It's all about rock; full of emotions and sweetness
--/--
--
 Title:スポンサーサイト
author:Sway
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
01/31
Mon
 Title:EASTON / H&H
author:Sway
eastonhh.jpg
Label: Unsigned (2010)
Genre: Rock/Emo/Alternative/Powerpop/Pop Punk

「Sway Awards 2010」、「EP OF THE YEAR」受賞!
約3年ぶりに再びEASTONの爽快エモロックが大輪を咲かせる2ndEP!


2006年リリースのEP 『Easton』 収録の名曲「Rewind Today」でMAE、SPITALFIELD、NUMBER ONE GUNなどに通じる爽快エモロックでの圧倒的存在感を示したFlorida州出身の4ピース、EASTONの実に約3年ぶりとなる新作EP!前述のデビューEP以来、2007年には同時リリースとなったシングル「Goodbye Sunday」、「It's Love, It's You」でその爽快さを見事に昇華させていましたが、その後はセッション作品以外にとくに目立ったリリースも無く、活動自体に心配を抱いたりもしましたが、2010年ようやく彼らが戻ってきました!それもあの頃から決して色褪せない美しく澄んだハートフル・メロディーと共に。ややアダルティな雰囲気とモダンロックの要素を醸し出しながらも、そのメロの良さは決して衰えておらず、コンセプトであるふたつの「H」のインスト曲(THE CABのGt. / PianoのAlex Marshallとの共作)を軸に織り成される、傑作EPの風格を漂わせています。

イメージ一新!オルタナティブでダイナミック、ロック色を前面に押し出した疾走チューンM-2 「Beautiful Dropout」。そして「Sway Awards 2010」の「SONG OF THE YEAR」を受賞した展開、構成、メロディー、全ての面において爽快エモロックの歴史に残るであろう名曲M-3 「Us」。新境地のメランコリックで歌劇的なミュージカル・テイストを聴かせてくれるM-4 「She Walks In」。ストリングス・シンセとの絡みが非常に美しく、ココロでふわりの花びらの様にせつなく開くM-6 「Just Watch The Sky」。作品としてはこの6曲なのですが、さらにM-2、M-3のアコースティック・バージョン、B Sideとつけられた、こちらもココロをえぐられるようにせつなく美しいM-9 「Bittersweet (B Side)」を含む全9曲!一度聴いていただければ、「Sway Awards b2010」の「EP OF THE YEAR」受賞というのも頷いていただける傑作EP、彼らは決して脚光を浴びてスターになったわけではありません。しかし一度掴んだ輝きを決して忘れずそれを信じ、良質な音楽を貫き続けること、それがいかに大変で尊いものであるかということを考えさせられる作品でもあります。

1. H
2. Beautiful Dropout
3. Us
4. She Walks In
5. H
6. Just Watch The Sky
7. Us (Acoustic)
8. Beautiful Dropout (Acoustic)
9. Bittersweet (B Side)

Artist-6391006-Screenshot20100618at91556PM.png
www.myspace.com/easton
www.purevolume.com/easton


Us (2010)

17613.gif
Easton (2006)
スポンサーサイト
01/29
Sat
 Title:ATTACK ATTACK! Music Video
author:Sway
ATTACK ATTACK!が発売中のセルフ・タイトルアルバムより「Smokahontas」のミュージック・ビデオを発表しました。スペーシーでダンサブルなエレクトロ・シンセと哀愁メロが心地良く絡み合うAA!珠玉のナンバー!オープニング格好良すぎるだろ!


Smokahontas (2011)
洋楽音楽 / [ Music Video ]
01/25
Tue
 Title:STAY AHEAD OF THE WEATHER / We Better Get Goin' If We're Gonna
author:Sway
stayaheadoftheweatherwbggiwg.jpg
Label: No Sleep (2010)
Genre: Rock/Emo/Alternative/Indie/Pop Punk

時代を “あの頃” に引き戻す!
2010年圧倒的にエモーショナルな極上7インチ!


I CALL FIVES、THE WONDER YEARS、ALL OR NOTHINGらが所属する優良Emo/Pop Punkレーベル、No Sleep Recordsからとびきりエモーショナルなバンドが登場!Illinois州はChicago出身の4ピース、STAY AHEAD OF THE WEATHERの7インチ・レコードEP!各地でも既に話題の種となっていますが、FURTHER SEEMS FOREVER、BRAID、PIEBALD、JOSHUA、KNAPSACK、HEY MERCEDESなどを通過してきたキッズなら泣いて喜びそうなインディー・エモをこの時代に惜しげも無くかき鳴らしてくれるんですから、そりゃあ注目を浴びるわけです!ダイナミックな演奏陣と独特のファジーなディストーションが際立つギターリフ、なんといっても胸を鷲掴みにするような爽快感とエモ感に満ちたメロディーがまさに "Drivemo!" な、ひさびさに当ブログを本流へと立ち返らせてくれるような極上サウンドを聴かせてくれます。とくにM-2 「Impressions & Impressing People」はヤバすぎる!せつなメロと無造作かつココロをえぐるように動いていくコード進行、JOSHUAファンなら感涙でしょう!

