It's all about rock; full of emotions and sweetness
--/--
--
 Title:スポンサーサイト
author:Sway
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
07/30
Mon
 Title:OF FOURTUNE & FAME / Perspective
author:Sway
offourtuneandfamep.jpg
Label: Panic (2012)
Genre: Rock/Pop Punk/Emo/Easycore

Like THE STORY SO FAR, TRANSIT, LIGHT YEARS!
全てのPop Punkファンに捧げる世界基準2ndEP!


New York州出身の5ピース、OF FOUR & FAMEの2ndEP!昨年リリースされたEP 『Earn It』 から約1年、THE STORY SO FAR、THE WONDER YEARS、MAJOR LEAGUE、LIGHT YEARS、そしてLIVING WITH LIONSなどに代表される、男気メロディックのなかにも、胸を突き刺すような哀愁感の漂うPop Punkサウンド!そのなかでも群を抜いて今後の期待感高まるサウンドなんですが、とにかくメロディーが良い!MISSER、TRANSITのエモーショナルでスタイリッシュ、そして独特の浮遊感!あの感覚が全曲に渡って味わえる非常に希有なバンドではないでしょうか!

複雑なリズム進行を見事な踏み台として、サビでのメロディックさに活かしこんでいる泣きメロM-2 「Wembridge Drive」。リード・ギターの動き方が非常に特徴的、クリーンで弾くのではなく、あくまで歪ませながらアクセントとして曲に華を添えるM-3 「Fragments」。シンプルなメロディック・チューンにもかかわらず、なんだこの高揚感は!エッジの効いた哀愁感たっぷりのM-4 「Without Words」。一転して一点の曇りのない爽快極まりないシンガロング・チューンM-5 「Trial And Error」など全6曲!すでにかなりの注目を集めているようですが、全てのPop Punkファンに捧げる世界基準EP!

1. Trenches
2. Wembridge Drive
3. Fragments
4. Without Words
5. Trial And Error
6. Forevermore

offortuneandfame620.jpg
Facebook
Bandcamp
スポンサーサイト
07/26
Thu
 Title:A LOSS FOR WORDS Music Video
author:Sway
白熱の来日公演も記憶に新しいA LOSS FOR WORDSが最新作 『No Sanctuary』 より、「Raining Excuses」のミュージック・ビデオを公開しました。Nevadaのギターにちこちゃんのウッド・バーニングもしっかりと確認できたよ!


Raining Excuses (2012)

alossforwaordsnosanctuary500.jpg
No Sanctuary (2011)
洋楽音楽 / [ Music Video ]
07/25
Wed
 Title:FROM THE SIDELINES / Everybody Loves A Comeback
author:Sway
fromthesidelineselac.jpg
Label: Unsigned (2012)
Genre: Rock/Pop Punk/Powerpop/Emo

Like I CALL FIVES, THE DIRECTIVE, and MAJOR LEAGUE!
荒々しくもとにかく活きの良いPop Punkが世界を席巻間近!?


活きが良い!I CALL FIVES、THE DIRECTIVE、MAJOR LEAGUEなどを彷彿とさせるエモーショナルで軽快なPop Punkバンド、Illinois州出身のFROM THE SIDELINESの1stフル!すでにSUCH GOLDとの共演アクトなどをこなしていますが、バイオではメンバーが2人以外 "?" となっており、サポートでの活動かと思われます。とにかくメロディーが確実にNEW FOUND GLORYジェネレーション!荒々しくも従順で軽快なタテノリ・テイスト、エモーショナルな部分は影響を受けたとも思われるFALL OUT BOY、TRANSIT譲り。お世辞にも上手すぎるとは言えないハイトーンVo. がまたナイスなヘタウマ感を生んでおり、ぜひメンバーを固めて活動を行ってほしい!

