It's all about rock; full of emotions and sweetness
--/--
--
 Title:スポンサーサイト
author:Sway
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
09/21
Wed
 Title:REQUIEM FOR THE DEAD / Always And Forever
author:Sway
requiemforthedeadaaf.jpg
Label: Unsigned (2011)
Genre: Rock/Post Hardcore/Screamo/Emo/Alternative/Electronica

ex. I AM GHOSTのSteveがカムバック・ブームに乗る!
デジタル・ビートを前面に押し出した新説ゴシック・サウンド!


Epitaph Recordsからのリリースにより脚光を浴びたI AM GHOSTのフロントマン、Steve Julianoにより2011年に結成された3ピース、REQUIEM FOR THE DEADのデビュー・フル!バイオリン&女性Vo. を失った時点でどうなることやらと思いましたが、結局IAGは2010年に解散、それから間もなくしてスタートした本バンドですが、ややゴシックでホラー・テイストなPost Hardcore/Screamoサウンドの基本路線はそのままに、デジタルビート・サウンドを取り入れかなり耳馴染み良くカムバック!初期AIDEN、SHE CAN'T BREATHEなどにMY CHEMICAL ROMANCEのダイナミックでキャッチーさを混ぜ込んだかのようなサウンドは、アグレッシブなものからダンサブルなものまで実に幅広く楽しめる内容、こりゃex. LAST WINTERのCameron(現SCB)、ex. ESCAPE THE FATEのRonnie(現FALLING IN REVERSE)といい、一時代を築いた才能あるフロントマン達のカムバック・ブームが来ているのかも!

1曲にして完全に聴くものを虜にする疾走オープニングからじわじわと高揚感が半端ない胸キュン・キラーの決定版(後半のエモーショナルな展開も聴き逃せない!)M-2 「Those Lovely Shark People」。小気味良いデジタル・ビートにエフェクトVo. とスクリームが軽快に乗るM-4 「Blonde To Red」。うねる様なゴシック・メロと極悪なスクリームがデジタルと織り交じり襲い掛かるこれぞRFTDの真骨頂なのだろうと感じさせられたM-8 「The Misadventure Of Coffin Kid」。IAG時代には考えられないような驚きの激ポップ・チューンM-9 「All That I Wanted」。女性Vo. とバイオリンをフィーチャーし、IAGへの懐古を感じさせるM-11 「The Terrible Tale Of Two」など全11曲。ドラムの打ち込みがやや簡素、やや大味で方向性も固まりきっていない部分も垣間見えるが、完全にデジタル押しで行くのか、今後メンバーが増えれば変わっていくのか、その伸びしろはまだまだ大いにありそうだ。

1. Sad Boy Meets Sad Girl
2. Those Lovely Shark People
3. The Death Note Of Shipwrecks
4. Blonde To Red
5. I'm No Angel
6. Always And Forever
7. Interlude_ Her Pocket Full Of Posies
8. The Misadventure Of Coffin Kid
9. All That I Wanted
10. Kill Or Be Killed
11. The Terrible Tale Of Two

Artist-1486494-RFTD1.jpg
www.myspace.com/requiemforthedead777
www.facebook.com/requiemforthedead
www.purevolume.com/requiemforthedead
スポンサーサイト
09/12
Mon
 Title:TAKE THE DAY / City Lights & Summer Nights (Part I)
author:Sway
cover.jpg
Label: Unsigned (2011)
Genre: Rock/Powerpop/Pop Punk/Emo

Like STAY, EVERY AVENUE and AMELY!
ひたすらに爽快すぎるメロディー重視の大注目ニュー・カマー!


Wisconsin州はMilwaukee出身の5ピース、TAKE THE DAYの1stEPがとにかく爽快すぎる!STAY、EVERY AVENUE、AMELYなどに通じるダイナミックかつ爽快なポップ・ロック寄りなエモメロPop Punk/Powerpopは、メロディの流れが非常に美しい!ステレオタイプ化したサウンドながら、随所でそうくるか!と思わせるような展開を組み込んだり、決して一調子でなく飽きさせない楽曲はこのメロディの作りによるものだろう。Vo. はやや脱力系で大味ながら、掛け合いやシンガロング・シャウトなどのコーラスが上手く脇を固めているし、実に隙がない。2ndEP「SLAYZ」が大注目なエレクトロ・ユニット、CHALLENGER!をフィーチャーした後半の怒涛のデジタル・エモーショナル展開が圧巻なキラーチューンM-1 「F.T.W. (Feat. CHALLENGER!)」。序盤の控え目Easycoreテイストとサビでの疾走感が見事な対比を生み出すM-2 「As Am I, Isaac Asimov」(2番サビ前の「フー!」は反則)。THEアメリカン・ポップロックな安定感と脱力系なシンガロングが程よい空気感を与えてくれるM-3 「Won't Wait」の全3曲!先頃国内盤デビューを果たしたSTAYのファンは間違いなくハートに響くだろうTTD!シンプルで埋もれてしまいがちなバンド名はやや心配ですが、今後に大注目な爽快ニュー・カマー!

1. F.T.W. (Feat. CHALLENGER!)
2. As Am I, Isaac Asimov
3. Won't Wait

196307_159202967471025_141618129229509_360284_1575970_n.jpg
www.myspace.com/wearetaketheday
www.facebook.com/wearetaketheday


FTW (feat. Challenger!) (2011)
Template by Girl's Dis
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。