It's all about rock; full of emotions and sweetness
--/--
--
 Title:スポンサーサイト
author:Sway
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
05/28
Mon
 Title:EVERY AVENUE Music Video History!
author:Sway
77-1337143380-4280l.jpg
BEYOND[THE]BLUE Tour 2012!

いよいよ今週末!6/1(金)のBack To BasicからBEYOND[THE]BLUE Tour 2012が始まります!個人的にはEVERY AVENUEのDaveの4年連続ストーキングが成功できるかどうかの大一番!ということで、今回はEVERY AVENUEのミュージック・ビデオを年代順にPlay Back!ストーキングの準備運動も兼ねて、セクシーに年齢を重ねていくDaveにうっとりしてみましょう!(通報しないでください)


Every Avenue - Where Were You? (2008)


Every Avenue - Think Of You Later (Empty Room) (2008)


Every Avenue - For Always, Forever (Video) (2010)


Every Avenue - Tell Me I'm A Wreck (2010)


Every Avenue - "Mindset" Official Music Video (2011)


Every Avenue - "Fall Apart" Official Music Video (2011)
スポンサーサイト
洋楽音楽 / [ Music Video ]
05/25
Fri
 Title:STAY GOLDEN / Three Day Weekend
author:Sway
staygoldentdw.jpg
Label: Unsigned (2011)
Genre: Rock/Powerpop/Pop Punk/Emo/Alternative

アメリカンなAlternativeテイストを基調とした爽快なポップロック!
Like SWING THE COAST, EVERY AVENUE, and MARVELOUS 3!


Matt Ayoという人物をご存知でしょうか?彼はex. FALL OUT BOYのVo. Patrick Stumpのソロ曲「Oh, Nostalgia」をアカペラとボイパでカバーし、YouTubeでPatrick本人からお褒めの言葉をいただいたという人物(動画は下記転載)。そんな彼がVo. を務めるのがIllinois州はChicago出身の3ピース、STAY GOLDEN!彼らにすぐさま惹かれてしまったのは、Mattの歌声や歌い回しがMARVELOUS 3の頃のButch Walkerに似ているから。ファルセットや力の入れ具合なんかもどこか通じるものがあるし、バンド・サウンドもアメリカンなAlternativeテイストを基調とした爽快なポップロック!MARVELOUS 3の再来なんて書くのはおこがましいんだけど、そんなポテンシャルを端々に感じさせる。

軽快なリズムの跳ねっぷりと流れるような爽快メロが怒涛のように押し寄せるALL TIME LOWライクなリード・チューンM-1 「Tip Top」。なかなか攻めづらい低音から入り、高音へとシフトしていくパワーポップのお手本のようなM-2 「Easier To See」。個人的に最もButchらしさを感じたどこかカントリー・ライクでハートフルな唯一のミドル・テイストM-3 「Let You Down Easily」。WEEZERを彷彿とさせるようなエッジの効いたオーバー・ドライブのイントロ・リフからPop Punkテイストに進行するM-4 「Anyone, Anyone」。一転してメランコリックで哀愁感を誘う泣きメロ・チューンM-5 「Make Believe」の全5曲!DANGER IS MY MIDDLE NAME、SWING THE COAST、ALL TIME LOW、CARTEL、EVERY AVENUE、そしてモダンロック趣向な方にも是非聴いていただきたい期待のバンド!

1. Tip Top
2. Easier To See
3. Let You Down Easily
4. Anyone, Anyone
5. Make Believe

staygolden.jpg
www.facebook.com/staygoldenofficial
www.myspace.com/staygoldenofficial
www.facebook.com/www.purevolume.com/StayGolden


STAY GOLDEN PROMO (2011)


Patrick Stump "Oh, Nostalgia" Acapella cover by Stay Golden (@staygoldenband) (2011)
05/24
Thu
 Title:Japanese Emo/Pop Punk 特集!
author:Sway
長年、Drivemo (Drive "疾走感" × Emo "エモ" )を提唱してきた当ブログですが、その積年の活動が実を結んできたかどうかは定かではありませんが、近年これぞDrivemo!といえるような国内バンドが注目を集めてきたように感じます。

そんな現在大注目!さらに今後 "Emo/Pop Punkムーブメント" を起こしてくれるであろうバンドを並べてみました!あくまで "メロコア" や "Japanese Pop Punk" としてではなく、胸を張って "Emo/Pop Punk" と世界に向けて叫びます!日本バンドはここまできた!

