It's all about rock; full of emotions and sweetness
--/--
--
 Title:スポンサーサイト
author:Sway
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12/20
Thu
 Title:16 CDs You Must Listen 2012: Drivemo Awards 2012 "ALBUM OF THE YEAR" Nominate!
author:Sway
dw2012.png

16 CDs You Must Listen 2012:
Drivemo Awards 2012 "ALBUM OF THE YEAR" Nominate!
(A to Z)

alltimelowdp.jpg
ALL TIME LOW / Don't Panic
原点回帰とはいうけれど、個人的には 『Dirty Work』 より少し弾けたかなって程度。それでも彼らがすごいのはみんながみんな笑顔で口ずさんじゃうメロディーの強さ。「Somewhere In Neverland」はその最たる例。

archemideswatchoutic.jpg
ARCHIMEDES, WATCH OUT! / In Context
期待してたI CALL FIVESが個人的に不発で、そんなココロの傷を埋めるどころか、超回復させてくれたのはCITY LIGHTS、IC5、THIS TIME NEXT YEAR直系 with シンセともいえるAWO!前作EPからそうだけど、軽快ながらもこのメロディーのあたたかさ!Pop Punkはかくの如くあるべき!

atlanticavenuewtlgd.jpg
ATLANTIC AVENUE / When The Lights Go Down
本年度の爽快エモメロポップパンクのニュー・カマーといえばぶっちぎりで彼らでしょう。BOYS LIKE GIRLS、WE THE KINGSがシーンに飛び出してきた、あの頃の甘酸っぱい感覚を2012年に再び味わうことができるとは!

broadwaygb.jpg
BROADWAY / Gentlemen's Brawl
誰もが驚き、打ち震えたまさかの激ポップコア化!決して恐れることなく、終始ハイテンションで、ラストまで駆け抜け貫き通した、実はそれが難しくすごい事なんだよ。

eskimocallboybmiv.png
ESKIMO CALLBOY / Bury Me In Vegas
"チャラリーモ" というワードを決定づけた功績、来日公演のひいき目もあるかもだけど、ここまで時代とシーンの流れを的確に捉えて追い風にする力には脱帽。「Is Anyone Up」は本年度一番のクラブ必須チューン。

heroesforhirena.png
HEROES FOR HIRE / No Apologies
相変わらずの短期スパンで繰り出される新作だが、クオリティは落ちるどころかさらに円熟味を増し安定の域に。シングル「Heart Stops」を収録せずとも貫録のボリュームと、後半に連れ徐々にエモ化する構成により、気がつけばまた最初からループしている。再生が止まらない。

hitthelightsinvicta.jpg
HIT THE LIGHTS / Invicta
約4年ぶりの新作で挑んだのはよりエモーショナルで、より繊細、よりアイデンティティー溢れる、唯一無二の独自ロック・サウンド。前作までとは圧倒的に疾走感を排除しながらも、それにより生み出される重厚感とハートフルなサウンドへの方向転換は多くの人々を驚かせ、困惑させたかもしれない。その子供のような無邪気なピュアさゆえに鋭く、強くココロを貫く作品となった。

itboysintroduction.jpg
IT BOYS! / Introduction
Cassadee Pope、Jeffree Starなど、豪華すぎるゲスト陣からも同音楽業界から熱視線を浴びていることが伝わる彼らの注目度と人気が伝わってくる、2012年チャラエレクトロ界の傑作金字塔盤!チャラ度120%!

MemphisMayFireChallenger.jpg
MEMPHIS MAY FIRE / Challenger
初期の鋭利なサザン・ロックの面影はもはや皆無だが、3rdにしてコンセプト的だった前作を上回るメロディック加減は素晴らしい。"メタルコア歌謡曲" といっても過言ではない円熟した独自のジャンルを確立したであろう最高傑作!

missereditmigtnabp.jpg
MISSER / Every Day I Tell Myself I'm Going To Be A Better Person
残念ながら本年での解散を発表したTHIS TIME NEXT YEARのBradと、TransitのTimによるIndie/Pop Punkユニットの1stフル。EPでの勢いそのままに、お互いのバンドの良い部分を取り入れ、存分にやりたい放題したような会心作。

PierceTheVeilCwTS.jpg
PIERCE THE VEIL / Collide With The Sky
ジャケットが盗作だのそうでないと、嫌な話題を振りまいてしまった本作ですが、相変わらずのドラマティックな歌劇ポストハードコア・サウンドは向かうところ敵なし。テイスト的にはSET IT OFFも近いんですが、やはりPTVのスケール感は圧倒的。

PIONEERpioneer.jpg
PIONEER / Pioneer
まだこんなバンドがいたのか!と、2012年最も驚かされたのが彼ら。KEEKのあたたかさ meets BLACKTOP MOURNINGのエモメロさ、M-3 「Treason」1曲で、ココロの最深部まで一瞬で浸透してくる人懐っこさといったら!

thisyearswinnerisaudiobiography.jpg
THIS YEARS WINNER IS... / Audiobiography
日本の淡路島と同等の小さな島、UKはマン島から世界へと羽ばたいたTYWIの1stフル!タイトルどおり、その音自身が彼らの歴史であり、名刺代わり!STAY、HIT THE LIGHTSが見せた爽快エモメロの眩くも尊い輝きが再び!

throwthefightwdku.jpg
THROW THE FIGHT / What Doesn't Kill Us
最高に男クサくて、ダサ格好良いHR/Metalサウンドをパンキッシュかつメロディックに追求したら、こうなるんだ!と体現してくれた最強の安定感を誇るTTF最高傑作!ミュージック・ビデオとかもう最低の出来だけど、何事も突きつめることの大切さったら!

WithThePunchessas.jpg
WITH THE PUNCHES / Seams & Stitches
人情Pop Punk/Easycoreの極みといえばWTP!よりエモーショナルに、よりシンプルに、されど聴く人との距離を確実に縮めた日本人の琴線に触れるメロディック・サウンドで満ち満ちた最高傑作。Jesseのハートにダイレクトに響く歌いまわしは相変わらず素晴らしい。

yellowcardsa.jpg
YELLOWCARD / Southern Air
怪我や大病を乗り越え、見事な来日公演も観せてくれた彼らの復活作。よりやさしさとぬくもりに溢れた本作はファンからの声援を力に、追い風とし再び羽ばたくことができた証、そして全ての人への希望ともいえる傑作。
Comment
Comment Form
Name
Subject
URL

 管理者にだけ表示
Template by Girl's Dis
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。