It's all about rock; full of emotions and sweetness
--/--
--
 Title:スポンサーサイト
author:Sway
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
06/30
Wed
 Title:THE FOLD Music Video
author:Sway
THE FOLDが発売中の2ndフル 『Dear Future, Come Get Me』 より、「Neverender」のミュージック・ビデオを公開しました。後半無茶苦茶すぎて笑える。


Neverender (2010)
スポンサーサイト
洋楽音楽 / [ F ]
06/28
Mon
 Title:THE HONESTY / The Things We'll Never Know
author:Sway
thehonestyttwnk.png
Label: Unsigned (2010)
Genre: Rock/Powerpop/Pop Punk/Emo/Alternative

キュート&ロマンティックな女性Vo. が響く軽快Powerpop/Pop Punk!

2009年に活動を開始したex. THE BIGGER LIGHTSのDr. Mikey Davisと女性Vo. Tasha Gilbreathによる現在は2人組のユニット、THE HONESTYの1stEP!CONFIDEのJoel Piperプロデュースによる本作、同じく女性Vo. のPARAMORE、HEY MONDAY、TONIGHT ALIVEより軽快なPowerpop/Popp Punkテイストに傾倒した爽快エモメロサウンドは一度聴けばその良質さに病みつきになることだろう。TashaのVo. もキュートさを程良く備えたパワフル&ロマンティックな歌声で、Mikeyとのハモリや掛け合いも非常にバランスが良い。心地良い風が頬を優しく撫でるような爽快ポップパンク・チューンM-1 「Warning!」。伸びやかでエモーショナルに響くサビメロがせつなさを誘うM-2 「The Reason」。収録曲中随一の哀愁加減がなんとも胸を打つ疾走テイストM-4 「Intentions」。ふたりの少年と少女のようなVo. の掛け合いが実に良い楽しいM-5 「Miss. Make Believe」など全7曲。現在彼らはGt. 、Ba. のバンド・メンバーを募集中なので、今後はバンドとして大きく羽ばたいてくれるに違いないだろう。

1. Warning!
2. The Reason
3. Sold My Soul To Radio
4. Intentions
5. Miss. Make Believe
6. In The Shadows
7. On The Line (Follow Me)

Artist-230453-20jiw0p.jpg
www.myspace.com/honestyrock
www.purevolume.com/honestyrock
06/20
Sun
 Title:JUST SURRENDER Music Video
author:Sway
JUST SURRENDERが待望の3rdフル 『Phoenix』 より1stシングル「On My Own」のミュージック・ビデオを公開しました。苦難を乗り越え、まさに不死鳥のように復活を遂げた彼らの勢いが伝わる秀曲。3rdフルは6/22にオンライン、7/13にプレス盤が発売予定!


On My Own (2010)

justsurrendertsnep.jpg
Stronger Now (2008)
洋楽音楽 / [ J ]
06/17
Thu
 Title:Japanese Pop Punk Strikes Back!
author:Sway
ブログでは洋楽ばかり紹介していますが、実は最近邦楽で手ならぬ耳一杯。そんな嬉しくも悩ましい状況の元凶たちをあたりさわりない有名盤のみいじり倒す!

oneokrocknichesydrome.jpg
ONE OK ROCK / Nicheシンドローム (2010)
「和製PAPA ROACH!」とかわたしだったらコピーをつけて、店長におこられそうなONE OK ROCKの最新作。苦難を乗り越えての2ndフル、今日本で一番勢いのあるロック・バンドだと「じぶんロック」、「Liar」を聴いて勝手に痛感。ミドルはやや臭いが、そこもまたPAPA ROACHっぽい。もちろん買うなら初回限定の赤いほうで。


じぶんロック (2010)

totalfatod.jpg
TOTALFAT / OVER DRIVE (2010)
ジャケはどうあれ、もはや貫禄の絶対的メロディック盤!不変のメタリック・リフとココロとカラダ踊るダンサブルな展開が織り成すこの夏ウキウキの必須作!

janga69womb.jpg
JANGA69 / World of my BRAIN (2010)
だれも言わないのならわたしが言う!ジャケがどう見てもHIT THE LIGHTSだ!!前作以上にエナジック&アグレッシブな爽快盤、少しメロが読めすぎてきたのが今後気になるが。言ったらすっきりした。

