It's all about rock; full of emotions and sweetness
--/--
--
 Title:スポンサーサイト
author:Sway
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
02/29
Wed
 Title:HIT THE LIGHTS / Invicta
author:Sway
hitthelightsinvicta.jpg
Label: Razor & Tie (2012)
Genre: Rock/Pop Punk/Powerpop/Alternative/Emo

次世代エモメロの先駆者HIT THE LIGHTS!
「不屈の」意志を込めた渾身の3rdフル!


多くの方が困惑されたかもしれない、HIT THE LIGHTSがその進む方向を大きく変えた。NEW FOUND GLORYジェネレーション以降、次世代エモメロの先駆者といっても過言ではないHTL、爽快でキャッチーなポップパンクとヘヴィなハードコアの要素をエッセンス的に取り入れ、国内外を問わず多くのファンやバンドを魅了し、多くのフォロワーを生んだ。2008年に発売された前作 『Skip School, Start Fights』 でその地位を確立した彼らが約4年ぶりの新作で挑んだのはよりエモーショナルで、より繊細、よりアイデンティティー溢れる、唯一無二の独自ロック・サウンド。前作までとは圧倒的に疾走感を排除しながらも、それにより生み出される重厚感とハートフルなサウンドへの方向転換は多くの人々を驚かせ、困惑させたかもしれない。今思えば2009年に発表されたEP 『Coast To Coast』 収録曲の「Coast To Coast」、「Pulse」はデジタル・テイストを取り入れた2nd寄りでありつつも、FURTHER SEEMS FOREVERのカバーである「Drive Onto Me」は対照的にハートフルにハマりすぎていた、彼らの中でサウンドが転換する節目だったのかもしれない。さて、ともかく産み落とされた本作はそんな驚きと新たな発見に満ちた冒険的な壮大なエモーショナル作品である。

本作を象徴する独特のドラム・パターンからイントロが始まる、壮大な作品の幕開けを思わせるシンガロング・チューンM-1 「Invincible」。Drivemo Awards 2011 「KILLER TUNE OF THE YEAR」受賞、エモーショナルな感情の塊が怒涛の波のように寄せては返すHTL随一といっても過言ではないハイトーン・ソングM-2 「Gravity」。先行リリースされた 『Invicta EP』 どおりの曲順に繰り出されるのはさらに魂を揺さぶるメロディーと歌詞、後半の涙モノなシンガロングが響き渡るM-3 「Earthquake」(正直タイトルを当初見たとき、われわれ日本人にとっては至極不謹慎であると感じてしまったことは否めないが)。TRANSITやAFTER TONIGHTが2010年の最新作で聴かせてくれたようなハートフルかつメランコリックなギターリフが特徴的なM-5 「Get To You」。個人的にベスト、思わず拳に力が入るオルタナティブでひた向きな必殺サビメロがとことん突出した激エモーショナルなM-6 「Float Through Me」。YELLOWCARDのフロントマン、Ryan Keyとの共作であり、シンプルでエレクトロなリズムにNickの実直で誠実な歌声が心地良く乗り、淡々と進行しながらもそのメロディーの美しさに引き込まれるM-9 「Faster Now」。唯一前作のテイストを色濃く残しただろう2nd収録の「」を思わせるせつなメロと「Let You Know」のメロがココロに残るM-10 「Take Control」など全11曲。アルバム・タイトルである「Invicta」は「不屈の」「負けざる者」といった意味を持つ、そこにはHTLの確固たる意志と新たなサウンドへの自信を感じざるを得ない。前回の来日ではM-2のみしか新曲は聴くことができなかったので、ぜひ次回の来日を心待ちにしたい。

本作のLPにはM-12としてアコースティックな展開から軽快に疾走するエモーショナル・テイスト「Liars And Cheats」が、KICK ROCK INVASIONからの国内盤にはボーナス・トラックとしてクリスチャン・オルタナライクな爽快疾走エモメロ・チューン「Let You Down」が収録されている。テイストがやや異なるため、本作には未収録だったのかもしれないが、ファンとしては両曲とも聴き逃せない良曲なのでぜひ入手していただきたい。

1. Invincible
2. Gravity
3. Earthquake
4. So Guilty
5. Get To You
6. Float Through Me
7. Should've Known
8. All The Weight
9. Faster Now
10. Take Control
11. Oh My God

Artist-6080980-HTL_Processed_IMG_1243lo.jpg
www.facebook.com/hitthelights
www.myspace.com/hitthelights
www.purevolume.com/hitthelights


Earthquake (2012)

hitthelightsctcep.jpg
Coast To Coast (2009)

hitthelightssssf.jpg
Skip School, Start Fights (2008)
スポンサーサイト
02/22
Wed
 Title:THE CALL OUT / Closer
author:Sway
1328878479_1.jpg
Label: Unsigned (2012)
Genre: Rock/Pop Punk/Powerpop/Emo/Alternative

Like CARTEL, QUIETDRIVE and RUN KID RUN!
定評のある爽快Emo/Powerpop/Pop Punkは今作も健在!