爽快に響き渡る朝焼けのようなハートフル・オープニングM-1 「Get Old Or Die Tryin'」。テクニカルなギター・リフと感情豊かにハモり続けるVo. がなんとも好対比に曲を盛り上げるM-3 「Sorority Social Suicide」。ポップパンク色を前面に押し出しつつも、コードと中盤のリズム隊主体の展開はやはり純エモな爽快ドライビング・チューンM-5 「Butchering A Back Catalog」など全5曲。こんな極上サウンドの巨壁を目の当たりにした際に改めて気づかされる、やはりこの時代に居そうで居なかったバンド。まずはひたすら聴いてエモ汁をココロと身体にじわじわと沁み込ませること、そうすれば自然と涙腺も緩んでくるってもんです。

1. Get Old Or Die Tryin'
2. Impressions & Impressing People
3. Sorority Social Suicide
4. No Sleep Till Humboldt
5. Butchering A Back Catalog

l_cae6462862ed4eef902cdd3aaf7e3da3.jpg
www.myspace.com/stayaheadoftheweather
01/23
Sun
 Title:STEREOS / Uncontrollable
author:Sway
stereos_uncontrollable.jpg
Label: Universal Music (2010)
Genre: Rock/Powerpop/Pop Punk/Electronica/Emo/R&B

カナダ発!
2ndにして貫禄の爽快ポップ・グルーブの大洪水!


2009年にデビュー・シングル「Summer Girl」が本国カナダのBillboardチャート、「Canadian Hot 100」にて最高2位を獲得した5ピース、STEREOSの2ndフルが登場!本国ではすでにアイドル的な圧倒的人気を誇る彼ら、2009年に発表されたデビュー・フル 『Stereos』 から約1年という短いスパンで発表された本作はよりエレクトロ、ダンス、R&B色が強くなっており、ある意味「これはもうロックなのか!?」ともやや悩んでしまいそう。しかし相変わらずフロントマンVo. Patrick Kordybackのロックなルックスとは裏腹すぎるスウィート・ボイス、聴くものをスルリと惹きこんでくれるメロディーの良さは実に心地良く人気があるのも頷けます。

米国出身の女性シンガー兼ラッパー、Colette Carrをデュエット的にフィーチャーした爽快オープニング・チューンM-1 「Take U Home」。ロマンティックで非常にアイドル的なミドル・シンガロングM-2 「Attitude」。女性の掛け合いコーラスが非常に心地良い8ビット・シンセを巧く配合したCOBRA STARSHIPライクなダンサブル・テイストM-3 「Girl In The Club (We Got It)」。メランコリックな表情で終始展開するスペーシーな1stシングルM-5 「Uncontrollable」。これは次回のDJで絶対流したい!収録曲中最もポップでダンサブルでロックな'80sサウンドM-6 「Feel It」。名は体を現す、タイトルどおりのバディ・ムービン衝動を与えてくれるファニー・ポップM-9 「Body Move」。今となっては定番ながらもやはりこういう曲に女子は弱いんだろうなあ、タイトル・ワードをリズミカル&効果的に使用したポップR&BチューンM-10 「Over And Over」など全11曲!BREATHE ELECTRIC、HOT CHELLE RAE、CASH CASH、THE NEW CITIES、BOYS LIKE GIRLSファンはこの爽快ポップなグルーブ感に酔いしれてしまえばいいさ!

1. Take U Home
2. Attitude
3. Girl In The Club (We Got It)
4. A Lot Like You
5. Uncontrollable
6. Feel It
7. Like A Heartbeat
8. Yeah Yeah Yeah
9. Body Move
10. Over And Over
11. Barely Breathing

Artist-1754124-4525_207698435293_137571320293_7120935_5292776_n.jpg
www.myspace.com/stereos
www.purevolume.com/Stereos66260


Uncontrollable (2010)
01/19
Wed
 Title:Back To Basic Vol.8@SAKAE R.A.D!
author:Sway
btb8.jpg
Back To Basic vol.8

2011年1月29日(土)

栄R.A.D (http://rad.radcreation.jp/access.html)
OPEN/START: 20:00, CLOSE: 5:00
Live Time:20:00~22:00 / DJ Time:23:00~5:00
CHARGE:2,000yen(1drink込)

Live:
Yonrinsha
This Morning Day

DJ;
YAMO
みゅーず
Sway
SH!NGO
Fukuchan
Madouken!
Mark
Shinoyan
Taku
This Morning Day
Yonrinsha

アーティストグッズからGlamour Killsの商品まで、いろいろ当たる恒例のビンゴ大会ももちろん開催!さらに!さらに!去年末に開催したB[T]B US TOURのTOUR Tシャツの販売も行います!!

