなる3rdフル 『Dear Diary』 を4/7にリリース。Sunday Driveでも紹介されているように、現在MySpaceで紹介されている新曲「The Unavoidable Battle Of Feeling On The Outside」はNEW FOUND GLORYの「My Friends Over You」と「Head On Collision」を足して2で割ったような曲で、ある意味とても興味深い作品に仕上がっていそう。

fmstaticdd.jpg
Dear Diary (2009)

1. Boy Moves To A New Town With Optimistic Outlook
2. The Unavoidable Battle Of Feeling On The Outside
3. Boy Meets Girl (And Visa Versa)
4. Sometimes You Can Forget Who You Are
5. Man Whatcha Doin' ?
6. The Voyager Of Beliefs (Featuring Tricia Brock of Superchick)
7. Her Father's Song
8. Take Me As I Am
9. Dear God
10. The Shindig (Off To College)
洋楽音楽 / [ News! ]
02/22
Sun
 Title:IVORYLINE Music Video
author:Sway
IVORYLINEが1stフル 『There Came A Lion』 から「Days End」のミュージック・ビデオを公開しました。Dr. の振りかぶりがすごくアグレッシブ。


Days End (2009)

ivorylinetcal.jpg
There Came A Lion (2008)
洋楽音楽 / [ Music Video ]
02/21
Sat
 Title:ME VERSE YOU New Release
author:Sway
l_4254e420e8904bb38f1f9a75bbe6b0e3.jpg

ME VERSE YOU (ex. SO THEY SAY)が3/31に1stフル 『Another Enemy』 をリリース予定。2008年2月に活動休止を発表して以来、直後に「THE AUDIO」というバンドで再始動するとか、やっぱり「ME VERSE YOU」にするー!とかかなり自由奔放な彼らですが、音は一転してかなりドキャッチーでヤバいことになってます。MySpaceにてサンプラーが視聴できるので必聴!結局STS時代とメンバーひとりしか変わってなかったりで仲良し。
洋楽音楽 / [ News! ]
02/21
Sat
 Title:THE DOPPLER EFFECT / Just Dance!
author:Sway
The_Doppler_Effectjustdance.jpg
(アルバム・アートは仮のものです)
Label: Self Released (2009)
Genre: Rock/Pop Punk/Powerpop/Emo

MAYDAY PARADE meets HIT THE LIGHTS!
FOREVER THE SICKEST KIDSに匹敵する超新星!


ポストFOREVER THE SICKEST KIDSを銘打てそうな新星バンドはゴロゴロ現れているが、FTSKに匹敵するといえばこのバンドをおいて他にいないだろう。それがこのNew York州出身の6人組、THE DOPPLER EFFECTの6曲入りEP!彼らを他の形容を用いて表現するとすれば「MAYDAY PARADE meets HIT THE LIGHTS」が最もしっくりくるかもしれない。ときに美しく、ときに荒々しく絡み合うツインVo. にとことんドキャッチーでシンガロングな爽快エモメロポップパンクの甘美な出会い、それこそが彼らのサウンドの真骨頂!もちろんダンサブル&軽快さを盛り立てるエレクトロニカ・テイストもサウンドの輪郭を際立たせる程度にしっかりと搭載。CARTELのVo. Will Pughをゲストに迎えた爽快きわまりないオープニング・チューンM-1 「Now You Know, And Knowing Is Half The Battle」、キレの良いツインVo. の掛け合いが気持ち良すぎる軽快シンガロングM-2 「Let's Get Rowdy Roddy Piper」、メロディックに疾走するイントロと対照的な爽快サビメロが美しく交錯し、後半の神がかった展開にも脱帽なM-4 「She's Not A Call Girl, She's One Classy Broad」、ツインVo. の歌心が満点にほとばしり、MAYDAY PARADEの「Miserable At Best」を思い出さずにはいられないピアノ押しなエモーショナル・ミドルM-6 「Looks Like I Picked The Wrong Day To Quit」など、とにかくその類い希なるポテンシャルを存分に発揮した全6曲!確実に今後の大いなる飛躍が期待できるため、今のうちからツバつけとくべき超ハイクオリティ・バンド!待ちきれずにストリーミングの状態で先出ししてしまいましたが、製品盤のリリースを心待ちにしましょう!

