It's all about rock; full of emotions and sweetness
--/--
--
 Title:スポンサーサイト
author:Sway
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
04/26
Mon
 Title:HALIFAX / Align
author:Sway
halifaxalign.jpg
Label: Rocket Science Ventures (2010)
Genre: Rock/Pop Punk/Alternative/Emo

これが新生HALIFAXの答え!
バンドとしての成熟を窺わせるド硬派Emo/Alternative!


2003年の結成以来、メロディアスで硬派なロック・サウンドでTAKING BACK SUNDAY、THE STARTING LINEなどに多大な影響を与えながらシーンを牽引してきたCalifornia州出身のHALIFAX。出世作ともいえる2ndフル 『The Inevitability Of A Strange World』 以後、メンバー・チェンジなどを繰り返しながらも地道な活動を続けてきたが、2008年バンドの顔ともいえるVo. Mike Huanuが脱退、バンドは危機を迎えたかに思えた。しかしどうだろう、2010年に届けられた本作はその不安を軽々と払拭するかのようなどこからどう聴いてもHALIFAXがこれまでに築き上げてきたメロディアス・ロックの集大成ともいえる成熟したサウンドに満ちている。

メランコリックでスタイリッシュな定番スタイルでファンのココロをまず捉える佳曲M-1 「No Saturation」。名曲「Hey Italy」を彷彿とさせるような静と動が入り混じる疾走キラー・チューンM-2 「Tonight」。本EPの要ともいえそうなどっしりとした安定感と今後のバンドの方向性を感じさせるようなエモーショナル・テイストM-3 「Breathe」。泣きのメランコリック(略して「泣きメラ」)感がたまらない新境地トラックM-4 「Amsterdam」。ダイナミックでノイジーなイントロからは想像もできない美しいサビメロが小憎らしすぎるエモミドルM-5 「Snakeslide」。なんとDEF LEPPARDのGt. Phil Collenをフィーチャーした終幕を飾るにふさわしいスケール感を誇るM-6 「Remember We're Alive」の全6曲。Vo. のMike、そしてかつて栄華を誇ったDrive-Thru Recordsに別れを告げ、Gt. のChrisがメインVo. を務める新生HALIFAXに気後れは全くない、伸びやかで斬れ味のあるMikeのVo. は惜しまれるが、それを抜きにしても誰がどう聴いても素直に格好良いと感じられるPop Punk、Post Hardcore、Alternative、Emo、Hard Rockの要素を完璧なまでに己の武器とした成熟バンドの気概にぜひ触れてほしい。

1. No Saturation
2. Tonight
3. Breathe
4. Amsterdam
5. Snakeslide
6. Remember We're Alive

Artist-2944054-1stchoice.jpg
www.myspace.com/halifax
www.purevolume.com/halifax
スポンサーサイト
04/24
Sat
 Title:WE THE KINGS Music Video
author:Sway
WE THE KINGSが発売中の2ndフル 『Smile Kid』 より、米で活躍するアイドル・シンガー、Demi Lovatoをフィーチャーした「We'll Be A Dream」のミュージック・ビデオを公開しました。事実WTKよりDemiの伸びやかで力強いハモリに引き込まれます。


We'll Be A Dream (2010)
洋楽音楽 / [ Music Video ]
04/22
Thu
 Title:FOUR YEAR STRONG / Enemy Of The World
author:Sway
FourYearStrong-EnemyoftheWorld430.jpg
Label: Decaydance / Universal Motown (2010)
Genre: Rock/Pop Punk/Powerpop/Happy Core/Emo/Electronica

2010年、全人類マストな必殺Pop Punk/Happy Coreの会心盤!

全米アルバム・チャート「Billboard 200」にて初登場40位を記録したFOUR YEAR STRONGの通算3作目、メジャー1作目となるフル・アルバム!2007年に発表した2ndフル 『Rise Or Die Trying』 で人気を不動のものとし、以来その楽曲のテンションそのままに快進撃を続け、いまや全米を代表するPop Punk/Happy Coreの最重要バンドへと成長を遂げた彼ら。本作では特徴的だったにムーグ・テイストを抑え、よりメロディー重視、よりバラエティーに富んだ楽曲での勝負を挑んできた。正直2009年に商業的作品ともいえる全曲カバー・アルバム 『』 を発表したときは、バンドの方向性を心ならずも疑ってしまったものだが、先行シングルM-1 「It Must Really Suck To Be Four Year Strong Right Now」のダイナミックでメロディアスな絶対的FYSサウンドと、続く2ndシングルとなるM-3 「Wasting Time (Eternal Summer)」の一度聴いたら口ずさみたくなるドキャッチーな超シンガロング・アンセムの2曲を耳にした瞬間に、その疑いは煙の如く払拭され、名曲カバーはこの必殺メロディー作りのために活かされていたんだ!と逆に納得してしまったほど。そのほかにも勝負曲が多すぎだろ!と嬉しい悲鳴をあげざるを得ない全11曲捨て曲なし!

