It's all about rock; full of emotions and sweetness
--/--
--
 Title:スポンサーサイト
author:Sway
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
09/30
Thu
 Title:GOOD CHARLOTTE Album Art & Track Listing
author:Sway
GOOD CHARLOTTEが前作 『Good Morning Revival』 から約3年ぶりとなる5thフル 『Cardiology』 を11/2にリリース予定。本作は彼らのポップパンクのルーツを体現する作品になるとのこと。1stシングル「Like It's Her Birthday」は彼らのMySpaceにて視聴可能、そして続く2ndシングル「Counting The Days」はあの傑作2ndフルに収録されていてもおかしくないあの頃のGCが見事に帰ってきます!

goodcharlottecardiology430.jpg
Cardiology (2010)

1. Introduction To Cardiology
2. Let The Music Play
3. Counting The Days
4. Silver Screen Romance
5. Like It's Her Birthday
6. Last Night
7. Sex On The Radio
8. Alive
9. Standing Ovation
10. Harlow's Song (Can't Dream Without You)
11. Interlude: The Fifth Chamber
12. 1979
13. There She Goes
14. Right Where I Belong
15. Cardiology
16. Like It's Her Birthday (Remix feat. Miyavi) *
17. Accident Prone *

* Japanese Edition Bonus Tracks
スポンサーサイト
洋楽音楽 / [ News! ]
09/28
Tue
 Title:SING IT LOUD Call It Quits
author:Sway
SING IT LOUDが解散を発表しました。2010年5月に2ndフル 『Everything Collide』 を発表したばかり、類稀なる親近感を持ったグッド・ルッキング、毎度楽しませてくれるかわいくもおバカなミュージック・ビデオ、Epitaph Recordsのポップロック部門を牽引して行ってくれると信じていましたが、わずか3年間の活動にてその道を分かつことになりました。

Artist-9505221-SILPV.jpg
www.myspace.com/singitloud
www.purevolume.com/singitloud
洋楽音楽 / [ News! ]
09/27
Mon
 Title:KEY TO THE MIDWAY / Keep It To Yourself
author:Sway
keytothemidwaykity.jpg
Label: Unsigned (2010)
Genre: Rock/Powerpop/Pop Punk/Emo/Alternative

Drvemo激オシなComing Up Next!!
Like BOYS LIKE GIRLS, WE THE KINGS, and SING IT LOUD!


Barnes兄弟、English兄弟と、2組の兄弟を中心とするMichigan州出身の5人組、KEY TO THE MIDWAY!彼らがCOBRA STARSHIP、HIT THE LIGHTSなどを手掛けた敏腕プロデューサー、Rob Freemanと共に世に送り出す最初の作品がこの1stEP!BOYS LIKE GIRLS、WE THE KINGS、SING IT LOUD、AMELYなど、そしてJUSTIN TIMBERLAKEまでもをレンジに捉えた爽快Powerpop/Pop Punkサウンドは一聴すればそのクオリティの高さと圧倒的なメジャー感に驚かされることだろう、非常に丁寧なソング・ライティング、エッジの効いたギターリフ、オネストすぎるストレートVo. 、遊び心で取り入れられたであろうハードコア・シャウトなど、随所に散りばめられた小業にも聴き逃し厳禁なド注目サウンド。発表2時間で1,500プレイを記録した青空アッパー・チューンM-1 「Scenery」。2曲目にして突然のさよならを告げてしまうせつな系エモーショナル・テイストM-2 「Farewell」。アコースティックに幕を開けつつも、収録曲中随一のメロディーの良さとアグレッシブさを巧い構成で聴かせるM-3 「Drifting」(タイトルからもどこかYELLOWCARDからの影響を感じさせます)。イントロからしてステップを踏んで踊らずにはいられないウキウキ・ロマンティックなM-5 「You've Got Me」など、iTunes版のみJesse Barnesのオネストすぎる歌唱力に否が応にも引きこまれるアコースティック・チューンM-6 「Brighter Than The City」を含む全6曲。確実に今後鮮やかな脚光を浴びるに違いないKTTMはもちろんDrivemo激オシでお送りします!