1. Now You Know, And Knowing Is Half The Battle
2. Let's Get Rowdy Roddy Piper
3. The Shakedown
4. She's Not A Call Girl, She's One Classy Broad
5. Anything But Textbook
6. Looks Like I Picked The Wrong Day To Quit

Artist-5654137-us1.jpg
www.myspace.com/thedopplereffectrock
www.purevolume.com/thedopplereffectny
02/19
Thu
 Title:LIAM AND ME Music Video
author:Sway
LIAM AND ME『Kill Brand 2008 Compilation』 にも収録されていた「Say It Out Loud」のミュージック・ビデオを公開しました。それよりもなによりも新作はまだ?


Say It Out Loud (2009)
洋楽音楽 / [ Music Video ]
02/19
Thu
 Title:TEN SECOND EPIC / Hometown
author:Sway
tensecondepich.jpg
Label: Black Box (2009)
Genre: Rock/Pop Punk/Powerpop/Emo/Alternative

紆余曲折の末帰り着いたまさに 『Hometown』 サウンド!

通算3作目なんですが、毎度その方向性を微妙に変えてくる実験大好きバンド、カナダはEdmonton出身の5人組、TEN SECOND EPIC!以前はどこか陰があり憂いを織り交ぜたエモロック・サウンドを得意としていましたが、本作ではなにかが弾けたかのように爽快で瑞々しいポップな青空モダンロック・サウンドを聴かせてくれます。まるでCARTELのような絶妙なポップネスを備えた軽快さ加減は彼らの度重なる実験の成果ともいえる完成度の高さで、青空が似合うストレート・メロがココロを打つM-1 「Welcome To Wherever You Are」、せつなさ満点なオルタナティブ・テイストM-2 「Life Times」、どこから聴いてもCARTELの「Lose It」に見まごうごとき女性Vo. をフィーチャーした激爽快ポップ・キラーM-3 「Every Day」、伸びやかなVo. がもっともコーラス映えして聴こえる青空ダイナミックなM-6 「Well, That's The Thing」、絶妙な疾走感が心地良すぎるわたし的ベスト・チューンM-8 「Get So Far」、アグレッシブに攻め立てる爽快エモメロM-10 「First & Foremost」、スウィートなBメロとエモーショナルなサビで泣くラスト・ソングM-11 「Further Now」など、捨て曲なしに聴かせる爽快青空テイストがこれでもかとばかりにつめこまれた全11曲!ようやく彼らの方向性は定まったといえるんじゃないでしょうか!

1. Welcome To Wherever You Are
2. Life Times
3. Every Day
4. Yours To Lose
5. Costa La Vista Baby
6. Well, That's The Thing
7. Windows
8. Get So Far
9. Stand Up
10. First & Foremost
11. Further Now

Artist-7239542-_BRO7595.jpg
www.myspace.com/tensecondepic
www.purevolume.com/tensecondepic






Life Times (2009)

15937.jpg
One More For The Road (2005)
02/18
Wed
 Title:THE SEQUENCE / Simplify
author:Sway
thesequences.jpg
Label: Self Released (2008)
Genre: Rock/Pop Punk/Emo/Alternative/Electronica

120%正統派!
「蒼さ」満点な爽快エモロック!


120%正統派ともいえそうな「蒼さ」満点な爽快エモロックを奏でるのが、California州出身の4人組、THE SEQUENCE!エレクトロニカやピアノを織り交ぜたりもするのだが、彼らの強みはやはり一本筋のとおった爽快メロディ、全編とおして決してブレることのないその男気すら感じさせる力強さは、最近の若手バンドにはめずらしいほどの安定感を生み出している。クリア&ハイトーンに聴かせるVo. も最近わたしが聴いたなかでは他に類をみないほどの素敵さ!感情の込め方や抑揚のつけ方、なんて聴いていて心地良い歌い方をするのだろう、と思わずため息。とくにその素晴らしさがあらわれているのが激胸キュンなアコースティック・ミドルM-5、ファルセットと力を込めたときのエモーショナルなかすれ具合はもう絶妙のひとこと。適度な疾走感とストレートなエモロックがココロをえぐるM-2 「The Only Thing」、ハモリが破壊力バツグンでBメロ押しなM-3 「Long Distance」、思わずNINE DAYSを頭に浮かべたせつなテイストM-4 「Out Here In California」、PLAIN WHITE T'Sの名曲「Hey There Delilah」にも匹敵するかのような純朴さがほとばしるM-7 「Eponine」、そしてわたし的ベストな極上胸キュンエモメロ・チューンM-8 「Setting The Best Example」など、AMA RADIO、LOVERS MAKE LIARSなどの蒼さ溢れるエモロック・サウンド、そして泣ける素敵な歌声を求める方にはぜひマストな全10曲。新作EP 『In Lights』 も絶賛発売中!わたしは彼らを探すときによくTHE CONSEQUENCE(現CASH CASH)と間違えます、余談。

