It's all about rock; full of emotions and sweetness
--/--
--
 Title:スポンサーサイト
author:Sway
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
03/28
Sat
 Title:IN PASSING / Breathing In The Ash
author:Sway
inpassingbita.jpg
Label: Self Released (2008)
Genre: Rock/Emo/Alternative/Indie

Like NEVERTHELESS, MY FAVORITE HIGHWAY and ACCEPTANCE!
順風満帆な未来を確信させる美インディー・エモロック!


NEVERTHELESS、MY FAVORITE HIGHWAY、ACCEPTANCE、THE SEQUENCEなど、蒼さ満点のインディー・エモロックを好む方のココロの玄関をノックもなしにこじ開けてしまいそうなのがこのFlorida州出身の4人組、IN PASSINGの5曲入りEP!たしか2004年にIndianola Recordsから1stフル 『Look Alive』 をリリースしたバンドだと思うんですが、UNDEROATH、PARAMORE、THE ACADEMY IS... などを手掛けた御大James Paul Wisnerをプロデューサーに迎え響き渡るのは爽快かつキャッチー、しかしながらどこかしらに憂いを覗かせる非常に洗練されたサウンド、そのうち突然Tooth & Nail Recordsぐらいからデビュー・アルバムを発売してもおかしくない、そうなそんなクリスチャンな雰囲気と完成度を持ち合わせた素晴らしいバンド。まるで起伏の激しい波のように抑揚のあるサビメロが心地良いM-1 「Say To Me」。ダンサブルでスタイリッシュなカッティング・ギターが印象的なウキウキ・キラーにしてシングル・チューンのM-2 「Back Down」。どこまでも果てしなく広がる青空が目に浮かぶような爽快ダイナミックM-4 「All Together」。まるでANBERLINを彷彿とさせるかのようなシリアスでオルタナティブな哀愁感漂うこちらもキラー・チューンM-5 「Draw The Line」など、全てにおいて隙のない大人の香り漂う全5曲。JIMMY EAT WORLDからLED ZEPPLINまで世代を超えて幅広いロック・バンドに影響を受けたという彼ら、ジャケのような転覆など決してない、順風満帆な未来が待ち構えていることでしょう!かと思えばすでにGt. が抜けてるっぽいけど大丈夫かしら?

1. Say To Me
2. Back Down
3. Be Here
4. All Together
5. Draw The Line

FGGRGNPZASED-320x240.jpg
www.myspace.com/inpassing


Back Down (2008)
Comment
Comment Form
Name
Subject
URL

 管理者にだけ表示
Template by Girl's Dis
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。