It's all about rock; full of emotions and sweetness
--/--
--
 Title:スポンサーサイト
author:Sway
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
05/30
Sun
 Title:ALL TIME LOW Live Premire
author:Sway
ALL TIME LOWの代表曲「Dear Maria, Count Me In」のライブ・プレミアです。こちらは現在発売中の 『Straight To DVD』 にて聴くことができます。すっかり国民的人気バンドですね。「I see your name in lights」!


All Time Low - Dear Maria: Live Premiere (2010)
スポンサーサイト
洋楽音楽 / [ Music Video ]
05/27
Thu
 Title:SAVING AIMEE / We're The Good Guys
author:Sway
savingaimeewtgg.jpg
Label: Unsigned (2009)
Genre: Rock/Powerpop/Pop Punk/Emo/Alternative/Electronica/New Wave

UK発!ダンサブル!ニュー・ウェーブ!ブリティッシュ!
予想の遥か斜め上を行くニュー・ジェネレーション!


ダンサブルでニュー・ウェ-ブなテイストとUK独特のブリティッシュ・ポップなテイストをミックスした斬新なサウンドが持ち味、UKはLondon出身の6人組、SAVING AIMEEの1stフル!METRO STATION、FOREVER THE SICKEST KIDSなどとは似て非なるサウンド、どちらかといえばTHE KILLERS、HOT CHELLE RAE、THE NEW CITIESなどに近いはっちゃけすぎない渋さを持ち合わせたダンサブル・ロックがクセになる彼ら、UK独特の粘着性Vo. と自然と身体が動き出すムーヴ・エレクトロにぜひ触れてみていただきたい!どこかQUEENやTHE DARKNESSの雰囲気をルーツに感じさせるのもやはりUKからなのか。'80sテイストで跳ねるアップビートが心地良く響くM-2 「Honesty Is The Policy」。個人的にイントロが「犬のおまわりさん」に聴こえて仕方がないアルバム随一のポップネスを誇る1stシングル・チューンM-3 「We're The Good Guys」。懐古的ディスコ・テイストがハマりすぎ、ハモリ・ギターとか楽しすぎて泣けてくる3rdシングルM-4 「Fresh Since '88」。QUEENライクな美コーラスから幕を開ける斬新アッパー・チューンM-7 「High 5s」。早口でまくしたてるAメロとハイトーンでキャッチーなサビメロが対照的に楽しすぎる1stシングルM-9 「Small Talk」。シンセが映えまくる爽快青空パワーポップ・テイストM-10 「Down For The Count」。感動的ともいえる壮大で叙情的なサビが王道ながら涙を誘うラスト・チューンM-11 「Hold On」など、色鮮やかで独特のキャッチーネスに満ちた全11曲。こんな個性的サウンドを鳴らしてしまうニュー・ジェネレーションが出てくるんですから、UKもあなどれません。

1. Intro
2. Honesty Is The Policy
3. We're The Good Guys
4. Fresh Since '88
5. Level On Up
6. Boredom
7. High 5s
8. VIP
9. Small Talk
10. Down For The Count
11. Hold On

Artist-99135141-2048485.jpg
www.myspace.com/savingaimee
www.purevolume.com/savingaimee


We're The Good Guys (2009)


Fresh Since '88 (2009)
05/25
Tue
 Title:Drivemo TV #4.1
author:Sway
色々ありましたので負けじと改良して再up!Drivemo TV #4.1!今回は胸キュンメロ重視で日本の爽快エモメロを集めてみました。100%趣味で攻めてます、すでにお聴きの方もそうでない方もどうぞココロ撃たれてキュンキュンしてみてください!あきらめずに戦え、日本代表!mylist/10842612


【Drivemo TV】 Japanese Emotional Melodic 【#4.1】 (2010)

1. Birth / ARU
2. SERRURIA / URCHIN FARM
3. Scar / JANGA69
4. the cookie crumbles / BIGMAMA
5. HERO / EGNISH
6. The Stories / EGG BRAIN
7. Cosmic Fly / GLORY HILL
8. Close My Eyes / FAT PROP
9. Carry On / LOCAL SOUND STYLE

05/23
Sun
 Title:THE BIGGER LIGHTS / The Bigger Lights
author:Sway
thebiggerlightstbl300.jpg
Label: Doghouse (2010)
Genre: Rock/Powerpop/Pop Punk/Emo/Alternative

雲ひとつない青空をバックに、
次世代爽快アメリカン・パワーポップが吹き渡る!


