It's all about rock; full of emotions and sweetness
--/--
--
 Title:スポンサーサイト
author:Sway
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
04/16
Thu
 Title:SILVERSTEIN / A Shipwreck In The Sand
author:Sway
silversteinasits.jpg
Label: Victory (2009)
Genre: Rock/Punk/Emo/Post Hardcore/Metal/Screamo

怒涛の歌メロ120%な貫禄&成熟の4thフル!

世間的にシルスタといったらシルベスタ・スタローンなわけで。ロッキーでランボーなわけで。でもわたしたちにとってはSILVERSTEINなわけで。実は厳密な発音は「シルヴァースティーン」なわけで。だからシルステが正しいわけで。そんなことはどうでもいいんですが、カナダ・スクリーモの雄、SILVERSTEINの4thオリジナル・アルバムがついにリリース。2003年から2年ごとに規則正しくコンスタントなリリースを続けている彼ら、2008年にはAVRIL LAVIGNE来日公演のオープニング・アクトという微妙な立場を非常に厳しかったとは思いますが、そつなくこなしてくれました。そんな鬱憤を晴らす意味かどうかは定かではありませんが、本作は非常に明快でキャッチーに突き抜けたという印象。彼らの特徴である憂いのダーク・エモコアはもちろん踏襲しつつも、シャープで前衛的メタリックなTHE STORY OF THE YEAR、BULLET FOR MY VALENTINEを思わせるメジャー感と貫禄が備わった作品に仕上げてきました。毎回アルバムのテンションが決してブレないというのも彼らの良いところであり、本作も全く疑うことなく入っていけるSILVERSTEINサウンドには畏敬の念すら感じます。それどころか4thにしてさらに加速したかのような、バンドとして最も熟成した良い時期を迎えているんだな、というのが楽曲の端々からひしひしと感じられます。全米Billboard 200チャートでも最高位33位を記録し、初のコンセプト・アルバムとなった本作。出身国カナダの友人アーティスト、CANCER BATSのVo. Liam Cormier(M-2 「Vices」)、COMEBACK KIDの元Vo. Scott Wade(M-7 「Born Dead」)、LIGHTS(M-14 「The End」)もゲストとして参加している。

つんざくような怒涛のスクリーモと壮大で伸びやかなサビメロが対照的で美しいM-1 「A Great Fire」、圧倒的にアグレッシブに攻め立てるリード・チューンM-2 「Vices」、キャッチーさとヘヴィネスが絶妙に入り混じるわたし的ベスト・チューンM-3 「Broken Stars」、切々と歌い上げるVo. がやはりSILVERSTEINと唸らせる憂いエモ系M-4 「American Dream」、まるでRACE THE SUNかのような青春歌エモメロが爽快に胸を打つM-6 「I Knew I Couldn't Trust You」、Scott Wadeとの掛け合いが新鮮でメロディックに傾倒した男気ハードコア・パンクM-7 「Born Dead」、独特の浮遊感とサビメロのキャッチー感がひたすらに心地良いM-10 「You're All I Have」など、コンセプト・アルバムならではの情緒たっぷりなインスト曲をはさみながら、今までの彼らを超越したキャッチーさがまばゆく光る全14曲。ちなみにiTunesではボーナス・トラックとして下記記載の有名カバー曲が入ってます。どの曲も彼らのイメージとはかけ離れており新感覚で素晴らしいものばかりなんで、こちらだけはiTunesで購入してもよいかもしれません。「Help」のスクリーモなんて楽しすぎる!わたしの個人的な主観では彼らの作品のなかでは2ndフル 『Discovering The Waterfront』 に続く名盤になりそう!

Chapter One: It Burns Within Us All
1. A Great Fire
2. Vices
3. Broken Stars
Chapter Two: Liars, Cheaters and Thieves
4. American Dream
5. Their Lips Sink Ships
6. I Knew I Couldn't Trust You
7. Born Dead
Chapter Three: Fight Fire With Fire
8. A Shipwreck In The Sand
9. I Am The Arsonist
10. You're All I Have
Chapter Four: Death And Taxes
11. We Are Not The World
12. A Hero Loses Everyday
13. The Tide Raises Every Ship
14. The End
15. Help (THE BEATLES Cover) *
16. Go Your Own Way (FLEETWOOD MAC Cover) *
17. Three Miles Down (SAVES THE DAY Cover) *
18. Total Bummer (NOFX Cover) *
* iTunes Bonus Track

Artist-9129568-l_5956a6d4014848218126a4ac88c0e183.jpg
www.myspace.com/silverstein
www.purevolume.com/silverstein

21372.gif
Arrivals & Departures (2007)

sil.jpg
Discovering The Waterfront (2005)
Comment
No subject
前座に彼らが決まった時は行きもしないのにどぎまぎしました笑
彼らは彼らの道を進んでますよねー。
まだマイスペで聞いただけなんですけど、良作ですね。
SBH,The Enemyの新譜を買うので今月は買えませんが、
お金が貯まったら購入しようと思います!
2009/04/17(Fri) | URL | shion #7J7ee.tE[ edit ]
No subject
>shionさん
あのブッキングはひどかったですね、
カナダつながりとはいえ、彼らにはつらかったことでしょう。
間違いなく良作なんで、ぜひぜひ♪
2009/04/19(Sun) | URL | Sway #Ohqrz8CU[ edit ]
Comment Form
Name
Subject
URL

 管理者にだけ表示
Template by Girl's Dis
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。