1. Scenery
2. Farewell
3. Drifting
4. Just Me And You
5. You've Got Me
6. Brighter Than The City

l_65929c225b784ea1a4332c383f82fb46.jpg
www.myspace.com/keytothemidway
www.purevolume.com/keytothemidway
09/26
Sun
 Title:THERE FOR TOMORROW Album Art & Track Listing
author:Sway
THERE FOR TOMORROWが10/19に初のリミックスEP「Re:Creations EP」をデジタル・リリース予定。プロデュースはフロントマンであるMaika Maileとのことで、TFTの新たな可能性を感じさせる作品になりそうです。

therefortomorrowrcep430.jpg
Re:Creations EP (2010)

1. Small World
2. RE: Burn The Night Away (Dubstep Remix)
3. RE: Deathbed (Electro-hop Remix)
4. Soul Full Solace (Interlude)
5. RE: Stories
6. Small World (DallasK Remix)
7. The World Calling (Twerkshop Remix)
洋楽音楽 / [ News! ]
09/22
Wed
 Title:THE SUMMER SOUNDTRACK / This Love
author:Sway
thesummersoundtracktl.jpg
Label: Unsigned (2010)
Genre: Rock/Powerpop/Pop Punk/Emo/Alternative/Electronica

夏はまだ終わらない!
Like THE SUMMER SET, THE BIGGER LIGHTS and HOLIDAY PARADE!


Vo. のBen Lohle、Gt. のBrandon Ruckmanを中心に2009年の夏に結成されたColorado州出身の4人組、THE SUMMER SOUNDTRACKのキラキラすぎる5曲入りEP!もうバンド名からしてプンプンですが、内容も如何せんそのとおりなエレクトロ風味漂う爽快Powerpop/Pop Punkを奏でてくれます。それはまさにTHE SUMMER SET、THE BIGGER LIGHTS、HOLIDAY PARADE、THIRD EYE BLINDなどに通じ、古き良きアメリカン・ロックのテイストをエレクトロとミックスし現代に昇華した夏サウンド!思わずニヤリなブルージーなギターリフや、良い意味で肩の力が抜けた聴いていて安心感100%なポップ・ロックの世界は心地良すぎて秋が来ていることを忘れさせてくれます。ウキウキが止まらない軽快イントロから幕を開けるTBLライクな定番オープニング・サマーM-1 「She'll Never Know」。NINE DAYSの「Absolutely (Story Of A Girl)」やTEBの「Semi-Charmed Life」などの名曲が浮かばずにはいられない胸キュンポップテイストM-2 「Doesn't Mean A Thing」。収録曲中随一のドライブ感とダイナミックなリズム隊にココロ踊るタイトル・チューンM-3 「This Love」。もう完全にTBLの「Jessie」じゃん!とかいったら怒られそうなジェシー似M-4 「Any Other Way」など終わったはずの夏が再び訪れる全5曲!

1. She'll Never Know
2. Doesn't Mean A Thing
3. This Love
4. Any Other Way
5. Just Friends

Artist-4913831-l_ffa43de0a35641d3b57f3fc5139a307b.jpg
www.myspace.com/thesummersoundtrackband
www.purevolume.com/thesummersoundtrackband
09/21
Tue
 Title:Unforgettable 2Days!
author:Sway
20100920withea.jpg
今年も愛しのDaveと会えました!(Joshもいるよ!)

最高の夜をありがとう、EVERY AVENUE!なんだかんだで2008年の初来日以来、3年連続でDaveのストーキングに成功。会うたびに頼もしくなっていく彼らと対照的に老いていくわたし。身体が動く限り会いに行き続けます!

btbv4.jpg
そして「BACK TO BASIC VOL.4 in Nagoya」お疲れ様でした!