1. Entourage
2. The Only Thing
3. Long Distance
4. Out Here In California
5. Fail With Open Arms
6. Tangled
7. Eponine
8. Setting The Best Example
9. Secrets
10. Whisper

Artist-8368603-APpic.jpg
www.myspace.com/thesequencerock
www.purevolume.com/thesequencerock
02/17
Tue
 Title:THE ELECTRIC DIORAMA / Lifemale
author:Sway
lifemalees6.jpg
Label: Nerdsound (2007)
Genre: Rock/Pop Punk/Powerpop/Emo/Electronica

イタリア、ローマ発!
聴けば聴くほどクセになる「哀愁メロ×エレクトロニカ」!


リリースからはかなり経っていますが、聴けば聴くほどジワジワとわたしの脳内ランキングをうなぎ昇りしているイタリアはローマ出身の5人組、THE ELECTRIC DIORAMAの1stフル。イタリアを代表するPop Punkバンド、VANILLA SKYのセッション・プレイヤーを務めていたBa. のHelio Di Nardoを中心に結成された彼ら、その名が示すとおり現在全盛を迎えているエレクトロニカを前面に押し出したサウンドなんですが、ただし決して甘くない!昨今のエレクトロなPowerpopブームとは一線を隔すその真髄は「哀愁メロ×エレクトロニカ」!ザクザクとメタリックでハードに奏でるエモーショナルなロック・サウンドを基本とした哀愁メロに不思議とマッチするダンサブルテクノ・テイスト!それだけに収まらず、ときにハード、ときにメランコリック、ときにロマンティックへと変幻自在にカタチを変えるすさまじいメロディ・メイクにも要注目です。THE ALPHA COUPLEの名曲「It's A Virus!」を彷彿とさせる哀愁ダンサブルの極み、M-2 「Oh Dear, Now I'm Sure, I Hate You」、爽快ポップネスが心地良すぎるHELLOGOODBYEライクなピコピコ・テイストM-3 「Shaking Goodbyes」、一転してせつなくもスペーシーな悲しいクリスマス・ソングM-4 「Our Love Will Dry Out On Christmas」、そしてわたしのベスト・チューンであるエッジの効いたギターとデジタル・サウンド、そしてスクリームという異種格闘技戦のようなすさまじい絡みがなんとも彼ららしい必殺メロディアスM-6 「There's No Quiet In Here」、120%ドリーミーで聴いているうちに眠りに落ちてしまいそうな心地良さを誇るM-8 「Meadows (Once Upon A Song)」など、とにかくほかのバンドには決して真似のできないメロディ・メイクと斬新さに大満足な全9曲。MySpaceでも視聴可能な新曲「I Did As」を収録したリイシュー盤を今年の初めにリリースし、今後に大注目なイタリアン・バンド!

1. Lie/female
2. Oh Dear, Now I'm Sure, I Hate You
3. Shaking Goodbyes
4. Our Love Will Dry Out On Christmas
5. You Brought Drama Into Diorama
6. There's No Quiet In Here
7. A Lie To Believe In
8. Meadows (Once Upon A Song)
9. Long Letters & Evening Dresses

Artist-5188678-theelectricdiorama.jpg
www.myspace.com/theelectricdiorama
www.purevolume.com/theelectricdiorama


Oh Dear, Now I'm Sure, I Hate You (2007)
02/14
Sat
 Title:Drivemo×SMILEVIDEO 【参】
author:Sway


ハッピー・バレンタイン!逆チョコではないですが、Drivemo×ニコニコ動画第3弾!今回は2003年に発表されたオーストラリアとアメリカのパンク・バンド、総勢32組を収録した異色の国別対抗2枚組コンピ第3弾 『Caddy Of The Year 3』 より、残念ながらすでに解散してしまっているUNIVERSAL LEARNINGの代表曲「Time Is Up」!この頃の乾いたメロディック・テイストの音色はわたしにとって本当に宝物です。
02/13
Fri
 Title:PROM NIGHT IN BLACK AND WHITE / This Sinking Ship
author:Sway
promnightibawtss.jpg
Label: Self Released (2008)
Genre: Rock/Pop Punk/Powerpop/Emo/Electronica/Indie

なんて早熟!なんて緩急!
ポカーンなエレクトロニカ→ハイテンション・ポップパンク!


