It's all about rock; full of emotions and sweetness
--/--
--
 Title:スポンサーサイト
author:Sway
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
06/18
Sun
 Title:5606 / Basic Guidelines To Making Enemies
author:Sway
17616.jpg
Label: Self Released (2006)
Genre: Pop Punk/Rock
Catchy: ★★★★
Breezing: ★★★
Heartbreaking: ★★★★
Driving: ★★★★
Balance: ★★★

歌心満点のハイエナジックピュアポップパンク!!

GREEN DAY、BLINK 182、3ピースのポップパンクバンドと言えば必ず挙がってくる彼らの名前。そんな彼らに続けとばかりに一部でカルト的な人気を誇るCalifornia出身のバンド、5606。ひたすらエナジックでパワフルなポップパンクサウンドはどこか懐かしくも、しっかりと心に響くキャッチーさを持ち合わせている。なんと言ってもこのバンドで特徴的なのがVo. & Gt. のEric Ventimigliaの野太くもパワフルなしゃがれボイス、聴けば一発で引き込まれるような力強さはなんとも圧巻、いわゆる理想的なパンク声。

GREEN DAY、GOOD CHARLOTTEなんかを彷彿とさせるタテノリ系チューンを最も得意とするようだけど、Swayが非常に気に入ったのがM-3「Butterfly In A Blizzard」、Ericがしんみりと歌い上げるイントロが印象的なせつな系ミドル、こういう美しい曲をしっかりと作れるバンドってのはやっぱり良い。典型的なグッドポップパンクのM-4「The Othe Side Of Me」は素晴らしくメロメロで、なんかTWENTY 2を思い浮かべてしまった。歌心満点なボーカルが冴えまくる3ピースポップパンカー、5606の6曲入りEP、ジャケもなんだか格好良すぎ!!

purevolumeで試聴する?
たまにはランキング投票もよろしく↓
Comment
Comment Form
Name
Subject
URL

 管理者にだけ表示
Template by Girl's Dis
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。