It's all about rock; full of emotions and sweetness
--/--
--
 Title:スポンサーサイト
author:Sway
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10/18
Thu
 Title:EVERY AVENUE / Ah!
author:Sway
21799.gif
Label: Fearless (2007)
Genre: Rock/Pop Punk/Emo/Alternative/Powerpop

往年のアメリカンロックとポップパンクの中間を行く、
Fearless発名刺代わりのカラフルな1枚!


そして2007年夏、EVERY AVENUEがFearless Recordsからの初作品としてリリースされバカ売れしたEPがこの 『Ah!』 、まさに夏って感じの黄色の鮮やかなジャケはすごく印象に残りますよね。2006年に発売されたEP 『This Is Why We Don't Have Nice Things』 からのサウンドをより昇華させたかのような、爽快でダイナミックな青空が似合うロックサウンドは、'80年代のアメリカンロックと現代のポップパンクのちょうど中間にあるかのような、懐かしさの中に新鮮さを感じる彼ら独自のテイストを確立させたと言えるでしょう。FALL OUT BOYでもなく、PANIC! AT THE DISCOでもない、だがしかしとてつもなくキャッチーでポップ、彼ら独自の路線を行くストレートな爽快エモロックテイストはスクリーモやエレクトロニカなダンスロックサウンドが氾濫する現代において一粒の清涼剤であり、このような往年のアメリカンロックを間接的にでも継承したかのようなサウンドが現代でもキッズから多大な支持を得るということにはすごく意味があるように感じます。堅苦しくなりましたが、要は爽快なロックはいつの時代もサイコー!ってことで。知らず知らずに身体が動き出すウキウキなM-2 「Where Were You」、OASISの名曲「Whatever」を思わせるストリングスが素敵なドラマティックミドルM-5 「Think Of You Later (Empty Room)」などもちろん捨て曲ナシの全6曲。NOT LONG AFTER、BEDLIGHT FOR BLUE EYESなどが好きな方は必ず聴いていただきたい本作、来年には待望の1stフルをリリースってことなんで、これからも彼らから目が離せません!

1. One More Song
2. Where Were You
3. Nothing
4. Picking Up The Pieces
5. Think of You Later (Empty Room)
6. Getting Out

Artist-26908-2140522.jpg
www.everyavenuemusic.com
www.myspace.com/everyavenue
www.purevolume.com/everyavenue

everyavenueev.jpg
『Every Avenue』 (2004)

16958.jpg
『This Is Why We Don't Have Nice Things』 (2006)

Comment
No subject
こんにちは。

いいっすねEVERY AVENUE!!
purevolumeのTOPにもあったのに素通りしてました。笑

This is why~のChasing the Nightもマイスペで聴きましたが、
これまた疾走感ある曲でかっこいいですね!!

買いたいけど金欠・・・。切ないですね。笑
2007/10/19(Fri) | URL | 蟲 #-[ edit ]
No subject
>蟲さん

2枚のEPを合体させた
ぜひ国内盤をチェックしてみてくださいね!

こっちのほうがお得みたいですから。
せつないですけどがんばりましょう!w
2007/10/19(Fri) | URL | Sway #Ohqrz8CU[ edit ]
Comment Form
Name
Subject
URL

 管理者にだけ表示
Template by Girl's Dis
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。