2007年結成、自主制作の1stEP 『Third Act Stories』 が反響を呼び、2008年にTHE ALL-AMERICAN REJECTS、THE GET UP KIDSなどを輩出したことで知られるDoghouse Recordsと契約、契約後の名刺代わりに発表され国内盤も発売された『Fiction Fever』 で新たに数多くのファンへの顔見せを済ませ、2010年磐石ともいえるタイミングでリリースされた1stフルとなる本作。「Reved And Ready」という代表曲を収録せず、相変わらずの極上のポップネスを追求した全曲新曲となる作品、1stEPの頃から比べればよりモダンでよりスタイリッシュにアメリカン・パワーポップの現在を体現したかのようなサウンドは、THE SUMMER SET、EVERY AVENUE、THE ALL-AMERICAN REJECTSなどのファンのココロには問答無用で響くことだろう。そんな中でも稀代の耳馴染みの良さと爽快メロを誇るM-3 「What About Us」、新境地ともいえるメランコリックな展開からメロディアスな大輪の花を咲かせるキラー・チューンM-4 「Hey Summer」は特別な輝きで聴くものにこのバンドの素晴らしさを語りかける。ほかにもTSSの代表曲「Chelsea」を彷彿とさせる王道ポップM-5 「Jessie」。泣きのせつなAメロとピーカンなサビメロが好対照なM-7 「Get Lost」。イントロからラストまで展開と構成がとにかく神掛かっているオルタナ・ピアノポップM-9 「Skinny Jeans」。AEROSMITHの「Cryin'」が2010年にパワーポップとして蘇ったかのようなオマージュ?チューンM-11 「So Crazy」(ここまでやるならタイトルも「So Cryin'」とかにしちゃえばいいのに)など全11曲。雲ひとつない青空をバックに、次世代爽快アメリカン・パワーポップが吹き渡る!

1. That Kind Of Girl
2. Say What They'll Say
3. What About Us
4. Hey Summer
5. Jessie
6. Always
7. Get Lost
8. Queen of Broken Hearts
9. Skinny Jeans
10. Somewhere Out There
11. So Crazy

Artist-7345545-TBLRob1.jpg
www.myspace.com/thebiggerlights
www.purevolume.com/thebiggerlights


Hey Summer (2010)

thebiggerlightsff.jpg
Ficton Fever (2008)

thebiggerlightsep.jpg
Third Act Stories (2007)
05/19
Wed
 Title:DANG WE'RE ON FIRE / Heart Stop Beaing
author:Sway
dangwereonfirehsb.jpg
Label: Carlson Music Group (2010)
Genre: Rock/Pop Punk/Powerpop/Emo/Alternative

ブレイク必至!
ハイエンドなクオリティを誇る爽快エモメロ・バンドの2ndEP!


ex. UPPER CLASS TRASHのメンバー2人を含むFlorida州出身の5人組、DANG WE'RE ON FIREの2ndEP!1stEP 『Wake Up The Sleepers』 に引き続き、確かな経験に裏打ちされたハートフルでダイナミックな爽快エモメロに彩られた作品となりました。ハイエンドなサウンド・クオリティはすでに証明済みでしたが、本作では楽曲ごとにテイストをガラリと変え、その器用さと懐の深さを聴かせてくれます。たとえばM-1 「Keep Your Head Up」ではエレクトロ風味を漂わせる爽快エモメロのお手本ともいえるビューテフル・キラー。哀愁漂うオルタナティブに傾倒したロック・テイストM-2 「Stay Sweet」。伸びやかで表情豊かなVo. の巧さが際立つアコースティック・ミドルM-4 「Boston」。ストレートでタテノリ感溢れるパワーポップ・チューンM-5 「Why All of Your Friends Mean Nothing」。タイトルからは想像もできないココロ温まるTHE SUMMER SET的爽快作品M-7 「East Coast Vs. West Coast」。ダンサブルと絶妙にメランコリックが交差する新境地チューンM-8 「Emotional Ridiculous」など全8曲。これだけの多彩さを魅せつけられてしまうと、1stフルへの過度な期待がとまらなくなってしまうんですが、彼らならそんな不安も軽く払拭してくれるでしょう!バンドのあり余るポテンシャルと今後の活動への向上心が前面に押し出された良作EP!