なんて緩急!とおもわず声を荒げてしまったのがCanada出身の4人組、PROM NIGHT IN BLACK AND WHITEの4曲入りEP。2008年の1月に活動を開始した彼ら、メンバーは全員がまだ16、17歳だというから、まずはその早熟ぶりに驚かされる。一聴するとNEVER SHOUT NEVER、BREATHE ELECTRICなどのようにエレクトロニカのみで緩やかに展開するサウンドかと思いきや、突如堰を切ったかのように打ち鳴らされるツーバス、ハードコアをも通過したかのようなハイテンション&エモーショナルなポップパンク・サウンドにもうポカーン。それが決してミスマッチではなく、心地良く聴けてしまうのだから、なんとも彼らのメロディ・メイクの強さをひしひしと感じる。冒頭のアコースティックでピースフルな雰囲気から一転、ダイナミックなエモメロを聴かせるM-1 「Sweep You Off Your Feet」、懐かしくもあり斬新ともいえそうな激パンキッシュなキャッチー・シンガロングM-2 「Epic Phaile」、美しい女性コーラスを交え、彼らの真骨頂ともいえる緩急ありまくりな疾走ピコピコ・ポップパンクキラーM-3 「Flaws In Her Words」など、とにかく予想を良い意味で裏切られまくりな緩急っぷりに脱帽な全4曲!

1. Sweep You Off Your Feet
2. Epic Phaile
3. Flaws In Her Words
4. The Current State

Artist-189113-pic1.jpg
www.myspace.com/promnightinblackandwhite
www.purevolume.com/promnightinblackandwhite
02/11
Wed
 Title:HIT THE LIGHTS 初来日大決定!!
author:Sway
l_8a88e0f1c120c54651bd701488a4332f.jpg

ぎゃー!!!HIT THE LIGHTSが「BEYOND [THE] BLUE Tour 2009」で初来日を果たすことがB[T]B制作チームのブログにて発表されました!当ブログの理念であるエモーショナル・メロディック、エモメロとは彼らのためにあるかのような言葉、彼らに出会って5年、わたしが最も愛するバンドがようやく日本に来てくれます!本当に嬉しすぎる!!本ツアーにはすでにVALENCIA、EVERY AVENUEの参加が決定しており、第4弾アーティストはさらにすごいとのこと。今夜は祝杯をあげたいと思います。

BEYOND [THE] BLUE Tour 2009

6月6日(土)大阪公演
6月7日(日)名古屋公演
6月12日(金)東京公演
6月13日(土)東京公演
6月14日(日)東京公演

hitthelightssssf.jpg
Skip School, Start Fights (2008)

17372.jpg
This Is A Stick Up... Don't Make It A Murder (2006)

hitthelights.jpg
Until We Get Caught (2005)
洋楽音楽 / [ News! ]
02/11
Wed
 Title:CASH CASH / Take It To The Floor
author:Sway
cashcashtittf.jpg
Label: Universal Republic (2009)
Genre: Rock/Powerpop/Pop Punk/Emo/Electronica/New Wave

早くも本年度No. 1の必殺チューンM-3は必聴!
激ピコ!激ポップ!激キュン!な爽快ポップ・エレクトロの金字塔!


「現ナマ 現ナマ」とか訳しちゃうと文字どおり生々しくなってしまうNew Jersey州出身の4人組、CASH CASHのデビュー・フル!周知のとおり以前はTHE CONSEQUENCEとして活動していた彼ら、当時から類い希なるポップ・センスとピコピコ・エレクトロニカを前面に押し出したサウンドを展開していましたが、いやはや改名して繰り出された本作ではその破壊力を幾重にも増したダンサブルで中毒性バツグンの「珠玉」ポップネスを発揮しまくり!'70年代レトロなダンス・サウンド×エレクトロニカ・テイストをさらに特化!懐かしさを感じさせつつもこれほど時代が求める音を創り出せる彼らの音楽センスにはとにかく脱帽です。前作でもリード・チューンだったM-1 「Break Out」はメロと構成を激変させファミコン8ビットを搭載、THE CAB的爽快さをも聴かせるM-2 「Sugar Rush」、そしてなんといっても早くも本年度No. 1のダンサブル・キラーといっても過言ではない必殺チューンM-3 「Party In Your Bedroom」、スパニッシュなギターとTHE WHITE TIE AFFAIRライクな哀愁メロがたまらないバンド名を冠したM-4 「Cash Cash」、突如訪れるキュン死寸前の爽快サビに胸が高鳴るM-6 「Electric Hearts」、一転シリアスでロックに特化したクール・テイストM-8 「Concerta」、爽快ピースフルでアルバム中最もハッピーに仕上がったM-10 「Your Love」など、激ピコ!激ポップ!激キュン!な全12曲。上記のバンドのファンやMETRO STATION、HELLOGOODBYE、そしてN'SYNCなどが好きな方にはとにかくマスト、今後これ以上の爽快ポップ・エレクトロな作品は出てこないのではないかとも不安感さえ感じさせる1stフルにして脅威の最高傑作!

