It's all about rock; full of emotions and sweetness
--/--
--
 Title:スポンサーサイト
author:Sway
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12/04
Fri
 Title:EVERY AVENUE / Picture Perfect
author:Sway
every_avenuepp430.jpg
Label: Fearless (2009)
Genre: Rock/Powerpop/Pop Punk/Emo/Alternative

全人類マスト!
グッド・メロディーの大洪水に身体がもたない大傑作2ndフル!


SmartpunkでEVERY AVENUEというバンドの1stEP 『Every Avenue』 を手にしてからもう5年が経つ。レビューを参照してもらえればお分かりのように、あの頃の彼らといったら劣悪な録音状況の中、お世辞にも上手いといえない演奏と哀愁漂うエモコア・サウンドを若さと共に吐き出すかのようにかき鳴らしていた。それから数年、彼らは来日公演を果たし、異国のステージ上で躍動する。「Where Were You?」で一体化して盛り上がるファンの波に混ざり、わたしはなんともいえない気持ちに満たされた。公演終了後、東京から名古屋へ梯子したわたしを、Vo. のDavidは覚えていてくれた、思わず抱きしめてしまった、というか惚れた。そんなロマンティックが止まらない的なノリで2009年もまた会いに行ってしまったわけですが、これほどまで素晴らしいバンドに成長してくれるなんて誰が予想したでしょう、そして1stフル 『Shh, Just Go With It』 から約1年という短いスパンで製作されたこの2ndフルがこれほどまでの大傑作になるなんて!

Vo. のDavidが語るように本作の製作の生みの苦しみはハンパなかった模様です、前作とは異なり全てが新曲からなる完全なるオリジナル・アルバム、これまでの彼らの活躍を物語るように大挙して押し寄せる爽快Alternative/Powerpopのフォロワー・バンドたち、予想以上のプレッシャーとツアーによる多忙の中、いまや全米で認知されつつある人気バンドの彼らが出した答えとは?それは「ポップ・ロックへの妥協なき追求」。最もシンプルでありながら最も難しい選択だったかもしれません、簡単に隆盛や流行りの新しい要素を取り入れるのではなく、自分自身がもっとも得意とするグッド・サウンド、グッド・メロディーへの飽くなき探究。現在隆盛を極め、飽和状態にあるエレクトロ・バンドとは全く対極にあるともいえるこの進化、それが成功なのかどうなのか。その答えを出すのは彼らではなく彼らのサウンドを聴くわたしたち自身ですが、一聴すればいうまでもないことでしょう。古き良きアメリカン・ロックのサウンドを根本としつつも、随所に彼ららしいギター・リフやコーラス、スパイス的に取り入れられたエレクトロニカが見事に融合しキラリと光る、ストイックなまでに爽快ポップ・ロックサウンドを追求した本作、いわずもがなな最高傑作。

冒頭からVo. Davidの感情を抑えるかのような胸を締めつける新たな歌唱法が耳に残り、Bメロのギターリフ→サビの突き抜け方が素晴らしく爽快な幕開けを飾るM-1 「For Always, Forever」。Vo. のサビのハートフルな歌メロの起伏が心地良く、後半の転調を含めキラーすぎるM-2 「Mindset」。イントロの低いところからサビまでジワジワ盛り上げていくのはもう彼らのお手の物なM-3 「Tell Me I'm A Wreck」。タイトル・トラックであり収録曲中随一のアゲアゲっぷりを聴かせ、エレクトロもスパイスとして上手く取り入れられた爽快キラーM-4 「Picture Perfect」。ピアノのせつなくもやさしげなイントロから壮大に広がるダイナミック・ミドルM-5 「Happy The Hard Way」。カントリーなテイストも垣間見える「THE アメリカ」な軽快チューンM-6 「Girl Like That」。もちろんパンク魂も忘れてません、快速かつハイテンションに飛ばすハッピー・エモメロポップパンクM-8 「Finish What You Started」。これぞEA流「Bascket Case」!なラストを締めくくる名曲アンセムM-11 「Clumsy Little Heart」など、捨て曲なしの全11曲。どの曲も「メロ勝ち」(このメロが浮かんだ時点で勝ちも同然な楽曲を指すわたし的造語)な楽曲ばかりで、どのような創作過程を踏んでいるかはわかりませんが、とにかくそのグッド・メロディーを降臨させる彼らのポテンシャルに脱帽すぎる全人類マストな大傑作2ndフル!プロデュースはJONAS BROTHERS、FAITH HILLなどを手掛けたSR-71のVo. Mitch AllanとPARAMORE、SET YOUR GOALSなどを手掛けたMike Green!

1. For Always, Forever
2. Mindset
3. Tell Me I'm A Wreck
4. Picture Perfect
5. Happy The Hard Way
6. Girl Like That
7. Saying Goodbye
8. Finish What You Started
9. I Forgive You
10. The Story Left Untold
11. Clumsy Little Heart

Artist-2748061-pveveryave.jpg
www.myspace.com/everyavenue
www.purevolume.com/everyavenue

everyavenuesjgwi.jpg
Shh, Just Go With It (2008)
Comment
No subject
こんばんは!

今作、僕も聴いて聴いて聴きまくってます。
とにかく文句の付けようがない内容ですね・・・。
タイトル曲#4とラスト#11が名曲すぎる。
畳み掛けるようなサビのメロメロ具合にメロメロです。
グッドメロディーがオームの大群並みの勢いで押し寄せます。
ナウシカでしか止められないとなれば、今年のベスト候補には間違いなく入ってきますね!

This Time Next Year、Mayday Paradeとこればかり、グルグル聴きまくってます。甲乙つけがたいとはこのこと、どれもツボすぎる!
ああ困った・・・
とか言ってたら来週にはWe The Kingsじゃないですか!
困った!!
2009/12/05(Sat) | URL | 蟲 #-[ edit ]
No subject
やっぱ最高です~。
他のバンドより頭一つ、いや二つくらい飛びぬけてますね^^
本当、名曲ぞろいで素晴らしいです。

また来日したらぜひ行きたい♪
2009/12/05(Sat) | URL | shion #7J7ee.tE[ edit ]
No subject
>蟲さん
驚くほどのTHE 安心感ですよね!
ナウシカ撥ねられます、間違いなく(笑
でもきっと笑顔です♪

>shionさん
またあのDavidの腕に抱かれたい!
そのケはないけど、そう思える素晴らしさですよね♪
エレクトロの使い方とか、
前作からプロデューサーにも恵まれてるなあって感じ。
2009/12/14(Mon) | URL | Sway #Ohqrz8CU[ edit ]
Comment Form
Name
Subject
URL

 管理者にだけ表示
Template by Girl's Dis
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。