あんなに大きな会場でわたしのような丘サーファーならぬ丘DJがプレイできるなんて夢のようでした、誘っていただきありがとうございます!プレイ中にウォッカ飲ませてくれたアイツ、腰に強烈な一撃をくれたアイツ、無残に飛び散ったマイ腕時計、そしてはじめてなのに楽しく絡んでくれたみんな、本当に感謝です!機会があれば、また遊んでください!
09/10
Fri
 Title:DANGER IS MY MIDDLE NAME / Giant Killer
author:Sway
dangerismymiddlenamegk.jpg
Label: Unsigned (2010)
Genre: Rock/Pop Punk/Powerpop/Emo/Alternative/Electronica

ピュア爽快エモメロの雄、前作から約1年ぶりとなる6曲入りEP!

ex. BLACKTOP MOURNING、ex. AUGUST PREMIERのメンバーなどからなるIllinois州はChicago出身の4人組、DANGER IS MY MIDDLE NAMEの新作EPが登場!2009年に発表された前作EP 『Sink Or Swim』 以降、流石に次作はフル・アルバムだろうと予想してましたが、またもやまさかの新作EP!制作意欲は凄いんだろうけど、次こそはお願いしますね。さて本作の内容ですが、新曲4曲に本作収録のM-2 「Here We Go」のリミックス、2007年に発表された3曲入りEP 『Revenge On The Radio』 収録の同タイトル・トラックのアコースティック・リミックスを含む全6曲。相変わらず絶妙なタテノリ感溢れるピュア爽快エモメロは健在、絶頂期のDrive-Thruサウンドを彷彿とさせるようなキッズ垂涎の内容。軽快なシンセを取り入れ、FOREVER THE SICKEST KIDSの「What Do You Want From Me」がよぎるダイナミック・エモメロM-1 「Armed And Dangerous」。一度聴けば口ずさみたくなる「Here We Go Again, Baby♪」がなんとも心地良いザ・DIMMNな必殺のタテノリ・チューンM-2。思わず手拍子してしまいそうなHAWK NELSONなどのオルタナ感覚を感じさせるアッパー・シンガロングM-3 「Nightmare」。やや軽さとチャラさを感じさせるサマー・チューンM-4 「Seeing Stars」など、相変わらず夏を爽快に彩る良質作品。いつまでも「Top Unsigned Band」であり続けるのもあれなんで、今までの内容良いとこ再録でデビュー・フル出しませんか?優良レーベルの方々どうぞ彼らをよろしくお願いします!

1. Armed And Dangerous
2. Here We Go
3. Nightmare
4. Seeing Stars
5. Here We Go (Bonus Remix)
6. Revenge On The Radio (Acoustic)

Artist-8007215-dimmn_promo_plain.jpg
www.myspace.com/dimmn
www.purevolume.com/dangerismymiddlename

dangerismymiddlenamesos.jpg
Sink Or Swim (2009)

dimmn.jpg
Revenge On The Radio (2007)
09/08
Wed
 Title:SENSES FAIL Album Art & Track Listing
author:Sway
SENSES FAILが10/19にVagrant Recordsより約2年ぶりとなる4thフル 『The Fire』 をリリース!現在彼らのMySpaceではリード・トラック「Saint Anthony」が視聴できますが、相変わらずのアニソンPost Hardcoreサウンドに胸熱です!

sensesfailtf430.jpg
The Fire (2010)

1. The Fire
2. Saint Anthony
3. New Year's Eve
4. Safe House
5. Coward
6. Landslide
7. Headed West
8. Lifeboats
9. Nero
10. Irish Eyes
11. Hold On

SensesFail-LifeIsNotAWaitingRoom.jpg
Life Is Not A Waiting Room (2008)
洋楽音楽 / [ News! ]
09/06
Mon
 Title:FINAL LAST WORDS / Hypothetical Hot Tub Party
author:Sway
finallastwordshhtp.jpg
Label: Unsigned (2010)
Genre: Rock/Pop Punk/Powerpop/Easycore/Emo

激メロディックで激シンガロングなM-2は必聴!
ブレイクダウン疎遠な方にも安心なエモメロ meets Easycoreバンド!