相変わらずバンド名を見ただけでHIT THE LIGHTS、RUN KID RUNが浮かんでほっこりしてしまうのは狡いなあとか個人的に思うわけですが、2008年の結成以来コンスタントにEPをリリースし続けているNew Jersey州出身の4ピース、THE CALL OUTの3rd EP!これだけEPのみをリリースし続けるのも少しこわいわけで、DANGER IS MY MIDDLE NAME現象にならなければ良いのですが。サウンドは毎度おなじみの爽快Emo/Powerpop/Pop Punkで、よりメジャー感が増しました、なんだかとてもCARTELにかなり似てきたような!オルタナティブな曲展開にシンガロングな合いの手パートを取り入れたリード・チューンM-1 「Over It」。コードに反するギターリフが独特の味を生む前述どおりCARTEL激似のダイナミック・ミドルM-2 「Dream Big, Fall Hard」。スネアが無茶苦茶心地良い跳ねっかえりで是非メーカーを教えていただきたいQUIETDRIVEライクな爽快ポップネスM-3 「Kally (Redux)」。HTLに影響された色が濃く反映されているであろう軽快エモメロM-4 「Believe In Me」の全4曲!毎回思うのだけど、これだけ安定したクオリティでリリースを重ねているバンドも稀だと思う。どうかどこいらからそろそろデビューしますように!

1. Over It
2. Dream Big, Fall Hard
3. Kally (Redux)
4. Believe In Me

Artist-7522869-thecallout.jpg
www.facebook.com/thecalloutnj
www.myspace.com/thecalloutnj
www.purevolume.com/thecalloutnj

thecalloutttth.jpg
Take This To Heart (2010)
[ C ]
02/07
Tue
 Title:THE BOYS AFTER / The Break-Up
author:Sway
theboysaftertbuep.jpg
Label: Unsigned (2011)
Genre: Rock/Pop Punk/Powerpop/Emo

あの3ピースが爽快な夏を取り戻す!
純度100%快速エモメロポップパンクのカムバック作!


2007年にリリースした1stEP 『You'll Be Misiing Home』 以後、活動を休止していたCaliforniaの爽快ポップパンカー3ピース、THE BOYS AFTERが2011年に見事なカムバック!しかも相変わらずTHIS TIME NEXT YEAR、DANGER IS MY MIDDLE NAME、THE ALL-STARZ、初期ELEVENTYSEVENライクな疾走感溢れるメロディックなサウンドをさらに洗練!ぴっかぴかに磨きをかけなんとも眩しすぎる復活のお姿!そんな復活のEPのタイトルが 『The Break-Up』 だなんて洒落が効きすぎてるぜ!

BRODIEをも彷彿とさせる高速カッティング・リフが冴える3段階の速度展開がなんともキレキレなオープニング・チューンM-1 「Friendship Is Gold」。タイトルからして胸が締めつけられます、前作同様相変わらず見上げれば青空しか見えない爽快タテノリ・キラーM-2 「Forever Summer」。イントロからして気持ちコーラス・エフェクトをかけた歌声がなんとも心地良く響くダンサブルかつ、FOREVER THE SICKEST KIDSライクな跳ねまくるメロディーが新境地なM-4 「Chemistry」。こういうのをタイトル・トラックに持ってくるところが好感でしかない!21秒の快速パンク・ショートM-5 「The Break-Up」など、おふざけなクランクHidden Trackも含む全7曲!リリースが早ければ間違いなくAwardsノミネートに食い込んできたであろうパーフェクトな復活作!こういう音を聴くとやはり叫びたくなります!"Pop Punk Never Dies!!"

1. Friendship Is Gold
2. Forever Summer
3. Don't Let Me Go
4. Chemistry
5. The Break-Up
6. Hold On
7. Hidden Track

theboysafter.jpg
www.facebook.com/theboysafter
www.myspace.com/theboysafter
www.purevolume.com/theboysafter

21521.jpg
You'll Be Misiing Home (2007)
[ B ]
Template by Girl's Dis
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。