It's all about rock; full of emotions and sweetness
--/--
--
 Title:スポンサーサイト
author:Sway
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
05/01
Mon
 Title:DUMBSTRUCK / Five Star Day
author:Sway
2014273.jpg
Label: Heldwithin (2002)
Genre: Pop Punk/Emo/Metal
Catchy: ★★★
Breezing: ★★★
Heartbreaking: ★★★★
Driving: ★★★★
Balance: ★★★

ザクザクでメロメロなヘタウマ加減、タイトル通りキラキラの5つ星!!

Californiaで2000年に結成されたDUMBSTRUCK、中心メンバーはAMITYというバンド名でよりエモーショナルな哀愁サウンドを軸に活動していたんですが、DUMBSTRUCK名義での最後のリリースとなったこの7曲入りEP、これがまたSwayには大好物だったんです。サウンド的にはとにかくかっ飛ばす疾走ポップパンクなんだけど、メタルのザクザク風味、エモーショナルな泣きメロなんかも搭載してたりで、正直AMITYよりもこっちのほうが良かったよう。なにより何処かに感じるヘタウマ加減もたまらないしね。

スコンスコンと乾いたドラム音が気持ち良すぎるM-1「Thoughts Beyond Comprehension」。目まぐるしいリズムチェンジがかなりニヤニヤ感を誘うM-2「Sheltered」、正直ギターとかリズム隊に合わせるのが精一杯的なヘタウマ感がまた良いんだ、この曲。早口ボーカルがこれまたヘタウマ感を際立たせる胸キュンポップパンクなM-3「Nothing But The Best」、初期THE ATARISなんかを思い出させるなあ。Swayのお気に入りはやはりM-4「Blueprint」、エモーショナルなRUFIOチックな哀愁ザクザクサウンドがキラリと光る珠玉のド疾走系!! 唯一のドラマチックミドルのM-7「X's And O's」なんかもコーラスが見事でEPをちゃっかり締めくくっちゃってくれます。

てな感じのヘタウマ感満点なDUMBSTRUCKサウンドはもういつ聴いてもニヤニヤしっぱなし。正直このまま突っ走ってほしかったのが本望なんだけど、時代の流れってヤツはどうしようもないのかもね。さらに現在purevolumeで探せるAMITYもメンバーの名前からすると、どうやら同名の違うバンドっぽいし、ああ彼らは一体どこに行ってしまったんでしょう?…謎ですねえ。

ランキング投票よろしく↓
Comment
Comment Form
Name
Subject
URL

 管理者にだけ表示
Template by Girl's Dis
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。