激硬派で快速な哀愁メロディック・テイストM-2 「On A Saturday」。ロマンティックなイントロから叙情的に加速する新境地ともいえるせつな系チューンM-5 「Find My Way Back」。後半のシンガロングは必聴!ライブ映え間違いなしなお得意パーティー・コアM-6 「What The Hell Is A Gigawatt?」。AメロのツインVo. の掛け合いがなんとも心地良い起伏に富んだドラマティック系M-7 「One Step At A Time」。爽快すぎて涙が出そうな青空Pop PunkチューンM-8 「This Body Pays The Bill$」。そしてラストを飾るには格好良すぎな快速タイトル・チューンM-11 「Enemy Of The World」。完成されたツインVo. スタイル、圧倒的にパワフルでハイテンションな演奏陣、一層磨きのかかったエモーショナルで極上メロディックな楽曲、全方位磐石すぎて全く欠点を見つけられないバンドの勢いと実力がそのままに120%濃縮された2010年、全人類マストな会心盤!

1. It Must Really Suck To Be Four Year Strong Right Now
2. On A Saturday
3. Wasting Time (Eternal Summer)
4. Nineteen With Neck Tatz
5. Find My Way Back
6. What The Hell Is A Gigawatt?
7. One Step At A Time
8. This Body Pays The Bill$
9. Paul Revere's Midnight Ride
10. Flannel Is The Color Of My Energy
11. Enemy Of The World

Artist-9193693-l_b9e09235736c4ab3ad227bfcad557751.jpg
www.myspace.com/fouryearstrong
www.purevolume.com/fouryearstrong


Enemy of the World - Behind The Scenes Part 1 (2010)


Enemy of the World - Behind The Scenes Part 2 (2010)


Enemy of the World - Behind The Scenes Part 3 (2010)

22104.gif
Rise Or Die Trying (2007)
04/20
Tue
 Title:MAYDAY PARADE Music Video
author:Sway
MAYDAY PARADEが2009年にリリースした2ndフル 『Anywhere But Here』 より、「Kids In Love」のミュージック・ビデオを公開しました。タイトルどおり米キッズのはっちゃけた愛と青春を表現しすぎて18禁なのでご注意ください。


Kids In Love (2010)

maydayparadeabh430.jpg
Anywhere But Here (2009)
洋楽音楽 / [ Music Video ]
04/19
Mon
 Title:I'M OK YOU'RE OK / Presents...
author:Sway
imokyoureokpresents.jpg
Label: Dream (2009)
Genre: Rock/Pop Punk/Powerpop/Emo/Alternative/Christian

おれもOK!キミもOK!
平たくいえばみんなOK!な爽快オルタナ・ポップパンク!


バンド名は米国で1969年に出版された自立書、またはMXPXの楽曲のタイトルから付けられたというCalifornia州出身の4ピース、I'M OK YOU'RE OKの1stフル!THE ATARIS、EVERY AVENUE、AIR FIVE、JET LAG GEMINIを彷彿とさせる爽快感、疾走感、メジャー感と三拍子揃ったオルタナ・テイストなポップパンクは、どの楽曲も耳馴染み良くラジオ映えする内容でバンドの活動拠点となっているTennessee州はMenphisではすでにかなりの人気を集めている様子。とくにVo. のハスキーでココロを打つ歌声はEA同様に人々の聴覚に直接訴えかける心地良さを誇っており、今後も感染者の拡大が見込まれるだろう。後半にエレクトロニカを適量に添えた1stシングルとなる爽快青空シンガロングM-1 「Are We Alright Now?」。イントロからオルタナティブなリフで引き込む疾走チューンM-2 「Eyes Are Gonna Roll」。手拍子せずにはいられない軽快ダンサブル・テイストM-3 「Robot」。間違いなくシンガロングでメロディックなサビがココロを打つM-4 「Stories Of Redemption」。MXPXを思わせるシンプルでロックなポップパンクがなんとも好感触なM-7 「Don't Give Up (Sit Down By The Radio)」、M-8 「Party Song」など全10曲。楽曲の波は見事ながら、スロウ系な楽曲が疾走系な楽曲と対照にメロウすぎてやたらとだるく聴こえてしまうので、そのあたりは少しでもポップ色を取り入れたりで聴きやすくしてもらえたらなとか要望もあったりですが、その真価はぜひライブで体感してみたい大注目バンド!

