It's all about rock; full of emotions and sweetness
--/--
--
 Title:スポンサーサイト
author:Sway
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
09/25
Fri
 Title:YEARLING / Yearling
author:Sway
yearingst.jpg
Label: In-n-Out (2009)
Genre: Rock/Powerpop/Pop Punk/Emo/Alternative/Indie

メンバー・チェンジを経て届けられた待望の2ndフル!
透明感を保ちつつ、軽快サウンドへの転換を器用にこなしたといえる快作!


2007年に発表された1stフル 『The View From Here』 に収録、感涙の名曲「Kaleidoscope」でココロを打たれたファンが続出、清涼感溢れる爽快エモロック界に彗星のように現れたNorth Calorina州出身の4人組、YEARLINGの待望の2ndフル。2008年には初来日公演も果たし、実は当ブログにもコメントをくれたこともある彼ら、JIMMY EAT WORLD、COPELAND、MAEに通じる透明度の高い温かいサウンドは大幅なメンバー・チェンジ(AKISSFORJERSEY、A CADENCE OF SORTSのメンバーが加入)を経てどのような変化を遂げたのか。いやはや驚くことに前作の温かみや優しさを踏襲しつつも、よりダイナミック&キャッチーに進化を遂げました!エッジを効かせて動きまくるダイナミックなギター・リフ、まるで翼を得たかのように自由で感情豊かに歌い上げるVo. 、ココロを揺さぶられるメロディーはもちろんのこと、QUIETDRIVE、A CHANGE OF PACE、SUGARCULTなどモダン・オルタナの要素を色濃く放つ軽快ロック・サウンドは、ポップパンクとはいかないまでも適度な疾走感と心地良さが同居した素晴らしい出来映え!

エッジの効いたギター・リフに思わず感嘆の声を上げてしまった爽快オルタナのオープニング・チューンM-1 「Sleepwalker」。純度120%の爽快感を誇る激キャッチー・テイストと温かなエモの要素が同居した新たな代表曲になりうるM-2 「The Ghost Of What Used To Be」。エレクトロ・テイストを取り入れた安心感のあるミドル・チューンM-4 「Fearless」。サビでの軽快さが際立つ夕焼け疾走テイストM-5 「Caroline」。ストリングスを交えしっとりと聴かせ貫禄すら漂うM-7 「Before I Met You」。アルバム随一のアグレッシブ・ロックテイストM-8 「Phoenix」。後半にまでこんなに小憎らしい爽快曲を!なM-9 「City Lights」など全11曲。(国内盤はM-12のアコースティック・バージョンをボーナス・トラックとして収録)透明感を保ちつつ、軽快サウンドへの転換を器用にこなしたといえる快作!

1. Sleepwalker
2. The Ghost Of What Used To Be
3. The Heartbeat Sound
4. Fearless
5. Caroline
6. Me And The Weather
7. Before I Met You
8. Phoenix
9. City Lights
10. Coming Clean
11. Today Is The Day*
12. City Lights (Acoustic)*
* Japanese Bonus Track

Artist-9193190-IMG_6981_1.jpg
www.myspace.com/yearling
www.purevolume.com/yearling

21076.gif
The View From Here (2007)
Comment
Comment Form
Name
Subject
URL

 管理者にだけ表示
Template by Girl's Dis
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。