AFTER TONIGHT (東京)
国内Emo/Pop Punkの若手筆頭格!THE STARTING LINEが突如再び舞い降りたかのような、Drive-Thruジェネレーションの琴線に触れる爽快さがとにかく青い!蒼い!


After Tonight - What Does "Zeta" Mean Anyway? (Official Video)

channel 8 (宮城)
こちらもDrive-Thru直系の日本人離れした爽快エモメロを奏でてくれるchannel 8!残念ながら活動休止が決定しているが、名曲「Be Strong」には彼らの強い意志が込められており、早くの復活を望まずにはいられない。


channel 8 - Be Strong

Accident I Loved (福岡)
BEYOND[THE]BLUE Vol.5への参加も果たしたAIL。FASTLIFE RECORDS所属、爽快疾走メロとエモーショナルなシンガロング展開を得意とする注目株!


ACCIDENT I LOVED - You're Whole My Heart

All Found Bright Lights (愛知)
名古屋発のピコピコEasycore/Pop Punkバンド、Hardcore寄りではあるが、メロディー・ラインの爽快さやキャッチーさはエモメロ譲り!今最も注目を集めるやんちゃ系!


All Found Bright Lights - Full Set (2012/05/13) at Hatsudai WALL

The American Movie (福岡)
FASTLIFE RECORDS所属。とにかくせつなく胸を打つメロディーとエモーショナルな歌声が凄まじい!緩急を織り交ぜた楽曲から並々ならぬEmoへのこだわりを覗かせる。


"The American Movie" 『This is story so far』CM☆

SECONDWALL (東京)
東京の女性Vo. Pop PunkといえばSECONDWALLとHead Over Heels!サウンドはメロディック寄りながらVo. YUKAのせつなくも胸を打つ歌声が随所にエモーショナルな側面を見せる。


SECONDWALL - "Resound" PV

Head Over Heels (東京)
SECONDWALLと共に東京の女性Vo. Emo/Pop Punkシーンを盛り立ててくれているのがこのHOH!基本はエモーショナルながら、Easycoreやメロディックのテイストだったり、曲ごとに違った顔を見せてくれるのが魅力!


Head Over Heels - Dive or Die

ほかにもこのバンドDrivemoぽくない!?ってバンドがいたらぜひコメントとかでお知らせしてくれると嬉しいです!
[ Special ]
05/23
Wed
 Title:ALMOST LEGENDARY / Bright Lights
author:Sway
almostlegendarybl.jpg
Label: Unsigned (2011)
Genre: Rock/Powerpop/Pop Punk/Emo/Electronica

Like STELLAR KART, SIMPLE PLAN, and ELEVENTYSEVEN!
安心のZK ProductionsプロデュースによるデビューEP!


Zack OdomとKenneth Mountという名前をご存知でしょうか?Pop Punkやエモメロを聴いている方々で、この名前をクレジットで見たことがないという方はいないのではないでしょうか?CARTEL、MAYDAY PARADE、EVERY AVENUE、HIT THE LIGHTS、ARTIST VS POET、GO RADIOなど名だたるバンドたちが敬愛し、その手腕を認めている名共同プロデューサーです。そんな彼らが2011年に手掛けたのが、Georgia州の4ピース、ALMOST LEGENDARYの3曲入りデビューEP!2009年の結成以来、90年代後期のPop Punk/Powerpopサウンドとエレクトロなダンスサウンドを掛け合わせた絶妙なポップロック・サウンドを奏でている彼ら、ハスキーで実直なVo. の歌声と、どこか懐かしささえ感じる軽快なキャッチー・メロディーが魅力満点!