1. Are We Alright Now?
2. Eyes Are Gonna Roll
3. Robot
4. Stories Of Redemption
5. Memories PT II
6. Blame It On The Blackout
7. Don't Give Up (Sit Down By The Radio)
8. Party Song
9. Running Circles
10. Compromiser

Artist-4992197-_WED2432.jpg
www.myspace.com/imokyoureok
www.purevolume.com/imokyoureok


I'm OK You're OK Talking About New Single "Are We Arlight Now?" (2009)
04/17
Sat
 Title:THE BIGGER LIGHTS Music Video
author:Sway
THE BIGGER LIGHTSがセルフ・タイトルの1stフルより「Hey Summer」のミュージック・ビデオを公開しました。今作は2009年のEVERY AVENUE、THE SUMMER SETに続く好盤ではないでしょうか。新境地のメランコリック加減がたまらない佳曲。


Hey Summer (2010)
洋楽音楽 / [ Music Video ]
04/15
Thu
 Title:THE SUMMER OBSESSION / Believe Nothing Explore Everything
author:Sway
The_Summer_Obsession_-_Believe_Nothing_Explore_Everything_-_2010.jpg
Label: Unsigned (2010)
Genre: Rock/Pop Punk/Powerpop/Emo/Electronica/Mixture

おかえりTHE SUMMER OBSESSION!
止まった時が再び動き出す復活作!


幾度の来日公演の成功や、1stフル 『This Is Where You Belong』 が本国アメリカより日本の方がセールスが良かったりと、なかなかに日本に縁深かったTHE SUMMER OBSESSION、2008年に解散を発表していた彼らですが、約1年後には再結成し元気に復帰作となる本EPを発表してくれました。解散→再結成のお詫びか、オフィシャル・サイトにてフリー・ダウンロードが可能な本作、1stフルと同様に爽快でオネストなPop Punkサウンドを基調としながら、随所に華を添えるエレクトロ・テイストはもちろん、SUGAR RAYばりの西海岸ミクスチャー・サウンドを自由に取り入れたテイストは全く色褪せておらず、相変わらずやりたい音楽に突き進んでいるんだなと微笑ましくなるほど。FOREVER THE SICKEST KIDSもきっと笑顔で踊りだす青空エレクトロ・チューンM-1 「2 Days」。BメロのブレイクダウンがまさにTSOの帰還を感じさせるMEST、WAKEFIELDファンは感涙のM-2 「Stealin' Your Heart」。ライブでの巧みすぎるボイパが再び目に浮かぶようなゴキゲン・ミクスチャーM-3 「Feeling Out Inside」。サビではタイトルどおり超新星のテンションと輝きを放つタテノリ・ポップパンクM-5 「Supernova」。せつなくも優しいこんな曲を書けるのがTSOの強みだと改めて感じさせるダイナミック・ミドルM-6 「At My Service」。おかえり!と叫ばずにはいられないファンには嬉しすぎる代表曲のダンサブル・リミックスM-8 「Death Said (Remix)」など全8曲。今から2ndフルの発表を心待ちにせざるを得ない、まるで一度は止まった時がそのまま何事もなく動き出したかのような印象を受ける見事な復活作。

1. 2 Days
2. Stealin' Your Heart
3. Feeling Out Inside
4. So Called Life
5. Supernova
6. At My Service
7. I'm Alive
8. Death Said (Remix)

Artist-4403189-tso2010.jpg
www.myspace.com/thesummerobsession
www.purevolume.com/thesummerobsession

thesummerthisiswhere.jpg
This Is Where You Belong (2006)
04/12
Mon
 Title:LIGHT THE CITY / It All Stars Here
author:Sway
lightthecityiash.jpg
Label: Unsigned (2010)
Genre: Rock/Pop Punk/Powerpop/Emo/Electronica

リアル・ティーネージャーが贈る等身大の爽快エモメロ!

5人のメンバーの内、3人が未だに高校生というなんとも早熟なConnecticut州出身の爽快Pop Punk/Emo/Powerpopバンド、LIGHT THE CITYの2ndEP!LIGHT THIS CITYなんてバンドがたくさん存在したせいで、これまたバンド名がまぎらわしさ全開ですが、2009年に発表された1stEP 『The Unsung Heroes』 をさらにひと回り大きくしたかのようなエレクトロ風味を取り入れた小気味良い爽快エモメロは今回も絶好調、EVERY AVENUE、RADIO RACER、JUST SURRENDERなどまで幅広いファンをレンジに捉えた良い意味でサウンドの節操のなさは今ドキの若者加減を感じます。ダンサブルでエレクトロに突出したキラー・チューンM-3 「Your Show Is Over」。サビの掛け合いでツインVo. の醍醐味を存分に味わえるメロディック系M-4 「Bigger Targets, Bigger Battles」。軽快なテンポとVo. のハーモニーが心地良く作品をまとめあげるM-6 「Meant To Be」など全6曲で今ドキの若者に触れるひとときを味わってみてはいかがでしょうか。