1. Break Out
2. Sugar Rush
3. Party In Your Bedroom
4. Cash Cash
5. Can't Stop Looking
6. Electric Hearts
7. Interlude
8. Concerta
9. Two Days Old
10. Your Love
11. Radio
12. Dynamite

Artist-33689-promophoto2.jpg
www.myspace.com/cashcash
www.purevolume.com/cashcash

300448_1.jpg
THE CONSEQUENCE / By The Bedside (2007)
02/09
Mon
 Title:PHILMONT / Oh Snap
author:Sway
philmontos.jpg
Label: Forefront / EMI-CMG (2008)
Genre: Rock/Pop Punk/Powerpop/Emo/Alternative/Electronica/Christian

Drivemoイチオシ!2009年ブレイク必至バンド筆頭格!
Like RELIENT K, THE FRIDAY NIGHT BOYS and CAPITAL LIGHTS!


2009年にブレイクが期待されるバンドは以前ご紹介したFRESHMAN 15以外にも星の数ほどいるわけですが、個人的にイチオシしたいのがこのNorth Calorina州出身の4人組、PHILMONT!クリスチャン・バンドが数多く所属するEMI-CMGとすでにメジャー契約を交わしている彼ら、2008年に発表された本作は彼らの計るに余りあるポテンシャルが全曲で炸裂した好盤に仕上がっています。RUN KID RUN、RELIENT K、STELLER KARTなどのクリスチャン・バンドが奏でるような爽快エモメロ・ポップパンクサウンドに、適度にノれるウキウキ・エレクトロニカを搭載し、THE FRIDAY NIGHT BOYS、CAPITAL LIGHTS、THE BIGGER LIGHTSなどと肩を並べられるクオリティを誇る次世代エモメロサウンド、ときにはオルタナティブな哀愁漂うロック・テイストや美しいアコースティック・ミドルも飛び出したり、なんともサウンドの懐と振れ幅の大きいこと!まずはわたしも冒頭のワン・シャウトを一聴しただけでノック・アウトされてしまったCINEMATIC SUNRISEファンは卒倒必至の爽快疾走エモメロ・キラーのM-1 「I Can't Stand To Fall」を必聴!ミュージック・ビデオも製作されモダンロックに傾倒したシリアスなM-2 「The Difference」、甘い歌声がビューティフルに響くなるほどクリスチャンなM-3 「Another Name」、一転してアッパーなSIMPLE PLANライクなメロディック・ダンサブルM-4 「My Hippocratic Oath」などを含む全5曲。近々発表されるだろう1stフルへの展望はもちろんだが、Vo. Scottのギターの位置の低さがすごく気になる今日この頃。

1. I Can't Stand To Fall
2. The Difference
3. Another Name
4. My Hippocratic Oath
5. Photosynthetic

l_7605ba1a34a646e2b112810d166bba48.jpg
www.myspace.com/philmontrock
www.purevolume.com/philmontrock


The Difference (2008)
02/07
Sat
 Title:Drivemo×NONAME MAGAZINE
author:Sway
noname05.jpg
Emo/Screamo/Pop Punk/Post Hardcoreに特化した内容では日本国内では他に類を見ないほどの激アツなクオリティを誇る「NONAME MAGAZINE」の5作目!BEFORE MY LIFE FAILS、THE GETAWAY PLAN、FIGHT FAIR、THE BIGGER LIGHTSなどの特濃インタビューは決して他では読めません!

