It's all about rock; full of emotions and sweetness
--/--
--
 Title:スポンサーサイト
author:Sway
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
07/21
Mon
 Title:A THORN FOR EVERY HEART / Things Aren't So Beautiful Now
author:Sway
athornforeveryhearttasbnow.jpg
Label: Kick Ball (2004)
Genre: Rock/Hardcore/Emo/Pop Punk/Progressive/Alternative/Screamo

「激情エモコア」を謳うにふさわしい1stフルにして傑作!

もう5年も前の作品になるんですね、この5年間はわたしたちファンにとってもバンドにとってもとにかく長い年月だったことに変わりはありません。California州出身のA THORN FOR EVERY HEARTの1stフル、結成後間もない2003年にリリースした7曲入りのデビューEP 『Silence Is Golden』 が大反響を獲得、すぐさまKick Ball Recordsと契約、その後メジャー・レーベルであるInterscope Recordsからも発売された本作は彼らの若き才能とポテンシャルが咲き乱れたといっても過言ではない素晴らしい作品。まるで甘く等身大な少年のような印象を与えるVo. の歌声と、憂いを含んだエモーショナル・メロが絡み合い、さらにVo. とは対照的なアグレッシブで低音なスクリーマーがときに美しくハモり、ときに反発的に絶叫で飾り立てる。このツインVo. スタイルのスクリーモは当時としてはかなり画期的で、革新的でプレグレッシブな印象のサウンドはまさに「激情エモコア」と謳うに相応しい作品。当時純粋にポストFINCHを語れたのは実際のところ彼らだけだったと思う。ATFEHの代表曲ともいえる彼らの激情とコーラスの美しさが随所に聴けるM-1 「99 With An Anchor」、序盤からメロディックなサウンドに一瞬にして引き込まれるM-2 「February」、ガラッと展開を変えるキャッチーなポップパンク・サビが印象的なM-3 「A Night To Remember, A Morning To Forget」、そしてSILVERSTEIN、JUST SURRENDERファンには必聴!わたしが個人的にベストに挙げる歌メロ最高峰のM-5 「The Prediction」、この曲は何度聴いてもプログレッシブで変則的な展開と怒涛の美しいメロディが心に残る名曲。とにかくツインVo. と決してキャッチーさを失わない激情メロがところ狭しと散りばめられた全10曲。この素晴らしい作品の成功後、彼らの活動は順風満帆にいくかと思われたんですが、レコード会社のゴタゴタで2007年に発売される予定だった2ndフル 『It's Hard To Move You』 はお蔵入りになるわ、メンバー・チェンジは繰り返すわで、彼らの行く道は気がつけばバンド名どおりのイバラ(Thorn)だらけだったわけで。しかし今月ようやく5年ぶりとなる待望の新作EP 『Pick Up The Pieces』 が無事に発売されました!こちらについてはまた近いうちに。

1. 99 With an Anchor
2. February
3. Night to Remember, A Morning to Forget
4. Next of Kin
5. Prediction
6. Streetcar
7. Summer So Bleak
8. Pretty When You Cry
9. Things Aren't So Beautiful Now, Pt. 1
10. Things Aren't So Beautiful Now, Pt. 2

Artist-871967-l_790c781438d71bf44f9a2a16e5b7df4c.jpg
www.myspace.com/athornforeveryheart
www.purevolume.com/athornforeveryheart

Comment
Comment Form
Name
Subject
URL

 管理者にだけ表示
Template by Girl's Dis
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。