It's all about rock; full of emotions and sweetness
--/--
--
 Title:スポンサーサイト
author:Sway
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
03/27
Thu
 Title:YOUR SWEET UNCERTAINTY / Your Sweet Uncertainty
author:Sway
yoursweetuncertainty.jpg
Label: Self Released (2007)
Genre: Rock/Emo/Pop Punk/Indie/Alternative

THE EARLY NOVEMBERのメンバーらによる、
パワフルでビューテフルな泣きエモメロ決定盤!


2004年にNew Jersey州にてサイド・プロジェクトとして活動を開始、その後バンド名を改名したり、メンバー・チェンジを繰り返し現在は4人組。THE EARLY NOVEMBERの解散後はTENの初期メンバーや元メンバーだったSteve Nakovich、Mike Klemash、Jeff Kummerの3人が揃ってしまうというなんだか不思議な感じのするYOUR SWEET UNCERTAINTYの1stフル。サウンドのほうは実に正統派でパワフルな爽快エモロック、聴けばまずJIMMY EAT WORLDが頭をよぎる次第。一貫している特長は激エモーショナルな泣きメロと、ビートを感情のままに叩きつけるといった表現がぴったりな重厚かつダイナミックなリズム隊、認めたくなかったですがわたしはTENよりも好きみたいです!冒頭から重厚なロック展開とシンガロングな爽快サビが心地良いM-1 「Home」、疾走感溢れるわたし的にも本作中最強の疾走泣きエモメロ・チューンM-3 「The Shredder」(2番の「イエーッ!」のとこは全員でシャウト必至!)、そして息をつかせぬままに再び疾走するM-5 「Thoughts Of Time」、オネストで美コーラスが引き立つロマンティック・バラードM-6 「Weight Of The World」、OCEANLANE、Tooth & Nail系のキャッチーかつ爽快なキラー・チューンM-7 「Carry On」、全曲中唯一といってもよいイロモノなジャズ・チューンM-9 「Highschool Jazz Band Part ?」、壮大な展開力とやはりな泣きメロで作品を締めくくるM-10 「End Scene」など、疾走系からアコースティックなバラードまで幅広くこなすのはさすがの経験ありきと言えるひたすらに素晴らしい全10曲、現代のエモバンドが忘れつつある「なにか」を思い出させるような、パワフルでビューティフルな泣きメロがただ純粋にココロに響く決定盤。「キミのかわいらしい不安」、なんだかバンド名もエモいんだよなあ。

1. Home
2. Hey Baby
3. The Shredder
4. When The Lights Go Dim
5. Thoughts Of Time
6. Weight Of The World
7. Carry On
8. The Rock Out
9. Highschool Jazz Band Part II
10. End Scene

yoursweetuncertaintyphoto.jpg
www.myspace.com/yoursweetuncertainty
www.purevolume.com/yoursweetuncertainty

[ Y ]
Comment
No subject
やっぱり縁とか絆とかあるんですかね~。
Thoughts Of Timeが素晴らしすぎて泣きそうでした笑
TENの解散は凄く寂しいけど、このバンド素敵過ぎます。
うう…私もTENより好きかも…。
日本デビューして欲しいですね、私がレーベル関係者なら逃さないのになぁ…笑
2008/03/28(Fri) | URL | Shion #7J7ee.tE[ edit ]
No subject
>Shionさん
素敵すぎますよね。
かなり流通も悪くて、注目度も低めなんですが、
このクオリティであれば今後かならず出てくると思いますよ!

日本のレーベルはメロディックやポップパンクには食いつき良いんですけど、
こういう美エモには少し躊躇するんですよねえ。
2008/03/28(Fri) | URL | Sway #Ohqrz8CU[ edit ]
Comment Form
Name
Subject
URL

 管理者にだけ表示
Template by Girl's Dis
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。