It's all about rock; full of emotions and sweetness
--/--
--
 Title:スポンサーサイト
author:Sway
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
01/07
Sat
 Title:12 CDs You Must Listen 2011: Drivemo Awards 2011
author:Sway
dw2011.jpg
気がつけばすでに2012年!日本一呑気でマイペースな賞レース、Drivemo Awards 2011(今回からブログ・タイトルを冠に据えました)ほっこりと開会します!

12 CDs You Must Listen 2011:
Drivemo Awards 2011 "ALBUM OF THE YEAR" Nominate!
(A to Z)

boysnogoodnfb.jpg
BOYS NO GOOD / Never Felt Better
ex. CASEY JONES、KIDS LIKE USのメンバー在籍のフロリダ産快速メロディック!メロコア・キッズの血を再び呼び覚ましてくれる男気盤、M-5 「Jeremy Drinks Bleach」は名曲。

thecabss.jpg
THE CAB / Symphony Soldier
華々しいデビューから一転、楽曲データ紛失、脱退、事務所との離別など不遇を乗り越え届けられた自主製作盤は憑き物が落ちたかのように透き通った感涙オネスト復活作。

funeralforafriendwha!.jpg
FUNERAL FOR A FRIEND / Welcome Home Armageddon!
例年にも増して2011年のFFAFは活発すぎた!迷うことなくメロディックに振り切れた5thフルにして会心の最高傑作。M-4 「Sixteen」は近代メロディック史に残るであろう大名曲。

alossforwaordssanctuary.jpg
A LOSS FOR WORDS / No Sanctuary
とにかくキャッチーな楽曲のバランスが恐ろしく凄まじい。オルタナ、ポップパンク、エモ、全てのエモメロ要素が黄金比で配分されるとこうなると体現し、証明したかのようなパーフェクトなエモメロ怪物。

newfoundgloryradiosurgery.jpg
NEW FOUND GLORY / Radiosurgery
NFGは毎回そのときにやりたいことを決して臆することなく等身大で表現する、そしてそれが毎回100%キャッチーなポップパンク。M-2 「Anthem For The Unwanted」は楽曲もさることながらMVも秀逸な名曲。

rivalschoolspedals.jpg
RIVAL SCHOOLS / Pedals
THE GET UP KIDS、JOSHUAと共に90'sエモ・リバイバル枠を競ったが、個人的にはRSに軍配。良い歳の取り方をして帰ってきてくれたのだろう洗練されたオルタナ・サウンドにはココロが叫んだ。

silversteinrescue.jpg
SILVERSTEIN / Rescue
活動歴11年目にして辿り着いたのは最もキャッチーで、最も熱くクサいメロディック・スクリーモ!M-2 「Sacrifice」とM-7 「The Artist」にはもうニヤニヤが止まらなかった。

sleepingwithsirenslctt.jpg
SLEEPING WITH SIRENS / Let's Cheers To This
決して攻撃的なハードコアには振り切れず、抒情さと哀愁の中にメロディアスなキャッチーさを丁寧に封じ込めてくる洗練された洋菓子を作る職人パティシエさながら。ラストM-11のタイトル・トラックを美味しく食べ終わった後、泣く。

tonightalivewaysso.jpg
TONIGHT ALIVE / What Are You So Scared Of?
ポストPARAMOREと呼ばれたのも今は昔、全世界デビュー盤となった本作は今までの集大成ながら、過去の楽曲は収録されつつも完全に脇役の華やかさ。Mark Hoppusをデュエットに迎えたM-10 「Thank You & Goodnight」は狡い。

Transitlf.jpg
TRANSIT / Listen & Forgive
完全に独自のスタイルや方向性を定めたかのような抒情エモ・ポップパンク。なんでこんなにメランコリックなのに、そこはかとなく温かくて優しいんだろう、激動の2011年には沁みすぎる傑作。

thewonderyearssuburbia.jpg
THE WONDER YEARS / Suburbia I've Given You All And Now I'm Nothing
2011年は多くのバンドがポップパンクの原点回帰したのが印象的でしたが、TWYはずっと同じ音を鳴らし続けていました。一番シンプルで、それが一番難しいこと。

yellowcardwyttsy.jpg
YELLOWCARD / When You're Through Thinking, Say Yes
構成は活動休止前2007年の 『Paper Walls』 と殆ど変わらないんだ、それでも聴きまくったのは復活補正?どの曲を聴いてもやっぱりYELLOWCARDでした。
Comment
No subject
まってましたー!
個人的に、シンプルでピュアな作品が今年はグッときました。
TRANSITとMAYDAY PARADE、SAVE YOUR BREATH、MAN OVERBOARDがかなりツボ、
一番聴いたのはMOでした。

CAB復活は知らなかった!即チェックしますー!

2012年もエモメロ中毒は相変わらず、宜しくお願いいたします。
2012/01/08(Sun) | URL | mushi #-[ edit ]
No subject
>mushiさん
THE CABはぜひ聴いてみてください!
THE HIGHERに近くなってますが、かなりオシャレで相変わらずの格好良さです!

2011年はせつな系がやはり胸を打ちましたね、
歳のせいかもしれませんが笑

今年もよろしくお願いします♪
2012/01/12(Thu) | URL | Sway #Ohqrz8CU[ edit ]
Comment Form
Name
Subject
URL

 管理者にだけ表示
Template by Girl's Dis
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。