ハイトーンでアグレッシブな快速オープニング・トラックで飛ばしまくるM-1 「Southfield」。頭からしてICFの「Elevator Music」まんまだけど、なんだかもうそこも愛くるしくなっちゃう軽快チューンM-2 「I Almost Went To Dayglow」。HIT THE LIGHTSを思わせる超展開とメロディーがココロくすぐるM-3 「B-Side To Your Bedroom」。泣きそうになっちゃうぐらい、日本人の琴線に触れるであろうド定番なイントロから怒涛の泣きメロがたまらないM-4 「Soul Of The Suburbs」。一転してSTRUNG OUTばりの哀愁メロディックに落とし込む展開が実に荒々しいけど格好良いM-5 「If Only My ID Was Your Superego」。そしてなんとも快速で名曲すぎるM-10 「Still Falling」は必聴!ライブの大合唱が目に浮かびすぎてしまう、これはまるで色は違えどALL HEARTの「Snakes And Daggers」やOVER ITの「Crush」並みのラストの殺傷能力!なんだかFRESHMAN 15、SECRET LIVES OF THE FREEMASONSなんかを初めて聴いたときと全く同じ感覚をくれたよ!全10曲!

1. Southfield
2. I Almost Went To Dayglow
3. B-Side To Your Bedroom
4. Soul Of The Suburbs
5. If Only My ID Was Your Superego
6. PF Flyers
7. This Isn't Pinto League
8. Cool Runnings
9. Random Hero
10. Still Falling

Artist-7160920-313527_221469554591957_120720701333510_554619_1688521994_n.jpg
Facebook
PureVolume
Bandcamp
07/24
Tue
 Title:NUMBER ONE GUN Lyric Video
author:Sway
遂にはJeff Schneeweisのソロ・プロジェクトと化していた、ぼくらの青春時代を彩ったド爽快エモメロバンド、NUMBER ONE GUNがオリジナル・メンバーにてついに再始動!新曲「Disappear」のLyric Videoが公開中です!エモすぎる!バンドは現在KickstarterにてCDとDVD製作のために、数々のパターンの募金を募っています。CDも買えて直接バンドの活動にもつながる機会ですので、彼らの活動を望む方は是非参加してください!バンド・レッスンとかアメリカ在住だったら絶対行きたかった!


Number One Gun "Disappear" (Featuring Stephen Christian from Anberlin) Lyric Video (2012)

112677.jpg
Promises For The Imperfect (2005)
洋楽音楽 / [ Music Video ]
07/22
Sun
 Title:THE AFTER PARTY / Kansas
author:Sway
theafterpartykansas.jpg
Label: Unsigned (2012)
Genre: Rock/PowerPop/Emo/Alternative/Electro/Acoustic

サウンド・ベクトルをモダン・ポップへと向けた3rdEP!
Like WILLIAM BECKETT, WE THE KINGS, and RUNNER RUNNER!


2011年、プロデューサーにALL TIME LOW、MAYDAY PARADE、CARTELなどを手掛けたZack Odom & Kenneth Mountを迎え、ある意味衝撃のジャケを携えリリースされた2ndセルフ・タイトルEPが話題となったTHE AFTER PARTYが早くも3rdEPをリリース!同年リリースされたシングル「California」(本作には未収録)からアコースティック・ポップ・テイストがバンドのサウンド・ベクトルの決めてとなったのだろうか?本作はその流れを受けてか、前作までのダンサブルなエレクトロ・テイストよりも、アコースティックや軽快なモダンポップ・テイストを前面に押し出している。しかし、それが決して嫌味になったり、物足りないわけでは全くなく、元来こういうサウンドを得意とするバンドだったのだな、とバンドのイメージを改めて再認識させてくれる素晴らしい作品。

夏のビーチを思わせる、爽快度120%のハートフル・ポップM-1 「Waste The Day」。THIRD EYE BLINEライクなオルタナティブ・ポップが開花したといっても過言ではないM-2 「A Better Me」。唯一前作のイメージを踏襲しているMETRO STATION、THE WHITE TIE AFFAIRを思わせるダンサブル・エレクトロの佳曲M-3 「She's Gotta Boyfriend」。胸を締めつけるようなせつなメロと、エモーショナルなサビメロがMAROON 5ライクで秀逸、ヒット・チャートを席巻してもおかしくないだろうM-6 「Unforgettable Nights」など全7曲。(7曲目にはM-2のクリーン歌詞バージョンを収録)前作までのイメージを持っている方は狼狽してしまうだろうが、一度「California」のミュージック・ビデオを下記にて確認して頂いてから聴いていただきたい。WILLIAM BECKETT、WE THE KINGS、MY FAVORITE HIGHWAY、RUNNER RUNNERなどのファンの方へ!