最近はこんな感じで耳が大忙し。ライブもNOT REBOUND、SpecialThanks、Northern 19、GO!GO!7188と6月は邦楽祭り。本日もCHERRYBLOSSOMの解散ライブに足を運んできました。活動歴が浅かったのももちろんあるでしょうが、実に爽やかな解散でした、リーダー以外みんなまだ若いしね。解散つながりで来月はGOLLBETTYのラストライブに行きます、今度ばかりは泣いてしまいそう。

cherryblossomcbc.jpg
CHERRYBLOSSOM / COMPLETE BEST CHERRYBLOSSOM (2010)
というわけで最後にCHERRYBLOSSOMのベスト盤、DVDの最後に問題の5/16解散発表シーンが含まれています、泣ける。4年間お疲れ様でした!
06/15
Tue
 Title:RUNNER RUNNER Music Video
author:Sway
RUNNER RUNNERが「So Obvious」の新ミュージック・ビデオを公開しました。すでにおなじみの彼らの代表曲ですが、2010年9月発売予定の1stフルに向けて新録、ビデオも撮り直したようです。本バージョンではPeterがかなりフィーチャーされており、OVER ITファンのわたしとしては嬉しい限り。この曲は現在彼らのMySpaceから期間限定で無料ダウンロードできるので、レッツ・ゴ-!ゴー!したい方はどうぞお早めに。


So Obvious (2010)

runnerrunnersep.jpg
The Summer EP (2009)
洋楽音楽 / [ R ]
06/13
Sun
 Title:WHAT HAPPENED IN VEGAS / The Anatomy Of A Boy's Mind
author:Sway
whivtaobm.jpg
Label: Unsigned (2010)
Genre: Rock/Pop/Emo/Alternative/Pop Punk

予測不可能なスリリングEmo/Alternativeロック!
全米から熱視線を集めるスーパーノヴァ!


メランコリックでドラマティックな哀愁漂う個性的Emoロック・サウンドを奏で、purevolumeのトップ・ページを飾るほどの注目を集めているのがこのMichigan州出身の4ピース、WHAT HAPPENED IN VEGAS!PARAMORE、TAKING BACK SUNDAYなどを影響を受けたアーティストに挙げる彼ら、2008年にMySpaceにて発表したデモ作品が初日1日で3,000ダウンロードを記録するなど活動開始当初から脚光を浴び、PIERCE THE VIEL、THIS PROVIDENCEなどを手掛けたCasey Batesをプロデューサーに迎え、満を持しての本作。THE AUDITION、TBSなどの哀愁を帯びたEmo/Alternativeサウンドを基本としながら、ダイナミックなツインVo. 、空間に広がりを持たせるプログラミング、先の読めない予測不可能なスリリングな曲展開などで個性を発揮、THE SWITCH KIDS、MY CHEMICAL ROMANCE、ELLIOT MINOR、MADINA LAKEなどのファンにはドツボだと思われるのでぜひ聴いていただきたい。ストリングス・サウンドを絡めたドラマティックで情熱的な歌劇チューンM-1 「Don't Take This Personal」。FORGIVE DURDENのVo. Thomas DuttenをゲストVo. にフィーチャーした大合唱エモーショナル・ミドルM-2 「Clearwater」。スパニッシュなアコースティック・イントロから幕を開け、ツインVo. がテンポ良く絡み合うM-3 「Finding Neverwhere」。ストレートでロック色溢れるわたし個人的に大好物なメロディアス・テイストM-4 「Why Are You Even Wearing Shoes?」など全5曲。次作となるであろう1stフルでのブレイクが確約されたといっても過言でない次世代エモーショナル・バンドの気概に触れろ!

1. Don't Take This Personal
2. Clearwater
3. Finding Neverwhere
4. Why Are You Even Wearing Shoes?
5. Twenty-Six

Artist-7934866-WHIVGroupPromo.jpg
www.myspace.com/whathappenedinvegas
www.purevolume.com/whivegas
06/11
Fri
 Title:ALLSTAR WEEKEND Music Video
author:Sway
ALLSTAR WEEKENDが6/22に発売予定のデビュー・アルバム 『Suddenly』 より、「Dance Forever」のミュージック・ビデオを公開しました。JONAS BROTHERS、MILEY CYRUSなどが所属するHollywood Recordsからのリリースとのことで、アイドル・ポップ路線全開ですがタイトルどおり踊らずにはいられないナイスな夏曲!


Dance Forever (2010)
洋楽音楽 / [ Music Video ]
06/09
Wed
 Title:THE MOMENT / Self Titled EP
author:Sway
themomentstep.jpg
Label: Unsigned (2010)
Genre: Rock/Powerpop/Pop Punk/Emo/Alternative

感情豊かなVo. が響くイマドキ青春Powerpop/Pop Punk!