初期のSIMPLE PLANを思わせるような青さバツグンのメロが心地良い疾走チューンM-1 「Ready Or Not」。ピアノのせつなげなイントロから始まり、HAWK NELSON、STELLAR KARTのようなクリスチャン・ライクなポップパンク・テイストを繰り広げるM-2 「This Time (I'm Right)」。THE FRIDAY NIGHT BOYS、ELEVENTYSEVENファンも納得のエレクトロ推しなド爽快アッパー・チューンM-3 「Tonight Becomes Tomorrow」の全3曲!上記に挙がったバンドに少しでも惹かれた方であれば、必ずやココロ踊ること間違いなしなALの眩いばかりの輝きにぜひ触れてみてください!

1. Ready Or Not
2. This Time (I'm Right)
3. Tonight Becomes Tomorrow

Artist-2736541-Wall2_with_logo_medium.jpg
www.facebook.com/AlmostLegendary
www.myspace.com/almostlegendarymusic
www.facebook.com/www.purevolume.com/AlmostLegendary36826


Almost Legendary - Ready Or Not (Off Of Bright Lights) (2011)
05/22
Tue
 Title:YELLOWCARD New Song
author:Sway
4月にレコーディングを終えたばかりのYELLOWCARDが今夏発売予定の新作に収録される新曲「Always Summer」を発表した。楽曲はこちらにてフル視聴可能。この曲は5/22にiTunesにて発売される。タイトル通り、爽やかすぎる楽曲が新作と9月の来日公演への期待を盛り立てる!早く聴きたい!観たい!

yellowcardas.jpg
Always Summer (2012)
洋楽音楽 / [ News! ]
05/18
Fri
 Title:CHASING THE SUMMER / Sunsets & Memories
author:Sway
chasingthesummersam.jpg
Label: Unsigned (2012)
Genre: Rock/Powerpop/Pop Punk/Emo/Electronica

Drivemo激オシ!CHASING THE SUMMERが今夏を先取り!
Like HEROES FOR HIRE, THIS YEARS FASHION and CINEMATIC SUNRISE!


Maryland州から突如現れた5人の少年、CHASING THE SUMMERが今夏を先取りする!デビューEPとなる3曲入りEPがとにかく素晴らしい!ド爽快&ド軽快といっても過言ではない青空エモメロ、オネストでハートフルなVo. 、適度なエレクトロ、ティーンたちの夏の思い出を描いた歌詞、どれを取っても申し分ない爽快新人が登場!HEROES FOR HIRE、HIT THE LIGHTS、THIS YEARS FASHION、CINEMATIC SUNRISE、channel 8、Accident I Loved、SWING THE COASTなどBEYOND[THE]BLUE直系の爽快エモメロが大好物であれば必ずやその輝きにココロ奪われること必至!

リード・トラックとなるM-1 「Sunsets & Memories」はストレートながらもその構成がお見事、メロディーが素晴らしいのは言わずもがなだが、2ビートやエレクトロ、シンガロングやツインペダルによる微Easycore的リズムなど現代的な表現を盛り込み、楽曲をステレオタイプ化させないこだわりと個性を強く打ち出している。M-2 「Interlude」は次曲へのインタールード的エレクトロなインスト、太陽が海に沈んでいくジャケを見ながら聴くと一層気分が盛り上がる。M-3 「It Ends Tonight」もM-1同様、爽快エモメロだが、こちらはやや憂いを帯びた内容、シンガロング・パートがやや男気が弱く意気消沈なのが気持ち残念だが、ライブ映えすること間違いないだろう佳曲!歌モノが実質2曲のおかわりしたい気満々なのだが、彼らのBandcampページからフリー・ダウンロードが可能なのでぜひ今後に注目したい!梅雨の時期を飛び越して今年の熱くも爽快な夏をCTSで先取りしよう!