1. I Won't Sleep Through This
2. Let Your Body Breathe
3. Your Show Is Over
4. Bigger Targets, Bigger Battles
5. There's A First And Last For Everyone
6. Meant To Be

Artist-7996974-ltcsmall.jpg
www.myspace.com/lightthecity
www.purevolume.com/lightthecity
04/09
Fri
 Title:COME ON, COME ON Album Art & Track Listing
author:Sway
COME ON, COME ONが2010年5月に1stEP 『Pop Fiction』 をリリース。数々の不遇により解散を余儀なくされたA THORN FOR EVERY HEARTのメンバー2人による3OH!3、COBRA STARSHIP、I SEE STARSを彷彿とさせる注目の新ユニット!ラフ・ミックスの「Life's Been More Than Fair」を聴くだけでも胸の高鳴りを抑えきれない!

comeoncomeonpf.jpg
Pop Fiction (2010)

1. Dear Sara
2. Girls Night Out (Feat. Brittany Flickinger)
3. Just Say Yes
4. Life’s Been More Than Fair
5. Pop Fiction
6. So Much To Say (Feat. Yultron!)

athornforeveryheartputp.jpg
A THORN FOR EVERY HEART / Pick Up The Pieces (2008)
洋楽音楽 / [ News! ]
04/07
Wed
 Title:SHELBYVILLE / Head Above Water
author:Sway
shelbyvillehaw.jpg
Label: Unsigned (2010)
Genre: Rock/Pop Punk/Emo

Pennsylvaniaから世界に響くグッド・メロディー!

THE STARTING LINE、VALENCIAなどを輩出したPennsylvania州からグッド・メロディーを響かせまくる爽快エモメロ・バンド、SHELBYVILLEの2ndEP!2006年に結成され、2008年に1stEP 『Manhattan』 をリリース、しばらくしてBa. が脱退、現在は3ピースとして新メンバーを探しながらもTHE SWELLERS、MUCH THE SAMEなどを手掛けたメロコアお得意プロデューサー、Mark Michalikを迎え本3曲入りEPを製作した。エレクトロニカには脇目も振らない歯切れの良い爽快西海岸ポップパンクに、Pennsylvania独特といってもよいかもしれないせつなさを帯びたエモメロが心地良く乗る、まさにTSLが頭角を現し大暴れしていたあの頃のDrive-Thruを思わせるかのような良い意味で荒々しくて土臭いサウンド。跳ねるようなビートとそれに併走するかのように変化を繰り返すリズムごとに盛り立てるギターが秀逸なM-1 「Recalibrate & Celebrate」。イントロから終始メロディックに疾走しながらも決してキラリと輝くせつなさは失わないM-2 「Avalon」。サビではまさにTSLのKennyくんが歌い上げる顔が如実に浮かんできそうな壮大哀愁エモメロに乾杯で完敗なM-3 「How To Fight Something That Eats Planets」の全3曲。このメロディーの輝きをいつまでも忘れないでほしい良質ポップパンカー、そしてお願いだから誰か早くBa. に加入してあげて!

1. Recalibrate & Celebrate
2. Avalon
3. How To Fight Something That Eats Planets

Artist-7518573-kucouch.jpg
www.myspace.com/shelbyvillepa
www.purevolume.com/shelbyville
04/06
Tue
 Title:PUNKSPRING 2010!
author:Sway
IMAG0007.jpg

PUNKSPRING 2010、前夜祭含め皆様お疲れ様でした!

三十路を迎える丁度その日にココロから愛して病まないバンドのライブが地元で観られるなんて、こんな幸せな偶然は人生でもう二度とないんだろうなという感慨、ピュアでオネストな素敵パンク・キッズとの出会い、東京遠征後に身体が発した謎の悲鳴など、思い出がありすぎて本当に忘れられないフェスになりました、ココロからみんなにありがとう。

写真は名古屋前夜祭のセトリをビール缶に巻きつけDaveが飲んでたもの、Vivicamを買ったんでビビッドに撮ってみました。
04/01
Thu
 Title:METRO STATION Break Up
author:Sway
METRO STATIONが解散を発表しました。2009年に2人のメンバーが脱退、その去就が注目されていましたがやはりダメだったようです。現在全米で大ヒット中の映画 『Alice In Wonderland』 のサントラにも参加したのですが、なんともあっけないですね。

Artist-7473285-newmetrophotojune09.jpg
www.myspace.com/metrostation
www.purevolume.com/metrostation
洋楽音楽 / [ News! ]
Template by Girl's Dis
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。