さてそんなパンク・シーンの最先端を行くインディーズ・マガジンに、わたくしSwayがいくつかショート・レビューを提供させていただきました!こういった機会をいただいて、ありがとう編集長!というわけでサンプラーもすさまじい内容でこの価格、興味のある方もそうでない方もぜひぜひ手に取るべき内容!STM Onlineなどで購入できます。

nonamesampler05.jpg
ISSUE 05 SAMPLER

1. GUSANOS / Revive
2. THE BIGGER LIGHTS / Apocalypse!
3. AWAKE AND DREAMING / All In
4. CRASH ROMEO / Victim Liar
5. THE MORNING LIGHT / Done Writing Love Songs
6. ARCHITECTS / Numbers Count For Nothing
7. THE FACELESS / Legion Of The Serpent
8. HEAVY HEAVY LOW LOW / How Many Dad's Must Eat Themselves
9. SEE YOU NEXT TUESDAY / She Once Said I Was A Romantic
10. HARRIS GRADE / Hold On For Your Life
11. MANGA / Bir Kadin Cizeceksin
12. CARRY ALL / You're Everything
13. RADIO RACER / It's Her
洋楽音楽 / [ News! ]
02/06
Fri
 Title:Drivemo×SMILEVIDEO 【弐】
author:Sway
ニコニコ2作目!2004年に発表された 『From Ohio With Love』 よりHIT THE LIGHTSの「All Or Nothing」!A DAY IN THE LIFE(現HAWTHORNE HEIGHTS)、THE RED AFFAIR(現THE GREAT AMERICAN BEAST)との豪華スプリットに収録されていたHTL初期の名曲!


洋楽音楽 / [ SMILEVIDEO ]
02/04
Wed
 Title:FRESHMAN 15 / 5 Ways To Get To Third Base
author:Sway
15freshmen5wtgttb.jpg
Label: Self Released (2008)
Genre: Rock/Pop Punk/Powerpop/Emo

Like DANGER IS MY MIDDLE NAME and HIT THE LIGHTS!
2009年ブレイク必至な爽快エモメロポップパンカー!


2009年のブレイクが大いに期待されるバンドは数多くいるが、わたしが爽快エモメロポップパンクで1バンドあげるとするなら迷わず彼らを推すだろう。Georgia州出身の4人組、FRESHMAN 15!結成は2001年と意外と古い彼らの2008年に発表された5曲入りEP、まもなく2/17にはこの全曲が再録されたデビュー・フルがStandby Recordsより発売されるのだが、とりあえずは前哨戦というわけで本作を紹介したい。DANGER IS MY MIDDLE NAME、ALL TIME LOW、NEW FOUND GLORY、そしてHIT THE LIGHTSなどのファンには問答無用でオススメなこのバンド、とにかくハイトーンで伸びやかなコーラス映えするVo. を筆頭に、ダイナミックでキャッチーな爽快エモメロポップパンクを聴かせてくれる。パワーポッブのキラキラ要素も持ち合わせており、聴く人を選ばず笑顔にさせる、そんな不思議なウキウキ加減が彼らの最大の武器。「エビバディ・イズ・ハッピー♪」が合い言葉のように響き渡るシンガロングM-1 「Phoenix Can Keep You」、ほどよい疾走感でニコニコさせるサビメロが心地良いM-2 「Count On It」、ノリノリ手拍子必須なダンサブル・テイストM-4 「Are You Ready For This?」、ピアノを織り交ぜたシンガロング・ミドルM-5 「When Cheating Had Feeling」など、聴けば誰もがニコニコできるハッピーな軽快エモメロがつまった全5曲!

1. Phoenix Can Keep You
2. Count On It
3. Our California Song
4. Are You Ready For This?
5. When Cheating Had Feeling

l_069c18563c2a451b8f7ae8c032ad6c28.jpg
www.myspace.com/freshman15rock
www.purevolume.com/freshman15band
02/04
Wed
 Title:VALET PARKING / Blackout
author:Sway
valetparkingblackout.jpg
Label: Self Released (2009)
Genre: Rock/Pop Punk/Powerpop/Emo/Indie

彼らの上には無限に広がる青空があった

冬真っ只中ですが、寒さを吹き飛ばすDrivemoの熱いエモメロ旋風はまだまだ続きます!ALL TIME LOW、NEVER HEARD OF IT、HOUSTON CALLSなどを思わせるエモーショナル度バツグンな爽快エモメロをかき鳴らすのがこのLong Island州出身の4人組、VALET PARKING!2006年までこのバンドに所属していたMatt VillaniがSTEREO SKYLINEを結成するために脱退したというのは地味に有名な話。彼らの7曲入りの新作EPはとにかくダイナミックかつドキャッチーに展開する青空盤。吐き捨て系ながら歌心満点にに絡み合うツインVo. を軸として、JIMMY EAT WORLDをどこか彷彿とさせる蒼いメロディを持ち合わせた楽曲がこの作品には詰まっている。青空キラーなド爽快エモメロ・テイストなタイトル・チューンM-2 「Blackout」、歌い出しからココロに熱く訴えかけるこちらも青空度満点なM-3 「Leave And Let Go」、早口ラップ・ライクなAメロと壮大さをも感じさせる胸キュン・ミドルなサビが対照的なM-5 「Just Pretend」など、イントロ&アウトロのショート・チューンを含む全7曲。EPのタイトルやジャケの暗さとは矛盾すら感じさせる青空感が無限に広がるナイス盤!