1. Keep Your Head Up
2. Stay Sweet
3. Heart Stopped Beating
4. Boston
5. Why All of Your Friends Mean Nothing
6. Something San Diego
7. East Coast Vs. West Coast
8. Emotional Ridiculous

Artist-5194224-topperdenya.jpg
www.myspace.com/dangwereonfire
www.purevolume.com/dangwereonfire

dangwereonfirewuts.jpg
Wake Up The Sleepers (2008)
05/17
Mon
 Title:ALLISTER Music Video
author:Sway
再結成を果たしたALLISTERが6/16に発売予定の最新作 『Countdown To Nowhere』 より「Free」のミュージック・ビデオを公開しました。SCOTT MURPHEYがBa. に戻りましたが、また暴走しないか心配です。ニコニコ動画より転載。


Free (2010)
洋楽音楽 / [ A ]
05/15
Sat
 Title:HEROES FOR HIRE / Life Of The Party
author:Sway
heroesforhirelotp.jpg
Label: Shock (2010)
Genre: Rock/Pop Punk/Powerpop/Emo

オーストラリアはSydney発!
スクリームを封印し、エモメロポップパンクに傾倒したド爽快1stフル!


1stEP 『Lights Out』 が本国オーストラリアを席捲したSydney出身の5人組、HEROES FOR HIREの1stフルがついに登場!以前はSENSES FAIL、A MOMENT'S WORTH、A DAY TO REMEBERなどを彷彿とさせるアグレッシブなスクリーモと爽快ポップパンクを融合させたサウンドが印象的なバンドでしたが、いつのまにか脱スクリーモしてましたね、I CALL FIVES、HIT THE LIGHTS、ALL TIME LOW、CRUSH ROMEO、PHILMONT、MELODY FALLなどに通じる非常にわかりやすくドストレートな直球爽快エモメロポップパンクサウンドに変貌を遂げた全世界デビュー盤といえるでしょうか!1stEPではリード・トラックだったメロディック・スクリーモの佳曲「Lights Out」も後半のM-11に収録、テイストの違いにより若干追いやられた感も否めませんが、このポップ構成ではそれも仕方がないといったところでしょうか。同作からの再録はM-8 「Save Me」のみとなりました。

イントロからワクワク感が止まらないアッパーな青空メロディック・テイストM-1 「The Boys You Love To Hate」。彼らのMySpaceでは早くからお目見えしていた伸びやかでシンガロングなサビメロが心地良いM-2 「Bright Lights In Paradise」。ELEVENTYSEVENよろしく新たにエレクトロ・テイストの扉も開いた快速メロディック・チューンM-3 「You Cant Spell Stud Without S.T.D」。名作映画 『Back To The Future』 シリーズに登場する車型タイムマシンの「デロリアン」に鍵を掛けちゃった的なタイトルもグッとくる、展開、構成共にわたし的ベストなせつなさ満点のキラー・エモメロM-6 「I Can't Change The Past, I Locked My Keys In The DeLorean」。ダイナミックなリズム構成とサビでの加速加減が絶妙な1ミニット・チューンM-8 「Soon This Will Be Ours」。前述の佳曲M-11からの流れが絶妙、CAUTERIZEばりに涙を誘うエモーショナルでダイナミックなラスト・トラックM-12 「The Calling」など全12曲。スクリームの封印は少し残念ですが、それに余るメロディ・メイクの強さとポテンシャルを証明したナイス1stフル!国内盤もRadtone Recordsより発売中!

1. The Boys You Love To Hate
2. Bright Lights In Paradise
3. You Cant Spell Stud Without S.T.D
4. Without A Sound
5. Come Away With Me
6. I Can't Change The Past, I Locked My Keys In The DeLorean
7. Save Me
8. Soon This Will Be Ours
9. We're Just The Footnote in someone Else's Love Story
10. If At First You Don't Succeed... Use Cheat Codes
11. Lights Out
12. The Calling

Artist-7818313-IMG_4557low.jpg
www.myspace.com/heroesforhirerock
www.purevolume.com/heroesforhireaus


Bright Lights In Paradise (2010)

heroesforhirelightsout.jpg
Lights Out (2008)
05/13
Thu
 Title:FOREVER THE SICKEST KIDS Music Video
author:Sway
FOREVER THE SICKEST KIDSが2009年に発表したEP3部作の第一弾 『The Weekend: Friday』 より「She Likes (Bittersweet Love)」のミュージック・ビデオを公開しました。なんでもありのPPPGA TOUR!遼くんもびっくりだわ。


She Likes (Bittersweet Love) (2010)
洋楽音楽 / [ Music Video ]
05/11
Tue
 Title:SIGNAL THE ESCAPE / 1986
author:Sway
signaltheescape1986.jpg
Label: Double Blind (2010)
Genre: Rock/Powerpop/Pop Punk/Emo/Electronica/Alternative

これがあのSIGNAL THE ESCAPE!?
爽快ポップ方面への急激なベクトル変化を果たした新作EP!


