It's all about rock; full of emotions and sweetness
--/--
--
 Title:スポンサーサイト
author:Sway
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
07/11
Sat
 Title:ELEVENTYSEVEN / Adventures In Eville
author:Sway
Eleventyseven_b.jpg
Label: Unsigned (2009)
Genre: Rock/Powerpop/Pop Punk/Emo/Electronica/Christian

この夏最大のキラピコ・ハリケーン!
エレクトロ度120%増しな最高傑作!


みなさん、踊りまくってますか?South Carolina州出身の3ピース、ELEVENTYSEVENの3rdフルがついに登場しました!2007年に発表された2ndフル 『Galactic Conquest』 が日本国内でもスマッシュ・ヒット、PUNKSPRING 08での初来日、近年全盛のエレクトロ・ブームなど、彼らは常に順風満帆、吹き続ける追い風を背に走り続けている。2008年に古巣Flicker Recordsを卒業し、自主制作での発表となった本作(製品版はOff The Square Recordsからのリリース)だが、今まで以上にエネルギッシュなクリスチャン・ポップパンクとさらに加速するピコピコ・エレクトロが極上の新生ELEVENTYSEVENサウンドを生み出している。オープニングからド級の疾走キャッチー・メロが炸裂するM-1 「Nightmare」。METRO STATIONライクな超エレクトロに傾倒したシングルM-3 「Evil Genius」。そしてわたし的にもベスト、SAVEGE GARDENの「Animal Song」が頭をよぎる激キュートな名曲M-4 「Trying」。CASH CASH、CALL THE COPSにも負けず劣らずのアニソン的格好良さがキラリと光るM-5 「Redeem The Scene」。大人への第一歩「プロム」を題材にした超タテノリな青春パーティー・アンセムM-6 「Prom Song」。胸をくすぐる春風のような暖かなメロディーが心地良いM-7 「Lonely Word」。HELLOGOODBYEを彷彿とさせるロマンティック・ミドルM-10 「End Of Time」の全10曲。エレクトロ度を120%増しにしつつも、メロディーの良さと軽快さが決して褪せないのがこのバンドの素晴らしさ。ムーグを小さじ程度に取り入れ、ひたすらクリスチャン・ポップパンクに傾倒していた1stフル 『And The Land Of Fake Believe』 がなんだか懐かしくもくすぐったい気持ちにさせます。この夏最大のこの夏最大のキラピコ・ハリケーンな最高傑作!

1. Nightmare
2. The Best I Can
3. Evil Genius
4. Trying
5. Redeem The Scene
6. Prom Song
7. Lonely Word
8. Back When We Were Kids
9. Like You Rock
10. End Of Time

Artist-3913770-IMG_7833b.jpg
www.myspace.com/eleventyseven
www.purevolume.com/eleventyseven

elevetysevengc.jpg
Galactic Conquest (2007)
Comment
Comment Form
Name
Subject
URL

 管理者にだけ表示
Template by Girl's Dis
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。