1. Startup
2. Blackout
3. Leave And Let Go
4. Small White Lie
5. Just Pretend
6. The Greatest Story Never Told
7. Shutdown

Artist-3484396-group.jpg
www.myspace.com/valetparking
www.purevolume.com/valetparking
02/03
Tue
 Title:ACE ENDERS & A MILLION DIFFERENT PEOPLE Album Art & Track Listing
author:Sway
ACE ENDERS & A MILLION DIFFERENT PEOPLEVagrant Recordsより 『When I Hit The Ground』 を3/17にリリース。2009年、ついにエースが帰ってくる!

aceenderswihtg.jpg
When I Hit The Ground (2009)

1. Reintroduction
2. Take The Money And Run
3. New Guitar
4. The Only Thing I Have (The Sign)
5. When I Hit The Ground
6. Reaction
7. Sweeter Light
8. S.O.S.
9. Over This
10. Where Do We Go From Here
11. Emergency
12. Leader
13. Bring Back Love
14. Can't Run Away
洋楽音楽 / [ News! ]
02/03
Tue
 Title:FALL OUT BOY / Folie à Deux
author:Sway
falloutboyfad2.jpg
Label: Island / Fueled By Ramen / Decaydance(2008)
Genre: Rock/Pop Punk/Emo/Alternative

いまや全米No. 1ロック・バンドのオリジナル5th!

前作 『Infinity On High』 は全米Billboardチャートで第1位を記録し、今や全米No. 1ロック・バンドの地位を確立したFALL OUT BOYの5thオリジナル・アルバム。本作も前作で彼らの代名詞として確立された、独特のミュージカル・テイストを存分に搭載した良質ポップパンクが楽しめる。とはいえ、さすがに前作以上の衝撃とスケール感は持ち合わせていないように感じる、「This Ain't A Scene, It's An Arms Race」にM-2 「I Don't Care」をぶつけたところで、わたしにはどうも二番煎じにしか感じられなかった。1年という短いスパンと、二匹目のドジョウを釣り上げようとする超人気バンドの行く末ははてさて。それでも作品を通じてのサウンド・メイクは相変わらずため息が出るほど凝っているし、聴くものをどこまでも楽しませようとする彼らの姿勢は共感を持たざるを得ない。M-8 「What A Catch, Donnie」ではDecaydance Recordsの人気バンド(COBRA STARSHIP、PANIC! AT THE DISCO、THE CABなど)のVo. が勢揃いし、彼らのこれまでのヒット・シングルを少しずつ歌ってみたり、わたし的ベストなM-7 「(Coffee's For Closers)」 のメロディの流れの美しさは間違いなく彼らを代表する名曲だし、作品の至るところに散らばる高揚感と独特のうねりの様な「グルーヴ」はやはり唯一無二のFALL OUT BOYサウンドなんだなあ、と納得せざるを得ないのだ。いつまでも2ndフル 『Take This To Your Grave』 を彼らの最高傑作と崇めるわたしのような人間にとっては、現在の彼らを正当に評価することなど出来ないのかもしれないが、それでもこれからもずっと「アメリカ合衆国」の頂上で響き渡る彼らのロック・サウンドを体感していきたい、その気持ちは決して変わらない。

そして今週末には待望の来日公演に参戦します!もうね、ドキがムネムネ。

1. Disloyal Order Of Water Buffaloes
2. I Don't Care
3. She's My Winona
4. America's Suitehearts
5. Headfirst Slide Into Cooperstown On A Bad Bet
6. The (Shipped) Gold Standard
7. (Coffee's For Closers)
8. What A Catch, Donnie
9. 27
10. Tiffany Blews
11. W.A.M.S.
12. 20 Dollar Nose Bleed
13. West Coast Smoker

