It's all about rock; full of emotions and sweetness
--/--
--
 Title:スポンサーサイト
author:Sway
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
02/03
Tue
 Title:FALL OUT BOY / Folie à Deux
author:Sway
falloutboyfad2.jpg
Label: Island / Fueled By Ramen / Decaydance(2008)
Genre: Rock/Pop Punk/Emo/Alternative

いまや全米No. 1ロック・バンドのオリジナル5th!

前作 『Infinity On High』 は全米Billboardチャートで第1位を記録し、今や全米No. 1ロック・バンドの地位を確立したFALL OUT BOYの5thオリジナル・アルバム。本作も前作で彼らの代名詞として確立された、独特のミュージカル・テイストを存分に搭載した良質ポップパンクが楽しめる。とはいえ、さすがに前作以上の衝撃とスケール感は持ち合わせていないように感じる、「This Ain't A Scene, It's An Arms Race」にM-2 「I Don't Care」をぶつけたところで、わたしにはどうも二番煎じにしか感じられなかった。1年という短いスパンと、二匹目のドジョウを釣り上げようとする超人気バンドの行く末ははてさて。それでも作品を通じてのサウンド・メイクは相変わらずため息が出るほど凝っているし、聴くものをどこまでも楽しませようとする彼らの姿勢は共感を持たざるを得ない。M-8 「What A Catch, Donnie」ではDecaydance Recordsの人気バンド(COBRA STARSHIP、PANIC! AT THE DISCO、THE CABなど)のVo. が勢揃いし、彼らのこれまでのヒット・シングルを少しずつ歌ってみたり、わたし的ベストなM-7 「(Coffee's For Closers)」 のメロディの流れの美しさは間違いなく彼らを代表する名曲だし、作品の至るところに散らばる高揚感と独特のうねりの様な「グルーヴ」はやはり唯一無二のFALL OUT BOYサウンドなんだなあ、と納得せざるを得ないのだ。いつまでも2ndフル 『Take This To Your Grave』 を彼らの最高傑作と崇めるわたしのような人間にとっては、現在の彼らを正当に評価することなど出来ないのかもしれないが、それでもこれからもずっと「アメリカ合衆国」の頂上で響き渡る彼らのロック・サウンドを体感していきたい、その気持ちは決して変わらない。

そして今週末には待望の来日公演に参戦します!もうね、ドキがムネムネ。

1. Disloyal Order Of Water Buffaloes
2. I Don't Care
3. She's My Winona
4. America's Suitehearts
5. Headfirst Slide Into Cooperstown On A Bad Bet
6. The (Shipped) Gold Standard
7. (Coffee's For Closers)
8. What A Catch, Donnie
9. 27
10. Tiffany Blews
11. W.A.M.S.
12. 20 Dollar Nose Bleed
13. West Coast Smoker

Artist-3335498-FOB_H90190020.jpg
www.falloutboyrock.com
www.myspace.com/falloutboy
www.purevolume.com/falloutboy

infinity.jpg
Infinity On High (2007)
洋楽音楽 / [ F ]
Comment
Comment Form
Name
Subject
URL

 管理者にだけ表示
Template by Girl's Dis
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。