It's all about rock; full of emotions and sweetness
--/--
--
 Title:スポンサーサイト
author:Sway
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
03/16
Wed
 Title:CARRIDALE / Relapse In The River City
author:Sway
carridaleiritrc.jpg
Label: Unsigned (2011)
Genre: Rock/Pop Punk/Easycore/Emo

Like CHANCES ARE HIGH, HIT THE LIGHTS and AT THE EDGE!
快速!全世界のキッズが待ち望んだリアルポップパンク・サウンド2011!


2005年、Vo. のNathan Edwardが「Carridale」ストリートのアパートで曲を書きはじめたことによりはじまった彼らのポップパンク・ストーリー!今や地元Alabama州どころか世界中のパンクキッズから熱視線を浴びている5ピース、CARRIDALEの2ndEP!2008年に1stEP 『Attack Of The BRO-Bots』 をリリース、翌年にはその1stEPを新録してReリリース、そして2010年日本国内でもKick Rock Invasionからリリースされた唯一無二のエモメロコンピ 『BEYOND[THE]BLUE Vol. 4』 に収録された勢いそのままに、もうとにかく快速・ドキャッチー・爽快、と三拍子揃ったリアルポップパンク・サウンド2011!Pop Punk/Easycoreバンドとは評されるものの、ブレイクダウンの要素も控えめでとにかくメロディー勝負に好感度も急上昇、CHANCES ARE HIGH、IN HER OWN WORDS、I CALL FIVES、HIT THE LIGHTS、AT THE EDGEなどのバンドにピンときた方には絶対に損はさせません!

快速イントロからサビでのせつなリフにココロ奪われつつもメロディックに突き抜けるオープニング・チューンM-1 「How Did I End Up Here?」。CHUNK! NO, CAPTAIN CHUNK!の「In Friends We Trust」激似のイントロからせつなくもキャッチーに展開するM-2 「A Lesson in Semantics」。収録曲中最速を誇るエッジ効きまくりのギター・イントロから一転してドキャッチーに一皮剥ける変幻自在のエモメロ・キラーM-3 「Count On Me」。HTLにも負けず劣らずの大合唱縦ノリ・シンガロングM-4 「One Girl's Trash is Another Girl's Trash」。2010年にデモがMySpaceに挙がるや否や、その楽曲のクオリティーからCARRIDALEの名が急速に広まったといっても過言ではない激キャッチー爽快エモメロM-5 「Relapse In The River City」。ラストを飾るに相応しいビューティフル・リフと、サークルピット必至の快速メロが全く心地良すぎるM-7 「My Oubliette」など全7曲!2011年も初頭ですが、間違いなく本年度を代表するEPに名乗りをあげること間違いなし、とにかく快速なハートに直撃メロディック盤!

1. How Did I End Up Here?
2. A Lesson in Semantics
3. Count On Me
4. One Girl's Trash is Another Girl's Trash
5. Relapse In The River City
6. Circular Logic
7. My Oubliette

Artist-8467981-l_2a211ae81f834868a5760398553cc098.jpg
www.myspace.com/carridale
www.purevolume.com/carridale
Comment
Comment Form
Name
Subject
URL

 管理者にだけ表示
Template by Girl's Dis
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。