It's all about rock; full of emotions and sweetness
--/--
--
 Title:スポンサーサイト
author:Sway
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
06/18
Mon
 Title:CHASING VICTORY / Fiends
author:Sway
fiends.jpg
Label: Mono Vs Stereo (2007)
Genre: Rock/Alternative/Emo
Popularity: ★★★
Crispness: ★★★
Emotions: ★★★★★
Sweetness: ★★
Drive: ★★★
Balance: ★★★★

これはかなりのひねくれ変態チック!
大幅な変化が見られる革新的ロックサウンド!
 


CHASING VICTORY連投です。「化学物質」、「狼」、「悪魔」、「女王」、「移動式見世物小屋」、「ヤヌス」、「ゾンビ」、「花嫁」、「王」、「野蛮人」。全ての曲が10の一単語からなるコンセプト的な作品となった2ndフル。最新作となる本作ですが、サウンドにかなりの変革が見られます。以前の彼らはどちらかといえば激情に任せて疾走するエモーショナルスクリーモの印象が強かったのですが、今作では絶叫とヘヴィなギターリフは基本として持ちつつも、かなり重厚感を持ち、腰を落ち着けたかのようなロックサウンドに仕上がっています。それはアダルティとでも言えば良いのか、大人の色気さえ感じるような以前とは見違えたサウンドで、これがまた非常に格好良い!端的に言ってしまえばひねくれたという表現がしっくりくるどこか変態チックなサウンド、前述の曲のタイトル通り、コンセプト的な試みもあるのかもしれませんが、なるべくしてなったと断言できるようなスタイリッシュなスタイルはFETTERLINE、VERSUS THE WORLDなどにUK色を反映させたかのような決して甘くはない激ロックサウンド、M-2 「Wolves」のようなホーンを取り入れているところにも驚かされましたが、バンドとしての幅が広がったことを感じさせます。重厚感のある彼ら独自のエモーショナルロックサウンド、これはかなりヤヴァイ!

1. Chemicals
2. Wolves
3. Fiends
4. Queens
5. Carnies
6. Janus
7. Zombies
8. Brides
9. Kings
10. Barbarians

fiends2.jpg
オマケのサイン入りジャケ!

Artist-9946-1968203.jpg
www.chasingvictory.com
www.myspace.com/chasingvictory
www.purevolume.com/chasingvictory

Comment
CV新しいの出してたのか!!
何か随分変わったなぁ。PHC要素が弱くなったのかと
前作の4・9、あと2なんかのそこはかとなくオルタナ臭が強いヤツが最高だったんですが、今回はそこらへんどうですかね?
2007/06/23(Sat) | URL | くたびれた学生 #195Lvy4Y[ edit ]
>くたびれた学生さん

最初は正直別バンドか!?と思わせる変態的なサウンドなんですが、
サビで「やはり!」と前作の勢いを感じる曲は多いですね。

M-4 「Queens」は前作に入っててもおかしくないですね。
この曲のオルタナ感覚は最高です!
2007/06/23(Sat) | URL | Sway #Ohqrz8CU[ edit ]
Comment Form
Name
Subject
URL

 管理者にだけ表示
Template by Girl's Dis
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。