詳細はBEYOND[THE]BLUEブログにて!

2011年1発目のBTB!がんばって廻します!ひさびさに会える顔がたくさんで楽しみ!
音楽音楽 / [ News! ]
01/18
Tue
 Title:I FIGHT DRAGONS / Welcome To The Breakdown
author:Sway
IFightDragons-Welcome_To_The_Breakdown.jpg
Label: Photo Finish (2010)
Genre: Rock/Powerpop/Pop Punk/Emo/Electronica/Alternative

極上ピコメロックの金字塔!
8ビット・サウンド×MOTION CITY SOUND TRACK and WEEZER!


B級RPGタイトルのようなバンド名からすでにワクワク感が半端ないCalifornia州出身の6人組、I FIGHT DRAGONSの2010年春リリースの 『Cool Is Just A Number... 』 に続く2ndEP!オフィシャル・サイトのレイアウトやメンバー・アバターのロックマンっぷりからもうこの時点でメンバーのファミコン・フリークっぷりがじわりと伝わってくるんですが、サウンドもまさにそのとおり、ファミコン時代のサウンドを支えた8ビットピコメロ・サウンドを軽快にまぶしたPowerpopサウンド、しかしピコメロに傾倒しすぎず、基本はあくまでMOTION CITY SOUNDTRACK、WEEZERなどを彷彿とさせる甘酸っぱいロック・サウンドに仕上げているところがなんとも好感が持てます。アッパーで軽快なサビに拳を突き上げずにいられないHOUSTON CALLSライクなオープニング・チューンM-1 「Welcome To The Breakdown」。ファジーなギター・サウンドとオルタナティブなロック・サウンドが巧く8ビットと交差するM-2 「No Kontrol」。このオープニングはどこかで!なコーラスが笑いを誘いつつも、ここまで質の高いカバーを誰が想像したであろう映画 『Back To The Future』 でおなじみM-3 「The Power Of Love」。せつなくも疾走感のある青春ポップ・サウンドにバンドの底力を感じるキラー・チューンM-5 「Give it Up」。8ビットとアコースティックの融合なんて初めて聴いたよ、なにこの不思議な感覚!を味わえるM-6 「Not I」。ラストにして涙を誘うメロディアスなロマンティック・ミドルM-7 「Just Decide」など全7曲。8ビット・サウンドファンからパワーポップファンまでとことん高品質で楽しめる極上ピコメロックの金字塔!

1. Welcome To The Breakdown
2. No Kontrol
3. The Power Of Love
4. Proxima Centauri
5. Give it Up
6. Not I
7. Just Decide

Artist-1317864-ifd_photo2_low.jpg
www.myspace.com/ifightdragons
www.purevolume.com/ifightdragons
01/14
Fri
 Title:A DAY TO REMEMBER Music Video
author:Sway
A DAY TO REMEMBERが2010年リリースの最新作 『What Separates Me From You』 より、「All I Want」のミュージック・ビデオを公開しました。冒頭の「Thank You」からも伝わるようにとにかくゲスト陣が豪華すぎる!兄貴がNew Yorkで歌っているのはかなり反則!詳しい登場ゲストは以下のとおり。


All I Want (2011)

0:39 Crime In Stereo
0:40 Tom Denney (A Day To Remember's former guitarist)
0:43 Veara
0:45 Bring Me The Horizon
0:48 Silverstein
0:50 Parkway Drive
0:54 The Devil Wears Prada
1:00 Andrew WK
1:06 Pete Wentz
1:25 Millencolin
1:28 As I Lay Dying
1:31 The Red Chord
1:33 August Burns Red
1:36 Comeback Kid
1:40 Seventh Star
1:43 Maylene & The Sons Of Disaster
1:50 Architects
1:56 MxPx
2:00 Your Demise
2:03 Trivium
2:05 Pierce The Veil
2:10 The Acacia Strain
2:38 This Is Hell
2:42 Set Your Goals
洋楽音楽 / [ Music Video ]
01/08
Sat
 Title:Sway Awards 2010
author:Sway
sw2010.jpg
激遅ればせながら、あけましておめでとうございます!今年もよろしくお願いします!