1. Sunsets & Memories
2. Interlude
3. It Ends Tonight

www.facebook.com/ChasingTheSummerBand


Sunset & Memories - Chasing The Summer (2012)
05/17
Thu
 Title:WITH THE PUNCHES Album Art & Track Listing
author:Sway
本年度大注目にして、最重要盤!WITH THE PUNCHESが6/3にDoghouse Recordsより待望の1stフル 『Seams & Stitches』 をリリース。BEYOND[THE]BLUE Tour 2012での再来日も間もなくに迫っていますが、新曲も聴けたりしちゃうんでしょうか!?現在、M-6収録の新曲「Don't Panic」のSoundCLoud&Preview動画、その他収録曲が下記のとおり公開されています。BEYOND[THE]BLUE Vol.5収録の「Harvard On The Hudson」ももちろんM-3に収録!この3曲だけでも本作が凄まじく素晴らしいことが丸わかり!楽しみすぎる!

WithThePunchessas.jpg
Seams & Stitches (2012)

1. Riverside
2. Bad Pennies
3. Harvard On The Hudson
4. Postcards
5. Home In A Lighthouse
6. Don't Panic
7. I Told You Already
8. New York Minute
9. Letting Go
10. Face Value
11. Cags
12. Seams & Stitches


Don't Panic (2012)


With The Punches - "Don't Panic" Preview (2012)


With The Punches - "Harvard on the Hudson" (2012)


With The Punches - "I Told You Already" (2012)
洋楽音楽 / [ News! ]
05/16
Wed
 Title:ARTIST VS POET / Remember This
author:Sway
artistvspoetrt.jpg
Label: Unsigned (2012)
Genre: Rock/Powerpop/Emo/Alternative/Acoustic

幾多もの苦難を乗り越え、AVPが新たに踏み出した第1歩!
極上アコースティック・ピアノエモサウンドにココロが震える!


Fearless Recordsから1stフル 『Favorite Fix』 をリリース後、これからというときにVo. Tarcy Thomason、Dr. Joe Westbrookが脱退、バンドは残り2名となり活動が危ぶまれたが、新たなGt. Dylan Stevensを迎え活動を続行、Fearlessとの契約は解除されたが2011年には自主制作によるクリスマスEP 『Naughty Or Nice』 を発表、そして2012年、本アコースティックEPをリリースした。元々リズムGt. を担当していたJoe KirklandがVo. を担当し、新生AVPは動き出したわけだが、これがまた実にオネストでココロに響く内容に仕上がっている。ピアノとアコースティック・ギターで全編構成された本作、個人的にはこのままピアノエモ路線でも十分に活躍できる内容であると思う、とにかくせつなくもストレートに胸を打つメロディーが1曲1曲際立っており、やさしく温かみのあるJoeの歌声も見事に楽曲を引っ張っている。

アコースティック・アーティストMat Mustoをフィーチャーした、軽快なカッティングとハートフルなメロディー爽快に響くアメリカンロック・テイストM-1 「Leavin' In The Morning」。EASTONの名曲「Us」を思わせるかのようなギターリフとせつなげな展開が素晴らしいM-2 「Stay」。ブランケットのぬくもりを彷彿とさせる極上メロが聴くものをやさしく包んでくれるM-4 「Anything At All」。M-6 「Let You Go」はサビが特に力強く、構成がかなりしっかりしているだけに、この曲はぜひバンド・セットで聴いてみたい。ダイナミックで壮大なコーラスがまるで讃美歌のような神々しさをも放つM-8 「The Best That You Can Be」など全8曲。MAKING APRIL、MAE、AND THEN I TURNED SEVEN、MY FAVORITE HIGHWAY、EASTON、THE CABを好む方にはぜひ聴いていただきたい、必ずやあなたのココロに何かを灯してくれるだろう作品。

1. Leavin' In The Morning
2. Stay
3. Wait For You
4. Anything At All
5. Different People
6. Let You Go
7. Remember This
8. The Best That You Can Be

Artist-1416980-TumblrPromo.jpg
www.facebook.com/artistvspoet
www.myspace.com/artistvspoet
www.purevolume.com/artistvspoet


Artist Vs Poet - Remember This Teaser (2012)
Template by Girl's Dis
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。