1. Waste The Day
2. A Better Me
3. She's Gotta Boyfriend
4. Still Got Love
5. Here Comes The Rain
6. Unforgettable Nights
7. A Better Me (Clean)

Artist-7018042-theafterparty2med.jpg
Facebook
PureVolume
MySpace


California (2011) ※本作には未収録
07/20
Fri
 Title:TRASH THE DRESS / Why Do I Do The Things I Hate? EP
author:Sway
trashthedresswdidttih.jpg
Label: Capeside (2012)
Genre: Rock/Pop Punk/Easycore/Emo

Drivemo激オシ!
Easycore、エモメロの中間を行く衝撃Pop Punk!
Like TO TELL THE TALE, THE WONDER YEARS, and FOUR YEAR STRONG!


危なかった、このメタル&HR感満載の陰鬱ジャケだけだったら確実に素通りだった。ACT AS ONE、WOLVES & MACHINES、LOST YEARSなど、大注目なPop Punkバンドが所属する小規模レーベルCapeside RecordsからIndiana州出身の5ピース、TRASH THE DRESSの1stEP!リズム隊はEasycore、メロディーはエモメロ、ブレイクダウンは皆無の各ジャンルの中間スレスレを滑空しているような爽快Pop Punkが魅力、基本ツインVo. スタイルだが、メインVo. も個性的でハイトーンから低音まで表情豊かに聴かせてくれるので全く飽きが来ない。個人的にはTO TELL THE TALE、THE WONDER YEARS、FOUR YEARS STRONGのいいとこ取り!とかも言ってしまえるぐらいの良質バンド!

エモーショナルな掛け合いサビとEasycoreのリズムが対照的にドラマティックな展開を生んでいるシンガロング・チューンM-1 「Why Do I Do The Things I Hate?」。高速カッティング・イントロから始まり、完全にEasycore色なのに、サビではやはり青空を突き抜けるかのような爽快さを撒き散らすM-2 「Seasons」。蒼く爽快で「ウォオー♪」のシンガロングも胸にぐっとくるツインVo. 進行のM-4 「You Don't Gotta Lie To Kick It」。RUFIOばりのピロピロイントロから哀愁感と疾走感が上手く交錯するキレキレなM-5 「This Won't Hold Us Down Forever」など全5曲!スネアが少し硬いので、音が軽く感じてしまうのは少し残念だが、今後のしっかりとした環境の中での収録が非常に楽しみなDrivemo激オシバンド!ちなみに "Trash The Dress" の意味は式後にウェディング・ドレスをめちゃくちゃにして写真に撮ったり思い出に残すことなんだって!知ってた?

1. Why Do I Do The Things I Hate?
2. Seasons
3. Past And Present
4. You Don't Gotta Lie To Kick It
5. This Won't Hold Us Down Forever

Artist-4121627-323066_144938098927284_130223540398740_269433_4895959_o.jpg
Facebook
PureVolume
Bandcamp
07/20
Fri
 Title:7th Anniversary!
author:Sway
Drivemo7th.png
"Drivemo | sounds like your <3beat" 7th Anniversary!

おかげさまで "Drivemo" は7周年を迎えることが出来ました。

最近は更新もままならず、生きてるのか死んでいるのかも微妙な状況でしたが、
このブログを長年やってきたおかげで、ここ数年で様々な方々と知り合うことができ、
続けてきてよかったな、と思うことの方が多くなってきました。

中の人も同じだけ歳を重ねてきましたが、
今後も老体に無理をさせない程度に更新していきますので、どうぞよろしくお願いします。

Sway
Template by Girl's Dis
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。