「Famous Last Words」という熟語は小説のタイトルやMY CHEMICAL ROMANCEの曲なんかで聞いたりしますが、こちらはちょっと間違えやすいCalifornia州出身の5ピース、FINAL LAST WORDSの2ndEP!FOUR YEAR STORONG、A DAY TO REMEMBERなどブレイクダウンを得意とするEasycoreやPopcore勢が大躍進を遂げている2010年、このFLWはひたすらにキャッチーで聴き易く、Easycoreにとっつきづらい方にも安心してオススメできるエモメロ meets Easycoreバンド!個人的にはFOURBANGER、LATER DAYSなどがもしもEasycoreを取り入れたら?みたいなノリ、とりあえずこの楽曲を聴いてほしいのがキレまくりの掛け合いシンガロングがサビを盛り上げ、ライブ映え間違いなしな疾走シンガロングM-2 「That's What She Said」。快速でハイテンションに爽快Pop Punkを撒き散らすM-3 「Carried Away」。ドキャッチーに展開しながらも、後半ではピアノを絡めたハートフルさを聴かせるエモーショナル・チューンM-5 「Hypothetical Hot Tub Party」。せつなさ漂いまくりなTHE ATARIS直系メロディック・テイストM-6 「The First Step's The Hardest」。初期FYS的なムーグが華やかに曲を盛り上げる快速系M-7 「A Friend To Me, A Friend To Us」など全8曲。Vo. はやんちゃな吐き捨て系で荒々しくて決して巧いとはいえないのだけど、そのあたりは掛け合いシンガロングや美コーラスなどで盛り立てられているし、なんといってもDr. の安定感、ツーバスの気持ち良さがハンパない!Gt. がADTRばりのメタリックな技巧派だったら良い意味でどんなに恐ろしいことになっていたか、いやはや考えるだけでも垂涎必至。ただのメロディックEasycoreに収まらない楽曲の多彩さも相まって、今後が非常に楽しみで仕方がないFLWとにかくM-1で飛び跳ねながら叫んでみることです!

1. Rivers Go In Circles
2. That's What She Said
3. Carried Away
4. Take A Look At Me Now
5. Hypothetical Hot Tub Party
6. The First Step's The Hardest
7. A Friend To Me, A Friend To Us
8. Stockton

Artist-8787832-1.jpg
www.myspace.com/finallastwords209
www.purevolume.com/finallastwords
09/05
Sun
 Title:VALENCIA Album Art & Track Listing
author:Sway
VELENCIAが10/12に約2年ぶりとなる待望の3rdフル 『Dancing With A Ghost』 をI Surrender Recordsよりリリース予定。前作 『We All Need A Reason To Believe』 よりもかなりエモーショナルな内容になっているようで、アルバムのイメージ・ビデオも公開されています。わたしも写っている京都観光での写真が使われていてなんだか嬉しい。

valenciadwag430.jpg
Dancing With A Ghost (2010)

1. Dancing With A Ghost
2. Spinning Out
3. Still Need You Around (Lost Without You)
4. Consider Me Dead
5. Losing Sleep
6. Friday Night
7. Somewhere I Belong
8. Days Go By
9. The Way
10. Stop Searching


Valencia: Dancing With A Ghost ... Coming Soon (2010)

valenciawanartb2.jpg
We All Need A Reason To Believe (2010)
洋楽音楽 / [ News! ]
09/03
Fri
 Title:MY FAVORITE HIGHWAY Break Up
author:Sway
MY FAVORITE HIGHWAYが解散を発表しました。ラスト・ライブは12月に故郷Virginia州はViennaで開催される予定です。まだまだ20代前半の若い彼らなので、いつかまたあのキラキラな爽快メロディーに再び出会えることを願って。

Artist-2339941-PVpromo.jpg
www.myspace.com/myfavoritehighway
www.purevolume.com/myfavoritehighway

myfavoritehighwayhtcab.jpg
How To Call A Bluff (2008)
洋楽音楽 / [ News! ]
09/01
Wed
 Title:RUFIO / Anybody Out There
author:Sway
rufioaot430.jpg
Label: The Militia Group (2010)
Genre: Rock/Pop Punk/Emo/Alternative

RUFIO完全復活!
あなたをキラキラな青春時代へ連れ戻すメロディック・タイムマシン!