聴いた瞬間お茶吹きかけました。名曲「Maudlin」で鮮烈な印象を残し、2007年に発表した1stフル 『All That You Deserve』 でJUST SURRENDER、THERE FOR TOMORROW、SERENADE FOR JUNEなどに通じるメロディック、ラウドロック、スクリーモ・テイストで当時のリスナーを唸らせたSTEの約3年ぶりとなる本作。以前から定評のあった魂を絞り出すかのような歌声が格好良すぎるVo. はそのままながら、なんとサウンドが鬼爽快ポップに!隆盛のエレクトロニカを適度に取り入れ、なんとか時代の波を掴もうかという姿勢なのでしょうか。それでも怒涛のメロディックな曲展開やさすがの安定した演奏陣はこちらのベクトルに向いても決して褪せることなくココロに突き刺さります。底抜けに爽快でエッジの効いたポップパンク・テイストにまずは驚きを隠せないM-1 「Wrapped Around Her Finger」。A CHANGE OF PACE、FALL OUT BOYライクでエモーショナルな歌メロの流れが心地良すぎる個人的ベストなキラー・チューンM-2 「What I've Been Waiting For」。夕焼けをバックに聴きたくなるEVERY AVENUE系せつな青春テイストM-3 「Luckier Than Me」。ロマンティックな雰囲気と伸びやかなサビメロがハート・ウォーミングすぎるストレートなラブソングM-4 「All I Need」の全4曲。急激なサウンドの変化に耳を覆いたくなる方もいるかもしれませんが、いやこれポップ作品としては素直に良いです。

1. Wrapped Around Her Finger
2. What I've Been Waiting For
3. Luckier Than Me
4. All I Need

Artist-5694591-SignalPressHigh.jpg
www.myspace.com/signaltheescape
www.purevolume.com/signaltheescape

16785.jpg
Leaving For Aedan (2006)
05/08
Sat
 Title:Drivemo TV #4
author:Sway
忘れた頃にDrivemo TV #4!今回は胸キュンメロ重視で日本の爽快エモメロを集めてみました。100%趣味で攻めてます、気の合う方はどうぞココロ撃たれてキュンキュンしてみてください!コメントはニコニコ動画のサイトからお願いします。mylist/10842612


【Drivemo TV】 Japanese Emotional Melodic 【#4】 (2010)

1. Birth / ARU
2. SERRURIA / URCHIN FARM
3. Scar / JANGA69
4. the cookie crumbles / BIGMAMA
5. HERO / EGNISH
6. TRUTH / Northern19
7. Cosmic Fly / GLORY HILL
8. Close My Eyes / FAT PROP
9. Carry On / LOCAL SOUND STYLE

05/06
Thu
 Title:BACKDROP / This Is Sure To Be A Long One
author:Sway
backdroptistbalo.jpg
Label: Unsigned (2010)
Genre: Rock/Powerpop/Pop Punk/Emo/Alternative

THE CLICK FIVEファン必聴!
一点の曇りもない爽快Powerpop/Pop Punk!


Iowa州出身の3ピース、BACKDROPが2ndEPをドロップ!攻撃的でアグレッシブなバンド名とは裏腹に彼らが奏でるのはまさに一点の曇りもない爽快Powerpop/Pop Punkサウンド!聴いてるこちらが恥ずかしくなってしまうかのようなピュアでオネストな爽快メロディーと甘く伸びやかなVo. の破壊力はまさに脳天からバックドロップを喰らわされたかのような衝撃!THE CLICK FIVE、CARTEL、TAKE COVER、CALLAHANなど、パワポ寄りながらも心地良く響く王道の青空サウンド・ファンは必聴です。CFの代表曲「Good Day」を思わせる軽快ポップ・チューンM-1 「Beverly」。ダイナミックなバッキングと甘いコーラスが対照的によく映えるM-2 「Set Us Off」。ピーカンで底抜けに明るく、往年のパワポ・サウンドを現代に再現したかのようなM-3 「Hold On Tight」。せつなくも起伏のあるメロディーを雨のSEと共にしっとりと聴かせるダイナミック・ミドルM-5 「Follow」など全5曲。新緑が景色を彩るこの季節にピッタリな爽快作品!

1. Beverly
2. Set Us Off
3. Hold On Tight
4. The Best Thing
5. Follow

Artist-7151914-10.jpg
www.myspace.com/backdropband
www.purevolume.com/backdrop


Beverly (2010)
05/04
Tue
 Title:SING IT LOUD Music Video
author:Sway
SING IT LOUDが5/11に発表予定の2ndフル 『Everything Collide』 より、「Sugar Sweet」のミュージック・ビデオを公開しました。謎の海草男が大暴れする相変わらず彼ららしいおバカビデオです。


Sugar Sweet (2010)
洋楽音楽 / [ S ]
Template by Girl's Dis
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。