2008年の冬に結成されたMichigan州出身の4ピース、THE MOMEMNTの1stEP!2009年にFIREWORKS、SEARCH THE CITYなどを手掛けたプロデューサー、Christopher Abalosとシングル「Talk It Up」を製作、早耳の方はすでに注目されていたかもしれません。軽快で青春まっしぐらなPowerpop/Pop Punkテイストは素敵のひとこと、若さ溢れる感情豊かなやんちゃVo. と歪み重視のアッパーGt. が好感触、一聴ではひとくくりに今ドキのポップパンク・サウンドにまとめられてしまいそうですが、ピアノなどを取り入れたメランコリックでエモーショナルな楽曲なども味わい深く、ポテンシャルでは同系統バンドとは頭ひとつ抜きん出た印象でしょうか。SWING THE COAST、ARTIST VS. POET、RACING KITESなどがいけるクチであればぜひ聴いていただきたい。オープニングを飾るダイナミックな爽快エモメロ、後半のラスサビ前のスウィープは完全にTHE FRIDAY NIGHT BOYS、BOYS WILL BE BOYS譲りなM-2 「Slowly But Shirley」。Aメロの疾走感とアッパーなポップコア・テイストなサビが対照的で興味深いM-3 「G-Status」。Vo. の歌唱法が特徴的なシングルにしてシンガロング・アンセムM-4 「Talk It Up」。イントロのアコースティックから徐々にメランコリックに展開する味のあるミドル・チューンM-5 「Flowers」。定番ながら安定感と高揚感がハンパないナイスなギターソロ完備の佳曲ポップパンクM-6 「Destiny」など全7曲。プロモEPのときよりもさらに惹きつけられる内容で、B[T]B関連の方々は今後の動向に注目必須!

1. Intro
2. Slowly But Shirley
3. G-Status
4. Talk It Up
5. Flowers
6. Destiny
7. Three O' Clock

Artist-6906602-TheMomentBackground.jpg
www.myspace.com/themomentmi
www.purevolume.com/themomentmi
06/07
Mon
 Title:CALL THE COPS Music Video
author:Sway
CALL THE COPSの「Call The Cops」のミュージック・ビデオです。以前ご紹介したEP 『Motion Sickness EP』 はもちろん、6/22発売予定の1stフル 『Love like Novocaine』 にも収録される彼らの代表曲、Vo. は意外と野暮ったいのね。


Love like Novocaine (2009)

callthecopsms.jpg
Motion Sickness EP (2009)
洋楽音楽 / [ Music Video ]
06/02
Wed
 Title:I CALL FIVES / Bad Advice
author:Sway
tumblr_l0l1lzThLB1qbwug7o1_400.jpg
Label: No Sleep (2010)
Genre: Rock/Pop Punk/Powerpop/Emo

ポストHIT THE LIGHTS最有力!
M-4必聴!よりハートフルで爽快感に溢れた2ndEP!


CITY LIGHTS、HEROES FOR HIREに並び、爽快エモメロポップパンクの未来を担うであろうポストHIT THE LIGHTS3巨頭に個人的に掲げていたNew Jersey州出身の5人組、I CALL FIVES待望の2ndEP!生粋のNFGジェネレーションが奏でる耳馴染みの良いキャッチーなメロディーと軽快なテイストが前作同様存分に発揮され、Vo. の成長具合も確実に感じ取れます。前作 『First Things First』 収録のメロディックに傾倒した「Running In Circles」のような楽曲の切り替えの好展開が感じられなかったのは少し残念だが、全体的な安定感は着実に増しているのでそのあたりのバラエティー加減は1stフルを待望したいところ。「2:22」の好ポップパンク・タイムにテンションと疾走感を詰め込んだ爽快アンセムM-1 「Hand Me Down Luck」。歯切れの良いギターリフが曲全体を支えるFM映えしそうな定番青空チューンM-2 「Elevator Music」。THE DANGEROUS SUMMERのVo. AJ Perdomoがブリッジにこっそり参加しているがどうしても歌声が特徴的すぎな爽快エモメロM-3 「Try Hard To Remember」。本EP随一のポップさと軽快さを誇り、展開的にも個人的にもベストなシンガロング・アンセムM-4 「Easy To Say States Away」。後半のギターリフが気持ち良すぎるALL TIME LOWライクなハートフル・ポップパンクの佳曲M-5 「Two Days Or A Lifetime Of Failure」など全6曲。彼らはさらに全曲本作未収録のアコースティックEPをフリー・ダウンロードにて別に発表しており、制作意欲は凄まじいものがある。

1. Hand Me Down Luck
2. Elevator Music
3. Try Hard To Remember
4. Easy To Say States Away
5. Two Days Or A Lifetime Of Failure
6. Take The Fall

Artist-2063271-031709_low3.jpg
www.myspace.com/icallfives
www.purevolume.com/icallfives

icallfivesftf.jpg
First Things First (2008)
Template by Girl's Dis
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。