相変わらずの遅筆に追い討ちをかける正月ボケの多重残像拳、ようやくですが「Sway Awards 2010」いよいよ開催!今年も一昨年同様下記の6部門でお送りします。

crown-mini.gif 「ALBUM OF THE YEAR」: 最優秀アルバム作品賞
crown-mini.gif 「EP OF THE YEAR」: 最優秀EP作品賞
crown-mini.gif 「KILLER TUNE OF THE YEAR」: 最優秀楽曲賞
crown-mini.gif 「BEST MUSIC VIDEO」: 最優秀ミュージック・ビデオ賞
crown-mini.gif 「BEST NEW BAND」: 最優秀新人賞
crown-mini.gif 「BEST ARTWORK / PACKAGING」: 最優秀アート・ワーク賞

crown-1.gif 「ALBUM OF THE YEAR」: 最優秀アルバム作品賞

FourYearStrong-EnemyoftheWorld430.jpg
FOUR YEAR STRONG / Enemy Of The World

近所に出来たネパール料理屋、安心のココイチ、色々つまみ食いしてもやっぱり家のカレーが一番美味しいのである。圧倒的なハイ・テンション、そこはかとなくアグレッシブ&ダイナミックなPopcore / Easycoreサウンド!なのにどの曲もサビは口づさめちゃうドキャッチー加減が高リピートの要因!前作までのシンセ要素を弱め、よりメロディック路線に主軸を切り替えながらも、どこを切っても圧巻クオリティなまさに金太郎飴状態。本3rdフルにして完成を見たといっても過言ではないFYSサウンドの今後の展望がかなり気になりますが、それはようやく来る来日公演の後にでもゆっくり考えればいいと思う。まだしばらくヘビロテは続きそうです!

crown-1.gif 「EP OF THE YEAR」: 最優秀EP作品賞

eastonhh.jpg
EASTON / H&H

インパクトでは問答無用でIN HER OWN WORDSでしたが、各曲の完成度、構成、リピート回数ではやはり爽快エモメロの雄EASTONに軍配!未だに2006年発表、「Rewind Today」収録の傑作1stEPの彼らを余韻として引きずっているわたしに、「待たせたな!これが現在のおれたちだ!」といわんばかりに満面の笑みで手を差し伸べてくれた復活作。ココロを握り締められるような爽快エモロックの金字塔的名曲「Us」を筆頭に、ややアダルティでスタイリッシュな雰囲気を帯びたオルタナ・サウンドが彼ら独自の “オトナの透明感” を生み出しました、インスト曲を含めその空気感に存分に酔える作品!乾杯!

crown-1.gif 「KILLER TUNE OF THE YEAR」: 最優秀楽曲賞 (2曲)


EASTON / Us

聴けばわかる!収録作「H&H」は「EP OF THE YEAR」にも選ばせていただきましたが、爽快で蒼すぎる青空エモロックの金字塔!泣けばいいと思う。


SILVERSTEIN / Sacrifice

「I'm Your サークリファァァイス!」は口ずさむこと必至!これぞシルステな原点回帰キラー・チューンに脳内感染間違いなし!国内盤はもうすぐ発売!

crown-1.gif 「BEST MUSIC VIDEO」: 最優秀ミュージック・ビデオ賞


THE DAMNED THINGS / We've Got A Situation Here

いつもどおりこの部門の選考基準はどれだけおバカであるか!よくよく見ればこのバンド凄まじいメンツ!ここまでやりきったMVはほかになかった!

crown-1.gif 「BEST NEW BAND」: 最優秀新人賞

falilv.jpg
Fear, and Loathing in Las Vegas


Fear, and Loathing in Las Vegas / Stray in Chaos

これだけの大活躍をされては文句はないでしょう!年齢、国籍、そんなものを遥かに飛び越えるスケール感で日本中にElectro / Post Hardcoreサウンド旋風を巻き起こしてくれたシーンの功労者!

crown-1.gif 「BEST ARTWORK / PACKAGING」: 最優秀アート・ワーク賞

shehasafashionvicestss430.jpg
SHE HAS A FASHION VICE / Stop Talking, Start Sweating

内容も格好良いですが、自分自身の内なる悪に立ち向かう様をストレートに表現したナイス・ジャケがとてつもなく格好良かった!メンバー自身というのも好感が持てる!

以上、「Sway Awards 2010」でした。あなたの優秀作はなんでしたか?良かったらまたコメントお待ちしています。それではまた年末に「Sway Awards 2011」でお会いしましょう!
Template by Girl's Dis
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。