It's all about rock; full of emotions and sweetness
--/--
--
 Title:スポンサーサイト
author:Sway
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
07/29
Wed
 Title:WAYWARD / Wayward EP
author:Sway
waywardep.jpg
Label: Unsigned (2009)
Genre: Rock/Powerpop/Pop Punk/Emo/Alternative/Electronica

豪快なあたたかみを帯びた新感覚爽快エモメロ!
平均年齢21歳未満、恐ろしく器用なスーパーノヴァ!


思わずEVERY AVENUEの新作かと勘違いしてしまいそうなのが、Nevada州出身の4人組、WAYWARDの5曲入りEP!低音でじっくりと滑らかに聴かせる歌声が特徴のVo. に、爽快オルタナ・ロックを基調としたPowerpop/Pop PunkサウンドはEAにかなり似ている。厳密に表現すればEAよりダイナミックで力強さや疾走感を重視したかのようなサウンドだが、楽曲に全く嫌味なくツーバス・ドラム、ハードコア・テイスト、ピッキング・ハーモニクス、エレクトロニカ、そしてピアノ・テイストなどが実に配分良く取り入れられている。一見このテのサウンドには不似合いともいえるこれらのテイストだが、それを全く感じさせず、豪快で独特のあたたかみを前面に押し出した新感覚爽快ロック・サウンドにまとめあげている器用さにはとにかく脱帽。メンバーの平均年齢が21歳未満、前途洋洋なWAYWARDから今後も目が離せない!一度聴けば口ずさめるキャッチー・サビが印象的なM-1 「She's Got Me (I Give In)」。出だしからしてEAの「Trading Heartbeats」を思い起こさずにはいられない軽快チューンM-2 「AND She's An Acrobat!」。サビがなんだかZIGGYとかを思い出す日本人には馴染み深い懐メロが冴え、ハッピー・ハードコアの要素を見事にパワポに詰め込んだM-3 「Shirley, You Can't Be Serious....」(サビの後半のメロなんかZIGGYとか思い出す日本人には馴染み深いメロディー。JIMMY EAT WORLDの名曲「Pain」を彷彿とさせる哀愁漂う疾走エモメロ・チューンM-5 「This City」(後半を歌い上げるゲストVo. はex. A THORN FOR EVERY HEARTのKelvin Cruz!)など全5曲。

1. She's Got Me (I Give In)
2. AND She's An Acrobat!
3. Shirley, You Can't Be Serious....
4. Better Off Alone
5. This City

Artist-6198294-3475327150_ef401844be_o.jpg
www.myspace.com/waywardrockmusic
www.purevolume.com/waywardrockmusic
Comment
WAYWARDいいですよね―!

なによりメロディセンスがいい!!
M-3のサビのハモりに感動します!
ルックスも渋かっこよくてブレイクしそうです
2009/07/30(Thu) | URL | Seki #8fn3Uzq.[ edit ]
No subject
>Sekiさん
ほんと良いセンスしてますよね、
二番煎じ感はあるのだけどそれを補う多彩さと器用さ、
今後伸びてくると思います!
2009/07/31(Fri) | URL | Sway #Ohqrz8CU[ edit ]
Comment Form
Name
Subject
URL

 管理者にだけ表示
Template by Girl's Dis
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。