It's all about rock; full of emotions and sweetness
--/--
--
 Title:スポンサーサイト
author:Sway
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
05/23
Sun
 Title:THE BIGGER LIGHTS / The Bigger Lights
author:Sway
thebiggerlightstbl300.jpg
Label: Doghouse (2010)
Genre: Rock/Powerpop/Pop Punk/Emo/Alternative

雲ひとつない青空をバックに、
次世代爽快アメリカン・パワーポップが吹き渡る!


2007年結成、自主制作の1stEP 『Third Act Stories』 が反響を呼び、2008年にTHE ALL-AMERICAN REJECTS、THE GET UP KIDSなどを輩出したことで知られるDoghouse Recordsと契約、契約後の名刺代わりに発表され国内盤も発売された『Fiction Fever』 で新たに数多くのファンへの顔見せを済ませ、2010年磐石ともいえるタイミングでリリースされた1stフルとなる本作。「Reved And Ready」という代表曲を収録せず、相変わらずの極上のポップネスを追求した全曲新曲となる作品、1stEPの頃から比べればよりモダンでよりスタイリッシュにアメリカン・パワーポップの現在を体現したかのようなサウンドは、THE SUMMER SET、EVERY AVENUE、THE ALL-AMERICAN REJECTSなどのファンのココロには問答無用で響くことだろう。そんな中でも稀代の耳馴染みの良さと爽快メロを誇るM-3 「What About Us」、新境地ともいえるメランコリックな展開からメロディアスな大輪の花を咲かせるキラー・チューンM-4 「Hey Summer」は特別な輝きで聴くものにこのバンドの素晴らしさを語りかける。ほかにもTSSの代表曲「Chelsea」を彷彿とさせる王道ポップM-5 「Jessie」。泣きのせつなAメロとピーカンなサビメロが好対照なM-7 「Get Lost」。イントロからラストまで展開と構成がとにかく神掛かっているオルタナ・ピアノポップM-9 「Skinny Jeans」。AEROSMITHの「Cryin'」が2010年にパワーポップとして蘇ったかのようなオマージュ?チューンM-11 「So Crazy」(ここまでやるならタイトルも「So Cryin'」とかにしちゃえばいいのに)など全11曲。雲ひとつない青空をバックに、次世代爽快アメリカン・パワーポップが吹き渡る!

1. That Kind Of Girl
2. Say What They'll Say
3. What About Us
4. Hey Summer
5. Jessie
6. Always
7. Get Lost
8. Queen of Broken Hearts
9. Skinny Jeans
10. Somewhere Out There
11. So Crazy

Artist-7345545-TBLRob1.jpg
www.myspace.com/thebiggerlights
www.purevolume.com/thebiggerlights


Hey Summer (2010)

thebiggerlightsff.jpg
Ficton Fever (2008)

thebiggerlightsep.jpg
Third Act Stories (2007)
Comment
Comment Form
Name
Subject
URL

 管理者にだけ表示
Template by Girl's Dis
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。