It's all about rock; full of emotions and sweetness
--/--
--
 Title:スポンサーサイト
author:Sway
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
02/12
Sun
 Title:DIFFUSER / Making The Grade
author:Sway
B0000A0DV8.01.jpg
Label: Hollywood (2003)
Genre: Rock/Pop Punk/Alternative
Catchy: ★★★★
Breezing: ★★★
Heartbreaking: ★★★
Driving: ★★★
Balance: ★★★★

急激な方向転換が功を奏した、「卑猥」なジャケの2ndフル!!

「すみませ~ん、学校の廊下で女子生徒が男子生徒を押し倒してるジャケのCD探してるんですけど…」、こんな会話がCD屋さんでされてたら卑猥だなあ。なんてことを考えつつそんな卑猥なジャケのDIFFUSERの2nd!! これがまたアメリカンロックとポップパンクを見事に融合させたかのような素晴らしい出来で、DONOTSライクな方にはドストライクな非常にメジャー感溢れるサウンド!!

元々彼らを知ったのはあのTom Cruise主演の話題作の続編「M:I-2」のサントラでした。そのM-11に収録されていた「Karma」という彼らの曲がきっかけだったんですが、その音は本作とは全く別モノと言っても過言ではないデジタルオルタナチューン。結局1stフルも全体を通してそんな感じの音だったんですが、この2ndにきていきなりのポップパンク色開花、いやあ驚きました。なんかに煮詰まってたんでしょうかねえ、とにかくこれが豪快でポップでキャッチーってことでSwayはドツボだったんです。それでもやはり根底にあるのはあの頃のモダンロック、LIT、HANDSOME DEVIL、EVE 6なんかなんですけどね。

いきなりすっ飛ばして爽快青空疾走チューンのM-1「New High」、完全にライブで盛り上がりそうなシンガロングチューンに思わずニヤリ。定番とも言えるイントロから始まるシングルチューンでこれまたドキャッチーなM-2「Get It On」。思わずPOLLENを思い浮かべた胸キュンなM-3「Only In The Movies」。前作のオルタナ感を受け継いでいるせつなパワフル系ミドルのM-4「Why」。Swayが最もラブな前のめりストレートチューンのM-8「Here's To You」などなど、独特のダミしゃがれボイスがバッチリはまる豪快ポップパンクチューンが全12曲のDIFFUSERの2nd、日本盤がavexから発売されてたってことで、ちょっとなんだかなあって感じもあるんですが、素晴らしいことに変わりはないんで1st共々ぜひぜひ聴いてみて下さいね!!

「なかったらお店の人に勇気を出して聴いてみてね、もちろん卑猥な感じで。どうかランキング投票!!」
Comment
Comment Form
Name
Subject
URL

 管理者にだけ表示
Template by Girl's Dis
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。