爽快快速メタリック・エモメロの生き字引、RUFIOの3rdフル 『The Comfort Of Home』 以来約5年ぶりのリリースとなる感涙の4thフル!以前所属していた古巣The Militia Groupからリリースというのも感慨深いですが、2007年の活動休止以来、2年ぶりに活動を再開を発表、残念ながらBa. 、Dr. の2人は新加入の面々と、オリジナル・メンバーでの復活ではないものの、ようやく彼らが帰還してくれました!結論からいって、誰もがこの作品に納得することができたのではないでしょうか、2010年初頭に発表された 『The Lonliest EP』 で感じたとおり、代名詞ともいえるキレのある快速メタリック・リフはやや落ち着きを見せたものの、逆に彼らの真髄であるメロディーの良さ、Scott Sellersの透き通るような歌声がくっきりと浮き出るようなカタチでわたしたちに届けられたのです。それはキラキラと輝く青春時代の甘酸っぱさとほろ苦さが入り混じった、いわゆるタイムマシンのような、止まっていた時間を再び動かせる、そんな印象を受ける作品。

タイトル・トラックであるM-7 「Anybody Out There」をはじめて聴いた際、わたしは恥ずかしながら涙を浮かべてしまいました、ロックで、ましてやPop Punkで泣くなんておかしいかもしれません、30歳を過ぎてから涙腺が緩んだのかもしれません、ただこの懐かしくもキラキラと眩しいメロディーに包まれた瞬間、えも言われぬ感情に襲われたのです。それが彼らに対する「おかえり!」という歓迎の気持ちなのか、「懐かしい!」という過去を振り返る懐古的な気持ちなのかはわかりません、ただ純粋にRUFIOの楽曲をもう一度聴くことができてただただ嬉しい、それだけだったのかもしれません。この作品をRUFIOの初めての作品として耳にするキッズたちも数多くいるかと思います、この作品を聴けること、それはすごく素敵ですごく幸せなことなんだってことを、この作品を聴くときにココロのどこかに留めておいてほしい、わたしはそう願います。

止まっていた時代を一瞬にして動かす、RUFIO必殺の快速ギターリフから始まる爽快エモメロの1stシングルM-1「Little World」。軽快かつピースフルに響き渡る青空チューンM-2 「Drunk In Love」。初期の彼らを思わせる感涙の哀愁快速メロディック・テイストM-3 「Under 18」。4thにして初の新しい試みともいえるダークサイドからの歌謡的ダンサブル・チューンM-5 「Faster」。せつなさ溢れるA、Bメロからサビでの突き抜けるメロディーがひたすらに胸に深く突き刺さるM-6 「Gold And Silver」。そして前述のとおりわたしの涙腺直撃なRUFIOの完全復活を告げるタイトル・チューンM-7。EPからより跳ねるビートがよりダイナミックになり再録されたM-8 「All That Lasts」。同じくEPより再録、アルバム後半に収録されることにより、こんな心地良いカタチで聴けるのかと改めて納得させられたM-10 「The Loneliest」。こちらも新生RUFIOだからこそ生まれたであろうハートフルでひたすらにビューティフルなメロディーがココロを揺さぶるM-12「Moonshine」など全12曲。

わたしは正直この復帰作にあたりここまでの作品は予想していなかった、いや予想してはいけないと頭のどこかで予防線を張っていた。どこかで以前とは変わってしまったであろう彼らを想像し、聴くのを怖がっていた部分があった。ただそれは紛れも無い杞憂であった、メンバーが変わろうとも、幾年の年月が経とうとも、以前のようにツキに見放されることがあったとしても、これからも彼らはRUFIOであり続けるだろう。そして、2010年11月にはついに待望の来日公演が決定した、しかもわたしの音楽バイブルを奏で続けるPUNCHLINEとの競演とのこと、何故だろう?「Anybody Out There」はとっくに聴き終わっているのに一向に涙が止まらない。

1. Little World
2. Drunk In Love
3. Under 18
4. What You Wanna Hear
5. Faster
6. Gold And Silver
7. Anybody Out There
8. All That Lasts
9. This I Swear
10. The Loneliest
11. Run
12. Moonshine

Artist-3845924-high_2.jpg
www.myspace.com/rufio
www.purevolume.com/rufio


Anybody Out There (Acoustic) (2010)
Template by Girl's Dis
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。