It's all about rock; full of emotions and sweetness
--/--
--
 Title:スポンサーサイト
author:Sway
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
07/17
Tue
 Title:MAE / The Everglow
author:Sway
14043.gif
Label: Tooth & Nail (2005)
Genre: Rock/Emo/Alternative/Indie
Popularity: ★★★★
Crispness: ★★★★★
Emotions: ★★★★
Sweetness: ★★★★
Drive: ★★★
Balance: ★★★★

その音は美しい。その音は心地良い。
その音は優しい。その音はせつない。
 


その音はMAEというVirginia州出身の5人組の奏でる素敵な魔法。2001年の結成以来、透き通った爽快ビューティフルエモサウンドを提供し続けてくれている彼らの現在のところ最高傑作といえるのが米Billboardチャートでも最高位51位を記録した2ndフルの本作。コンセプトアルバム的に物語を読んでいるかの如く進んでいく全15曲の大作の流れは、イントロの女性のアナウンスから幕を開ける。ピアノのみながら叙情的、ダイナミックに聴かせるM-2 「We're So Far Way」は本当に名曲だと思う。聴いているとそのせつなさに胸を締め付けられるようなこの感覚は、このバンド随一の持ち味とも言えるだろう。リードトラックであるM-4 「Suspention」はWAKING ASHLANDの名曲「I Am For You」にも似たメジャー感が素晴らしく心に爽快に響く。究極にスウィートでオネストな名曲M-9 「Mistakes We Knew We Were Making」、シンガロングに歌い上げるタイトルトラックM-11 「The Everglow」など、クリアな美コーラスワーク、ピアノサウンド、爽快メロ、全てにおいて最高峰を誇る傑作、必ず聴く人の心に温かい感情的ななにかを残す、そんな魔法がかけられた作品であると思う。

1stフルは水面に落とされた一滴の雫だった。儚くも透き通るみずみずしさに満ちていた。2ndフルの本作はその雫が水面に落ちて広がった波紋である。徐々に輪の大きさを広げその音を皆の心に浸透させていく。そして彼らは2年ぶりとなる新作 『Singularity』 を8/14にリリースする。メジャーデビュー作となるこの作品には日本のファンもその内容にかなりの期待をしているところだろう、波紋は一体どこまで広がるのか。この夏再び、彼らの魔法に喜んでかけられたいと願う。

1. Prologue
2. We're So Far Away
3. Someone Else's Arms
4. Suspension
5. This Is The Countdown
6. Painless
7. The Ocean
8. Breakdown
9. Mistakes We Knew We Were Making
10. Cover Me
11. The Everglow
12. Ready and Waiting To Fall
13. Anything
14. The Sun and the Moon
15. Epilogue

Artist-738-2093573.jpg
www.whatismae.com
www.myspace.com/mae
www.purevolume.com/mae

Comment
Comment Form
Name
Subject
URL

 管理者にだけ表示
Template by Girl's Dis
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。