Artist-3335498-FOB_H90190020.jpg
www.falloutboyrock.com
www.myspace.com/falloutboy
www.purevolume.com/falloutboy

infinity.jpg
Infinity On High (2007)
洋楽音楽 / [ F ]
02/02
Mon
 Title:FIREWORKS Album Art & Track Listing
author:Sway
FIREWORKSが待望の1stフル 『All I Have To Offer Is My Own Confusion』 をTriple Crown Recordsより3/24にリリース。HIT THE LIGHTS、FIGHT FAIRなどの活躍で盛り上がるTriple Crownですが、2009年もポップパンク旋風を巻き起こしてくれそうです。

fireworksAllIHaveToOfferIsMyOwnConfusion.jpg
All I Have To Offer Is My Own Confusion (2009)

1. Geography, Vonnegut And Me
2. Come Around
3. Closet Weather
4. 2923 Monroe St.
5. Holiday
6. I Support Same Sex Marriage
7. Show Me Your Vanishing Act One More Time
8. You've Lost Your Charm
9. Again And Again
10. Detroit
11. When We Stand On Each Other We Block Out The Sun

280136198_27cb237627.jpg
We Are Everywhere (2006)
02/02
Mon
 Title:PANIMA Call It Quits
author:Sway
Artist-2524093-20080315Panima299Edit.jpg

PANIMAが解散を発表しました。メンバーは今後それぞれ別のプロジェクトで活動を行い、Gt. のStevenはBURNING TREE PROJECTに加入するようです、残念。

panimatc.jpg
Take Cover! (2008)

21821.gif
This Is Who We Are (2007)
洋楽音楽 / [ News! ]
02/01
Sun
 Title:Drivemo×SMILEVIDEO 【壱】
author:Sway
『Sunday Drive』 のyukaさんに感化されてニコニコに初投稿しました!「埋もれちゃいけない!」って勝手に思いこんでいる隠れた名曲を不定期投稿していこうかな、とか。わたしの所有している音源の範囲ですが、リクエストなんかもあればどうぞ。

初回はLARGER THAN LIFEの青春メロディック・キラー「Some Kind Of Wonderful」!よかったら聴いてみてください!

洋楽音楽 / [ SMILEVIDEO ]
02/01
Sun
 Title:FROM JUPITER / No, Seriously
author:Sway
fromjupiterns.jpg
Label: Self Released (2008)
Genre: Rock/Pop Punk/Emo/Electronica/Alternative

ポストMELODY FALL一点買い!

CRASH ROMEO、THE CROSSTOWN RIVALRY、THE YEARS GONE BY、そしてMELODY FALLなどを愛する爽快エモメロポップパンクキッズは泣いて喜ぶだろう、Vermont州出身の5人組、FROM JUPITERの1stフル!ハイトーンで中毒性の高いVo. とエネルギッシュに疾走し、メロディック青春を謳歌するそのドキャッチー・サウンドは一度聴けばクセになること間違いなし!たまに泣きのギター・ソロやエレクトロ&エモーショナルなミドルを織り交ぜてくる多才さも聴き逃しは厳禁だ。イントロ・サビで瞬殺なキラー・チューンM-1 「Oxygen Tastes Like Patience」、一転して哀愁漂うダーク&シリアスな展開でアグレッシブに攻め立てるM-3 「Rocket Boy」、M-4 「Karmaward」、憂いをも混ぜ込んだせつなくも儚いM-5 「Slow Motion」、ハードロック・カッティングが冴える大合唱チューンM-6 「Feeny Says, Go For It Mr. Mathews」、GREENDAYライクなピーカン・テイストM-9 「I Can Do It Better」、そしてラストにして最高のシンガロング中毒性を120%発揮したM-10 「Blueprint To A Lie」など、メロディックに突き抜けるだけでなく多彩なロック・テイストをも聴かせる器用さにも大注目な快盤!

1. Oxygen Tastes Like Patience
2. No, Seriously
3. Rocket Boy
4. Karmaward
5. Slow Motion
6. Feeny Says, Go For It Mr. Mathews
7. The Magicians Assistant
8. Take Me Back
9. I Can Do It Better
10. Blueprint To A Lie

l_d0b075c7f89a418793e0c7b5b11e5d05.jpg
www.myspace.com/musicfromjupiter
02/01
Sun
 Title:QUIETDRIVE Japan Tour
author:Sway
quitedriveautograph02.jpg
QUIETDRIVE in 名古屋、楽しかった!
Kevin王子効果か、予想どおりかなり女子率高かったんですが、
王子つながりでTHE ALL-AMERICAN REJECTSのTシャツ着て踊りまくりました。
メンバーにすごく日本のことを伝えてくれたであろうTwilight Recordsに多謝。

quietdrivedeli.jpg
Deliverance (2008)
Template by Girl's Dis
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。